ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「重力落下」はスイング円弧のレール上を加速するイメージ

 時間がないので急いで書きますね。


 前前回の「左グリップのテコ」の続きです。

ダフらなければグリップ(ヘッドではない)を落し切れるはずです。

ライ角が維持できないからダフる。

ヘッドが体の正面から右にズレ、シャフトが寝るから

ヘッドがグリップより早く落ちるのでダフる。

ヘッドを加速したくて腕や手首や指で操作するから

手首が力んで、伸びて、コックが解けてダフる。

球に向かって力んで地面を叩きつけるからダフる。

また、右肩が落ちるからダフる。


ヘッドがグリップより先に落ちなければダフりません。

その為にはタメ=コックが維持されていなければならない。

グリップが先に落ちる、手首は柔軟だからヘッドは必ず上に残る。

結果当然シャフトが立つ。

簡単な事で、例えば、糸の先に重りを付け落せば

落す前に糸が水平だろうが、直ぐに糸は鉛直方向に真っ直ぐ立ちます。

それと全く同じ事です。

タメは作るものではなくヘッド、クラブを全く操作しないから

勝手に出来て、維持されるものなのです。

タメを作ろうとしたり、維持しようとして、形だけを真似して

指に力が入った瞬間100%ダメですね。

手首を柔軟にして、ヘッドを体の前に維持して、腕はV字に振るだけ。

クラブを横に振るのは体の役割で、体が右から左へ向くから。

腕は極めて自然な方向にV字に上げ、V時に下ろすだけの

超単純な反復作業なので再現性があるのです。

だから振り遅れなどあるはずがない

ところが、振り遅れるのは、自分で勝手に腕で右横にクラブを振って

ダウンで今度は左横に振って戻さなければいけないから振るから遅れる。

自ら振り遅れの原因を作り出しているのです。

また、横に振るから手首や右人差指、屈筋を使って引っ掛ける。


腕はV字にだけ振れば激楽ですよ。

横に振るのは体の役割。

ただ、だからといって体を超高速軸回転させようとするのは

大間違いで、股関節と肩関節にはボールが入っていて、

直線運動を高速回転運動に変えてくれます。スグレモノです。

直接体を回転させようとしたらスゲーのろまになります。

全て直線的イメージの捻転開放、蹴り、壁によって股関節が

高速回転運動に変えてくれます。

しかし、そもそも肝心の骨盤は実質回転運動なんかしませんよね。

ただ右股関節で45度、左股関節で45度、たった90度程度

方向転換というに過ぎない動きです。フォローは惰性で+45度だけ。

事実上軸は右股関節から左股関節に20cm近く動きます。

20cm軸が動いて、たった90度の方向転換を

果たして回転と言うべきなのか

言える事は、

トップから出来るだけ体を開かない様、回さない様に努力して、

フォローでも膝が前に出ない様に出来るだけ直線的に蹴るだけですね。




根本的にまずい事

 下に下手な図解が有りますが

落し切るために、脱力の確認の為に、プレーンに乗せる為にも

やはり「重力落下」、「自然落下」のイメージが避けて通れないです。

もちろんトップからは、クラブと腕の重力だけで自然に落下して、

おまけに加速する訳ではありません。

「重力落下」は切り返しで重力を確かに感じ、利用して軌道に乗せる、

「自然落下」は左への軸移動に伴う体重移動による自然な捻転開放を

利用した切り返しという意味が込められています。

 要するに、感じられない人は以下をチェックしてください。

1、テークバックでしっかり左肩を入れる、

2、しっかり体重移動=右股関節で体重をガッチリ受け止める

3、強固な右壁(足首、膝、股関節)で捻転をしっかり受け止める

4、腹斜筋、背筋等にも捻転を蓄える(力まないように)

5、切り返しから両脇が体に付くまで=落し切って、プレーンに乗るまで

は振るのは我慢=それまでに力むと必ずプレーンから外れ

再現性はなくなるのです。


 トップは上げたクラブの高さの頂点ではなく、捻転が最高になって

耐え切れなくなった時点です。従って、捻転を本格的に開放する

意識が無くても、左股関節への軸移動により自然に捻転維持の限界に

達し、開放され、それが要するに「切り返し」なのです。


ですから、以上が正しく出来ていれば、トップからスイングしなくても

「重力落下」を感じられるはずです。


 それが感じられないと言う事は

1、様々な要因で力みが抜け切れていない。

どこかで間違っているために結局腕でクラブを操作。

2、緑線の様にトップから一直線に球を打ちに、叩きに行っている。

加える力のベクトルが全然違っている

=切り返しから加速しようとして下へ振り過ぎ

=水平に力を加えるイメージが足りない

⇒インパクト直前からフォローで球を押すように加速するイメージ

が要因として考えられます。

全て力み、腕によるクラブ操作ですね。


スイング円弧のレールのイメージ 


 下図の様な左肩を軸とした左腕のスイング円弧のレールを

イメージして下さい。

左肩が開かない程飛球方向への軸の移動は少なくなり飛球後方に残ります。

スイング中、左腕を伸筋と遠心力と重力で伸ばし切るようにして、

左肩を力まず浮かさないで、前傾を維持する限り、必ずグリップは

最下点を通るはずです。そうすると図の黒線の様な左腕の先の

グリップのきれいな円弧が、レールの様に存在するはずです。

スイングのベクトル8

このレールを意識して、グリップをレールの上を落下させます。

このきれいな円弧のレールに乗せる条件は

1、緑線とは逆に、飛球後方ピンク線の方向に左グリップを押す

2、その為には、左肩を開かない=軸(左肩)をなるべく飛球方向に

移動させないで、右肘の垂直落下に連れて、左グリップエンドを

飛球後方に向けたまま、真下に落として行く。

グリップは球方向ではなく飛球後方に、飛球方向に背を向けて

振られるべきなのです。

手首を超柔軟にして、クラブヘッドはトップに置いておきます。

絶対に終始腕上側の屈筋を使って手首、親指、人差指でヘッドを操作しない

そうすれば図のシャフトの様にタメができます。

問題は右足前でローテーションを処理できないと、

必ず振り遅れるのでトップからヘッドを操作しないと間に合わない

事を体が覚えてしまっているのです。

その壁を打ち破らない限り、永遠にタメはできませんし、

腕、手首、指でヘッドを操作するスイングは生涯治りません。

黒線の太さはスイングを加速する為に加える力のベクトルの

大きさです。オレンジ線はベクトルの方向です。


 きれいな円弧のレールはトップが出来た時点で既に存在します。


そのレールにピンク線のベクトルの力を加えて左グリップを乗せます。

過激に力を加えると必ずそのレールから即脱線しますから、

脱線せずによりスムーズに加速するためにも、

重力と自然な捻転開放をうまく利用するのがベストなのです。

腕力で引っ張ると重力を感じられません。重力で落ちていくものを

上手く押して加速していくからこそ重力を感じられるのです。

脱線させないで最大限加速させるためには黒線の太さで、

オレンジ線のベクトルの方向でパワーをかけていくイメージです。

フォローで加速するイメージです。


つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

匿名さん 追伸ですRe: その節はどうもです!

追伸です。

HWBの時にシャフトが水平より上でも構わないと思います。トップで左肩がしっかり入るなら。
肩が入らないでただアップライトだとアウトから下りますからまずいですが。

匿名 さん Re: その節はどうもです!

こんいにちは!!
お急ぎの様なのでとりあえず簡単に。
非常に重要な事なので、後で記事に書いてビデオで説明します。
実は降格カメラがうまくいかず続きが中断していました。

> V字に上げる場所とは?

まず、右脚前までは低く真っ直ぐです。脚始動で体幹も使います。その後V字に約45度右前に上げますが、これは腕だけの動きです。スイングではこれに体の回転が同時に加わります。すると目安はHWD手前までは自分から見て飛球線上を通ります。自分から見て飛球線上とはビデオで後方から撮るとインサイドに上がっていきます。しかし、今までインサイドに上げていた人にとってはこれでもかなりアウトサイドに感じるものです。

最初の目安はHWBで左脇が締まった上体で、シャフトが飛球線と平行、水平です。これは飛球線後方よりインサイドに入っていますよね。

腕と体の動きが上手く調和しないと飛球線上真っ直ぐ上がりませんがスインガーから見て、なので直ぐに慣れます。

> すべてのクラブに共通ですか?

全部共通です。

> 右サイドに移動しながら上げるのか、体重が乗ってから上げるのか、ちょっとよくわかりません。

全ての動きはアドレスからフィニッシュまで同調、連鎖しています。脚と体幹(インナーマッスル)によって骨盤と上体が回ることにより、右股関節に体重移動していきます。それに同調して腕でV字に上げて行きます。HWBの目安を通過したら一定のトップに最短距離で向かいます。

> 教えていただいたことを必ず練習してものにしたいと考えておりますんで、どうかご教授お願いします。
> その際にはまたいい結果報告できるように頑張ります。

HWBとトップの位置、形をしっかり体で記憶し、右脚前から線でつなぎます。それがプレーンです。左グリップを押し下げてヘッドを上げながら、同時に体を回しながらテークバックしていきます。
丹田に少し力を入れ「へそ」を下に向けていれば、そんなにアウトには上がりません。前傾が起きて、体が伸びるとアウトに上がり易くなります。ただ、インに上げる方が確実にマズイです。

疑問があったら直ぐにコメントくださいね!!

beさん Re: タイトルなし

beさん、こんばんは!

情報大変有り難うございます!!

> 常歩身体研究所「二軸動作を学ぼう 驚異のスポーツ上達法」です。
> 5年ほど前ぐらいに肘を痛めたことを切っ掛けに、奈良でトレーナーをやっておられる木村さんに常歩を教えていただき、しばらくしてから、常歩(なみあし)無限-驚異のスポーツ上達法-の木寺さんが、九州から奈良の高専にこられました。
> それからメールのやりとりしたり・・・
> 現在、小田先生、浜田プロと、「ゴルファーなら知っておきたいからだのこと」という本を出されるようです。

2軸動作ですか。面白そうですね。
良い情報ありましたら宜しくお願い致します。
有難うございます。

こんにちは。
今の政治に対するボヤキ、話し始めたらきりがないですね。(笑
次元が低すぎて、情けない限り。

ゴルフも政治もすべて同じかと思いますが、到達目標、最終イメージ(どんな社会にしたいか)を明確にしないと、何も進みません。
リーダーが、明確にそれを示すことで、みんながそちらに向いて勝手に動き出します。
ゴルフスウィングも同じで、どんなスウィングしたい、どんなショットをする、どんなアプローチをするかしっかりイメージすれば、体は勝手に反応してくれます。(すべてのショットがうめくイメージできませんが。イメージするようにと意識してやっています。)

悪いときはそのイメージすら出来ません。
スウィング矯正も、理想のスウィングイメージして、そして矯正したいところも自分なりにイメージしていると、そのイメージに近づいてくると思います。
コツコツと根気よくする必要があるようで、進捗具合は良くありませんが。

そんなことで、ゴルキチさんのアドバイスや練習方法等、上手くできない所をアドバイスいただき、持たなければならないイメージを得られることが多々あります。
目から鱗のことが多いです。
イメージをしっかり描く、コレが一番大事だと思ってやっています。
これからも、よろしくお願いします。

追伸の件
常歩身体研究所「二軸動作を学ぼう 驚異のスポーツ上達法」です。
5年ほど前ぐらいに肘を痛めたことを切っ掛けに、奈良でトレーナーをやっておられる木村さんに常歩を教えていただき、しばらくしてから、常歩(なみあし)無限-驚異のスポーツ上達法-の木寺さんが、九州から奈良の高専にこられました。
それからメールのやりとりしたり・・・

現在、小田先生、浜田プロと、「ゴルファーなら知っておきたいからだのこと」という本を出されるようです。

be さん Re: 分かります、でも、出来ない!

おはようございます!!

> いつも参考にさせていただいています。
> しかし、説明されるのも大変ですね。

楽しいですよ。皆さんのコメントは非常に参考になります。アマゴルファーは皆大して変わらないですよね。全然人事じゃないですよ。
自分も非常に勉強になりますし、いろんなヒントも沢山頂いています。

> 私は、左肘に負担を掛けすぎ、ゴルフ肘で練習を自制中です。

そうでしたね。左肘は大変ですね。
私も未だに左手首違和感があって思い切り練習できないです。予想以上のリハビリが要りますね。稼動域が全然狭くなっています。それか年齢のせいもあって関節内部や靭帯の損傷は治らない可能性もあるのかもと思います。昨日も振っていてマン振りだと危険を感じます。ただ、かかりつけの整体師は徐々に負荷をかけてリハビリして稼動域を広げないといけないと言います。

> 震災の直ぐ後ぐらいに震災のことを忘れてコメントした者です。

いや、元気な方は貴重ですよ!!あれ以来ブログを中断したままのブロガーが凄く多いんです。私も子供が小さく地下鉄通学なので、余震や放射能問題で暫くゴルフはトーンダウンしてましたが、なるべく震災には触れずに通常のままのゴルフオタクブログで行くべきだと思っています(笑

政治家や官僚、特に経産省の原発利権、東電死守の姿勢の問題を山程書きたいのは山々ですが(笑 ついでですが、東電は当然会社更生法適用、役員皆株主代表訴訟で刑務所で20年位入ってもらって、損害賠償1人100億円位課すべきです。国民は東電社員を責めてもぜんぜん筋違いなんですよね。当然です。日本国民は甘過ぎる。だからなめられる。官僚は国民を頭の悪い奴隷だと思ってますからね。東電の莫大な利権と天下り先を確保できると思って世の中なめてますよ。東電=経産≒一部政治家の利権だと言う事を世界中に周知させて、世界を汚染しまくった責任が官僚と一部政治家にあることを知らせるべきで、国連でしっかり裁いてもらいたいですね。日本の政治、司法、官僚では最早自己浄化能力はないですからね。責任問題の追求は外国頼みです。浜岡原発停止も外圧ですからね。

なんて言い始めるとキリがないので止めますわ。脱線してゴメンナサイね!

> というのも、今回の説明も私のフォームを見て指摘いただいているような感じです。
> 切り返しから、腰の横移動、左肩の開き、コックの解放、私の動画を悪い見本として説明いただければ、より分かりやすいかもと言うぐらいの状態です。

謙虚ですね(笑

> 肘を痛めたことも、腕で操作している証拠。
> フットワークで両股関節間の小さな動き、背中を飛球方向を向ける意識、腕の上下運動、肩の捻転、トップから以前記載されていた、グリップを股間に一直線に落とす等、目から鱗のイメージです。
>
> 肘を痛めてから、シャドーのみなのですが、それでも肩の捻転、腕を使わないというのがなかなか上手くできなく、ビデオで撮ってもなかなか改善されていません。
>
> トップからヘッドを意識せず、グリップを股間に1直線に持ってこれれば、自分でもビックリするような生きた玉がピン筋に飛んでいくことを経験で出来ているのですが、なかなか自分モノになっていません。
> シャドーでコツコツ体に覚え込まさなければなりませんね。

少しづつ気長にやるのが良いと思いますよ。

> アマチュアの欠点の代表選手のようで、うれしいやら・・・・・
> 私にアドバイスいただいているようですので、いつも楽しみにしています。

こちらこそ宜しくお願い致します。

> 追伸
> 先日、常歩の事もご存じで、奈良のトレーナーの方や事務局の先生からアドバイスを頂いたこともあり、より近親間を覚えました。

え?ナンバですか? 昔書いた記事ですか? 

常歩身体研究所「二軸動作を学ぼう 驚異のスポーツ上達法」ですか?

アドバイスはどんな内容でしたか?

面白そうですね!

Tim さん Re: 自然落下

Tim さん、おはようございます!!

> 重力落下、難しいですね。自分の事を言われている様でグサグサきました(笑)

あはは、でもアマは皆同じですよ(笑 ゴルフは難しすぎです。自分もジュニア見ていて情けなくなります。

> 自然に右足前に下ろせてそこから右ももへグサグサが出来るとクラブが僅かな力で加速するのが体感出来ます。
> 力を抜いて振っているのにフォローで加速するのでいつの間にか力強いスイングになるのがおもしろいです。
> ただいつもイイ感じで加速を体感するとその後、能動的に手で操作して下ろす動作やタメを作ろうとして加速の感覚を求めてしまいます。

そうなんです。ほんの少しなんです。スイングは一瞬で、速すぎますから。僅かなイメージ変化でも体の動きは自然に変わります。やり過ぎると逆効果になりますよね。その加減が難しいですよね。また、スイングは連鎖的な動きですから、一ヶ所変えると全てに影響します。自分のスイングは見えないのでどこに影響するか分からないのが怖いです。

> いつも練習していると好調の後に不調が待ってるパターンです。
> なかなかこのパターンを克服出来ずにいます。

凄く良く分かります(笑 自分もそうですし、皆さんもそうですよね。今度こそはと調子に乗ってやり過ぎて、本番で「こんなはずじゃなかったのに・・・」といつもショックを受けます(笑
 
> 若林プロのZ打法の本買いました。まだ読んで少しですが「あ、この写真ゴルキチさんのブログで見た事ある。」なんて言いながら見ています。GOLF300ヤードの法則~ は解説し直したものかもしれませんが80年代にこの理論を提唱したのは凄い事ですね。逆に早過ぎたのかも。

70年代前半ですよ!でも内容は時代と共に結構変わってますが。パーシモンと糸巻きからですから仕方ないですが。腕の動きは真似しない方が良いと思います!!私もやってみましたがダメでした。腕は意識しないほうが良いと思います。

> このブログを見てからプロのスイングも色々な視点から観察できて面白いです。益々ゴルフが好きになりましたこれからもよろしくお願いします。

そうですか!有り難うございます。
youtubeって凄いですよね!!

自然落下

ゴルキチさん。コメントへの返信ありがとうございました。
重力落下、難しいですね。自分の事を言われている様でグサグサきました(笑)
自然に右足前に下ろせてそこから右ももへグサグサが出来るとクラブが僅かな力で加速するのが体感出来ます。
力を抜いて振っているのにフォローで加速するのでいつの間にか力強いスイングになるのがおもしろいです。
ただいつもイイ感じで加速を体感するとその後、能動的に手で操作して下ろす動作やタメを作ろうとして加速の感覚を求めてしまいます。
いつも練習していると好調の後に不調が待ってるパターンです。
なかなかこのパターンを克服出来ずにいます。

若林プロのZ打法の本買いました。まだ読んで少しですが「あ、この写真ゴルキチさんのブログで見た事ある。」なんて言いながら見ています。GOLF300ヤードの法則~ は解説し直したものかもしれませんが80年代にこの理論を提唱したのは凄い事ですね。逆に早過ぎたのかも。

このブログを見てからプロのスイングも色々な視点から観察できて面白いです。益々ゴルフが好きになりましたこれからもよろしくお願いします。

匿名さん Re: tips

こんばんは!!
はじめまして、コメントどうも有り難うございます!!

> お世話になっております。
> 言葉で伝えにくいことを何とか伝えようという努力がひしひしと感じられ感服し、感謝しております。

そうですか!有り難いお言葉です。
メチャメチャ考えてますよー(笑
物凄く難しいですね。よく書くねたがなくなるんじゃないか?って聞かれますが実は逆なんです。増えていくんですね。

自分がさんざん凄く悔しい思いをし続けてきましたからねー。ゴルフセンスがなくて。メチャメチャ特殊でしょゴルフって。
そもそも自分は憎たらしい先輩達を何とかやっつけるという不純な動機でゴルフに熱中しましたからね(笑
今でもむかつく奴らは沢山いますが(ヤバ

皆さんも誰でもきっと同じような思いをしていますよね。
ゴルフに夢中になる人って負けず嫌いですから。ここに来ていらっしゃる方は悔しいから、負けられないから頑張っている方が多いと思います。自分と同じ思いで。だから人事じゃないんです。レベルも関係ないです。アマのゴルフなんて実際大して変わらない。

> 最近の私のヒットは、「バレーのレシーブのように」の一言です。どんぴしゃです。

そうですか、命中しましたか!!ゴルフの説明では初めて使いました。良かったです。

> 他のスポーツ、運動、動きと重ね合わせて言っていただくと、すっきり分かることがありますね。

そうですか。参考になります。


> これからもよろしくお願いします。
> 最近他ブログで見た股関節の動き習得のため、「幼稚園児並み」だった左回し蹴りを一日100回行っている「手打ち男」です。

あはは、右足を鍛えるためですか!
私も空手やってましたが左回し蹴りは出来ませんでしたね。柔道でも右技主体なので左足軸が多いですね。
強力な蹴りをの為には両足捻りますから良い練習になると思います。

またコメントお待ちしていますね!!

分かります、でも、出来ない!

いつも参考にさせていただいています。
しかし、説明されるのも大変ですね。

私は、左肘に負担を掛けすぎ、ゴルフ肘で練習を自制中です。

震災の直ぐ後ぐらいに震災のことを忘れてコメントした者です。
というのも、今回の説明も私のフォームを見て指摘いただいているような感じです。
切り返しから、腰の横移動、左肩の開き、コックの解放、私の動画を悪い見本として説明いただければ、より分かりやすいかもと言うぐらいの状態です。

肘を痛めたことも、腕で操作している証拠。

フットワークで両股関節間の小さな動き、背中を飛球方向を向ける意識、腕の上下運動、肩の捻転、トップから以前記載されていた、グリップを股間に一直線に落とす等、目から鱗のイメージです。

肘を痛めてから、シャドーのみなのですが、それでも肩の捻転、腕を使わないというのがなかなか上手くできなく、ビデオで撮ってもなかなか改善されていません。

トップからヘッドを意識せず、グリップを股間に1直線に持ってこれれば、自分でもビックリするような生きた玉がピン筋に飛んでいくことを経験で出来ているのですが、なかなか自分モノになっていません。

シャドーでコツコツ体に覚え込まさなければなりませんね。
アマチアの欠点の代表選手のようで、うれしいやら・・・・・
私にアドバイスいただいているようですので、いつも楽しみにしています。

追伸
先日、常歩の事もご存じで、奈良のトレーナーの方や事務局の先生からアドバイスを頂いたこともあり、より近親間を覚えました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR