ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

インから立てて下ろす

 この類の質問が沢山きているのでお答えします。


「何とかシャフトを立ててインンから振りたい。

そして自在にフェースローテーションを操り

球筋をコントロールしたい。」


これが理想です。

 ダウンでシャフトが寝る(背中側、飛球後方側に

クラブが倒れる)とフェースは上を向き開きます。

するとヘッドの重心がシャフトの真上から右に傾くので

ヘッドを重く感じ傾きを察知できます。

フェースの開きは右手のひらで重さを察知できます。


左脇を軽く締めながら、左前腕を微妙に外旋させながら

ヘッドをシャフトの真上に維持します。

この微妙さは特に難しいわけではなく

ハーフウェイショットが正しいローテーションと

プレーンの目安になります。両サイドのハーフウェイで

両肘が伸びて、シャフト水平で飛球線に平行、ヘッドが垂直。

これを守り適正なハンドファーストでインパクト出来れば

ローテーションも左肘とヘッドの位置関係も

必然的に正しく出来ます。

体に対するヘッドの振り遅れだけでなく、

左肘に対するグリップ、ヘッドの振り遅れもなくなります。

これで左肘が引ける事もなくなります。


ひたすらアイアンでこの練習をやればリストワークも

最も長いドライバーショットも勝手に上手くなります。


 また、多くのアマの問題点のアウトサイドイン

を根本的に治してインから立てて下ろしたい訳ですが、

例えばテニスのフォアハンドをイメージしてください。

仮にどんなに脇を締めてもグリップは体から離れます。

この振り方ではゴルフでは必ずアウトサイドイン軌道になります。

殆どのアマはテニスや野球のバットの振り方ですから

これでは永久にアウトサイドインは治りません。


ではどうしたら良いのか


下は各片腕で振った場合の一般的なグリップ軌道ですが、

赤の左腕一本ではきれいにインサイドアウトになります。

しかし青の右腕が問題で特に体が横回転して腕が力むと

切り返し直後からアウトに出ます。

これに体の回転によるインサイドに引き込む動きが加わるので

初心者アマの右腕主体スイングでは更にアウトサイドインになります。

これをシャフトを寝せないで、アンダーにならないで

緑色の線の様に右グリップを振りたいのですが
(これは意識です。極端ですがこれくらいの意識でやっと
アウトサイドインが治ります)

どうすれば良いのか?

グリップ軌道6


 良く言われるのが右腕を突くように使うです。

しかし突きではできる人は分かっても出来ない人には

関節の動きが少し違って難しいでしょうね。

では、球に右手でもうひとつの球をぶつけるはどうでしょうか?

下の図の紫の様にトップからぶつけようとすると

球を打ちに行く悪い動きになるので、

アンダースローで右サイドに腕を落してから

球のインサイド45度あたりの真横から、

持っている球をぶつけるような動きです。

右腿をかするくらいの気持ちで投げます。

右腕を伸ばしていけば右肩も落ちず、

右サイドでグリップを落しきれます。


右グリップは死んでも外に出さない

要するに横に振らなければ外には出ようが無いのです。

縦に振りましょうね。

それでダフルのは縦のコックが解けているからです。


脱力といってもライ角は維持しないと一生ダフリ続けますよ。


兎に角インからシャロー、スウィープに振りたいですね。



実は今日はこれから秘密兵器のNewクラブを取りに行きます 

何かナイショ
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

BIK さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> またまた失礼します。
> 2011/2/22インから立てて下ろす
> の中の
> 以下の表現も出来ましたら、ビデオ解説
> お願いいたします

これは撮りますね。

> 特に「真横」というのがイメージしにくくて。

確かに分かり難いですね。これは低い位置からシャローにということです。

> >アンダースローで右サイドに腕を落してから球のインサイド45度あたりの真横から、持っている球をぶつけるような動きです・・・

右肘、グリップを完全に落とし切ってから、ヘッドを低く、シャローの球の真横インサイドをさらにまたダウンブローに当てていくということを表現したかったんです。

要するにダウンブローとは球から先、インパクト後の話です。インパクト後に最下点が来るので地面に潜り込んでいきます。しかし角度は緩やか、要するに薄いターフの方が良いのです。
スティープに急角度で厚いターフは良くないです。確率が悪いですし、スピン量も、インパクトロフトも精度が落ちます。

ダウンブローは上から下ではなく、単に球の先も更に低く長く押し込めということです。インパクトと後に直ぐに上がってしまうと短い銃砲になりラインが出せません。

どうでしょうか?

またまた失礼します。
2011/2/22インから立てて下ろす
の中の
以下の表現も出来ましたら、ビデオ解説
お願いいたします

特に「真横」というのがイメージしにくくて。

>アンダースローで右サイドに腕を落してから球のインサイド45度あたりの真横から、持っている球をぶつけるような動きです・・・

改造 さん Re: タイトルなし

あ、ぜんぜんOKですよ!
私も自分で誤字、脱字があっても全然気にならなくなりましたから(笑

一部文末ににコピペを消去忘れありました。失礼しました。

ご丁寧な解説をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

改造さん Re: タイトルなし

>アンダースローで右サイドに腕を落してから球のインサイド45度あたりの真横から、持っている球をぶつけるような動きです・・・
> 早速素振りをしましたが、これは凄いアドバイスです!ありがとうございます!

気をつけて欲しいのはくれぐれもヘッドを下げない事です!!
ヘッドも下げてインから振るとインサイドからあおり打ちになり押し出し、ドヒッカケとグチャグチャになります。

それを防ぐのがシャフトを立てて下ろす事なのです。
グリップはインから下ろしてもシャフトが立っていてヘッドが遅れて上から来るのでイン過ぎず丁度良い軌道になるのです。

この辺の理屈が分かると変わりますよ!!

改造 さん Re: タイトルなし

御訪問、コメント有り難うございます!!

> ・どうしても癖が抜けず、HWDあたりから前傾している骨盤が立ってしまいます。ゴルキチさんの記事に骨盤は立てるとあった様に思いますが、お尻にキャディバックを置いてそれにあたる様にor当たらない様に立てるのか?それとも腰椎と共に前傾キープが良いのか?改めて教えてください。

そうですね。紛らわしいですね。腰椎、骨盤共に前傾キープです。
前傾キープでお尻を上に向けて腰を入れます。骨盤を前傾させて股関節に上から圧力を加えます。すると下半身が非常にしっかりします。腰を入れると腰椎を反らせる様にゴリラスタイルでデッチリにする感じです。
力みすぎると腰を痛めるので注意ですが。

パターが一番良く分かりますよ。土台が非常に安定してグラグラしなくなります。

> ・>両サイドのハーフウェイで両サイドのハーフウェイで両肘が伸びて・・・
> インパクトで右ひじが前から見て逆くの字を目指していますが・・伸びた方が良いのですか?

インパクトの瞬間に向けて伸ばしていきますが両肘共に伸ばし切っていません。外見は伸びているように見えていてもまだ余裕があります。
余裕がないと怒り肩になって必ず体が浮きます。余裕を持ってなで肩にするようにしないと重心を低く維持できません。
インパクトゾーンで更に伸びていきますが伸ばすというよりビハインドザボールで伸びていきます。そうしないとローテーションしません。ローテーション出来ない理由の1つは両肘が伸びないことが大きな原因です。体の開きももちろんそうです。

右肘も大事ですが以外に見落としているのが左肘です。多くの方は左肘が突っ張るように伸び切っています。すると必ずうでが非常に硬くなり左肩が上がり、体全体が浮き上がります。絶対にまずい動きですね。左が上がれば右が落ちますから左は低く低くです。

> ・右足を擦るようにグリップを立てて下ろし、グリップがアドレスの位置でインパクトを迎えるスイングが、8Iだとかなりでき、4Iで大体できるようになりました。しかし、ドライバーだと未だにできず、思いっきりダフる時があります。これは修行ですかね?

どんなにグリップを低くしてもシャフトが立っていればヘッドが下がらないのでだふりませんよね。
それがタメです。膝突きスイングで球を打てば分かりますがグリップを上げるとヘッドは下がり、逆にグリップを下げるとヘッドは上がります。グリップエンドを下げるのです。ドライバーの場合は急にシャフトが長くなるのでプレーンもフラットになりますが、正しいリストワークが必須になります。

左手と右手のテコを使う必要があります。左を下げて右を上げる。ローテーションもシャフトを回転させていくようなリストワークが必要になります。
かなり複雑です。
記事でも書きましたが徐々に書いていきたいです。

> 更新していなくても毎日拝見しています。
> これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

有り難うございます。
世界中のゴルキチの読者の方々とお話できることが本当に楽しいです。
今後もコメントくださいね!!

恐縮ですが追伸です。
右側でグリップを落とし切ってから・・・これはとても難しいです。しかし、>アンダースローで右サイドに腕を落してから球のインサイド45度あたりの真横から、持っている球をぶつけるような動きです・・・
早速素振りをしましたが、これは凄いアドバイスです!ありがとうございます!

いつもためになる記事をありがとうございます。2回目のカキコです。

私の改造も紆余曲折しながら徐々に納得がいくスイングに近づいてきました。
質問が多く恐縮ですが教えて頂ければ幸いです。

・どうしても癖が抜けず、HWDあたりから前傾している骨盤が立ってしまいます。ゴルキチさんの記事に骨盤は立てるとあった様に思いますが、お尻にキャディバックを置いてそれにあたる様にor当たらない様に立てるのか?それとも腰椎と共に前傾キープが良いのか?改めて教えてください。
・>両サイドのハーフウェイで両サイドのハーフウェイで両肘が伸びて・・・
インパクトで右ひじが前から見て逆くの字を目指していますが・・伸びた方が良いのですか?
・右足を擦るようにグリップを立てて下ろし、グリップがアドレスの位置でインパクトを迎えるスイングが、8Iだとかなりでき、4Iで大体できるようになりました。しかし、ドライバーだと未だにできず、思いっきりダフる時があります。これは修行ですかね?

更新していなくても毎日拝見しています。
これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。


両肘が伸びて、シャフト水平で飛球線に平行、ヘッドが垂直。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR