ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ジェフ・オバートンの典型的な体を開かずグリップを落すスイング 

 ジェフ・オバートンの体を開かずグリップを落す典型的な

スイングです。

また、最大の秘訣である右足の使い方に注目しましょう。

彼の右踵は全く浮かず、右拇指球でスピンアウトしない!!

なぜか?


あ、質問にもありましたが、私はなるべく誤解を招かないように

大事な時は「足」足首から下「脚」股関節から足首まで

使い分けています。

そうしないと本当の生きた足と脚の使い方が説明できないのです。

このスインガーの意図する動きは慣れれば外見からも分かりますが、

意識しなければ絶対に見えません。




このイメージ最高ですね

上体が全く開かずグリップエンドが飛球後方を向いて

右足より遥かに右側で落下しています。

で、背筋、腹筋モリモリ やっぱり軸は背筋と腹筋の体幹でしょう。

若干バンプが大きいのでバンプを真似するとスウェイしちゃいますが。

Jeff Overton


 まー、そもそもこの体勢で右足甲に向けてグリップエンドを

落としていこうとしたら、右足に体重が乗るので右踵が浮く訳もなく、

また左肩が開けないので体が開きようも無く、

落とし切ってから初めて曲がってタマっている右脚を

ドッカーンと伸展して蹴って、同時に全てのタメを開放していく

訳ですから、どこから蹴って本格的に振るのか

とかのタイミングも意思より必然ですよね。


彼の右爪先は踵が上がるまで右を向いています。

なぜか?



生きた足と脚、生きてない、死んだ足と脚

生きた足と脚 小

ヒントはここに。

 
 ちなみに第2弾超広角ビデオカメラで撮りました(笑

人間の視界と同じ超広角160度 これはカットしてますが。

今度のカメラは当たりか


 貴方の足と脚は生きているのか

それとも仮死状態

一生仮死状態も自分が気の毒ですよね
 
 Rory Mcllroy の脚は素晴らしく生きた蹴りです 最高ですね。

若さゆえにかつてのタイガーの様に柔軟で強烈に腰も入っています。

しかし、それゆえ逆に一旦狂出だすと怖いですね。

今度は「勝つゴルフ」と「負けないゴルフ」の両方が出来るかどうか

8打差でMcllroy の精神状態はどうなるのか楽しみですね 
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ちびたさん Re: 肩と腰の回転の独立

> ゴルキチさんこんにちは。ブログに載せてもらいありがとうございます。まさに、これですね^0^。
> 腰の切り方はこうするんだと、目から鱗です。今まで、背中を飛球線後方に回す意識だと、ビデオのように、軸も不安定で視線がずれやすく、左目で斜め越しにボールをみていました。すると、インパクト付近でボールを視線が追い越しやすく、なかなか打ちにくく、また、バタバタと再現性の低いスイングになりやすいです。

そう、縦回転を意識しないとそうなりますね。殆どのアマがそうですよね。

> この切り方(回し方)だとボールが絶えず、視線の中に納まり、インパクト付近でもボールが長く見れるので、慌てずにボールが押せるようになります。まさに、ギョェェェ~です。これは、極秘レッスンではと思います。
> また軽く?ゆったりと振っていますが、飛距離は変わりません。(嬉しい~^0^)
> ここで、またまた課題が見つかりました!!

肩を縦回転だと頭は動かないし、肩のラインも変わりにくいし、右股関節に自然のれるし、重力落下も感じ易いはずです。かなり捻転の戻りが感じられると思いますよ。
そう慌てずに押せる感覚が超大切ですよね。まさに「打ってから回る、起きる」感覚でしょ(笑

> ゆっくり振れるので、解かりましたが、グリップがなかなか、右足にグッサリと刺さりません(泣き)胸辺りで我慢できず?に手が横切り始めます。

殆どのアマが左への体重移動が早い!!だから右で落とせないのです。早くグリップが行き過ぎる。要するにトップから球を打ちに行ってしまうと言うことですね。ワンステップ足りないんです。省略して飛ばしちゃってるんですよ。トップからまず右足体重のまま右ももに刺す!!そのステップを省略しない!!(笑 シャドースイングをしてみると割とすぐに感覚が分かりますよ。

球があるから悪いんですよ。球なんか打たない方が良いですよ。家でシャドーが一番良いです。

> 後、押せるようになったので、押す方向がおかしい?など、問題が山積みになりました。

グリップ(ヘッドじゃない)はトップから一直線にインサイドアウトのまま振って、そのライン上に左ひじが真下を向いたまま左耳横にフィニッシュして行きます。両肘間隔を狭く変えない事がコツです。ずっと直線上のイメージです。非常にシンプルです。それに体の回転が加わるだけですよ。体の回転が加わると見掛けは全く変わるのでスインガーの意識は全く分からないのです。

> けど、嬉しいです。スコアーの調子はいつも、ドラいバーだったので、この打ち方だとそこそこ方向が安定してます。自己記録の80が切れそうな予感がします。本当にありがとうございます。
> 私の友達にもゴルキチ様のブログを紹介したら、みんな、これ凄いな~と、絶賛です。これからも、よろしく、お願いします。また最近、猛暑なので、体調面には、気をつけてゴルフライフを満喫しましょう。

あはは、宣伝どうもありがとうございます!!
80以下はショートゲームですよ。



肩と腰の回転の独立

ゴルキチさんこんにちは。ブログに載せてもらいありがとうございます。まさに、これですね^0^。
腰の切り方はこうするんだと、目から鱗です。今まで、背中を飛球線後方に回す意識だと、ビデオのように、軸も不安定で視線がずれやすく、左目で斜め越しにボールをみていました。すると、インパクト付近でボールを視線が追い越しやすく、なかなか打ちにくく、また、バタバタと再現性の低いスイングになりやすいです。この切り方(回し方)だとボールが絶えず、視線の中に納まり、インパクト付近でもボールが長く見れるので、慌てずにボールが押せるようになります。まさに、ギョェェェ~です。これは、極秘レッスンではと思います。
また軽く?ゆったりと振っていますが、飛距離は変わりません。(嬉しい~^0^)
ここで、またまた課題が見つかりました!!
ゆっくり振れるので、解かりましたが、グリップがなかなか、右足にグッサリと刺さりません(泣き)胸辺りで我慢できず?に手が横切り始めます。後、押せるようになったので、押す方向がおかしい?など、問題が山積みになりました。けど、嬉しいです。スコアーの調子はいつも、ドラいバーだったので、この打ち方だとそこそこ方向が安定してます。自己記録の80が切れそうな予感がします。本当にありがとうございます。
私の友達にもゴルキチ様のブログを紹介したら、みんな、これ凄いな~と、絶賛です。これからも、よろしく、お願いします。また最近、猛暑なので、体調面には、気をつけてゴルフライフを満喫しましょう。

ちびた さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> ご指導ありがとうございます。
> ドライバーは確かに、ボール位置が外でしたので、内にして良くなってきました。
> これでずっと練習していました。ボールの掴まりが凄く良くなり、特にアイアンが2番手近く飛ぶようになりました。うれしいです。

やっぱりそうでしたか。良かったですね!!左脚踵よりおほや脇で球の位置を決めるのが良いですね。スタンスの広さが人によって違うので。あとは体からの距離ですね。これは素振りで自分の距離を見つけると良いです。球にスイングを合わせるのではなく、自分のスイングに球の位置を合わせます。

> 背面打ちが効果抜群です。いつも、質問ばかりですいません。
> この前、ラウンドに行ったのですが、左、左にボールが飛びます。スコアーは42、46でした。
> 帰ってきて、練習すると、飛び出しが左に飛ぶので、右肩かな?と思ったのですが、肩は閉じてるようですが、腰が切れてないと思います。

出球が左と言う事は軌道がアウトサイドインになっています。まずはトップで左肩をしっかり入れてみてください。その日の調子によって多少浅いだけでもそうなりますよ。なかなか自分では気が付き難いです。

腰が止まった場合は出球の方向ではなく引っ掛けになります。むしろ腰が早く回る方がつられてアウトサイドインに成りがちです。

> 前回の指摘と同じですが、腰を切ると、肩が開きます。肩を閉じながら、腰きりのいい方法を教えてもらえませんか?忙しい所すいませんが、よろしくお願いします。

腰の回し方が間違っています。
やり方は、スタンスして直立して、ただ右腕で左膝を触ってください。右肩が落ちて腰が回りますよね?左右交互にやってみて下さい。肩のラインは変わりません。左右の肩が上下するだけです。しかし腰は左右に切れ上がりながら回ります。これが正しい動きです。

あとは腰に肩のラインが付いていかないように練習です。腰が切れても肩は残す。アドレスして真後ろの壁に両腕を付けて体をねじる柔軟体操をして下さい。

また、骨盤は左右に分かれています。僅かですが左右独立して動かせます。左が開いても右は残せます。これも骨盤、股関節の稼動域を広げる練習をします。

ご指導ありがとうございます。
ドライバーは確かに、ボール位置が外でしたので、内にして良くなってきました。
これでずっと練習していました。ボールの掴まりが凄く良くなり、特にアイアンが2番手近く飛ぶようになりました。うれしいです。
人並みにですよ。
背面打ちが効果抜群です。いつも、質問ばかりですいません。
この前、ラウンドに行ったのですが、左、左にボールが飛びます。スコアーは42、46でした。
帰ってきて、練習すると、飛び出しが左に飛ぶので、右肩かな?と思ったのですが、肩は閉じてるようですが、腰が切れてないと思います。
前回の指摘と同じですが、腰を切ると、肩が開きます。肩を閉じながら、腰きりのいい方法を教えてもらえませんか?忙しい所すいませんが、よろしくお願いします。

ちびたさん Re: タイトルなし

こんばんは!!

> 今晩は、今回、過去2009年分を全部読まさせて貰いました。そこで、今日、練習で左肱と左脚の蹴りを実践しました。

ご苦労様です!どうもありがとうございます!

> すると、今までにない打球が打てました(嬉しい~)ありがとうございます。(ペコリ)
> そこで、質問ですが、右側でグリップを落としながら、左股関節にグリップを引き付けながらぶつけて打ってますが、アイアンは得意だったので、上手く打てるのですが。ドライバーになると、確立が5球中1球出るか、出ないかです。イメージが悪いのか?タイミング?左肱が抜けてダっフてるなど?どーしても、ドライバーだと、球にクラブが届きそうになく、また、届かそうと右肩がでるなどで、キャストしています。

「球に届かない気がする」と言うのがちょっと気になりますね。スタンスの広さによりますのでドラの球の位置が左脚踵というレッスンは間違いです。左脇から左ほほ位です。恐れくスタンス結構広めで左踵内側に置いてないですか?そうすると左頬よりずっと左になります。それなら確かに届きません。

また、左肘が引けると言う事は腰の回転よりも腕が先行し過ぎている事が考えられます。要するにインパクトで腰を止めすぎるか、そもそも体と腕が同調していなくて手振りになっている可能性があります。肩は閉じていても、腰はある程度先行させます。ここが難しいところですね。だから左腕が伸びきらず届かない気がすると言う事もあるかもしれませんね。

また、右腕主体だと右肩が出ます。例えばビジェイシンの様にインパクトで右手を離して左片腕で打てば楽に届きますよね。症状からして少し左腕リードの意識が良さそうですね。試してみてください。

> なんかいい方法か対処法などありませんか?長々とすいません。お願いします。
> 後、ぶっ飛び・・・を読んでると、他のゴルフ雑誌があれれと?思います。ここまで、解かりやすいと、雑誌で売れそうですね!
> がんばってください。

有り難うございます。
以前依頼を受けたことがありますが、雑誌は字数制限が非常に厳しく必要な字数の1/10位です。全然書ききれないし、変に向こうの要望が多すぎて意に反する事まで書かなければいけないので全く話にならないので断りました。

ちまたの単行本でも本当に伝えるなら10倍の厚さが必要でしょうね。でもそれだと普通の人は絶対に買って読まないですよ。だから良い本がないし、誤解、勘違いが多くなってしまうのでしょうね。

今晩は、今回、過去2009年分を全部読まさせて貰いました。そこで、今日、練習で左肱と左脚の蹴りを実践しました。
すると、今までにない打球が打てました(嬉しい~)ありがとうございます。(ペコリ)
そこで、質問ですが、右側でグリップを落としながら、左股関節にグリップを引き付けながらぶつけて打ってますが、アイアンは得意だったので、上手く打てるのですが。ドライバーになると、確立が5球中1球出るか、出ないかです。イメージが悪いのか?タイミング?左肱が抜けてダっフてるなど?どーしても、ドライバーだと、球にクラブが届きそうになく、また、届かそうと右肩がでるなどで、キャストしています。なんかいい方法か対処法などありませんか?長々とすいません。お願いします。
後、ぶっ飛び・・・を読んでると、他のゴルフ雑誌があれれと?思います。ここまで、解かりやすいと、雑誌で売れそうですね!
がんばってください。

いつもながらご丁寧に本当にありがとうございます。

カウンターバランスの再現性を上げるよう、今後も努力します。

昨夜、箱庭のアプ練で左手のグリップを試したのですが、大変良い感じでしたよ。

取り急ぎ、お礼まで。



改造 さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> とりあえず当面は、1Wでの上半身の前傾&自然落下で背面打ち・・を習得するよう精進いたします。

先日のオバートンのビデオで http://golf1000.blog23.fc2.com/blog-entry-1181.html
カウンターバランスを用いて説明してみましたが、かなり有効です!!
これで整合性がとれた感じです。
以前から一軸理論、回転理論には反対でしたが、なかなか上手く説明できませんでしたが、これにより誰にでも分かり易くなると思います。

腕の振りによる遠心力に対して、カウンターバランスを取る体の動きがスイングの原動力になります。股関節間の体重移動で、完全に腕ではなく体を使ったスイングが説明できます。

パターでやると直ぐ分かりますが、クラブ、グリップ、上体を一体化してテークバックでヘッドと逆に頭と上体を左に、フォローで頭を右に傾ける事でヘッドを振ります。すると、腕は全く意識しないで振れます。これがカウンターバランス、カウンターモーションです。

この動きを、頭ほぼ固定、首の付け根を軸にして股関節間で体重移動しながら、左右の体の側筋(背筋中心に)を交互に伸び縮みさせながら打つと同様なカウンターバランスになります。
最初は頭を動かしたほうが要領が分かります。これはかなり昔にも説明したことがありますが。

この動きだと、背筋と股関節間の体重移動だけで打ちます。腕も肩の上下動も使いません。パターでは肩は結果的に上下するのであって意識的に肩を動かしません。人間の体の構造は直線運動は反復性があって得意ですが、回転運動には全く適しません。

スイングもこれと全く同様な動きなのです。すると、直線運動で回転運動ではないので腰は前に出難いです。記事に書きます。

> そうそう、右ひじから前腕の動きですが、皆様にはくれぐれも、ゴルキチさんの言うように自然の動きをするよう忠告しておきます。
> 驚くほどの方向性の向上が望めますが、私は冬にこれをムキにやった結果、右ひじを痛め完治を諦めています・・笑

代弁有り難うございます。ごめんなさいね。
私もそうですがついつい気合が入ってやり過ぎちゃいます。慣れないうちに急にやり過ぎは本当に危険ですね。ゴルフは意外に負担が大きいので少しでも痛みを感じたら、中止して療養することが大事ですね。

> ゴルキチさんも大変だと思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。
> くれぐれも、負担のならない範囲でね。

どうも有り難うございます!!

追記
無記名だったかな??
生まれ変わった改造でした。 (笑

お忙しいところ、コメントをありがとうございます。

グリップの浮き等、少々妥協できるところがありそうですね。
ゴフキチさんに言ってもらえるとホッとします。
とりあえず当面は、1Wでの上半身の前傾&自然落下で背面打ち・・を習得するよう精進いたします。


そうそう、右ひじから前腕の動きですが、皆様にはくれぐれも、グルキチさんの言うように自然の動きをするよう忠告しておきます。
驚くほどの方向性の向上が望めますが、私は冬にこれをムキにやった結果、右ひじを痛め完治を諦めています・・笑
ついでに、この“ブログだけ”で信じられない程のスイングの改善が可能であることも追記しておきます・・・

皆知ってるか。(笑


ゴルキチさんも大変だと思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。
くれぐれも、負担のならない範囲でね。

改造 さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> ループですが、
> これを取り入れることにより以前より動きがスムーズになりました。
> 以前は、上げて、下ろして、振って・・・で、パーツに分けてやっていましたが、
> 現在は、見た目でも脱力しており、足~腰~腕~上半身がスムーズに一連の流れで動いています。

そうですよね。全部連鎖しているので個々の動きを無意識に、脱力で、スムーズに連鎖出来るように練習していくしかないと思います。シンプルが再現性の点で有利なのですが、ジュニアと違って自然、無意識は努力の結果ですからね。

> 課題の一つであった上半身・骨盤の前傾ですが、
> >尾骶骨とヘッドが引き合う感じで。重心が落ちるので前傾維持がし易くなると思います。
>
> ばっちりでした。
> 現在は3Wどころか、1Wでもお尻がアドレスの位置で回転して、
> 正に、尾骶骨とヘッドが引っ張り合っているのを感じ、同時に腕の脱力を感じています。
> スイングの原動力は右足ズドーンだけです。

下半身が使えて、骨盤への意識が高くなってきたんでしょうね。意識が下に下がると自然に上体の力が抜け、土台が安定して使えます。アプローチでも骨盤の動きをイメージしますよ。パターもそうです。要するに上体、体幹と骨盤は繋がっていて、骨盤が土台なので上体が回れば同時に動くわけですね。体幹だけをねじるイメージより骨盤を動かすイメージの方がスムーズに動く気がします。で、骨盤は前傾しているので回転ではなく左右が交互に切れ上がるイメージです。むしろ平面で動く感じです。そうすると回転よりずっと安定して、簡単な動きになります。方向性も出しやすいのです。
凄く抽象的な説明で申し訳ないのですが、言葉で説明できない重要な動きがかなりあるんでしょうね。

そーか、もしかして韓国のレッスンはその辺が長けているのかな?
そうじゃないと最近の韓国の異常な強さは精神力やキムチだけじゃ説明が付かないですよね。
韓国のレッスンが良いかも!!

> たまにダフったので、下ろしたときのグリップ(左下、右上)を思い出したらすぐに直りました。

そうそう。右肩を下げなきゃ良いんです。
方の高さの的を打つ練習が良いですよ。木の枝なんか最高ですね。

> やべーですよ。
> ムービーでは、私で無いようなカッコいいスイングしています。驚!

あはは、いいなぁ。

> しかし、課題はまだまだ多いです。
> ①インパクト時にグリップが拳1コ浮くようになった。

プロも皆浮き、離れますよ。

> ②癖であるインパクト時の上半身後屈がまだまだ要改善。。

あとはカウンターバランスですかね。ハンマー投げと同じですね。

> ③尾骶骨とヘッドが引っ張り合う・・・だと、フォローで左足踵に重心が乗りやすい。

吉田プロや谷プロはフォローは踵加重なんですよね。フィニッシュでまた体が前に出ます。要するに腕とヘッドは予想より遥かに重く、遠心力が働くのでハンマー投げの様なカウンターバランスが必要です。逆の動きですね。カウンターは腕が動くので動くわけです。それに連れて重心も動くとすると、足裏の加重も終始動くわけです。これも無意識の言葉で説明できない、自分で意識し難い動きがあるんでしょうね。

> ④フォロー時にヘッドと体が引っ張り合っていない。

あー、これがカウンターの重要性ですね。ズドーンで勢い良く重心も移動してるのかも?フォローでクラブは飛球方向、体の左に動きます。すると体はカウンターで右に。ところがフィニッシュではクラブは右に戻ります。すると体は飛球方向に出て行き一本足で立ちます。
必ずカウンターの動きがありますよ。

お世話になっております。

ループですが、
これを取り入れることにより以前より動きがスムーズになりました。
以前は、上げて、下ろして、振って・・・で、パーツに分けてやっていましたが、
現在は、見た目でも脱力しており、足~腰~腕~上半身がスムーズに一連の流れで動いています。



課題の一つであった上半身・骨盤の前傾ですが、
>尾骶骨とヘッドが引き合う感じで。重心が落ちるので前傾維持がし易くなると思います。

ばっちりでした。
現在は3Wどころか、1Wでもお尻がアドレスの位置で回転して、
正に、尾骶骨とヘッドが引っ張り合っているのを感じ、同時に腕の脱力を感じています。
スイングの原動力は右足ズドーンだけです。
たまにダフったので、下ろしたときのグリップ(左下、右上)を思い出したらすぐに直りました。

やべーですよ。
ムービーでは、私で無いようなカッコいいスイングしています。驚!



しかし、課題はまだまだ多いです。
①インパクト時にグリップが拳1コ浮くようになった。
②癖であるインパクト時の上半身後屈がまだまだ要改善。。
③尾骶骨とヘッドが引っ張り合う・・・だと、フォローで左足踵に重心が乗りやすい。
④フォロー時にヘッドと体が引っ張り合っていない。
等などあります。

さらに改善しますよ!

お忙しいところ、ありがとうございます。

>一度前に出た腰がまた戻ると言う事ですか?エー、そんなことあるのかな?

え?・・表現する自信がなくなってきました。笑

>尾骶骨とヘッドが引き合う感じ・・
なかなかできないんですよねぇ。。。。
体に染み込ませているつもりですが、ボールを目の前にするとまだ足りません。

いろいろとありがとうございます。
なんとか1Wで満足いくスイングができるようがんばります。



改造さん Re: タイトルなし

こんにちは!!
早速のお返事有り難うございます。

> トップで骨盤が右に回転し・・切り返しで骨盤が左に回転始めますよね。
> HWD時の体の正面を向いたときに地面に垂直くらい立っています。
> キャディーバックをお尻に置いてスイングしたときに。
> HWD辺りでバックとお尻の間隔が広がる感じです。
> フォロー時にはバックにくっついています。

フォローでは大丈夫?一度前に出た腰がまた戻ると言う事ですか?エー、そんなことあるのかな?
もしかしてテークバックで逆に右腰を引き過ぎで正面で前に出ているように見えるとかじゃないでしょうか?フォローでは左尻でバッグを倒すくらいの感じですね。

試しに骨盤だけに意識を集中して、上体の動きはとりあえず無視して、ゆっくり脚だけで骨盤を回して振ってみたらどうなりますか?尾骶骨とヘッドが引き合う感じで。重心が落ちるので前傾維持がし易くなると思います。そのイメージで徐々に強く振って言ったらどうかな。

> >下半身リードの不足と腰の回転不足になっていると思います。下半身が止まると言う事は、手打ち、
> >上体で振っています。すると余計に下半身が止まり、腕がアウトに出て、腰も前に出ます。
>
> まさにその通りとおもいます。
> インパクト時は既に腰が飛球線方向に向いてる(①)はずですよね。
> それが回転不足でした。
> 以前、どういうイメージで①ができるか過去記事を探しましたが、
> 重心の移動で勝手に①ができるという感じなのかなと推測していました。
> また、右ひざが前に出たり・・脚が死んでいました。
> 現在は、ズドーンで①ができています。脚も右膝の黄金ラインできて生き生きしています。

> >スイングは・・・脚で振ります。脚で振るということは股関節で骨盤を動かします。
>
> 既に開眼しました。

そうですね。その点は非常によかったです!!

腰が回転し過ぎでまずいのは、肩が開くこと、右サイドが前に出る事、ポーラクリーマーの様に回りすぎて懐が狭くなり右肘が押し出されること等がありますが、それらが全てクリアできるレベルで受動的に回っているべきです。

私がスイングは直線だ、能動的に腰を回すな、回すなと言うから勘違いして止めてしまっている方も多いのか?と思います。
今後の注意点ですね。

返信ありがとうございます。

>骨盤の後屈ですが、トップで右腰が引けて起きてしまうということでしょうか?

トップで骨盤が右に回転し・・切り返しで骨盤が左に回転始めますよね。
HWD時の体の正面を向いたときに地面に垂直くらい立っています。

アドレス HWD時
腰椎   /   /
 骨盤  /   |
 脚   |   |

キャディーバックをお尻に置いてスイングしたときに。
HWD辺りでバックとお尻の間隔が広がる感じです。
フォロー時にはバックにくっついています。


>足首と右膝の角度を維持して右膝を止める・・・・右脚は・・・外旋、外転して・・

それはできています。

>トップ前の切り返しが左脚ではなく、右脚で始まっているとも言えると思います。

なるほど。
どうしても短いクラブ(前傾大)で顕著なんですよね。試してみます。


>タメは直ぐにはできませんので無理しなくても良いですよ。

安心しました。




>下半身リードの不足と腰の回転不足になっていると思います。下半身が止まると言う事は、手打ち、
>上体で振っています。すると余計に下半身が止まり、腕がアウトに出て、腰も前に出ます。

まさにその通りとおもいます。
インパクト時は既に腰が飛球線方向に向いてる(①)はずですよね。
それが回転不足でした。
以前、どういうイメージで①ができるか過去記事を探しましたが、
重心の移動で勝手に①ができるという感じなのかなと推測していました。
また、右ひざが前に出たり・・脚が死んでいました。
現在は、ズドーンで①ができています。脚も右膝の黄金ラインできて生き生きしています。

>スイングは・・・脚で振ります。脚で振るということは股関節で骨盤を動かします。

既に開眼しました。

>ドタバタ動かないで静かに力強く動きます。

なるほど。了解です。

いつもありがとうございます。
がんばります。

改造 さん Re: タイトルなし

改造さん、こんばんは!!
返事が遅れてゴメンナサイ!!
私も改造さんの下半身のお話が非常に気になっていたのです。

> ちょっと腰が気がかりがありまして・・
> 後方からのムービーで、バックスイングで腰が右に回って・・切り返し時の少し回転した時に・・既に少し骨盤が後屈しています。フォロー時にはきちんと左尻がアドレス時のに戻っていますが。
> インパクト時、せっかくのゴリラスタイルが台無しです。
> 何とかしたいので、ヤニ・ツェンの様にバックスイングで右腰の引きをほどほどにしようと思います。

骨盤の後屈ですが、トップで右腰が引けて起きてしまうということでしょうか?
足首と右膝の角度を維持して右膝を止めるというか、既に右脚は直ぐにでもスイングする位外旋、が移転してダウンスイングの圧力で壁を作ります。壁と言うよりトップ前の切り返しが左脚ではなく右脚で始まっているとも言えると思います。

> あと、トップ後、グリップが右肩あたりで既にシャフトが空を向いています。
> かなりショックです。
> 自然落下を心がけていますが、ムービーを見ると毎回そうです。

ピンク線に乗せるのに右手で押すか、左手で押すかの質問がありましたが、右肘を落としながら右手小指で押しても良いのですが、右手と左手の要領が悪いと左手で引いて右手で飛球後方に押すとテコの原理で逆にシャフトが寝ます。だから左手でやって下さいと言ったのですが、もしかしえそうなっていないですか?

それか、タメは直ぐにはできませんので無理しなくても良いですよ。プロでも様々で、タメが少ない選手も以外にかなり多いですよ。要は腕、手首、指に余計な力で操作していなければ良いのです。結構習慣で無意識にやっていても気がつかないことも多いですが。
例えば、グリップの一部分が親指か人差指の圧力で減らないですか?結構親指で押している方が多いです。

> これは、自然落下+右手がつり革を下に引くイメージ・・・グーをそのまま下げるイメージ・・ガッチリ!って感じでしょうか・・・でやってみようと思います。
> ユルユルグリップを心がけて

あまりタメの大きさは意識しなくても良いと思いますよ。

> この間まで7Iくらいまでしか見るに堪えるスイングではありませんでしたが、現在、3Wまできました。

気になっていたのは別件のですが、腰の回転がむしろ足りなかったと言う事ですが、それが右脚のズドーンでかなり解消されたと。

実はこれは結構ショッキングでした。
恐らく私の言う「スイングは回転じゃなくて直線」の弊害でしょう。ボディーターンの全く逆の現象です。下半身リードの不足と腰の回転不足になっていると思います。下半身が止まると言う事は、手打ち、上体で振っています。すると余計に下半身が止まり、腕がアウトに出て、腰も前に出ます。

スイングは回転意識はなくても、脚で振ります。脚で振るということは股関節で骨盤を動かします。腰は能動的には回しませんが、骨盤は骨盤前傾に沿って切りあがるように回ります。
結果、腰も回っています。常に下半身から動いています。ただ、ドタバタ動かないで静かに力強く動きます。それがヤニ・ツェンの右脚だったり、遼くんと違うマキロイの脚の動きです。

フットワークと言う言葉も派手に脚を使うようで誤解を招きそうなのであまり使いたくなかったのですが、今後必要になってくるようです。「スイングも直線」と言うのも、極端過ぎると「回転はだめ」みたいな誤解を招く事になりますね。

ちょっとそのあたりを考えさせられました。

コメントありがとうございました。

>凄く良い感じだと思います!!
あわわわ・・・涙・・感謝感激です!
ありがとうございます。

ちょっと腰が気がかりがありまして・・
後方からのムービーで、バックスイングで腰が右に回って・・切り返し時の少し回転した時に・・既に少し骨盤が後屈しています。フォロー時にはきちんと左尻がアドレス時のに戻っていますが。
インパクト時、せっかくのゴリラスタイルが台無しです。
何とかしたいので、ヤニ・ツェンの様にバックスイングで右腰の引きをほどほどにしようと思います。

あと、トップ後、グリップが右肩あたりで既にシャフトが空を向いています。
かなりショックです。
自然落下を心がけていますが、ムービーを見ると毎回そうです。

これは、自然落下+右手がつり革を下に引くイメージ・・・グーをそのまま下げるイメージ・・ガッチリ!って感じでしょうか・・・でやってみようと思います。
ユルユルグリップを心がけて。


この間まで7Iくらいまでしか見るに堪えるスイングではありませんでしたが、現在、3Wまできました。


これからもよろしくお願いいたします。

改造さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> >ダフりの恐怖はゼロですか?
>  たまにダフりますので、上半身が少し後屈しているのは無意識で怖がっているのかもしれません。
> しかし、現在は”恐怖は”ゼロといっていいと思います。ダフるという気はしませんので・・・。

これが結構重要でヘッドを無視して左グリップだけをストーンとレールに沿って下げ切っちゃう。ヘッドを気にすると絶対に何かしら操作します。グリップに力が入ると体が浮き易くなります。操作するとH/Sは落ちます。テコでタメれば大丈夫。

> >グリップ緩々で最下点まで自然落下させてもドライバーをダフらないで振れますか?
>  ゆるゆるを心がけています。しかし、テコは使っています。以前悟った“最下点での感触”を感じたときはチョー気持ちいいです。油断すると浮きます。

テコを使って隙間なくグリップしてから脱力ですね!伸筋で手首を柔らかくグリップ圧は変えない。
浮くのは上体の力みか、横に振った時です。

> 実は、本日、何かが見えました!
>
> ・・・毎日、携帯で往年のタイガーの後方からのムービーおよび自分のムービーを毎日見て・・・
> 右側で落とし切り、右足ズコーン、体で後ろへ引っ張り、・・・をイメージ・素振りし・・・
> 何やら見えてきました!
> 記します!
>
> ①まずつま先体重でアドレス。
> ②切り返し後、右側のダウンでは、”後方を向いたまま”グリップを右足へ落とす。
> ③私は右足ズドーンが遅れるので、落としきる前に少々早めにズドーン!
>  お尻は後方の意識を持つ。

遅れるほど待てるって凄いですね。

> ④上記により、インパクト時には左尻をアドレス位置まで一気に回転させておく。凄い捻転。

ウムウム

> ④後ろを向いたままで下げきったグリップを背中側(飛球線方向)へ引っ張る!・・後ろを向いたままかどうかはムービーを撮っていないので分かりませんが、意識はこの通りです。

そんなイメージですね。

> ⑤インパクト付近では、お尻とヘッドが引っ張り合う感じ・・・ハンマー投げイメージ(やったことありませんが)! クラブが重りの付いた紐って感じかな?
> ⑥インパクト後、上記イメージだと腕とヘッドが飛球線方向へ放り投げる様に真っ直ぐ伸び、今まで当たらなかった狭い庭の木にヘッドが当たります。

ビジェガスみたいな感じですね!

> 文章だと上手く表現できませんが、腕は勝手に体に付いてくるだけ・・・体の遠心力で腕とクラブを回している感じでしょうか???

ヘッドは体の前ですよね?腕はV字に縦に動くだけで、体に付いて一緒に腕を右横から右足前に連れて来る感じです。体の前でもフェースは多少開いた状態なのでアドレスの位置に戻るに連れて同時に勝手にローテーションします。

> これだとグリップが体から離れる気がするので、離れたら手首に棒に当たるよう細工しています。笑 

片山晋吾プロが良くやってる練習ですね。

> 素振りの音が以前と違います。
> こんなイメージですが如何ですか?

凄く良い感じだと思います!!
左グリップ、手首を脱力できると音が高くなります。そうしないとH/Sは全然出ないです。
もっと加速させようと手首や指を使うとダメですね。

コメントありがとうございます。

>真下に重力だけで最下点まで自然落下を感じ取れますか?
 感じようとしているのですが、1Wだとクラブが軽いせいかアイアンほど重力を利用して下ろす感がありません。

>ダフりの恐怖はゼロですか?
 たまにダフりますので、上半身が少し後屈しているのは無意識で怖がっているのかもしれません。
しかし、現在は”恐怖は”ゼロといっていいと思います。ダフるという気はしませんので・・・。

>グリップ緩々で最下点まで自然落下させてもドライバーをダフらないで振れますか?
 ゆるゆるを心がけています。しかし、テコは使っています。以前悟った“最下点での感触”を感じたときはチョー気持ちいいです。油断すると浮きます。



実は、本日、何かが見えました!

・・・毎日、携帯で往年のタイガーの後方からのムービーおよび自分のムービーを毎日見て・・・
右側で落とし切り、右足ズコーン、体で後ろへ引っ張り、・・・をイメージ・素振りし・・・
何やら見えてきました!
記します!

①まずつま先体重でアドレス。
②切り返し後、右側のダウンでは、”後方を向いたまま”グリップを右足へ落とす。
③私は右足ズドーンが遅れるので、落としきる前に少々早めにズドーン!
 お尻は後方の意識を持つ。
④上記により、インパクト時には左尻をアドレス位置まで一気に回転させておく。凄い捻転。
④後ろを向いたままで下げきったグリップを背中側(飛球線方向)へ引っ張る!・・後ろを向いたままかどうかはムービーを撮っていないので分かりませんが、意識はこの通りです。
⑤インパクト付近では、お尻とヘッドが引っ張り合う感じ・・・ハンマー投げイメージ(やったことありませんが)! クラブが重りの付いた紐って感じかな?
⑥インパクト後、上記イメージだと腕とヘッドが飛球線方向へ放り投げる様に真っ直ぐ伸び、今まで当たらなかった狭い庭の木にヘッドが当たります。


文章だと上手く表現できませんが、腕は勝手に体に付いてくるだけ・・・体の遠心力で腕とクラブを回している感じでしょうか???
これだとグリップが体から離れる気がするので、離れたら手首に棒に当たるよう細工しています。笑 


素振りの音が以前と違います。

こんなイメージですが如何ですか?
長々とすみません。





改造さん Re: タイトルなし

毎度です!!

> 今日も素振りです。
> アドバイスのイメージ・・・
> ①右で落としたグリップを背筋で後方に真っ直ぐ振る。
> ②(右脚ですよね)外転で内側に倒すだけで・・・
> すごく分かりやすい、イメージしやすい、素晴らしい表現ですよ。
> ありがとうございます。
> 自分のものにするよう暫く特訓します!

真下に重力だけで最下点まで自然落下を感じ取れますか?
ダフりの恐怖はゼロですか?
グリップ緩々で最下点まで自然落下させてもドライバーをダフらないで振れますか?

例えば、3kgウエイトボールを出来るだけ遠くへ放り投げる時重力で最下点を円弧を描きますよね。決してわざわざ下方向への力は加えないですよね?球にかかるのは水平方向か、むしろそれ以上への力のベクトルですよね。それと全く同じです。クラブはロフトがあるので水平で良いのです。下へ後からはゼロです。だから自然落下です。特に左腕ぶらんと完全脱力です、本番ももちろん。

左グリップ一本でテコだけでライ角を維持します。で、ちょっと右手を添えればもう絶対ダフりません。信じきれるから最下点を真下に落せます。

ダフらないから背面打ちの様に背面方向に真っ直ぐ振れるのです。

改造 さん Re: タイトルなし

毎度です!!

> 右足ズドーンをレンジにて実践してきました。
> ①まだ少しおきていますが、上半身前傾が改善されてきました。
> ②HWDまで骨盤は我慢していますが、HWDから後屈し始め、インパクトで地面に垂直です。泣
> ③右足ズドーンの開始が遅いのかも(グリップ落ちてからを意識していますが)知れませんが、右足で骨盤を飛球線方向に押しているように見えます。あたかもインパクト時に足の後ろの筋肉を伸ばしているように見えます。

伸展と外転ですね。それが急激になると蹴りと言う感じですね。
プロによっては「蹴らない」と言いますよ。押すだけと。実際、ビデオでも右足は大人しい人プロも多いですよね。

> ④相変わらずですが、インパクト時の懐が狭いです。左の尻を後ろに引く感じが良いのかなぁ??
> ⑤インパクト後、グリップがややイン入ってしまいます。
>
> ゴルキチさんのご指南・・
> >要するに骨盤を内旋させているのは左脚なのです。左脚を内旋させると左踵が浮いてひざが右を向いてしまうのでますいです。ですから、外転で内側に倒すだけで左股関節を直線的に押しまわします。

脚を使うなら左で押して、右で受け止めるですね。左肩もそうですね。ヤニ・ツェンプロも3日目は後半はテークバックで左膝が下を向いてましたね。これは左脚の内旋ですね。平行に倒せば下向きに折れませんから。内旋せずに外転ですね。
 
> これが有効と思われるので試してみます。
> とりあえず③を直したいので。
> ③が改善すれば④も改善するような気がします。
> じょじょにやっていきます。
>
> 1Wも結構カッコいいスイングになってきましたよ。
> がんばりますよぉ!

腰が前に出るのは、前後のバランスが崩れるからです。腕とクラブが前に振られるので遠心力が働きます。問題はその大きさです。体から遠く、アウトほど遠心力は大きくなります。体に近くシャフトが立って、ヘッドがインから下りれば遠心力は小さくなります。すると、前後のバランスで耐えられます。

頭と振られる腕とクラブの遠心力とお尻のバランスです。

追伸です。

今日も素振りです。

アドバイスのイメージ・・・
①右で落としたグリップを背筋で後方に真っ直ぐ振る。
②(右脚ですよね)外転で内側に倒すだけで・・・

すごく分かりやすい、イメージしやすい、素晴らしい表現ですよ。
ありがとうございます。

自分のものにするよう暫く特訓します!


お世話になっております。
右足ズドーンをレンジにて実践してきました。

①まだ少しおきていますが、上半身前傾が改善されてきました。
②HWDまで骨盤は我慢していますが、HWDから後屈し始め、インパクトで地面に垂直です。泣
③右足ズドーンの開始が遅いのかも(グリップ落ちてからを意識していますが)知れませんが、右足で骨盤を飛球線方向に押しているように見えます。あたかもインパクト時に足の後ろの筋肉を伸ばしているように見えます。
④相変わらずですが、インパクト時の懐が狭いです。左の尻を後ろに引く感じが良いのかなぁ??
⑤インパクト後、グリップがややイン入ってしまいます。

ゴルキチさんのご指南・・
>要するに骨盤を内旋させているのは左脚なのです。左脚を内旋させると左踵が浮いてひざが右を向いてしまうのでますいです。ですから、外転で内側に倒すだけで左股関節を直線的に押しまわします。
 
これが有効と思われるので試してみます。
とりあえず③を直したいので。
③が改善すれば④も改善するような気がします。
じょじょにやっていきます。

1Wも結構カッコいいスイングになってきましたよ。
がんばりますよぉ!

改造 さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> >右肩が一緒に落ちます。
>  そうなんです。それが嫌で伸ばす意識を持ちました。受動的ですね。了解しました。

昔ラウンドレッスンでプロに指摘されました。直ぐにかなり変わりましたね。右肘は能動的に伸ばすと手首も伸びて、アーリーリリースになる可能性が高いですね。肩が落ちなくなれば徐々に無意識になりますよね。

> 右を向いたままグリップ落としをマスターします。
> >アドレスからトップを通過して落ちるまでが「イーチ」で、「ニー」でズドーンと蹴ってから、初めて背筋で振る練習しました。
>  これも取り入れます!!! 笑


例えば2拍子のリズムとすると、2が切り返しが一般ですよね。それをHWDまで引っ張ります。切り返しを消して腕の落下以外全てを遅らせる練習ですね。
皆さんこのあたりの方法論、対策に悩んでおられますのでご紹介しました。

また、腹筋、背筋のどちらを優先的に意識するかの問題もありますが、腹斜筋の方が本来下部にあるのでより下に意識を持ちたいところなんですが、体の開きをより抑えるためには背筋で後方に真っ直ぐ振るイメージの方がより体は開き難いですよね。腹斜筋と言うとどうも開きやすくなるようですので。広背筋とすると部位が高すぎるので、今度は肩が開きやすくなりますね。イメージだけで体の動き方は変わりますよね。

> 他の方へのアドバイスも参考になりました。
> 私の骨盤の前傾維持に・・・右足の蹴り!
> 骨盤が起きる前にズドーンと右足裏全面で蹴り上げます!!! 笑笑

外旋、内転、伸展、外旋位の話題になっていますので、もう少し突っ込んでいきますね。ゴルフは話題が沢山あってキリが無いですね(笑
だから楽しいんですが(笑

> いやぁ、大変参考になりました。
> ありがとうございました。

いえ、こちらこそ貴重なレスポンスいつも有り難うございます!!

ご丁寧な解説ありがとうございました。

>右肩が一緒に落ちます。
 そうなんです。それが嫌で伸ばす意識を持ちました。受動的ですね。了解しました。
右を向いたままグリップ落としをマスターします。
>アドレスからトップを通過して落ちるまでが「イーチ」で、「ニー」でズドーンと蹴ってから、初めて背筋で振る練習しました。
 これも取り入れます!!! 笑

他の方へのアドバイスも参考になりました。
私の骨盤の前傾維持に・・・右足の蹴り!
骨盤が起きる前にズドーンと右足裏全面で蹴り上げます!!! 笑笑

いやぁ、大変参考になりました。
ありがとうございました。




うさぎさん Re: タイトルなし

うさぎさん、こんにちは!!

大体見てますよ!

Langkawi の Datai Bay 私もラウンドしましたよ!
オオトカゲやサルの群れに出会えました!
本当に大自然の中で凄く良いコースでしたね。プレーヤーは殆ど誰もいなかったです(笑

> なかなか、右足踵を上がらないようにできず、
> ゴルキチさんには会わせる顔がないのですが
> すっごい、動画に思わずコメしてしまいます。

踵が早々に上がるトッププロも山ほどいますよ。
池田プロもそうですし。
http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/players/swing/tse000000012003.html
左右の両踵を上げます。感覚派スタイルですね。
ドラならフツーですがグリップも遠心力でアドレスより体の遠くに浮きます。
ただ、お尻は前に出ないですよね。よくある練習の後ろにキャディーバッグがあったら終始お尻が触れたままです。グリップが多少浮いても。

> つい最近、ようやくうさぎは切り返しでスウェイしていること、
> 同時にアウトサイドからクラブを下ろしていることを痛感しまして、
> 右足の踵とこれらが全てつながっているらしいと確信した次第です。
> 何を今頃…って思われてるでしょうね(*_*)

ビデオ見ました。トップはクロスしていないし悪くないです。
右脇も締まっています。
最大の問題は、肩は回っていますが、トップで右に体重が乗りきっていないです!娘と同じ!!右膝を見れば分かります。膝が踏ん張っていないから。オーバースイングを気をつけて右にしっかり乗る。最初から右に乗っていないのだから、最初から左にスウェイしてるのと同じ事ですよ。

それが原因ですが、次の問題は右踵の上がるタイミングよりも、インパクトでアドレスより腰が前に出ているので懐が無くなり腕が前に押し出されています。2回目のスイングはかなり腕と体が窮屈です。
女性の場合体が柔らかいので腰が先に回ってしまいます。すると右腰の横に右肘を通す事になるので懐が狭くなり押し出されます。頭がポーラクリーマーの様に下がっていますが、彼女の場合腰の回転が早く懐が狭くなるので、頭を下げて腰を引く事で懐が狭くなることを相殺するような動きもあると思います。頭の下がり方がそれに近いような感じがしますね。

> アイアンのハーフスイングでなんとかならないかと
> 練習していますが…なかなかです。
> この動画、当分しょっちゅう見るようにします。

切り返しでは左への軸移動だけでの意識が良いと思います。体重移動が大きいと必ずスウェイし、重心が左に移動して右足が軽くなり浮きます。踏ん張れないので腰が前に出やすくなります。

試しに思いっきり腰を前に出してみてください。どうやりますか?腕の上側の屈筋http://golf1000.blog23.fc2.com/blog-entry-841.htmlを力んで下に押さえつけるようにすると肩が浮き、上体が浮き、体が浮きます。爪先立ちで頭、重心を後ろにもって行き後傾にしますよね。

だから、ゴリラスタイルでお尻を突き出して土踏まずに乗る。しかし重心が後傾にならないように常に頭とお尻ので前後のバランスを取る。以前お話したように人により、重心が少し前目か後ろ目が合うか自分で判段します。

また、バレーボールのレシーブの様な姿勢で、重心を落として下から重い物を両腕で抱えて持ち上げるように、腕の下側の伸筋を使うと重心が下がり、下に圧力がかかり脚が踏ん張れます。腕、上体の力が抜けます。皮肉なもので逆の結果になります。伸筋は小指側、屈筋は親指と人差指に繋がっています。

あとは、右脚の外旋と内転の圧力で右膝で壁を作り、右踵での蹴りがよーいドンのスタート同様、スイングスタートの意識でやってみてください。蹴るとは右膝の伸展、伸ばす事です。蹴るまで肩は開きません。ジャンプする時爪先でジャンプするのと踵でジャンプするのとどちらが強いか簡単ですよね。早期に踵が浮いたら爪先で蹴るしかないのでドラコンなら全然飛ばせませんよ。
マッキロイの強烈な右脚の蹴りを見てください。あの蹴りで腰が直線的に押し回されています。腰を回転してるんじゃ無いんです。股関節で直線運動が回転運動に転換されているのです。それがビデオで良く分かりますよね。オバートンは安定性の為に絶対踵を上げません。マキロイは足の裏全体で蹴ろうとしています。
その為に二人とも脚を外旋させていますよね。

右足裏全面で蹴ってスタートなら自然と左にスウェイしないで右脚に体重が乗ります。そのうち右足裏全体を使うためのスイングに自然に変わって行きます。そうすると浮かなくなります。

> 以前にフォローでクラブがインサイドにはいっているから
> グリップが見えないって教えていただいたのも
> ようやく、バッチリ理解しました。

もともと私より全然上手いんだからそのうちスクラッチプレーヤーですね!!
いいなぁー。

改造さん Re: タイトルなし

>お忙しいと思うので、質問は控えようと思っておりましたが、どうしても分からないことがあります。

全然遠慮なんか要らないですよ!

>1Wで右肘の垂直落下を試行錯誤しております(前傾もですが)が、トップから90度に曲がった肘を飛球線後方に伸ばすようにダウンしていくと、遠回りさせることができ上手く打てることができました。
> 以前、ゴルキチさんが9時と3時の位置は肘を伸ばすようおっしゃっていました(3時は分かるが、9時は何で?思っていました)様に思います。こうすると、グリップエンドを飛球線後方に進ませることが出来ます。
> 肘を伸ばしているつもりですが、ムービーを見ると実際は右わき腹に収まっています。

そもそも右肘伸ばしは右肩を下げないためです。しかも右肘を伸ばすのは受動的です。余程右肩が落ちるうちは矯正で能動的に伸ばしますが、本来は能動的に伸ばさないほうが良いです。インパクト後に伸ばす余力を残していますから。
普通タメを作ろうとすると右肘を曲げたまま下ろそうとする方が非常に多いです。すると確実に右肩が一緒に落ちます。手首、肘、肩が連動しちゃうんでしょうね。
右肩は絶対に微塵も落したくないのです。だから右肘はあえて自然に伸ばしていきます。すると右肩は絶対に落ちなくなります。

飛球後方遠くに落すのは正直非常に難しいです。オーバードゥーはまずいです。慣れが必要ですね。
ボトルネックは右腕伸ばしではなく、左肩の開きです。左肘は伸びていますからね。左肩さえ閉じていれば遠くに落ちます。右腕はそれにつられるだけで右手首を柔らかく維持すること、右肘を下に向けておくこと以外スイングには参加しないほうが良いですよ。ですから、右腕を遠くに伸ばす意識は要らないですし、右肘が体に付いて、脇腹に収まって落ちて全く問題ないですよ。

> 申し訳ありませんが、これで正しいかだけ教えて頂ければ幸いに思います。
>  
>  オバートン凄いですね。こうできたら良いですね。右太ももにグザ!は太ももに地面に垂直に刺すのだと思っていました。 笑

いえそのとおりですよ!気分は縦に刺すイメージですよ。タメたいですからね。でも映像では違いますね。
今日久しぶりにマン振りでドラコンスイングの練習しましたが、タメるのとタメないのでは全然H/Sが違いますね。

アドレスからトップを通過して落ちるまでが「イーチ」で、「ニー」でズドーンと蹴ってから、初めて背筋で振る練習しました。

ホッシーさん Re: タイトルなし

ホッシーさんはじめまして!

コメントどうも有り難うございます!!

> インサイドアウトのイメージで下ろすのはヘッドではなくグリップです。
> 6/16にアップされた内容を早速練習場で試してみました。
> 「目からウロコ」とはこのことでしょうかアイアンがしっかりと摑まりとても良い弾道で飛距離も伸びました。しかしPW・AWで打つと右にフケ気味の玉がでます(今まで自分が打っていた弾道・飛距離でやや右に出る)

短いほうが捕まりますが変ですね。恐らくウェッジはローテーションさせないで打たれているのでしょう。それで全く良いのですが、アウトに振りすぎでしょうね。出球の方向はご自分の球筋にあわせれば良いと思います。
下ろすのはインサイドアウトと言っても、実質イントゥーインです。アマは往々にしてグリップもアウトサイドインです。きれいにオンプレーンで振れる方も、肝心な時に体が起きてインサイドに引き込み引っ掛けるシングルさんも多いです。それでこういっていますが。あくまで下ろす時です。フォローはイン過ぎなければ良い、起きなければ良いと言う感じで解釈してください。

> ドライバーではまだこのイメージでは打てません(ドライバースランプ中です)この動画はすばらしいですが
> 中々真似ができません。非力で体の硬い私に何かアドバイスあればお願いします。

イメージだけでも徐々にスイングは変化したり、気が付いたりするものです。
イーチがトップじゃなくて、HWDまでで、ニーで右脚蹴りを合図に背筋でスイングする練習をすると良い感じですよ。私は良くやります。

インサイドアウトのイメージで下ろすのは
ヘッドではなくグリップです
6/16にアップされた内容を早速練習場で試してみました。
「目からウロコ」とはこのことでしょうかアイアンがしっかりと摑まりとても良い弾道で飛距離も伸びました。しかしPW・AWで打つと右にフケ気味の玉がでます(今まで自分が打っていた弾道・飛距離でやや右に出る)
ドライバーではまだこのイメージでは打てません(ドライバースランプ中です)この動画はすばらしいですが
中々真似ができません。非力で体の硬い私に何かアドバイスあればお願いします。

 お忙しいと思うので、質問は控えようと思っておりましたが、どうしても分からないことがあります。
 1Wで右肘の垂直落下を試行錯誤しております(前傾もですが)が、トップから90度に曲がった肘を飛球線後方に伸ばすようにダウンしていくと、遠回りさせることができ上手く打てることができました。
以前、ゴルキチさんが9時と3時の位置は肘を伸ばすようおっしゃっていました(3時は分かるが、9時は何で?思っていました)様に思います。こうすると、グリップエンドを飛球線後方に進ませることが出来ます。
肘を伸ばしているつもりですが、ムービーを見ると実際は右わき腹に収まっています。

申し訳ありませんが、これで正しいかだけ教えて頂ければ幸いに思います。
 
 オバートン凄いですね。こうできたら良いですね。右太ももにグザ!は太ももに地面に垂直に刺すのだと思っていました。 笑

こんにちは。
お久しぶりです。
なかなか、右足踵を上がらないようにできず、
ゴルキチさんには会わせる顔がないのですが
すっごい、動画に思わずコメしてしまいます。

つい最近、ようやくうさぎは切り返しでスウェイしていること、
同時にアウトサイドからクラブを下ろしていることを痛感しまして、
右足の踵とこれらが全てつながっているらしいと確信した次第です。
何を今頃…って思われてるでしょうね(*_*)

アイアンのハーフスイングでなんとかならないかと
練習していますが…なかなかです。
この動画、当分しょっちゅう見るようにします。

以前にフォローでクラブがインサイドにはいっているから
グリップが見えないって教えていただいたのも
ようやく、バッチリ理解しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR