ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

コンバインドプレーン5  左手首のアンコック動作2

 昨日の続きですが、この本では「コックの動作」は

「グリップエンド側を支点」にして「右人差し指で引く」

と言うことですね。

明らかにテコの利用なのですが、私の方法とは支点が逆です。

私は「右人差指を支点」にして「左グリップを押す」です。

実際問題、両方同じ事をやっていると思います。

意識、イメージの違いでしょうね。

私は下に圧力をかけ、浮き上がりを絶対に防ぎたいので、

意識として引き上げるより、押し下げた方が良いと思います。

膝付きショットで説明しましたが、ライ角を維持して

ヘッドが垂れない様にする為には左グリップを下げることが

絶対条件だからです。左を下げずに右だけ引けないです。


また、テークバックを右手で引いて行うと手でヒョイと

簡単に上げてしまう現象が非常に起き易いのです。

また、右腰も引け易く、右サイドが浮き易くなります。

逆に左で押すのはきついですが左肩が必ず入るし、

右サイドが絶対に浮かない、手で簡単に上げられない、

右サイドが引けないので捻転が作り易くなります。

うちの娘も左肩の入りが浅いことが良くあるのですが、

浅いと物理的にインサイドから下ろせなくなり、

肩が早く開きますよね

物凄く単純な話なんですが非常に重要で

肩の入りが浅い瞬間そのショットは没ですね。

自分のスイングは見えないので、その単純な事に気が付かず

必死に他の原因を探し続けるアマは山ほどいますね。

と言うか、しっかり肩が入って間が取れているアマの方が

遥かに少ないですね。

プロでさえ不調時には自分では気がつきません。


それ以上は、スイングとの相性ですね。

72 2
73 2

 「コックを解放し、アドレスと同じ角度に戻す」

「開放する」とは「全開」ではなく「アドレスのライ角に戻す」ですね。


 そして、今日の最も重要な問題は、

「アンコックは右手首ではなく左手首で行う」と言う部分です。

テコの利用なので作用点はなるべく遠いグリップエンド

の方が効率的なのは当然なのですが、

問題はそれによって「より強い力を加えるため」なのか

それとも「強い力をより必要としないから」なのか


重いヘッドの遠心力に耐えてライ角を維持する事も大変なのに、

テコを使ってさらに「強い力でヘッドを下ろす」と言うのは

少々解せないというか、アマには危険な気がします。

間違いなく「より強く」と意識した時点で力むでしょうね。

ヘッドを鋭角的に叩きつけたくなるでしょうね。

しかも力めば必ず利き腕の右腕が登場してきます。

「より速く」ならまだましですが。

力んで硬くなればスピードは絶対に落ちますから。



 私の見解では確かに右手はヘッドの遠心力によって

自然に開放させられるだけで能動的に使って

力むようには絶対に使いたくないです。

力んだ瞬間に必ず腕と手首が伸びて、アウトに出て

アウトサイドイン軌道になります。

手首が硬くなるとローテーション出来なくなります。


一方、左腕もインパクトで力んだ瞬簡に硬くなり、伸びて、

肩が盛り上がり、左肩が上がり、重心が上に移動し、

同時に左が上がった分右肩が下がります。

多くのアマがそうですインパクト時にボールを叩こう、

腕を伸ばそうとすると左腕が硬直して肘が伸びます。


ビデオで左腕がプロの左腕がしっかり伸びているのは

脱力しているので遠心力で伸びているのであって

しっかり伸ばしているので張りません。

左背筋、左広背筋で左腕を引いています(左サイドリード)が、

左肘、手首、左腕筋肉は出来る限り柔らかく維持します。


従って、

「強い力で振り下ろすために左手首でアンコックする」

と言うのはコックもアンコックもテコの力を利用する。

それによってコックではシャフトが立ち、

アンコックは強い力を必要とせず、力まず効率的に

タイミング良くリリースできるという解釈で良いと思います。


 タメの必要性とは

1、あらゆるライ、スタンス、状況、球筋に対応するために

球へのコンタクトポイント、入射角をを自在に調整できる


2、ダウンブローに低く長く球を押し切る事で

強い球が打て、ラインを出せる


3、角速度を上げるため



最下点は球の先なのでリリースでは球のずっと先を

ターゲットにします。それがシャローなダウンブローです。

球に向けてリリースじゃあ全然ダメです。

球の赤道の上にコンタクトして球のずっと先の最下点に

打ち抜いていくイメージをショット前にしっかり持ちます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Timさん Re: そんなミスがよくあります

Timさん、まいどです!!

> 感覚としては打った後にアンコックするぐらい感じで
> うまく事が出来る時があります。

そうですね。
意識はドライバーもダウンブローですね。要するにそう意識してやっとレベルなんです。プロの言葉と我々の意識は全く違います。プロがアッパーと言う。アマがその言葉通りにアッパーの意識で振る。すると普段からアッパーなのでさらにとんでもないアッパーになる。

FWなんかはアイアンと全く一緒でモロにダウンブローです。そうすればこんなに楽なクラブはない。腕で軌道をダウンブローにするのではなく、アンコックを遅らせて最下点を球の先にもって行く。

ただ、ここで問題になるのが振り遅れですが、アンコックを遅らせている間にグリップが球に近付くと振り遅れが発生します。これを防止させるのが「右足前で打つつもり」ですね。要するにシャフトを立てたままグリップエンドを下げ切りももに突き刺す。そしてももに突き刺したまま球に近づけないでヘッドを下ろしてくる。その間フェースは徐々にローテーションしています。ヘッドが降りてきたら体の横回転でシャローな軌道になります。

だから、アンコックを遅らせてもグリップが待っていられれば全然振り遅れなど怖くないのです。しかし、体が早く開くとこれが出来ずに左肩の開きによってグリップが球方向に引っ張られてしまいますよね。


そんなミスがよくあります

おはようございます。

手で上げてしまったり、肩の入り方が浅くなったり
最初はいいのに練習していてしばらく打っていると
起こる事が多いです。

近頃は気付くようになったので、まだいいですが
以前はそのまま迷路にはまってました。

いつの間にか腕だけで動かしてるんですね。

アンコックのイメージは難しいですね。

僕のレベルですとアンコックを意識すると
早い段階で叩きにいってしまう感じになります。

いつもじゃないですが、けっこうな球数を打った後に
力まずに球の先のマットを少し擦るような。。
感覚としては打った後にアンコックするぐらい感じで
うまく事が出来る時があります。

でも出来るときはホントに「時々」です。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR