ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、12歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,043人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

頑固な振り遅れ 1

 90%以上のアマが「振り遅れ」ているでしょう。

それを嫌がってコネて引っ掛けて、

持ち玉がフックと勘違いしている人も相当多いです。

「振り遅れ」ってヘッドが遅れてるんじゃありません

そう考えると治りません。

ヘッドの遅れを無理に取り戻そうとするから

泥沼のアーリーリリースになるのです。

実は「体が先行し過ぎ」なんです。

振り遅れとは「早すぎる体の開き」なのです。

野球や他のスポーツでも盛んに言われますが、

体が早く開く事は最悪な現象です。

あらゆる諸悪の根源です。


この布石はテークバックでとっくに始まっています。

というか90%テークバックが原因ですが。

肩と言うより、胸がクラブと一緒に連動すべきなのです。

クラブは胸の前から外れてはいけません。

胸の前で、視界の中で常に「縦」に立っているのです。

シャフトが右横に倒れてヘッドが視界から右へ消えたら

「シャフトが寝ている」
といいます。


誰でも手はヒョイヒョイと簡単に上げれるので

腕は放っておいても無意識に上がります。

むしろ、意識すべきは腕より「胸を回す」事です。

完全にそう意識するべきです。

胸が腕をリードして回す位の意識で回転量は完璧です。

肩を回せとよく言いますが、理由は捻転を作る為ではなく

グリップと胸の距離を保って

三角・懐を潰さないで「腕と体の一体感」を維持し、

「体が開くまでのタイムラグを稼ぎたい」


が理由と思ってください。

そうすればダウンでの体の開き、振り遅れは遥かに防げます。

肩を深く入れて捻転を強くしようとすると上体が力みます。

捻転を深くするのは腰をズルズル回転させない事です。



 楽して腰が突っ立ったままヒョイと手で持ち上げる。

コックの方向も右横にヒョイ。

これで体、重心もヒョイと簡単に上に持ち上がります。

左手首も右側に伸びてしまっています。

「さあ、今日も左脇空けてアウトインにカットで打とう!!」

と手首にインプットしているようなもんです。

グリップはむしろ下に下に押し下げるように

左肩で押していけば重心が浮かず、右の壁も強くなり

スウェイも無意味なオーバースイングも簡単に防げます。


横に上げた瞬間「体とクラブの連動性」は完璧に切れます。

ヘッドが大きく体の正面から右にずれるのですから。

この時点で体は左、ヘッドは大きく右という位置関係で

既に大幅に振り遅れの位置関係が完成しています。


 大して回っていない胸は切り返しと同時に

グワーンと思いっきり開くしか行き場がありません。

仕方ないんですよ、そもそも回していないから。

物理的に移動量が少ないので開くまでの所要時間も

全然短くなるんですから。

体があっと言う間に開くので、体の前でクラブを真下に

下ろすなんて芸当は到底間に合いません。

クラブは切返し時点から体の遥か右側後方に遅れたまま

無理やり左真横方向=アウト方向に一直線に放り出されます。



そう、テークバックで既に終っているんです。

ボディーターンやレイトヒットの勘違いで、

体をブンブン回せば自然に腕もクラブも後からついてくる

なんて都合の良いことは200%ある訳無いんです。


切り返しからクラブを「体の正面で連れて来る」

という感覚があります。

トップから三角形を維持し、懐を広く(三角を大きく)

維持することを最重視して、兎に角

右を向いたま自分の股間直前にグリップを引き付ける。

男なら「へそ」じゃなくて、更にその下の・・・の先を握れる程低く近く。


そこからがスイングのスタートではじめて肩が開いていきます。

難しければ、そこが切り返しだと思えば良いと思います。

「いーーーち」までが、さきっちょ握るまでで、

そこから本格的スイング「にーーー」が始まり、

閉じた肩が開き始め、右ベタ足の蹴りでかかとがめくれ始め

一気に体重移動で左に乗りながら球を押し込んでいきます。

ここで始めて体重移動が起こります。

切り返しでの下半身始動は体重移動ではなく

単なる右股関節の右軸から左股関節の左軸への軸移動です。


体が開かなければ本格的な体重移動など起こりません。

体重移動が早く起こっている方は体が早く開いているから
なのです。


 体は伸びてしまったら力が出ません。

トップで既にビローンと伸びきっているアマが非常に多いですね。

伸びてから縮むのはまったく逆で、

グリップを引き付けて閉じた体(上下動は無し)、踏ん張った足から

インパクト近辺で一気にパワーが開放、体重移動されるのです。



「体が開かないように頑張る」なんて意識では

一生分かりませんよ。

背面打ちの様に上体は右を向いたまま

股間前にグリップを縦に下ろしてから、

初めて体で横に振れば直ぐに感覚は分かります。

早く、強く、遠くに打ちたいという欲望に任せて

クラブを放っておいて切り返しから体ばかり

横にブン回したらダメですよ。


ちゃんとクラブを連れて来てから振ってください。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

いつも驚きの連続で、拝見させいていただいておりますが、

【切り返しでの下半身始動は体重移動ではなく単なる右股関節の右軸から左股関節の左軸への軸移動です。】

この辺のイメージがいまいちわからないので教えていただければと思います。

いつもためになる話で勉強させていただいております。


上半身が開いて打つのを自覚しており、アウトサイドインが治りません。
上半身を開く前に手が自然に落ちてくるのを待つといいますが、これが全然できないのです。
最初のうちはトップから意識的に手を下に下げる力を加えてもいいものなのでしょうか?

ゴルキチさん 先日の動画かなりよかったです♪
ありがとうございました^^

最近忘れてました・・・
胸の前からシャフトが消えてましたもの^^;

あの動画の中で
一番のGOODは(ひめこの場合ですけど)
手元は下がるけどクラブは上がってるっていう意識
それです♪

でも~この練習をしてるとアイアンとか短いクラブはいいけど
ドライバーになると まだドスッとなるときがありますわぁ~(涙)

今日の感激のおことばは・・・

クラブを身体の正面で連れてくる!

これですv-10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
ご無沙汰しています。
雪が降るとコースも練習場もクローズされるので、春が待ち遠しい今日この頃です。

>右を向いたま自分の股間直前にグリップを引き付ける

が理解できるようになって来ましたが、では、バンカーショットでも同じようなスイングでよいのでしょうか?

頭の上下動

話が変わりますが、いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます。最近、ポーラクリマーやナタリーガルビスのスイングを見ているのですが、頭の上下や右肩の落ち方が彼女達は激しいですが(特にインパクト以降「フォロースルー」)で頭が下がりますが、あの動きはいかがおもいですか?改善策はあるのでしょうか?女子のアマチアでもそのような傾向がある方いますが、改善する
ドリルなどあれば、お聞きしたいです。時間ある時、コメントいただければ、光栄です。お救いください。以前、ポーラクリマーの
スイングを解析なさっていたので、詳しいと思います。

たき さん Re: タイトルなし

はじめまして!
コメント有り難うございます。

> 【切り返しでの下半身始動は体重移動ではなく単なる右股関節の右軸から左股関節の左軸への軸移動です。】
>
> この辺のイメージがいまいちわからないので教えていただければと思います。

記事に書きました。
非常に難しい問題ですが体重移動は結果です。もちろん明治の大砲では結果的にまずいですが、アマは意識しすぎて殆ど過剰です。
その弊害がスウェイ、体の開き、平行移動で叩こうとする動きに繋がります。

切り返しでは体を横回転させたくありません。絶対に開きたくないからです。
また、クラブを真下に下ろす時グリップを股間の前に引き付けますがその時いずれにしても意識しなくても腰がスライドしてしまいます。それで十分です。

それ以上やると歯止めが利かないスウェイになります。
インパクトゾーンで体が開き始めれば確実に体重移動が勝手に起きます。

またコメントくださいね!!


Goooolf さん Re: タイトルなし

はじめまして!!
コメント有り難うございます。

> 上半身が開いて打つのを自覚しており、アウトサイドインが治りません。
> 上半身を開く前に手が自然に落ちてくるのを待つといいますが、これが全然できないのです。
> 最初のうちはトップから意識的に手を下に下げる力を加えてもいいものなのでしょうか?

切り返しの瞬間に、球を打とうとすると体を横に回わしてしまいます。また、左への体重移動も体を開き易くします。
いきなり左に乗ると体が横に動いてしまいますよね。するとつられて腕も左横に動きます。
その瞬間失敗です。
むしろ右足に乗ります。そしてグリップエンドを右足甲に向けて下ろします。球を叩こうとしない限り右肩を落さない様に肘を伸ばしながら下に下げる力を加えても構いません。

自然には落ちてきませんが、落ちるようにしています。
というのはトップとは腕が右に振られてバランスが崩れた状態です。
それを右股関節で受け止め右足が一生懸命支えています。

腕がトップに行く前にかなり右足を時計回りに捻って捻転が溜まってスイングを先行する準備が出来ています。
良いタイミングで更に右足を時計回りに力を加えて捻るとスイングが下半身からスタートします。
この時腕を縦に振り下ろします。
肘は伸びても手首のコックが維持されていれば縦軌道でもダフリません。

ですから、自然に下りるのを待つわけではなくテークバックから右足の捻りを使っています。

またコメントくださいね!

ひめこさん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> ドライバーになると まだドスッとなるときがありますわぁ~(涙)

ドラはいきなり長くなりますから結構フラットになりますからね。
インパクトまで左手首のコックを維持すればダフリません。リリースのタイミングですね。
逆に右肘を自然に伸ばしていくほうが右肩が落ちないですよ。
そして慣れるまで短めに持つほうが良いですね。


> クラブを身体の正面で連れてくる!

グリップを下ろしてから体を反転です。
反転の意識があればギリギリまで体を開かないでクラブを連れてこれますよ。

匿名さん Re: なるほど。

コメント有り難うございます!!

> 私は体が開く事が悩みで、ドライバーでのインパクト時は腰が完全に飛球線方向をさして、ドスライスを連発していました。何とか開かぬよう脚を踏ん張ることばかり考えていたのですが、まさかテークバックでもう死んでいたとは…。今まで胸を回す意識をしたことがなかったので、これからは胸をクラブと一緒に連動させる意識で体を開かないようにしたいと思います。参考になりました。ありがとうございます。

胸も回しすぎはまずいので注意してくださいね。
肩が怒り肩に上がらない範囲で回します。実際問題胸が完全に飛球後方までは向きません。意識です。

それと膝、腰は止めます。最悪なのは膝も、腰も、肩も一緒に回るととめどなくオーバースイングになります。腰を止めてコンパクトに張りのあるトップの方が良いです。
そうして努力しているうちに稼動域が広がります。

またコメントくださいね!!

afcly309@ さん Re: タイトルなし

私も寒くて素振りだけでトレーニングはサボリまくってます(笑

> >右を向いたま自分の股間直前にグリップを引き付ける
>
> が理解できるようになって来ましたが、では、バンカーショットでも同じようなスイングでよいのでしょうか?

私はバンカーは砂を薄く取りたいので少しだけ球から離れフラットに振りますが、基本的にはアプローチと同じです。
バンカーの練習は非常に大事です。取れた砂でスイングがごまかせませんから。
またバンカーを怖がると戦略の幅が非常に狭くなり精神的にも重圧がかかります。
それにバンカーは練習量が露骨に結果に出ますのでひたすら砂の中で打つのが良いですよ。
バンカーショットやバンカーの状況判断は完全に感覚ですね。
各人のスイングによって前後左右球の最適位置が全然違います。数打って状況でボールポジションを感覚的に覚えていくしかないです。
金をかけて球を打たなくても砂か土か芝に線を引いてそれを削れば良いのです。

すべての練習で最も良い練習だと思います。

koyatenさん Re: 頭の上下動

はじめまして!
コメント有り難うございます。

ポーラクリマーやナタリーガルビスのスイングを見ているのですが、頭の上下や右肩の落ち方が彼女達は激しいですが(特にインパクト以降「フォロースルー」)で頭が下がりますが、あの動きはいかがおもいですか?

ポーラの特徴は
1、グリップが体からはなれて前に出たアドレスでかなりフラットなトップ
2、ガルシアと並ぶ強烈な鋭角のタメ
3、縦の腕の下げ切り
4、両足の蹴り上げ
5、頭下げとアップライトなフォロー

です。

ただ、頭が極端に下がり前傾角度が崩れるのはインパクト以降なのです。ですから右肩下がりはポーラもナタリーもそれ程問題はないと思います。
ジュニアプレーヤーの頃の名残でしょうか、ジャンプするように今でも結構両足り上げてますよね。
その対策で頭が下がり度が過ぎるんじゃないでしょうか。

ポーラの最も大きな特徴のフラットなテークバックと、前傾角が強くなった分のアップライトなフォローですね。
このスイング中の変化は意図的なのでしょうが再現性と精度を維持することは非常に難しいと思います。

体が柔らかく本人に合ったスイングといっても、非常に複雑なスイングで再現性の維持が困難であることは間違いないと思います。

>改善策はあるのでしょうか?

横峯さくらプロのオーバースイングと同じで怖くて治せないと思います。治しても結果は分かりませんし何年も時間がかかります。
伊澤利光選手もそうですし代打の効かないプロゴルファーでスイング改造して上手く言った例は非常に少ないですね。

>女子のアマチアでもそのような傾向がある方いますが、改善する
> ドリルなどあれば、お聞きしたいです。

koyatenさんが悩んでおられるのでしょうか?
女性は柔らか過ぎて変則スイングが多く、また非力なので変則的なスイングで非力さをカバーしようとする傾向が強いですね。
成年男子のスイング理論が当てはまらないことが非常に多いです。

治される方は女子のアマでしょうか?
ジュニアでしょうか?

女性とジュニアのこういう特徴を治すのはその専門家でないとスイング全体を壊してしまう恐れがあるので非常に難しいと思います。
本人が自信で論理的に判断できて、修正できれば良いと思いますが。

私も子供のスイングの修正は大人と違ってなるべく押し付けず、窮屈にならないように気をつけています。

強いて言えば、恐らくポーラは両足の伸び上がりを抑えれば頭の下がりも収まると思いますが、本人が治す気がないのでしょうね。
また単純な問題なら単に球を見すぎでしょう。もう少し下目使いにすれば良いと思います。
それといんぱくとに向けて腕を伸ばすことだと思います。

いかがでしょうか?

上手くなりそう

いつも拝見させて頂いています。
正しいスウィングのイメージが正しく伝わってきます。
読んでいるだけで、上手くなりそうな感じです。
これほど丁寧に、かつ、正しいことが書いているのは他にないかと思います。

現在、私は欠点ばかりのスウィングで無理な練習で肘に負担を掛けすぎてゴルフ肘にも。
傷みのあること自体、手打ちになっているのだと思います。

右手が悪さをするオーバースウィング、インパクトでの右肩・頭の下がり、腰の開きが早く振り遅れ等々です。

HC11、56歳で、停滞中。
素振りでは問題なく振れるのですが、欠点を矯正して、シングルにと思い、クロスハンドやスプリットハンドドリルを中心に練習してます。

自分の欠点も理解しており、素振りやクロスハンドやスプリットハンドドリルでは概ねイメージ通りのスウィングが出来るのに、ボールを置くと、それが再現できない。
意識不足ですかね。
欠点の原因は、このサイトで結構正しく理解出来たかと思っています。

このサイトに記載されている、縦ブリ・横振りの理解、胸がクラブと一緒に連動、9番でハーフショットのドリル等々は今から実行しようと思います。

今まで、ハーフドリルをやると、左肩の捻転が甘くなるのですが、胸を意識すれば、問題ないでしょうかね。

考え方、矯正方法等、問題あればアドバイス頂ければ幸いです。

beさん Re: 上手くなりそう

beさん はじめまして。
震災でなかなかゴルフの気分になれなくて返事が遅れてしまいました。
ごめんなさい。

> いつも拝見させて頂いています。
> 正しいスウィングのイメージが正しく伝わってきます。
> 読んでいるだけで、上手くなりそうな感じです。
> これほど丁寧に、かつ、正しいことが書いているのは他にないかと思います。

多少なりともお役に立てるならやる気も出ます!
有り難うございます。

> 現在、私は欠点ばかりのスウィングで無理な練習で肘に負担を掛けすぎてゴルフ肘にも。
> 傷みのあること自体、手打ちになっているのだと思います。

私自身も左手首を痛めて初めて負担をかけているスイングだと分かりました。
実はアマなら誰でも多かれ少なかれ左手首や左肘、指等、体に負担をかけていると思います。やりすぎた時に徐々に出てしまうんでしょうね。
予想以上に脱力できて初めて関節がスムーズに動くのでしょうね。今回痛感しました。

> HC11、56歳で、停滞中。

一番停滞時期が長いもどかしいハンデですね。

> 自分の欠点も理解しており、素振りやクロスハンドやスプリットハンドドリルでは概ねイメージ通りのスウィングが出来るのに、ボールを置くと、それが再現できない。
> 意識不足ですかね。

意識だけだと思いますよ。要するに素振りの再現すれば良いのだという確固たる確信がないのですよ。
自分の素振りのイメージに対して常に不安なんですよ。

常に素振りが本番で、球を打つ瞬間は無心になるように心がけないと。
打つ寸前、瞬間に少しでも結果でも、打ち方でも、スコアでも考えたり意識するともうダメですね。

> 欠点の原因は、このサイトで結構正しく理解出来たかと思っています。

そうですか。有り難うございます。

> このサイトに記載されている、縦ブリ・横振りの理解、胸がクラブと一緒に連動、9番でハーフショットのドリル等々は今から実行しようと思います。
> 今まで、ハーフドリルをやると、左肩の捻転が甘くなるのですが、胸を意識すれば、問題ないでしょうかね。

>右手が悪さをするオーバースウィング、インパクトでの右肩・頭の下がり、腰の開きが早く振り遅れ等々です。

この3つの欠点と、素振りの再現、HC11で分かりますが問題は安定性ですよね。

オーバースウィンは両膝と尾骶骨の3点を固定する意識。
右肩下がりは右肘を伸ばしていく意識。
腰の開きは先に腕を縦に下ろす意識ですね。

しかし特に、この3つの共通点は「動き過ぎ」です。
個々の欠点を個別に治すと言うより、問題はこの動き過ぎ、体の使い過ぎを治した方が良いですね。
結局は誰でもそうだと思うのですが。
球を打つ前に動き過ぎで、「球を打ってから動く」と意識すれば思えば分かりやすいかと思います。

スイングが悪いと言うより、余計な部分が早いタイミングで動き過ぎです。
だからスイングも、球筋も、スコアも安定しないのです。
だから不安で素振りと変わる。

素振りをしっかり再現できればアプローチが安定します。
アプローチが安定するとリカバリーができて安定します。
気持ちが楽になります。1st、2ndの精神的負担が軽減できます。
すると楽に振れるようになります。スイングが脱力できて、無駄な動きが減り安定して自信が出来ます。
すると素振りの再現に確固たる確信が持てるようになります。

またコメントお待ちしていますね!!

こんにちは!
大震災の起こったばかりのタイミング、大震災の惨状を実感していない中、知れば知るほど悲惨な状況を知り、私の無神経さに後悔しておりました。

このサイトを読まして頂き、自分の問題点が整理できた感じを報告したくって、発信してしまいました。
最悪のタイミングで申し訳ございませんでした。

それにも関わらず、ご丁寧にご回答ありがとうございます。
書き込みさせて頂いた同タイミングで、肘を余計に痛めたと言うか、壊れたという感じで、クラブも持つのがツライ状態になり安静を決意しました。
昨日ぐらいからやっと痛みが取れ、回復に進み出したと実感しています。
その期間、シャドースウィングとパターだけは時間があればやっていました。

クラブを待たずシャドースウィングで実際打たないので、イメージだけは良い感じのままなのですが、本番がどうかという不安がありますが。

アドバイス頂いた「動きすぎ」、この点が一番大きな課題ですね。
これも矯正するには、「意識」、これもコントロール難しい課題ですね。
左肘の負担の掛からないスウィングを探しながら、動きすぎを意識しながら、確信の持てるスウィングに近づきようにコツコツやってみます。
 この辺、何かアドバイス、ヒント、そしてドリルがあればご指導下さい。
ありがとうございました。


beさん Re: タイトルなし

beさん どもです!

> 書き込みさせて頂いた同タイミングで、肘を余計に痛めたと言うか、壊れたという感じで、クラブも持つのがツライ状態になり安静を決意しました。
> 昨日ぐらいからやっと痛みが取れ、回復に進み出したと実感しています。
> その期間、シャドースウィングとパターだけは時間があればやっていました。
>
> クラブを待たずシャドースウィングで実際打たないので、イメージだけは良い感じのままなのですが、本番がどうかという不安がありますが。
>
> アドバイス頂いた「動きすぎ」、この点が一番大きな課題ですね。
> これも矯正するには、「意識」、これもコントロール難しい課題ですね。
> 左肘の負担の掛からないスウィングを探しながら、動きすぎを意識しながら、確信の持てるスウィングに近づきようにコツコツやってみます。
>  この辺、何かアドバイス、ヒント、そしてドリルがあればご指導下さい。
> ありがとうございました。

私も昨年10月頭に左手首を痛めてから約7ヶ月間長いクラブは全く練習していません。整体師と相談しながら完治を目指しています。やってしまったものは仕方が無いですが、完治させないと左手首と左肘は癖になりますね。無理しすぎたか、そもそも負担が大きいスイングだったのか、年齢的に急に出たかでしょうね。
私の場合は全部でした。ドラコン練習で狂ったようにいろいろ振り過ぎ、筋トレで筋力上げ過ぎ負担が掛かりすぎた、痛みが素手に7月頃からあったのに試合で4連荘ワンハーフで無理して完全に手首をらやられました。

ゴルフって手首も、肘も、首も、腰も、絶対に負担は大きいんですよ。ちょっと無理したり、ちょっとスイングにクセがあったり、力みがあると途端にやられるんでしょうね。

治すのに数ヶ月、リハビリに数ヶ月かかります。稼動域が凄く狭くなるので。ストレッチが相当入りますね。リハビリ終了前にマン振りするとまたかさぶたを剥がすように、同じ患部をやられます。
私はそう言われています。年齢的にももう50前なので数年前とは全く違います。どんなに筋肉を鍛えても軟骨や筋は無理が利きません。

私の場合スイングの悪い点は、脱力がまだ足りなかったのだと思います。そう解釈しています。もっと脱力して手首を柔軟に使えれば怪我は減ります。関節への負担が大きくなる上半身の筋トレも止めました。

beさんもまずは負担をかけないために関節を柔らかく使うことです。そして毎日ストレッチをします。一度怪我をすると治療中動かないので、その部分の稼動域が極端に狭くなるので、また同じ場所を何度も怪我するのです。毎日ストレッチ、治ってきたら徐々に素振りでストレッチして稼動域を広げていきます。

そして徐々にH/Sをマン振りまで上げていくという段階を数ヶ月間かけます。

でも考えようで、その間パター、アプローチに集中すればかえってスコアは良くなると思いますよ。スイングも良くなるでしょう。

怪我の功名と前向きに考えましょうね!!

左肘はインパクトでもかなりブランブランですよ。少しでも左肩が上がらないように注意します。すると左腕に少しでも力が入ると左肩が上がります。左肩が上がると軌道がアッパーになりますからね。それに左腕が少しでも硬くなるとローテーションし難くなります。

柔らかく柔らかくですよ!!

ご丁寧に有り難うございます。

こんにちは。
いつも勉強させて頂き感謝します。

ゴルキチさんも、静養中ですか。
脱力ですね。
スポーツの極意ですよね。
近づくように努力します。

肘痛の件で、アームレスリングをやっておられる方に、あるサプリを紹介頂きました。
その方も肘を痛めたようでその経験と、販売されている方も格闘技御をやっておられた方で、その人たち御用達のようです。
本日到着したばかりで、良ければ経過を報告させて頂きます。
少し高いのですが、治るならって感じです。
また、訪問させて頂きます。


beさん Re: ご丁寧に有り難うございます。

> ゴルキチさんも、静養中ですか。
> 脱力ですね。
> スポーツの極意ですよね。

私もまだ左手首完治して無いです。稼動域が戻ってないんでしょうね。整体師に見てもらっていますが、毎日かなりストレッチが必要です。稼動域が完璧に戻るまではまた再発します。そうならないように関節に負担をかけないように柔らかく使います。でも、実は結局それが正しいスイングなんだと今は思います。今までは力んで無理をかけても体が頑張ってくれていたんですね。だから逆に力みが抜けてスイングは良くなると思います。そう前向きに努力したいですね。

> 肘痛の件で、アームレスリングをやっておられる方に、あるサプリを紹介頂きました。
> その方も肘を痛めたようでその経験と、販売されている方も格闘技御をやっておられた方で、その人たち御用達のようです。
> 本日到着したばかりで、良ければ経過を報告させて頂きます。
> 少し高いのですが、治るならって感じです。
> また、訪問させて頂きます。

ムサシですね。医者やコーチにも薦められました。筋トレ中は1年くらい飲んでましたが、高すぎて続きませんよ(笑

空手の突きでもそうですが肘は伸ばしきりませんよ。ボクシングでも伸ばしきったら絶対痛めます。右肘はかなり意識しますが、左肘って全然使いませんね。なで肩にして脱力でぶら下がってるだけですよ。脇は腕からではなく左大胸筋側から、内側から締める感じです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
応援よろしく!!
ブログ内検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Rakuten
Travel
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR