ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

コックは右横ではなく体の前で縦方向

良いビデオがあったので先に

Pargolfの中井 学(なかいがく)プロのビデオをご紹介します。

「スイングイメージは直線」という参考になる本を出しています。

重要な部分を私が編集し、キャプションを入れました。

注目点は、キャプションや動画説明でも書いてありますが、

・テークバックで右膝の角度を維持

・両脇は常に締まっている

・テークバックは手を上げないでヘッドを上げる

・コックは右横ではなく体の前で縦


等です。


コックの方向はやはり動画だと一発で分かりますね。

これで振り遅れもダフリも激減しますよ。

非常に要点がまとめられ分かりやすい説明です。



良いですね!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

タイガーカムバック さん Re: 結局・・・

ちょっと落ち込んじゃいましたか?

> 結局ボクのやってきたことは、距離を犠牲にして方向性をあげるということなのですかね(涙
> 以前にも書きましたが、ご心配されているフックよりも、持ち球は完全に右スライスなんです。
> 方向性が以前よりかなり良くなっているんですが正直言って飛距離が落ちて・・・ゴルフって難しいです。

しかしスライスでは飛距離は永遠に伸びませんよ。それにアマのスコアは飛距離ではありません。
私が教わるトップアマの一人の飛距離は230以下です。それでアンダーで回ります。私も昨年はドラコン一本でしたが今年はアプローチしかしていません。
飛距離は2次的な結果だとまず頭の中で完璧に割りきらないと必ずスイングに力みという無理が出るからです。
まずは球を自在に捕まえられないと!!飛距離はスイングの矯正後で再現性との両方同時は無理です。
フック打ちはコネても打てますから注意が必要です。

もちろんプロもフェードは多いです。しかし彼らは両方自在に打てた上でしかもアンダー出勝負です。
我々は所詮プロとはとんでもなく遥かに次元が違っても勝てるのです。

前回の説明をもう少し書きますが、

> ①右サイドはスイング中スクエアを維持することに集中して決してグリップやヘッドを左へ押さない。
左軸で右サイド押すオージー理論などもあります。しかし特にスライサーが右で押すと必ず体が開いてスライスになります。体の開きは最も大きな問題です。
その場合左を鍛えればというか左もしっかり使えれば良いのですが。しかし、私もドラコンで右も使ってみましたが意味が無いです。結局ドラコンもミート率、スピンの問題の解決が非常に多き良い要素だからです。ただ右足は使いますが右サイドで強く押すイメージではありませんというかしません。


> ②ボールに対してスクエアになりかけた頃からもともと甘くない左脇をもう一段強く締めてやる。

スライサーならこの感覚が分かれば取り敢えず治るのが近いでしょう。
結局はフック、スライスを行ったり来たりしながら試行錯誤で徐々に覚えていきます。左脇締めはその最初の段階かもしれません。それにより自然なローテーションのきっかけが理解できるかもしれません。
しかし徐々にフックが強くなります。そして左脇を空けないといけなくなるようになる様になるでしょう。そういう成長過程かもしれません。

体の回転に任せればクラブはアウトサイドインに引き込む動きになります。ボディーターンです。必ずスライスになります。
なので意識では腕はかなりストレートに直線に振ります。というかスライサーにとってはインサイドアウトでしょう。行き過ぎると危険なのであまり使いたくない言葉なのでいつもは使わないのですが。
その二つが合成されて正しいプレーンになります。最初から腕で正しい軌道を作ろうとすると体の回転に負けて必ずアウトサイドインになります。
わかりますか?

私の感覚ではこの腕の動きはダウンは縦に下に下ろしてフォワードスイングはストレートに振る感覚です。これに体の回転で腕が引き込まれる動きが加わり勝手にインサイドインになります。

シャフトが寝ないで縦に下ろすためには左脇を締めてきます。すると左甲が立ちますね?これは左前腕を外転することと同じ動きなのです。外転を左脇締めで誘発しているのです。これは切り返しから既に徐々に行われます。微妙な違いですが腕力でコネて直にフェースターンする動きと、微妙な脇締めで前腕の外旋を誘発してヘッドターンを自然に起こさせる事の違いです。

ヘッドの重心はシャフトから離れています。これは普通に振ればヘッドが開き安く働きます。
しかし逆に自在にローテーションできるなら慣性が働き当たり負けせず球を捕まえやすく働きます。

ですからインパクトゾーンでは既にローテーションさせる動作は終っています。ヘッドが勝手に回っていきます。そこで操作するとヒッカケが起きます。多くの方はそれでフック、スライスの往復になります。
もちろん私もそうでしたが(笑

この左前腕の外旋を誘発する動きは左脇だけでなく腕の伸びがあります。
体が開かず、ビハインドザボールがそうです。
タイガーカムバック さんが②でやるべきことは左脇をもう一段締める感覚よりこれだと思います。

> ③この反動でインパクトゾーン後半からフォロー、フィニッシュまで左脇が一気に完全にリードし右グリップや右腕は引っ張られっぱなし。

この「左脇が一気に完全にリード」の意味が分かりません。
締めるという事ですか?するとスイングアークが小さくなり、短い銃身と同じでラインが出しにくくなります。


娘もアウトサイドインになりがちです。
最大の問題はダウン時の右脇の空きです。シャフトは立って下りてきているので(左脇は締まっていて、アンダーにはなっていないので)右脇だけ締めればインから縦に下ります。真っ直ぐ直線的に振るのでダウン開始時に軌道は決定します。

飛距離アップはインサイドから縦に腕を直線的に思い切り振ることです。足を捻って体は回さない。ボディーターンと正反対ですね。
軽い左脇締めとビハインドザボールで左前腕の外旋を意識していけば球は捕まります。

どうですか?

結局・・・

結局ボクのやってきたことは、距離を犠牲にして方向性をあげるということなのですかね(涙
以前にも書きましたが、ご心配されているフックよりも、持ち球は完全に右スライスなんです。
方向性が以前よりかなり良くなっているんですが正直言って飛距離が落ちて・・・ゴルフって難しいです。

タイガーカムバック さん Re: 緊急応援依頼です!

こんにちは!!

> ①右サイドはスイング中スクエアを維持することに集中して決してグリップやヘッドを左へ押さない。

右サイドは押さないですね。たまにタイミングが合ってもろくなことが無いですから。右肩、右膝は死んでも出さないようにします。だから押しません。インパクト以降はグーンと出ますが。
ただ右足はかなり終始捻って使いますよ。

> ②ボールに対してスクエアになりかけた頃からもともと甘くない左脇をもう一段強く締めてやる。

左をそこでさらに締める理由はローテーションですか?
ここが問題だと思いますよ。確かにローテーションし易くなります。しかし次第に行き過ぎますよ。
それにフォローでインに引き込みやすくなります。ヒッカケでやられます。

インパクトではローテーションの動きは既に終了していて惰性です。むしろ左脇はインパクト以降逆に明けていきます。藍ちゃんのイメージです。
ローテーションは左脇の締めではなくビハインドザボールの役目ですね。
体と腕の関係により発生します。
イントゥーインよりもっとストレートなほうが方向性も飛距離も出ます。

> ③この反動でインパクトゾーン後半からフォロー、フィニッシュまで左脇が一気に完全にリードし右グリップや右腕は引っ張られっぱなし。
> こんな感じでうまく行っているようです。

私は左脇がリードするイメージは全くないです。むしろクラブに引っ張られて左脇は空けてます。
ローテーションはシャフトが回転して捕まえている感じです。

> しかし、よく言われる「左の舵取り、右のパワー」とはまったく逆のことをやっている気がして・・・悩んできました。
> 考え過ぎると頭の中がおかしくなってきますし、すぐにスイングもおかしくなってきます。
> ゴルキチさん、どうなのでしょうか?

左の舵取りの意識も無いです。ダウン時点で真っ直ぐ縦に直線的に振るので切り返し時点で方向が決まっています。舵取りするとしたら切り返しの一瞬だけですね。それは左腕より体の開き具合、右肩の位置やむしろ右脇・右肘の締め具合の方が軌道への影響は遥かに大きいと思いますよ。

右サイドのパワーは右足です。
右足を捻りながら蹴れば良いのです。
右サイドのパワーを何に使うかは、結局は体の回転速度なので右足のパワーで腰が切れるのです。
ただ右サイドで押すのは非常にリスキーですし、飛距離においても意味が無いと思います。

インパクト以降左肘締めすぎるとヤバイです。
後ろから見て3時でグリップエンドが体に隠れて見えないとイン過ぎます。殆どのアマはそうです。

どうですか?

Linkさん Re: タイトルなし

Linksさん今日は!!
相変わらず熱心ですね。
中井学プロ熱血で歯切れがよくて好きです。
もたもたしゃべる有名ティーチングプロより良いですね(笑
本は少し表現が分かり難いですが、一生懸命なのは良く伝わります(笑

お勧め動画見てみます。
有り難うございます!!

緊急応援依頼です!

ゴルキチさん、いつもながらわかりやすい解説です。
ボクはこちらには早くに気づいて自己修正済みです。
振り遅れのもうひとつの大きな原因は左グリップの先行過多による左脇空きからのフェースオープンですね。
最近はずっとこちらに取り組んでいて悪戦苦闘中でした。
結局、ボクの場合は肌リグリップと言うよりも右サイドの押し込みが長くなったり、疲れてきて右サイドのパワーに頼り過ぎたりした時に、左脇が甘くなるのだと自己分析していました。
それなら・・・・・
①右サイドはスイング中スクエアを維持することに集中して決してグリップやヘッドを左へ押さない。
②ボールに対してスクエアになりかけた頃からもともと甘くない左脇をもう一段強く締めてやる。
③この反動でインパクトゾーン後半からフォロー、フィニッシュまで左脇が一気に完全にリードし右グリップや右腕は引っ張られっぱなし。
こんな感じでうまく行っているようです。

しかし、よく言われる「左の舵取り、右のパワー」とはまったく逆のことをやっている気がして・・・悩んできました。
考え過ぎると頭の中がおかしくなってきますし、すぐにスイングもおかしくなってきます。
ゴルキチさん、どうなのでしょうか?

ゴルキチさん
すごく良い動画ですね。
中井学プロで検索すると一杯参考になる動画が出てきて嬉しくなってきます。
特に「The極め技 ドライバー編」は秀逸。
漠然と感じていたポイントが指導と一致して確信にできそうです。
有難うございました。

雪でコースがクローズになったので、練習場で打込みに行ってきます(泣)。
でも長い目で見ればその方が良かったりして(笑)

うさぎさん Re: ウ~~~ン

右膝伸びてるって事は体全体の圧力が下ではなく上方向にかかってるんです。
トップで上体も伸びているって事なんです。右膝の動きは上体によって上に引っ張られた結果です。
上に上がった瞬間体もグリプも浮きます。
短時間なので一度浮くともう修正できません。
浮いたままダウンが始まり、自分ではダウンで重心を下げ切れるように感じても下げきれずにふわふわしたスイングになります。右足かかとが上がるのもそこが原因お方は多いです。
トップで一度起きる・浮くと右踵は押さえきれなくなります。

それと、インパクト直前まで右踵を上げないで抑え、溜めるのはインパクトゾーンで押し込んでいくためのパワーを蓄積させるためです。
ですから、インパクトが始まったらそれまで開かず閉じていた体と一緒に一気に開放しなければいけません。かかとが垂直に立つまで一転積極的にめくって体重移動助長して、球を押し込んでいかなければなりません。そうしないと我慢していた意味が無いのです。
体もそうで直前ギリギリまで閉じていたものが一気に開きます。
この転換のタイミングが難しいですが、必ずだんだんできるようになりますよ!!
頑張りましょうね!!

ひめこ さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> わかりやすいv-10
> スゴイですぅ~

有り難うございます。
やっぱり動画の威力は素晴らしいですね。

> なんでテークバックで手首をヒョイと動かすんだって!!
> 体からグリップエンド離れてるのすごい自分でもわかってるのに


テークバックで殆ど決まってしまいます。
「ヒョイ」はかなりまずいですね。手と体が連動しないと。ダウンでもバラバラになって様々な修正不能な弊害が出ます。

また書いていきますね!!

ウ~~~ン

右ひざって…うさぎのことです。

ひめこさんは手首
うさぎは 右ひざ…

なんかフラフラしてるなぁ~って思ってたら
膝がのびてたんだv-40

バランスディスクに乗り足りないらしいです。

キャー!!!

ゴルキチさーーーん♪
なんだかぁ~天からの声がv-238

わかりやすいv-10
スゴイですぅ~

ひめこの一番悪いとこ
ダンナにもよく言われるのですよ
ごまかしが効いてる時はいいんですけど
コースで当たらなくなったときはいつも
同じなの・・・原因が♪
なんでテークバックで手首をヒョイと動かすんだって!!
怒鳴って言うんですヨ!アイツ・・・(;一_一)

体からグリップエンド離れてるのすごい自分でもわかってるのに
うるさいったらありゃーしない!!!~

キャッv-238
すごいわかりやす~~いv-237

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コックは右斜め前45度

 震災発生後、ブロクを書く気になりませんでしたが、最近ちょっと余裕が出てきたので、再開することにします。  震災についてはいろいろ思うところはあるのですが、気が滅入るので書くのはやめておいて、...
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR