ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

落す、落ちる、落さない、に拘るのではなく、結果の軌道が全て

 「既存のゴルフ用語」の使用が誤解、ミスリードを招く

事が多いですね。

半世紀もの間に使う側の用法、聞く側の捕らえ方が

あまりにずれてきてしまった面があります。

いっそのことなるべく既存の理論にとらわれず

新理論、新用語を定義して使っていった方が良いかもしれませんね。

コンバインドプレーン理論などはその良い例ですね。


 例えば、「グリップを落す」について少し説明しておきます。

この表現について釈然としない方はかなり居るでしょうね。

これは、グリップの「横への動き」に対して、

なるべく「縦に、垂直に」動かしたいところから来ています。

切り返した時点から、プロでも嫌でも必ず体は開いて、

横回転して行きますから、グリップを意識してトップから

垂直に真下に下げようとしても実際には垂直には下ろせません。

アマなら心配しなくても頑張ってやっとオンプレーンです。


 それから、「下ろす」という能動的、「落ちる」の受動的表現の差は

捻転=ストレス、緊張が高ければ切り返しで左に少し踏み込むだけ

下方向に「落ちていく」、という意味合いがあります。

また、無理に加速させようと腕力で下に引き下ろさないで、

なるべく重力を利用して腕の力みを減らす、

下半身や背筋を利用すると言う意味合いもあります。


「肩を回す」「(左)肩を入れる」の差にも似ていますね。

能動的回転運動と捕らえるか、直線運動の結果受動的に回転運動

になるのか、意識の違いでかなり変わってきます。

「肩を回す」は水平のイメージになり易く体が起き易い人にとっては

「肩を入れる」の方が縦回転で前傾を維持しやすいかもしれない。

また、「肩を入れる」の方が直線的で右腰、右サイドの引けが減ります。

この様に、ちょっとした表現の差で受け取る方のイメージは

全然変わることが非常に多いです。

この辺りは非常に言葉の難しいところですね。



 例えばプロで昔から右足前でグリップが下がりきっている人は

当然「落す」もしくは「落ちる」意識などないかもしれません。

既に出来ていますからね。

本人は極フツーに振ってるだけで、

意識は自分にとって重要な全く別の所にあります。

でも、後ろから見るとちゃんと「落ちて」います。

だから多くのプロは「落とす」意識は殆ど無いと言います。


 また、ある程度上手でグリップの浮かないレベルのアマは、

自然にまたは勝手に「落ちる」と言うでしょう。

「落ちる」と言う言葉に違和感があるとしても

結局は「落ちる」と「同じ軌道」を通ると言うでしょう。

実際は左腕の行き場が他に無いので「落ちる」しかないのですが。

これは後で説明します。


 しかし、グリップがインパクトまで浮いている殆どのアマは、

当然「落す」意識が無いとプレーンの遥か上を浮きっぱなしです。

これは分かりますよね。


 問題はどの表現も処方箋もケースバイケースです。

だから「意識」や、「言葉」、「表現」自体を云々議論したところで

全然ピントはずれで、見るべき所は結果の軌道だけなんですよね

そんなものは議論するまでもなく後ろから見れば一発で分かります。

ゴルフにはそういう不毛な議論が本当に多いですね。

もちろん、このブログの皆さんの質問のことではないですよ。


 続く
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

マーシャル さん Re: ☆五つです(^^)

> >悟りましたか! 努力の結果ですね。
> 完璧に悟りました。マキロイが、乗り移っちゃいました。

おーっ、こりゃ本物ですね!!
いいなぁ~。

> 以前は、安楽プロやタイガーだったんですが・・・(^_^;)
> マキロイのイメージ最高です。背もちっちゃいほうだし親近感があります。

安楽プロのスイングはドラコンでも例外的に柔軟ですよ。あの人は半端な体幹じゃないですね。異常です。H/Sじゃなくて体幹の強さで飛ばします。力を球に伝える天才ですね。えっ!?何であんなに飛ぶのっ???て感じですね。 
和田正義プロのスイングはただただ人間離れのスイングスピードでギャラリー全員「ドッヒャー」って唖然とする感じしかないですが(笑

その点、安楽プロの技術は力みがどこにも見えないのに何でこんなに加速するの???っていう摩訶不思議なスイングですね。

> >「無理に重心を下げる意識も力みにつながり」これはありますね。
> 私も記事でよく「重心を下げる」と書いていますが、これを見て逆に上体の力みに繋がってしまう方も多いんでしょうね。気をつけないといけないな、と思います。

皆さんに言われて確かにそう思いました。何でも過剰に意識すると力みに繋がりますよね。私も「重心を下げる」と言い続けて皆さんに意識過剰にさせていたかもしれません。あまりに骨盤で押さえ込もうとして上体に力が入ると逆行効果なんです。上から押し込もうとすると腕の屈筋と肩が力み、全く逆に下から重いものを持ち上げようとすると伸筋を使え逆に、上体の力みが抜け結果、重心が落ち踏ん張りが利きます。

結果は意図とは全く逆になります。怖いですね。上体の力が抜け、足を使えれば自然に重心は落ちてきますよね。

> そうなんです。ただ、スッと立ち怖いけどクラブ無視して肩を90°捻転します。左親指は40°~45°方向にコックしながら初期しなりを感じ、トップでややクラブを置き去りにして軽く椅子に腰掛ける雰囲気ですかね。体重移動は意識しません。インパクト後、勝手に移動する。

ウム、ウム。「置き去りにして軽く椅子に腰掛ける」これスゲー良いビデオと分解写真ありますから次回紹介します。去年のドラコン大会ですが、私の憧れのスインガーの間井谷プロです。数少ないツアープロでドラコン選手です。近くでレッスンしてるのでずっと教えてもらいたいと思っていたんです。一度お話しましたが、その素晴らしいスイングの秘訣はと聞いたら即座に一言「肩甲骨の可動粋」と仰っていました。ただ、「自分は柔らかすぎる」とも言っていました。ビデオを見れば理由は一発で分かりますよ。
スゲーH/Sです。65以上ですね。

「体重移動は意識しません。インパクト後、勝手に移動する。」ここですよね。これでどれだけアマが苦労させられているか。

> 初心に戻って頭を動かさないことが、いかに重要かわかりました。
> 雑誌には、ネタが無いから、我々ゴルフ愛好者を迷路に導くような事ばかりかいてあり堂々巡りの旅でした。

あー、でも股関節と骨盤を上手く使える人は良いんですが、「頭不動の意識」は結構人それぞれかもしれませんよ。逆にギッタンバッコンになっちゃう人が多いですからね。

> 自慢ですが、この前、上り195y 4I軽くドローで。また、160ヤード7Iでこれまた軽くドローで、OKに付けることができました。
> これからは、自分のスィングリズムだけ注意してラウンドすれば、アグレッシブに迷うこと無く攻めることができる!ヤッター!

おー、素晴らしいですね!195スゲー迷うところですね。今3I抜いて7W入れてるので私も4I持ちますかね。でも、ショートでダボって撃沈ってケース私多いんですわ。頭悪いんですかね?

> これもすべてゴルキチさんのこのブログのおかげです。ゴルフ雑誌も一切買わずに「自然落下」という未知の領域に導いて頂いたあなたは、神!☆五つです。
> でも、またオカシクなるんですよね。ゴルフって(^_^;)
> その時、またご指導宜しくお願いします。

色気出さなきゃ大丈夫かも(笑
ひたすら確立と固いゴルフに徹する!!振らない!ギャンブルゼロ!!どうですか?
私みたいにドラコンなんかに手を出したらまたどえらい遠回りをしたとおもいますわ(笑

> ちなみに被災地には、未だに要請がないので行けないままなのです。

管だけでなく国会議員と官僚全員の廃棄処分が先ですね!!

☆五つです(^^)

>悟りましたか! 努力の結果ですね。
完璧に悟りました。マキロイが、乗り移っちゃいました。
以前は、安楽プロやタイガーだったんですが・・・(^_^;)
マキロイのイメージ最高です。背もちっちゃいほうだし親近感があります。 

>「無理に重心を下げる意識も力みにつながり」これはありますね。
私も記事でよく「重心を下げる」と書いていますが、これを見て逆に上体の力みに繋がってしまう方も多いんでしょうね。気をつけないといけないな、と思います。

そうなんです。ただ、スッと立ち怖いけどクラブ無視して肩を90°捻転します。左親指は40°~45°方向にコックしながら初期しなりを感じ、トップでややクラブを置き去りにして軽く椅子に腰掛ける雰囲気ですかね。体重移動は意識しません。インパクト後、勝手に移動する。
初心に戻って頭を動かさないことが、いかに重要かわかりました。
雑誌には、ネタが無いから、我々ゴルフ愛好者を迷路に導くような事ばかりかいてあり堂々巡りの旅でした。

自慢ですが、この前、上り195y 4I軽くドローで。また、160ヤード7Iでこれまた軽くドローで、OKに付けることができました。
これからは、自分のスィングリズムだけ注意してラウンドすれば、アグレッシブに迷うこと無く攻めることができる!ヤッター!

これもすべてゴルキチさんのこのブログのおかげです。ゴルフ雑誌も一切買わずに「自然落下」という未知の領域に導いて頂いたあなたは、神!☆五つです。

でも、またオカシクなるんですよね。ゴルフって(^_^;)
その時、またご指導宜しくお願いします。

ちなみに被災地には、未だに要請がないので行けないままなのです。

マーシャルさん Re: 最後の開眼だろうか(^_^;)

マーシャルさん、ご無沙汰です!!

震災後お元気でしたか?

> 右肘自然落下のテーマでで約半年、右往左往しながらやっと自分なりに納得出来る落ち方が出来ました。
> トップでどの脚に体重がかかるか・・・右脚?左脚?色々やってみましたが、結局「力み」につながり上半身までに影響することがわかりました。

あー、上体で上から抑え込もうとすると逆に浮くんですよね。逆に重いものを下から持ち上げようとすると下半身が安定し重心が下がります。腕の伸筋と屈筋の使い方にもよりますよね。

> この前テレビで、神保彰さん(ドラマー)の特集があり、そのなかで
> ドラムを叩くとき何処の筋肉を使っているのか科学的に解明していました。何処が一番活発に使っていると思いますか?
> 手でも脚でも無く、なんと体幹あたりで重心は、へその下。
> また、スティックを操る手は、全く力みがなく力強い音を出します。
> 本人曰く、重心を下げ、軸をぶらさずに背筋を伸ばし、一点を見つめる。
> これにより一般のドラマーよりも音が確実にホールに響き広がる。

そうですか。非常に参考になるお話です。有り難うございます。
体幹、背すじ、軸の維持、重心低く、丹田、やっぱり肝はここですかね。

私も最近軸を維持する体幹の強さはどこから来ているのか良く考えます。ホームランバッターの驚異的な軸を維持する体幹の強さは先天的なものだけなのか、特に巨人の阿部選手の体幹の強さ、腰の使い方には興味がありますね。

野球はバットも重いし、球も重いのでホームランバッターは先天的かもしれない。しかし、ゴルフはクラブも球も軽いので飛距離はかなり伸びます。実際小柄なドラコン選手でも優勝しています。

> これは、スィングに似ていると思い、アドレスから下半身を一切気にせず、軸をぶらさず、体幹で捻ることだけに集中し、切り返しも何も考えずただ気持よくフィニッシュすることだけを考えると、アイアンの飛距離が一番手余裕で伸びました。

悟りましたか! 努力の結果ですね。 

> やはり、全身脱力ですね。無理に重心を下げる意識も力みにつながり、ただ、軸をぶらさないように心掛けることで、右脚も左脚も勝手に踏ん張ってくれていることがわかりました。
> 勝手に筋肉が要所々々で程良く無意識に緊張し動くようにならないと、飛ばないし、疲れるし、方向性も安定しませんね。そう考えると、人間の体ってよく出来てると思った今日この頃でした。

「無理に重心を下げる意識も力みにつながり」これはありますね。
私も記事でよく「重心を下げる」と書いていますが、これを見て逆に上体の力みに繋がってしまう方も多いんでしょうね。気をつけないといけないな、と思います。

良いお話で大変参考になりました。有り難うございます。
またコメントお待ちしています!!

Timさん Re: 深いテーマですね

> 先日は細かいところまでご回答頂きありがとうございました。
> 小学生の流行りは全国共通ですね。
>
> 右手人差し指を使う感覚はないんですが自分なりにタメが上手くいっているときは右グリップのV字がキュっと締まる感覚があります。グリップ圧変わっちゃってますかね?
> ゴルフは人により「わかった」の感覚が違うから難しいですね。その人に今必要な感覚も違うし。感覚を言葉にすると禅問答の様になって議論は大概が平行線。

本当にそうです。あっちを変えればこっちが変わる。トッププロでも変なスイングはは山程居ます。むしろビデオで手本に使えないプロの方が多いんですよ、実際(笑

一長一短、個性ですよね。じゃないと毎週同じ人が勝ちますよね。

人指し指は屈筋で腕の上の筋肉です。腕の下の筋肉が伸筋です。屈筋を使うと腕、肩に力が入り体が浮きます。伸筋を使うと腕、肩の力が抜け腕をやわらかく使え、重心が落ちます。上から押さえ込もうとすると屈筋使ってしまいます。下から持ち上げようとすると伸筋を使い逆に重心が落ち、下方に圧力がかかります。意思と逆の結果になります。皮肉なもんですね。

> ゴルキチさんのブログはそれを解剖して理論的に理解できるので、人による違いも少しづづ分かってきますね。お金を払うぐらいの内容と言われていた方がいましたが、そのぐらい画期的です。

そうですか? 私もよっぽど暇人なのかも(笑

> 恐らくコメントしないけど見てる人が大勢います。
> 色んな人が見てると思うとコメント書くのも実はちょっとプレッシャーあるんですよ(笑)

あはは、だんだん慣れますよ。私も自分が書いたのは見直さないんで全然気にならなくなりました(爆

最後の開眼だろうか(^_^;)

ゴルキチさんご無沙汰しております。マーシャルです。
右肘自然落下のテーマでで約半年、右往左往しながらやっと自分なりに納得出来る落ち方が出来ました。
トップでどの脚に体重がかかるか・・・右脚?左脚?色々やってみましたが、結局「力み」につながり上半身までに影響することがわかりました。
この前テレビで、神保彰さん(ドラマー)の特集があり、そのなかで
ドラムを叩くとき何処の筋肉を使っているのか科学的に解明していました。何処が一番活発に使っていると思いますか?
手でも脚でも無く、なんと体幹あたりで重心は、へその下。
また、スティックを操る手は、全く力みがなく力強い音を出します。
本人曰く、重心を下げ、軸をぶらさずに背筋を伸ばし、一点を見つめる。
これにより一般のドラマーよりも音が確実にホールに響き広がる。
これは、スィングに似ていると思い、アドレスから下半身を一切気にせず、軸をぶらさず、体幹で捻ることだけに集中し、切り返しも何も考えずただ気持よくフィニッシュすることだけを考えると、アイアンの飛距離が一番手余裕で伸びました。
神保さんは、こうも言ってました。「若い頃は、ステージが終わると酷く疲れましたが、今は、全然息も上がらず疲れなくなりました。」と。
やはり、全身脱力ですね。無理に重心を下げる意識も力みにつながり、ただ、軸をぶらさないように心掛けることで、右脚も左脚も勝手に踏ん張ってくれていることがわかりました。勝手に筋肉が要所々々で程良く無意識に緊張し動くようにならないと、飛ばないし、疲れるし、方向性も安定しませんね。そう考えると、人間の体ってよく出来てると思った今日この頃でした。
長々と支離滅裂な文章で申し訳ありませんでした。

深いテーマですね

先日は細かいところまでご回答頂きありがとうございました。
小学生の流行りは全国共通ですね。

右手人差し指を使う感覚はないんですが自分なりにタメが上手くいっているときは右グリップのV字がキュっと締まる感覚があります。グリップ圧変わっちゃってますかね?
ゴルフは人により「わかった」の感覚が違うから難しいですね。その人に今必要な感覚も違うし。感覚を言葉にすると禅問答の様になって議論は大概が平行線。

ゴルキチさんのブログはそれを解剖して理論的に理解できるので、人による違いも少しづづ分かってきますね。お金を払うぐらいの内容と言われていた方がいましたが、そのぐらい画期的です。

恐らくコメントしないけど見てる人が大勢います。
色んな人が見てると思うとコメント書くのも実はちょっとプレッシャーあるんですよ(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR