ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

コンバインドプレーン6

簡単にコンバインド・プレーン理論のダウンスイング

の以下の3つの腕の動きを見てきました。

1、「左腕のスイングダウン動作」

2、「右肘の伸展動作」

3、「左手首のアンコック動作」


74 2

このまとめでも分かると思いますが、

何度もクラブはトップから真下に縦に下ろすと言っていますね。

ここで言う「縦」プレーンとは「アップライト」なスイングとは

意味が違うので気を付けて下さいね。

「見える」プレーンではなく「見えない」腕の動きです。

目に見えるプレーンは、あくまで縦と横の動きが合成された結果

として出来ただけのプレーンで、スインガーの動作の意識とは

違います。

もちろん合成の結果がオンプレーンになる様に

縦と横の動きのバランスを取るわけですが。

75 2

いかがでしたでしょうか

この辺りがこの理論のメインテーマです。

たった数回の説明でしたが

これまでのスイング観が変わったでしょうか


 今度はどうやってこれらの動きを効率的にマスターしていくのか

その方法論、ドリルと注意点を見ていきましょう。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

とんとんさん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> GW中にアドバイス通り右足前で打つことを意識し、レンジ、自宅での素振りに取り組みました。
> 結果スイングのイメージ、球筋、飛距離とも大幅に改善されました。ありがとうございます。
> 今までは、インパクトが左に流れていたこと、ダウンでシャフトが寝ていたことを実感しました。

素晴らしいです!!左に流れていた事が認識できれば今後のスイング矯正が全然変わってきますよね。

> ただ、ご指摘のとおり右足前でグリップが止まると引っ掛け・・・(急激なローテーション??) ドライバーで力むとプッシュアウト・・  まだまだ無意識に振れるようになるには練習が必要ですね。。。

その通りです。どこか止まると引っ掛けます。急激に返らないように左グリップを動かしながら、なおかつハンドルを切っていきます。ローテーションはグリップにブレーキがかかると起こるので、右肩の位置、右腕の伸び具合で自然に起きます。その位置、タイミングの問題ですね。それが技術です。意識的に力で「返す」ものではありません。ですから、腕が力めば自然のローテーションは妨げられプッシュアウトになります。それを嫌って故意に腕で返し始めると左右バラバラになります。

急にプレーンが変わったので、ローテーションのタイミングに慣れるのに時間がかかります。
ショートアイアンでゆっくり脱力で慣らしていくと良いですよ。ドライバーは単にその延長です。

9Iで体の正面で、肩のラインがスクエアでビハインドザボールでインパクトすれば自然に肩のライン通りに球が出て行くはずです。
その「自分にとってのスクエア」が出来上がればしめたものです。

ゴルキチさん こんにちは
GW中にアドバイス通り右足前で打つことを意識し、レンジ、自宅での素振りに取り組みました。
結果スイングのイメージ、球筋、飛距離とも大幅に改善されました。ありがとうございます。
今までは、インパクトが左に流れていたこと、ダウンでシャフトが寝ていたことを実感しました。
ただ、ご指摘のとおり右足前でグリップが止まると引っ掛け・・・(急激なローテーション??) ドライバーで力むとプッシュアウト・・  まだまだ無意識に振れるようになるには練習が必要ですね。。。
これからもいろいろ勉強させてください。
楽しみにしています。

ロキさん Re: タイトルなし

> ドライバーはやっぱり飛ばそうと力が入るとメチャクチャ引っかけますね。ゆったり振ることが出来ればいいんですが・・・

誰でもそうですが飛ばそうとすると体が回転しすぎてインに引っ張り込む傾向が出ます。特に球をしっかり捕まえられる人はそうなりがちです。フォローでインサイドに引っ張り込まないように、フォローでも左右の肘間隔を維持すると左肘が体の横に止まり、クラブをインサイドに引っ張り込めなくなります。
私もこれで引っ掛けはかなり減りましたよ。フィニッシュで右足裏が垂直以上に回っていると体が回りすぎですね。

> あとグリップなんですがまだしっくりこないですね。手の平の中でグリップがずれてるみたいです。おかげでこすれて痛いです。
> 小指などに力入れるとやっぱりスムーズに振れないですね。しっくりくるまで頑張ってみます。

いつの間にか慣れますよ。グローブもいろいろ試したら良いと思います。素材や大きさがルーズなグローブじゃないですか?小さめできつめが良いですよ。

とんとんさん Re: タイトルなし

> 早速の回答ありがとうございます。 左にハンドルを回しながら『同時に』左に振る。
つまり左手を止めずに加速しつつ、相対的に右手がはやくなるイメージでしょうか?

その通りです。結局最終的にはどこも止めないのが正解だと思います。途中過程で止める様な意識で説明する事も有りますが、どこか止めると今度はヒッカケが出はじめます。

> ただ、これを意識し過ぎると右手が力みそう…
> 確かに難しそうですね…

これは特殊な動きではありませんよ。
極普通の動きです。
最初は意識的にやらないと出来ないでしょうが、徐々に自然になります。
プロは当然誰でも出来る自然な事だと思い込んでいるでしょうね。

練習は意識を次第に無意識にする事だと思います。

早速の回答ありがとうございます。 左にハンドルを回しながら『同時に』左に振る。 つまり左手を止めずに加速しつつ、相対的に右手がはやくなるイメージでしょうか?
ただ、これを意識し過ぎると右手が力みそう…
確かに難しそうですね…

とんとん さん Re: タイトルなし

とんとんさんはじめまして!!

> 『グリップを球に近づけないで右ももにグリップを刺したまま…右足前で打つ』と昨年10月24日~26日あたりの記事にあります『グリップを加速し続け左股関節に引きつける』との関係がよく理解できません… 私の理解力不足による的外れな質問かとは思いますが、お時間ある時にコメント頂ければと思います。 よろしくお願いします。

あー、これ難しいですよ。恐らくしっかり出来たらシングルでしょうね。
この感覚は例えるとハンドルを左に回しながら振っているのに近いです。

グリップを20cm位離してハンドルを持つイメージで左に切りながら同時に左に振ってください。
左手が真下になるのが普通のアマは左足付け根なんです。しかし、それを右足前にもって行きます。
分かりますか?
要するにインパクト直前にギリギリでローテーションするのではなく早めに回すと言う事です。
これはシャットに振るという事ではなくこれが正しいスイングで、直前で回すのは単なる振り遅れです。

分かりましたか?
これは確かに凄く難しい事ですよ。
今までもまだあまり詳しく説明してなかったかもしれませんね。

お返事お待ちしています!!

いつも勉強させて頂いております。 とんとんと申します。
1点教えてください。
『グリップを球に近づけないで右ももにグリップを刺したまま…右足前で打つ』と昨年10月24日~26日あたりの記事にあります『グリップを加速し続け左股関節に引きつける』との関係がよく理解できません… 私の理解力不足による的外れな質問かとは思いますが、お時間ある時にコメント頂ければと思います。 よろしくお願いします。

お疲れ様です。
ドライバーはやっぱり飛ばそうと力が入るとメチャクチャ引っかけますね。ゆったり振ることが出来ればいいんですが・・・
あとグリップなんですがまだしっくりこないですね。手の平の中でグリップがずれてるみたいです。おかげでこすれて痛いです。
小指などに力入れるとやっぱりスムーズに振れないですね。しっくりくるまで頑張ってみます。

ロキさん Re: タイトルなし

ドライバーの反響が大きかったので説明していきますね!

解りやすく説明していただきありがとうございます。
とりあえずグリップから修正していきたいと思います。
次回のブログも楽しみにしてます。
またコメントさせていただきます。

匿名さん Re: 早速のご指導ありがとうございます。

> もともとこのブログは中級者から上級者を対象としたブログですもんね!
> 私も気分は中級者でした。(笑)

いえ、最初はそのつもりでブログ始めてんですが直ぐ方針転換してますよ。何でもOKです。私も皆さんからいろいろ教わっていますよ!

> なので今日からは右肘ではなく左腕リードにスイングを改造します!

さすが経営者!決断が早いですね(笑

> アイアンの切れ味がえげつないとは関西ではGOODの意味です(笑)

文脈からもそうですよね、失礼しました。私は出身が浜松で丁度東京と大阪の真ん中の田舎者なんですよ。

> ドライバーの出球はまっすぐ出て左か右に出て左でした。今日から左腕リードでその球とはおさらばします!!

インサイドアウトで少しで良いですから必ずターゲットの右に打ち出します。そして左に戻してください。まず球を捕まえる事を覚えることが先決です。フェードはその後です、簡単ですから。

> あとここにたどり着いたのはヤフーの検索でゴルフ切り返しと検索したりオーバースイングと検索したらたどり着きました。
> あとは飛距離アップをめざして吉田プロのホームページを拝見してたところリンクしていたと思われます。

そうですか。みなさんいったいどうやってこのブログに来るのかといつも思うんです。
吉田プロもご存知だったんですか。

> あとまたまた質問なんですが、以前からブログを拝見する中で500~1000本アプローチは私も気になっておりまして、実践したいなとは思っておりました。
> コースの練習場のグリーン周りとのことですが、ラウンド後のことでしょうか?

やはりラウンド後が多いですが、練習だけでも良く行きますよ。子供を連れて練習だけで行く事もよくありますよ。子供は虫取りが多いですが(笑 ラウンド後はいつも1番早いスタートなのでラウンド終了は12~1時前ですね。それから休憩無しで暗くなるまでアプローチ、バンカー、パター練習します。仲の良いプロや研修生達と一緒にやるので出来るんです。ただで教われて非需に良いですね。それにラウンド後に練習する客は1人もいません。全くゼロですね。だから午後は練習場は独占状態です。

ショット練習は全くしません。レンジでの芝からの練習は一応禁止なので意味が無いのでひたすらアプローチ練習場で芝かバンカーからアプローチですね。10~30yの練習に全てが詰まっていますよ。

普通に夕方までアプだけで50球x10=500位は打ちます。その後バンカー、パターですね。バンカーも一度入ったら2,3時間出ないですね。合計10時間もやれば全然変わりますよ。
1,000本アプローチは6、7時間くらいでしょうか。ボールはコースに不要ボールがいつも沢山あるので50球位もらって使います。常に練習用に30球位入れてますが。

> 関西ではレンジとパターの練習場しかないところが多いのですが、なんとしても今月中に
> 1000本アプローチの練習します。

会員でなくてもラウンド後は練習出来ますよ。アプローチ練習場の広さを調べて電話して言ったら良いですよ。Google Mapの航空写真でもアプローチ練習場の広さや構造は分かりますよ。ラウンドしないでメンバーでないコースで借りた事はないですね。自分のコースが近くて練習場もかなり良いので。

> 今日から素振りをたくさん取り入れて1球に対して集中します。

そうです。兎に角、上手い人との差は明らかに集中力と責任感ですね。自分の打った球の行き先にどれだけ責任を持てるかです。我々は「あーやっちゃった」で済ませてしまいます。3下はそれじゃー済まないんですよね。その集中力と自制心は凄まじいですね。

しかし仮に失敗しても決して顔に出さない、口にしない、後ろ向きな事は絶対に口にしない。この辺は中部銀次郎さんの本を是非読んでくださいね。ゴルフはメンタル面が大きいので中部銀次郎さんを2冊読むだけでまったくゴルフ観が変わりますよ。

頑張りましょうね!!

Tim さん Re: タイトルなし

Timさん、まいどです!!

> >振り遅れを防止させるのが「右足前で打つつもり」ですね。要するにシャフトを立てたままグリップエンドを下げ切りももに突き刺す。そしてももに突き刺したまま球に近づけないでヘッドを下ろしてくる。その間フェースは徐々にローテーションしています。ヘッドが降りてきたら体の横回転でシャローな軌道になります。

> このイメージはかなり良いです!
> ローテーションのイメージが出やすいですね。

そうですか!良かったです。これで分かるTimさんもかなりだと思いますよ。

> ハンドファーストを意識し過ぎてダウンでクラブを縦に下ろした後、
> グリップがそのまま横に平行移動する感じになってしまって
> 右にミスするケースがあります。グリップが球に近づいてますね。

そのとおりです。先人達の名言の根拠がだんだん繋がってくるでしょ?
もうちょっと分かり易く言ってくれれば私達も苦労しないんですがね(笑

> 感覚を表現するのがお上手でいつも感心します。

有り難うございます。ここに行き着くまでかなり苦労してますが(笑
ある意味通訳みたいなもんですね。

> 最近、この縦に下ろすを強く意識して練習していたら
> やけにバンカーが簡単になりました。
> これは嬉しい誤算でした。
> どのクラブも基本が出来れば簡単になるんですね。

バンカーで縦に線を引いてなるべくゆっくり、軽く、薄く、同じポイントで、同じ深さで、同じ量の砂を取る。砂なら滑ってラッキーはないですからね。
打点は縦に下ろさないと毎回同じにならないですよね。体を回転させないで正面で縦なら毎回同じところに落せますから。

良い感じですね!!
頑張りましょうね!!
球はなくても良いんです。

ロキ さん Re: タイトルなし

どもです!!

> クラブのライカクなんですが、ソールした時にトウ側が浮いていてもよろしいんでしょうか?

まず先ですが、インパクト時にトゥーダウンといってヘッドの遠心力でシャフトが下側に曲がりトゥー側が下がります。それをあらかじめ見込んでトゥー側を10円玉1~2枚浮かせてアドレスします。そのライ角を記憶してそこに戻すように振ります。

> もうひとつ聞きたいんですが前傾角度は少し深めがいいんでしょうか?
> 何も考えずアドレスして打つと特にドライバーなど長いクラブなんですがチーピンがでます。
> 意識的に少し深めにして打つとかなりいい球が打てます。


前傾角度の維持の問題が大きいと思いますよ。引っ掛けの原因のひとつがヘッドアップ=上体の起き上がり=フォローで必要以上のインサイド軌道、があります。上体が起き上がると左肩がインサイドに入りますよね。そしてグリップをインサイドに引き込んでしまうのです。で、かなりの確立で引っ掛けます。

前傾を深くする事でそれを幾分防げるのでしょうね。

また、スインガーが気が付かない大きな引っ掛けの原因はトップでの肩の回転の浅さですね。正しいプレーンはイントゥーインですが、もっと分けるとインパクトちょっと前までインサイドアウト、インパクト前後でストレート、インパクトゾーン後、インサイドに分けられますよね。

この最初のインサイドアウトを考えて見ましょう。
深く肩が回っていると余程アーリーリリースで切り返し直後にアウトに腕を伸ばさない限り、縦に振れればどうやってもインサイドアウトになります。しかし、肩の回転が浅いとどうやっても物理的にインサイドアウト軌道は無理が出るか(いびつなプレーン)、不可能です。

これは分かりますよね。
ドライバーでは誰でも飛ばそうと思います。当然です。するとテンポが速くなってしまう。これも当然です。すると肩の回転が浅くなる。また、当然ドライバーがヘッドスピードが最も早く遠心力も最も大きいので前傾維持が困難になる。

すると、最悪ですよね。肩の回転が浅くなってトップから既にアウト目から始まりそのまま体が起き上がって肩も起きてクラブをインサイドに引き込んでしまう。アウトサイドインで、更に左肩で引き込んで、もししっかりローテーションできるなら更にフックになってしまう。

このスイングはよ――――く見かけます。なぜなら誰でもそうなるからです。私でもよくそうなります。引っ掛けの時は大体これが原因ですね。

一瞬トップで間を取る余裕があればこんな事にはならないんですが、たまに出ちゃいますよね。
ゆったりテーククバックはアマには必須ですね。我々アマは藍ちゃんを見習いましょう。間違っても近藤共弘プロやタイガーのテンポはまねしちゃダメですね。よく雑誌でテンポが速いほうが飛ぶと言うじゃないですか。それはゴルフの天才で、若い筋力と柔軟性があるうちだけです。

どうでしょうか?
またご連絡くださいね!!

返答頂きありがとうございます。
今度練習に行った時に試してみたいと思います。
もうひとつ聞きたいんですが前傾角度は少し深めがいいんでしょうか?
何も考えずアドレスして打つと特にドライバーなど長いクラブなんですがチーピンがでます。
意識的に少し深めにして打つとかなりいい球が打てます。
あとクラブのライカクなんですが、ソールした時にトウ側が浮いていてもよろしいんでしょうか?

ロキさん Re: タイトルなし

こんばんは!!

> この内容とは関係ないんですが、私はグリップが悪いのか打った後フェイスを見るとアドレスの時よりフェイスがかぶっています。
> トップの時に左手小指などが緩んでるような気もするんですが小指などに力をいれるとうまく振れません。
> もしくはテークバックの途中で握りなおしてるような気もします。

変な質問じゃないですよ。よくありますよ。グリップがルーズなんです。それで、インパクトで握りが少しでも強くなるヘッドが被るようにずれます。
治し方は簡単です。手のひらを反らすくらい広げて隙間なくフィンガーグリップしてみて下さい。そして、一度強く握ってから好みの強さに緩めるだけです。そうするとインパクトでグリップの強さが変わってもズレがかなり少なくなりますよ。

ただ、これで良く分かると思いますがインパクトでもなるべくグリップの強さを変えないことです。何も変えずにただの通過点にします。遠心力がかかるので仕方ないのですが力が変わるとグリップに限らずいろいろ変化してしまいます。

どうでしょうか?

ゴルキチさん質問です。
この内容とは関係ないんですが、私はグリップが悪いのか打った後フェイスを見るとアドレスの時よりフェイスがかぶっています。
トップの時に左手小指などが緩んでるような気もするんですが小指などに力をいれるとうまく振れません。
もしくはテークバックの途中で握りなおしてるような気もします。
変な質問ですがアドバイスお願いします。

ゴルキチさん、
いつもアホな質問にも丁寧にお答え頂き
ありがとうございます。

先日ご返信頂いた

>ただ、ここで問題になるのが振り遅れですが、アンコックを遅らせている間にグリップが球に近付くと振り遅れが発生します。これを防止させるのが「右足前で打つつもり」ですね。要するにシャフトを立てたままグリップエンドを下げ切りももに突き刺す。そしてももに突き刺したまま球に近づけないでヘッドを下ろしてくる。その間フェースは徐々にローテーションしています。ヘッドが降りてきたら体の横回転でシャローな軌道になります。

このイメージはかなり良いです!

過去記事に「ももに突き刺すイメージ」を拝見しましたが

「ももに突き刺したまま球に近づけないでヘッドを下ろしてくる。」は
ローテーションのイメージが出やすいですね。

ハンドファーストを意識し過ぎてダウンでクラブを縦に下ろした後、
グリップがそのまま横に平行移動する感じになってしまって
右にミスするケースがあります。グリップが球に近づいてますね。

感覚を表現するのがお上手でいつも感心します。

良い感触をメモしても表現するのが難しいので
後で見ても感じが掴めない事が多いですね。

最近、この縦に下ろすを強く意識して練習していたら
やけにバンカーが簡単になりました。

これは嬉しい誤算でした。
どのクラブも基本が出来れば簡単になるんですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR