ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テークバックは3つの動きの合成

 コタロさんコメント有り難うございます!!

丁度良い質問なのでの詳しく書きますね。

>スイング始動は同調しながらでグリップが右足の辺りまでは
>低く真っ直ぐで右肘はたたまない方がいいのですか?

まず、最初に「同調」も「右足辺り」も「低く」も忘れて

テークバックの動きの理屈を理解すれば分かりますよ。

上記を先に意識すると手先で操作してしまう可能性があるからです。

まず、正しい上げ方を理解してみましょう。

テークバックは3つの動きの合成です。

1、コック

2、腕をV字にほぼ右肩上に上げる

3、体の回転

これしかないのです。

まず、これらの動きを別々に理解しないと絶対に正しいテークバックは

出来ません。

 実際、90%以上のアマはコックの方向が間違っているので

テークバックで既に全く誤った上げ方をしています。

結局この時点で既に確実にスイングは破綻しています。

テークバックも正しいリストワークが必要なのです。



よーく考えてくださいね。

ゴルフは体が回るので本当の腕だけ、手首だけの動きが見えません。

だからスイングが難しく、分からなくなってしまうのです。

体が回っているのでコックは真横にしている様に見えてしまいます。

だから皆さんコックを右真横に上げます。

これをやった時点でボツです。

実際は体が回らなければコックと腕はV字に右肩の上に上がります

直線的に斜めに上がるだけです。全然単純なんです。

V字に上げる意識が無くても自然に体の前で真上に縦に上げよう

としても実際はアドレスから垂直に真上ではなくて、

左手の人差し指と親指のV字が挿す方向、もしくは左親指先の方向に

上がるものなのです。やってみれば分かります。

それが最も自然な関節の動きです。

そしてそのコックの方向に腕を上げて行くだけなのです。

そのコック、腕の動きに体の回転が加わるだけです。

それを同時に管理しなくてはならないので難しくなります。

腕だけを先にトップまで完全に上げてから、体を回せば

誰でも簡単に正しいトップが出来てしまいますよね。

しかし、実際は両方同時にバランス良くやらなければいけないので、

両方の動きのタイミング次第であちこち上がってしまい

おかしいプレーン、トップの位置になるのです。


 難しいのはそもそも皆さんコックのタイミングが遅いのです。

これは最初に忘れろといった「低く、長く」の誤解によります。


確かにこれは間違ってはいません。しかし、これだけ意識すると

必ず手首でヘッドを右横に動かしてしまうのです。

コックの前に初動でいきなりクラブが体の前からずれます。

その時点で終わりなのです。

間違った動きでずれてしまうので、次は「同調」しろという

対症療法が出てきます。

しかし、これも手先の動きでますます複雑怪奇になり、

ついには考えすぎてテークバックの方法が分からなくなってしまいます。


上記の説明だとコックをしないと腕はいつまでも上がりませんよね。

よくノーコックとか言いますがそれは間違いで、

テークバック初期のコックの量が少ないだけです。

初期にコックの量が最も多い選手が以前紹介した小田孔明プロです。

非常に動きが分かり易くなります。

なぜなら、体の回転、腕の動きの前に

コックの動きだけが単独で見える

非常に稀な良い例なのです。


コックの動きはあのイメージです


 コックのタイミングは皆さん違いますが、腕はV字にしか動きません。

だから、まず、心配しなくても体が回ろうが回らまいが

腕をV字に縦に上げれば最後はトップは右肩の上にちゃんと収まります。

トップの位置がアップライトに頭と右肩の間であったり、

フラット、レイドオフに右肩の少し外だろうがトップの位置の違いは

V字の角度が人によって少し違うだけのことなのです。

またはトップの右手の高さによるのです。

高ければアップライト、低ければフラットにちゃんと収まります。


アドレスの状態で体を回さず上げてみれば直ぐに分かりますよね。

これに体の回転が加わるだけなんです。


手取り足取り教えれば簡単に分かるのですが

このような複合的な動きは文章での説明は本当に難しいですね。


 コックのタイミングですがテークバックの初動に体の回転と同時

が分かりやすく、やり易く、再現性が高いと思います。

もちろん、これは小田孔明プロの様に個人差ですが、

これから修正しようと思うなら同時が分かりやすいと思います。


よくテークバックの始動は手が先とか、

体が先とか数十年間不十分な説明で言われて

散々惑わされてきましたよね。


簡単なことで体が回る前にコックだけして腕を上げたら

当然どんどんアウトに上がります。

しかしその後は背中の後ろ側に肩のラインと垂直にひっくり返る訳です。

逆にコックしないで体だけ回したらいつまでもインサイドに

低く、ずるずる体の回転と一緒に回るだけでいつまでたっても

上に上がりませんよね。

これが典型的アンダーの動きでアウトサイドインを治そうとする

アマのほとんどが陥る「インサイドアウトに振れ」と言う言葉の

勘違いによる罠に陥る泥沼現象です。

これはそもそも「ヘッドをインサイドアウトに振るもんだ」

と勘違いしているのですが、

意識してインサイドから振るのは

「ヘッドじゃなくてグリップ」なんです。


それで、トップとグリップの軌道が正しければ

ヘッドもオンプレーンで正しく下りてくるのです。

ヘッドをインサイドから振ろうとすると必ず、テークバックで

まずヘッドをインサイド=プレーンよりアンダーに

引きすぎるような動きになってしまいます。

だからそれに慣れると正しいテークバックの軌道が

とんでもなくアウトに上がっているように感じてしまうのです。


ヘッドの動きは意識としては極めて直線的なのです。


そんな訳で、コックと体の回転のバランスが重要なことが

分かりましたよね。

だから、コックと体の回転が同時の方が良いと思います。



 そして、実際問題となるのが、

「じゃあ合成された正しい動きはどうなるんだ」という事ですよね。

コックはV字とは実際右斜め前に上がります。

前に上げると左親指の向きにクラブは自然に上がるからです。

すると、アドレスで体を回さないと右斜め前に上がります。

大雑把に右前方40度前後でしょうか。

分かりますか?

そうコックしながら体の回転を同時に行います。

そして合成されたヘッドの起動はスインガーから見て

飛球線上が正しいのです!!

これが飛球線上を真っ直ぐテークバックの秘密です。

コックではアウト+体の回転ではインへ=飛球線上

と合成された結果直線になります。

インサイドでもアウトサイドでもありません。

だから体の回転が加わると難しい

注意点は左脇を開けず、左手甲の角度が手のひら側に伸びないこと。

コックは左親指方向に曲がるだけです。

要するに横に振らないで斜め縦に上がるのです。

飛球線上を直線的にテークバックする為には体の回転のバランスを

コックに合わせるのです。

そして正しいプレーンの目安となる目標はHWBとトップです。

まず、飛球線後方に真っ直ぐ上げて行きHWB位で少しインに入り始め

シャフト水平で、飛球線と平行になります。ここが最初の目標。

次は自分のトップです。

それをビデオで撮って見てテークバックの軌道とダウンの軌道が

なるべく近くなり、オンプレーンになっていればOKです。

自分のスイング解析はこのカメラがあれば重宝します。



超スグレモノです。安くなりました。
カシオHP




恐らくこの説明だけでは十分に分からないと思いますが

皆さん、何でも良いのでまたご意見、質問下さいね。

ここがしっかり理解できて出来ないとこの後をどんなにいじっても

スイングは根本的には治りません。



>それとも始動からすぐに右肘をたたんだ方がいいのですか?


年齢や、体の柔らかさにもよりますが少なくとも

ジュニアは絶対にHWBまで伸ばしたままです。

ただ、コックが上手く出来ていないで伸ばしすぎると

アウトに突っ張ったスイングになってしまいますから

自分に合った位置から徐々に曲げていくていくタイミングが

それぞれあります。それは見てみないと分かりません。

ただ、スイングアークが大きいほうが良いので右肘のたたみは

早すぎないほうが良いです。


>すぐにたたむとヘッドがアウトサイドに上がって


コックのことですね。コックだけ早いとアウトに上がります。

この場合、体の回転で飛球線上になるように体を回していきます。

コックと体の回転のバランスです。

右肘のたたみは逆で早いとインに上がってしまうはずですよ。


>トップで体から右肘が離れてしまう様な気がします。


飛球線後方に上げっぱなしでは無くHWBからインサイド

上がっていきます。

HWBで水平、飛球線と平行です。

トップの目安は右上腕水平、右肘垂直、ほぼ真下向き、

シャフト水平、飛球線と平行です。

HWBからそこに向けて上げます。


>グリップが右足の前辺りから右肘をたたみ始めるといいのですか?


バトミントンラケットのドリルだともっと上まで両肘曲げませんよね。

出来るだけ左右のスイングアークを大きくしたいです。

藍ちゃんが典型例ですがあそこまでは体が相当柔らかくないと

絶対にスウェイしますので自分に合ったところまで我慢です。

スイングアークが大きいということは角速度が小さくなるように

感じますが実際は違います。

それより、銃身が長いライフル銃と短い拳銃と同じで

ライン出しの精度が全く変わります。


拳銃は3m先の人でも当てられないと言いますからね。

だからヘッドは出来るだけ飛球線上を直線に長く振りたいのです。

でもそれを手先でやったらだめですよ。

あくまでコック、アンコック、リストワーク等と体の回転を

合成した結果の軌道です。


また質問お待ちしています。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

らぷんて さん Re: いつも拝見しております。

らぷんて さんはじめまして!!
コメントどうも有り難うございます!

> ブログの記事をすべて読ませていただき、
> 実践をしてきましたが、効果は絶大です。
> 今までの苦労がやっと報われたという
> 思いです。本当に有難うございます。

えー、また、全部読まれましたか!!
いえ、こちらこそご丁寧に感想を頂きまして誠に有り難うございます。
効果ありましたか!!
でも、絶大だったのはご自分の努力の成果だと思います。

変なところがあったら是非教えてくださいね。
そのうち自分でも1回読み直さないとまずいですね。

> 肩をまわす意識はほぼなしで、腰も意識は不動。
>ダウンスイングは右足体重のまま下半身は無視して
> 重力に任せて右肘をおろすだけ。
> 右足前でヘッドがボール方向に向くことだけを意識し、
> そのあたりから右肩を飛球線方向に押し出す。
> フィニッシュまでは右肩をまわすことだけを意識。
>
> 以上のような意識でなるべく簡略化して振ってみたところ、
> 何の力も入れていないのに、驚くくらい曲がらない、
> しかも重い球が打てるようになりました。

そうですか。動き過ぎだったんでしょうか?
軸が安定したんでしょうね。
そんなに曲がらないですか!
羨ましいです。
今度秘訣をまた教えてくださいね!!

> アイアンはライフル6.0、ドライバーはV2の75X
> に変えたのですが、かえって重く硬いシャフトのほうが
> 力が抜けるイメージを持つことができました。
> 今まで力んで思いっきり振っていた自分がウソのようです。

V2 75Xはトルク2.2でかなりハードです。
相当なパワーですね。
お上手なんでしょうね。

私もドラコン用にワークスのヘッドにV2LD-3持ってますよ。
48インチにすると良く分かりますが軽くて柔らかい方が自分でもびっくりする位H/Sは上がります。
ところが実際問題、想像より遥かに当たり負けは大きいです。
正直なところドラコン用でもH/Sを2~3落としても多少重いほうが良いかも知れないと思います。
それ位当たり負けによる様々な影響は読めません!!

ラウンド用なら尚更で出来る限り重い方が良いと思います。
私は今ラウンド用はAD-DI7Xを使っていますが、そのうちAD-DI8S も欲しいです。
8Xは狂ったように硬いですから(笑

FWは全部スチールですが3Wでもスチールで驚くほど安定しましたよ。多少の距離よりも正確性で平均飛距離も飛んでますし、何より気分的に全然楽です。

しかし、ライフル6.0は逆に10gほどDGより軽めですよね。
V2 75XならひょっとしてDGの方が合うんじゃないですか?
重さも調子も。V2は表示は中ですが元調子ですよね。
ライフルがお好きなら別ですが。

> これからも熟読させていただきますので、
> 宜しくお願い致します。
> 今、質問内容を考えているところです。
> その時はご指導を宜しくお願い致します。

いえ、こちらこそいろいろ教えてください。
大変参考になりました。
またコメントお待ちしています。

気楽に何でも書いてくださいね。

いつも拝見しております。

ゴルキチさん。

ブログの記事をすべて読ませていただき、
実践をしてきましたが、効果は絶大です。
今までの苦労がやっと報われたという
思いです。本当に有難うございます。

記事のすべてを実践することは難しいので、
今は次のことに気をつけています。

①アドレスは、スタンスは狭く、グリップは体に近く、
股関節を曲げることは難しいのでほぼ棒立ちでひざも曲げず
②バックスイングは左手親指方向にコックしてその後は
親指方向に惰性で上がり、右腕V字、肩をまわす意識は
ほぼなしで、腰も意識は不動。
③ダウンスイングは右足体重のまま下半身は無視して
重力に任せて右肘をおろすだけ。
右足前でヘッドがボール方向に向くことだけを意識し、
そのあたりから右肩を飛球線方向に押し出す。
フィニッシュまでは右肩をまわすことだけを意識。

以上のような意識でなるべく簡略化して振ってみたところ、
何の力も入れていないのに、驚くくらい曲がらない、
しかも重い球が打てるようになりました。シャフトを
アイアンはライフル6.0、ドライバーはV2の75X
に変えたのですが、かえって重く硬いシャフトのほうが
力が抜けるイメージを持つことができました。
今まで力んで思いっきり振っていた自分がウソのようです。

これからも熟読させていただきますので、
宜しくお願い致します。

今、質問内容を考えているところです。
その時はご指導を宜しくお願い致します。

ロキ さん どもです Re: タイトルなし

> 先日練習場に行きコックを意識して練習しましたところ、かなりいい感じになってきました。
> いままで体を動かし過ぎていたみたいです。
> クラブを立ててグリップを低く意識したことでアプもよくなりロングアイアンも以前より打てるようになりました。

縦のコックの意識が上手く行っているようですね。良かったです。
ダウンブローで打点も正確になるのでロングアイアンも楽になります。

> まだトップが大きすぎるみたいなんですが脇の締まりが悪いんですかね・・・?

両膝と尾骶骨の3点を意識して止めればトップはコンパクトになり、捻転が出来、スイングが安定します。
脇もそうですが両肘間隔はトップ、フォローともに開けない様にしたいですね。

> これからも質問などさせていただくと思いますがよろしくお願い致します。

どんどんコメントくださいね!!
何でも良いですよ!!

返事頂きありがとうございます。
先日練習場に行きコックを意識して練習しましたところ、かなりいい感じになってきました。
いままで体を動かし過ぎていたみたいです。
クラブを立ててグリップを低く意識したことでアプもよくなりロングアイアンも以前より打てるようになりました。
まだトップが大きすぎるみたいなんですが脇の締まりが悪いんですかね・・・?
その辺を練習して直していきたいと思います。
これからも質問などさせていただくと思いますがよろしくお願い致します。

ロキ さん Re: タイトルなし

> 谷将貴コーチのスウィング理論はどう思われますか?
> 最近興味をもち自分的にはシンプルでわかりやすいのですが。
> ぜひゴルキチさんの意見をおきかせください。

GOLF mechanicのビデオ等は非常に良いですよ。数が非常に多いですがTUTAYAで借りられますよ。
ハッキリして分かりやすいですし、非常にユーモアが合って楽しい方ですね。
お会いした事もありますが、フツーのアマのおばちゃん相手でも真剣に教えますよ。

ただ、ちょっと、えっ?と思うところもいくつかありますが、
それはどのコーチもプロも同じで全て同じ人はいないですからね。

また、片山プロを指導してきましたが片山プロも100%信頼し切ってはいないと思います。
どこまで自分に合うか、どこは合わないかは最後は結局自分で試行錯誤して判断する必要があります。

単行本で良い本は山ほどあって、良いティーチングプロも大勢います。
誰が良いというより、誰のどのポイントが良いという感じだと思います。

最近では安藤秀プロのコンバインドプレーン理論は秀逸ですね。
新しい理論と言うより、過去の正しい理論を非常に分かりやすくしたと言う感じです。
彼の功績は大だと思います。

非常にお勧めですよ。

コメントいただきありがとうございます。
大変参考になります。
もうひとつお聞きしたいのですが、谷将貴コーチのスウィング理論はどう思われますか?
最近興味をもち自分的にはシンプルでわかりやすいのですが。
ぜひゴルキチさんの意見をおきかせください。

ロキ さん Re: タイトルなし

はじめまして!!

> 両脇閉めて上体を(胸を)をまわしていけば勝手に腕は上がりいいトップの位置に納まるような気がするんですが・・・

HWB、水平までは何とかボディーターンでクラブが上がるでしょうがそれ以上は腕で上げないと上がらないですよね。そして方向を常に一定にする役目がコックの方向です。
テニスでも、野球でもボーリングでも何でも体でクラブをトップまで上げるスポーツなんて存在しないし不可能ですよ。もしやるなら体がそっくり返らないと上がらないですよね。

良いトップの位置とはトップの右腕の位置の再現性があるので狂わないんです。
トップの右腕の位置をシャドーで練習します。

> もちろん下半身は回り過ぎないように。
> 後は前傾を崩さないように(右踵はなるべく上がらないように)

前傾維持は恐ろしく大事ですね。子供のスイングでよーく分かります。
パターもショットもヘッドアップしたら絶対にダメです。間違いないです。
ヘッドアップすると前傾が起きます。起きるとインに引き込みます。
要するにアウトサイドインが激しくなります。
誰でも肉体的に前傾維持はきついので手を抜くと必ず直ぐにそうなりますよね。

同時に頭も左に流れます。腕が伸びません。ローテーションできません。
そうなると全然だめです。お話になりません。
腕を振らないで、頭を一生懸命振ってるんじゃないか?
と言いたくなりますよ(笑

アマもそうですが兎に角頭じゃなくて左腕をもっと振って欲しいですね。

ワンテンポ下を見て頭を止めて、前傾維持して、左腕をしっかり振る。
右肩を残こす=右肘を伸ばしていく

> 後、よく右足前で打てと言われるのですがどうなんでしょうか。

そうです。打ちませんが。ライによっては普通に打てます。
これはグリップを右脚前までに下ろし切るということです。
ヘッドではないです。
殆どの方はシャローに振る、右脚前で打つを「ヘッドを早く下ろす」と勘違いしています。
グリップであり、シャフトは立っているのでむしろ高いとことにあるのです。
ですからアマの勘違いとは180度逆なんです。

皆さん勘違いするのはそれだと振り遅れるじゃないかと思うでしょ?
全然振り遅れません。
なぜなら体が開いていないからです。

タメは良くないと言う理論が最近多いです。
まるっきりウソです。
それは普通のアマは右脚右前でグリップを下ろし切れないから、間に合わないのです。
球の直前でやっとおろしきれるのでスティープに入ってローテーションも間に合わず振り遅れます。
シャローに振れないのです。

そういう意味なんです。


はじめまして。
ゴルキチさんのブログいつも拝見させていただいてます。
早速質問なんですが、両脇閉めて上体を(胸を)をまわしていけば勝手に腕は上がりいいトップの位置に納まるような気がするんですが・・・
もちろん下半身は回り過ぎないように。
後は前傾を崩さないように(右踵はなるべく上がらないように)
これではダメなんですかね??

後、よく右足前で打てと言われるのですがどうなんでしょうか。

コタロさん Re: 練習行って来ました

> 頭の中では理解していてもつい前の悪い癖がでてしまうので、しっかり意識して正しいテークバックを体にたたき込む為に、じっくり練習していきたいと思います!ゴルフ始めて3年ですがまだスイングが分からない事だらけなのでまた質問させて頂きます!ありがとうございました☆

ゴルフは本当に時間がかかります。
一生続けられるスポーツなので初めて3年ならコーチに付くのが絶対にベストです。
自分にとって完璧なコーチはいないので今後様々なコーチに付く事になると思いますがそれも勉強です。

そしてスイング作りはレンジでの練習以上に家での素振りやちょっとしたアプローチの練習がベストです。
レンジで長いクラブで飛ばそうとすると必ず悪いスイングになります。それを沢山やれば上手くなるどころか悪いスイングを見につけるだけだからです。

ゴルフは本当に楽しいです。頑張りましょうね!!

t.watanabe さん Re: back swing

>1,2,3の動きは分かりました。GRIPの高さはどのくらいがいいのか?肩のLINEよりもっと上、頭の方に上げてCOCKINGはMAXにしました。今までこのCOCKINGが十分でなく BACKが低かったので距離が出ませんでした。
>PROはCOCKINGをMAX入れろというのですが これが今までできませんでした。が最初に始動からCOCKを意識していれGRIPも高くあたままで上げるようしました。お蔭様で結果はいいのです。

コックを入れない打ち方はアプローチでの飛ばしたくない打ち方ですからね。コックとタメないと飛ばないですよね。

>その後IMPACTまでの腰、足、GRIPの動きを教えてください。BALLは割合真っ直ぐですが距離が出ないのが悩みです。

理論的にはH/Sの割りに飛んでいないと言う事ならミート率の問題です。ミート率は真ん中に当たっていないと言う事ではなく伝達効率で損をしていると言う事です。
問題がある可能性は
1、ハンドファーストで適切なロフトで当たっていない
2、ロフトが寝て当たっているか、開いて当たっているかでバックスピンが多い
3、インパクト以降加速していないため当たって終わりで当たり負けしている
4、クラブが合っていない。軽すぎる、柔らかすぎる、捕まり難い
等が主にあります。

真っ直ぐ飛んでいると言う事ですが出球はターゲットの右でドローでしょうか?
フェードでしょうか?
しっかり球を捕まえることがまず重要です。そうするとバックスピンが減り飛距離はかなり伸びます。
そして適切なハンドファーストでダウンブローで適切なロフト角でのインパクトになります。
また、クラブが軽い、柔らかいと当たり負けします。これも以外に大きいですよ。
アイアンはスチールシャフト、ドライバーも出来れば重めの方が良いですね。
私は3Woodもカーボンとスチールでずいぶん実線でテストしましたがスチールの方が正確性は格段に上で平均飛距離でも上でした。ラフからのショットでも重いクラブの方が芝の抵抗に負けず有利ですね。

以上を検討した上でのスイング対策に成ると思いますよ。
また、コメントお待ちしています。

練習行って来ました

頭の中では理解していてもつい前の悪い癖がでてしまうので、しっかり意識して正しいテークバックを体にたたき込む為に、じっくり練習していきたいと思います!ゴルフ始めて3年ですがまだスイングが分からない事だらけなのでまた質問させて頂きます!ありがとうございました☆

back swing

1,2,3の動きは分かりました。GRIPの高さはどのくらいがいいのか?肩のLINEよりもっと上、頭の方に上げて
COCKINGはMAXにしました。今までこのCOCKINGが十分でなく BACKが低かったので距離が出ませんでした。
PROはCOCKINGをMAX入れろというのですが これが今までできませんでした。が最初に始動からCOCKを意識して
いれGRIPも高くあたままで上げるようしました。お蔭様で結果はいいのです。その後IMPACTまでの腰、足、GRIP
の動きを教えてください。BALLは割合真っ直ぐですが距離が出ないのが悩みです。

コタロさん Re: ありがとうございます

>テークバックは悩みながらしなくて済みそうです!

分かりましたか?
理屈だけでも非常に難しいことです。実践は更に練習と経験が要ります。でも必ずだんだん分かると思いますよ。
また質問して下さい。

>まだ正しいダウンスイング、フォロースルーと課題は山積みですが…。

1つ疑問が晴れると次々と疑問が解消されてきます。それが論理的にスイングを自分で理解する利点ですね。

>こんなに細かく丁寧にわざわざ記事にして頂けるなんて思っていませんでした。質問してあつかましく思われたらどうしようと思っていたので感動しました☆ありがとうございました!頑張ります☆

自分が散々苦労しましたし、娘に教えているところなのでむしろ皆さんの質問や御意見は参考になります。
何よりゴルフが大好きなのでゴルフ理論に関する話なら何でもウェルカムです。

また、何でもコメントくださいね!!

ありがとうございます

本当にありがとうございます!早速今日の夜練習行って指摘して頂いた事を気を付けてみます。テークバックは悩みながらしなくて済みそうです!まだ正しいダウンスイング、フォロースルーと課題は山積みですが…。こんなに細かく丁寧にわざわざ記事にして頂けるなんて思っていませんでした。質問してあつかましく思われたらどうしようと思っていたので感動しました☆ありがとうございました!頑張ります☆

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1日わずか13分の練習で奇跡的にバトミントンが上達する!

1日13分、ある方法を実践するだけでスマッシュやクリアといったバトミントンスキルを驚異的にアップすることができるのです。
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR