ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

なぜ背面打ちが良いのか?

 katoさんはじめばして!!

良いコメントありがとうございます!!

> 背面打ちの練習を続けています。アイアンだと抜けるような
素晴らしいドローボールが出ます。
> でも、正面を向いて打つとフェード系か引っ掛けです。
背面打ちを実践ショットと繋げるにはどうしたらいいのでしょうか?
ひたすら背面で打ち続けるしかないのでしょうか?

古い記事読んで頂いて有り難うございます

あはは 皆さんそんな感じで仰いますよ。

背面打ちはメチャメチャ良い練習方法なんです。

スタンスは真後ろ向きではなくても、45度のスタンスなら

実戦のコースでも使えるくらいです。

何よりただのスタンスの違いだけで、正しいスイングとショット

を体感できるのはこれ以外になく、非常に素晴らしい事です。

実際に御自分で通常の間違ったショットと正しいショットを

両方打ち分けられるのですから非常に良い人体実験ですよね(笑

絶好のチャンスですから、いろいろ比較研究してみて下さい


 自宅でクラブを持たずシャドースイングで何が違うのか

検証してみると、山程の上達のヒントに気が付くと思います。

練習場では落ち着いて比較できませんからね。

球を打つのに夢中で


 ここから先は、katoさん独自のことではなく、

一般論でお話しますね。アマの多くの一般論なので

多少きつい内容もあるかもしれませんが気にしないで下さいね。

丁度良い質問なので、ついでにいろいろ書きますね。


 まず先に、注意点は背面打ちも必ず下半身始動です。

脚で振ります。適当に手打ちは絶対ダメで逆効果です。

なぜ、背面打ちが上手く打てるのか

1、体を全くひねらないのでトップを毎回正しい位置で再現できます。

シャフト右肩上で飛球線と平行・水平、上腕水平、前腕垂直で肘真下向き、

手首・肘90度、左手首ほぼ真っ直ぐ、全然余裕で再現出来ますよね。

これはとんでもなく凄い事です。

そもそも毎回スタート位置がずれたら再現性などある訳がないのです。

まずはトップの位置を記憶して決められないと絶対に上手く打てません。

トップの位置、形は「右腕が必ず記憶」しないといけません。


2、トップの位置が決まると、誰でも嫌でも腕をV字に縦に使います。

ただ腕で右肩上に担ぎ上げるだけですから、最短距離で直線的に上げます。

これが腕の正しい動かし方。腕はV字に縦

ダウンは全く同じ軌道をアドレスに戻すだけ。簡単でしょ。

たった一本の同じ直線上を斜めに上下するだけなんです。

だから「再現性がある」と言えるのです。


要領は体の回転と腕の縦振りを独立させる練習です。

体がどう回ろうが知ったことではなく、

腕は死んでも、右肘、グリップとヘッドを体の正面の範囲に収め

ひたすら、同じ軌道を上げ下げするだけ。

馬鹿になってそれ以外絶対にやらない。

つまらない欲を出して、腕や手首や指で飛球方向に加速しよう

などとしたら、100%減速させるだけです。

この時の注意点はテークバックは左グリップを下げてヘッドを上げ、

ダウンはヘッドを上に残して、グリップを落ろす。

ダウンでヘッドの加速はインパクト直前からです。


 横に振るのは、足の役目です。体幹の捻転開放と、

脚で骨盤を回して振ります。

クラブは常に体の正面に維持するので、体が回れば勝手に

クラブも付いて来て横に振られます。体がクラブを連れて来る感じです。

腕を横に振るという行為は、要するに腕とクラブの重さ、重力を

全く無視して、能動的に腕を使っている事です。

手はどうとでも自在に動くので一旦横に振ってしまったら最後、

あらゆる所へいくらでも動かせますから、 再現性はゼロです。


3、体、肩がひらけない。右肩が前に出せません。

だからグリップも、ヘッドもアウトに出せません。

だからグリップの行き先は下しかないのです。

これが普通スイングで出来るかどうかが勝負ですね。



4、下手に無駄な体重移動できないので飛球方向にスウェイできない。

だから頭も残り腕が伸びる。腕さえ伸び切れば嫌でもヘッドは

シャフトを軸に勝手にローテーションします。

そして脚で腕とクラブが振られれば勝手に左股関節に体重移動して行きます。

だから、ターゲットの少し右に打ち出せばドローで打てます。

右肩の出方で腕が伸びきる位置を調節すればフックの程度を調節できます。

良い事ずくめですよ。


 通常のショットに応用するにはスタンスだけ変えて、

あとは上記の事を意識して、全く同じ打ち方をすれば良いのです。

正しい動きを体感できるのですから、再現するだけです。


体感出来ないのは、下半身と骨盤の回転の動き、壁作りですかね。


 通常のショットとシャドーでよーく比べてください。

体が開いて右肩が出て、グリップ、ヘッドがアウトに出ていると

思います。軽いアウトサイドインだとフェードか引っ掛けになります。

出球は必ずターゲットの右に打ち出す練習をして下さい。

まず、アウトサイドイン軌道を直すのが最優先です。

正しいフェードはインサイドインでフェードです。

アウトサイドインのフェードは軽い擦りスライスです。


 自然のローテーションはビハインドザボールで

腕が伸びきらないと起こりません。

スウェイして腕が伸びきらないと手でコネるしかありません。

また、下半身始動で脚で振らないと腕は絶対に伸びきりません

腕で腕を無理に伸ばしても余計にダメです。腕は振られて伸びるのです。

腕が伸び切るからヘッドはローテーションせざるを得ない、

だからスウェイして肘が曲がって伸びきっていない人は

100%コネて打っていると言う事です。

要するに練習場のアマの98%はそうでしょうね。


 脚で振ることの重大さは、スイングの全てに現れます。

腕で振ると下半身が動かず、止まります。

下半身が止まって、上半身だけが回ると腕は前に、アウトに出ます。

腕がアウトに出ると遠心力で腰が前に引っ張り出されます。

腕で振ると必ず体も浮き、グリップが浮き、腕が縮みます。

下半身が止まっているので、上体から左に突っ込んで、スウェイして、

ビハインドザボールも出来ず、腕が伸びず、左肘が曲がり、

後ろに引けます。だから自然なローテーションは絶対に出来ません。

だからコネてインに引っ張り込むしかない。

これらは全て腕で振っていることが大きな原因です。

腕で振っているつもりがなくても、結果がそれを示しています。

腕を使わないとは指先まで伸筋以外は相当な脱力です。



また長くなってしまった。


 夏用Newサングラスが金栄堂さんから到着です。

TALEXの新作のTRUE VIEW FOCUS 偏光 透過率12%

カッチュウ、ハードマルチコート+SWANS GW-3701&3706

TALEX TRUE VIEW FOCUS

濃いので目は見えません。でも、見た目より明るいですね。

OAKLEYの透過率9%をテストしていたら、炎天下で

透過率30%のTRUE VIEW が眩しくて、物足りなくなってきました。

TALEXトゥルービューフォーカス3 中
カッコイイでしょ!


 左はOAKLEY SPLIT JACKETのBlk/SlvrGhostTxt
ブラック・シルバーゴーストテキスト

OAKLEY 純正偏光レンズ +Black Iridium Polarized 透過率 9% 

グレーのミラーです。最近プロでもたまに見ますね。

威圧感はバッチリですが、OAKLEYは夏は蒸れて暑い

比較 中

炎天下の芝生で3日間使って、比較検討結果・・・

OAKLYの得意な濃いレンズでも、TALEXの圧勝ですね

私にはOAKLEY偏光レンズの優位性が1つも見出せませんでした。

だって日本で顔面に銃弾食らう事ってまずないですからね。

ってことは、SPLIT JACKET も STRAIGHT JACKET も

TALEXレンズに入れ換えですね。


 じゃーなんでプロがトーナメントでほぼ全員OAKLEY使ってるかって

・単に片山晋吾プロ以外TALEX 偏光の良さを知らない、

・偏光レンズの見え方が嫌い、

・ツアープロは試合前にOAKLEYはタダで何ぼでももらえるから、

・でもTALEXは残念ながらプロでももらえない、

だからです。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ski_golf さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> まだ理解出来ない点が多く悔しいのですが、

いやー、これは説明するほうが下手なんですよ。
自分でもどうやっているのか分からないか、無意識で気がついていないか、意識と実際が実は違うか、上手く説明できないか、言葉が適切じゃないか、ゴルフって本当に禅問答みたいになる可能性が大きいですよね。

> 腹筋で腕を下方向に引っ張る感覚は爆弾レッスンでした!

ビンゴでしたか!
背筋、腹筋で主に前傾に使うのが腹直筋で、横にねじるのが腹斜筋です。前傾維持で丹田に力を入れろとよく言うのは腹筋前部へそ下部分の腹直筋ですね。体を前に丸める役割です。テークバックからずっと下方向にテンションをかけてオーバースイングのストッパーになっています。同時にダウンでの下への張力ですね。
前傾が起きちゃう人はここの意識が薄いです。要するに下からの腹筋のテンションが低いんですね。するとどこまでもオーバースイングになります。
多分前傾維持維持以上に腹直近を使わない方が多いんでしょうね。
ひょっとしてski_golf さんスキーヤーだから逆に前傾維持は脚や前後バランスで得意だから、あまり腹筋は意識しなかったのかもしれませんね。スキーの前傾はむしろ足首ですからね。

> 今まで横方向の捻転は意識してたつもりですが上下の捻転(引っ張りあう)意識など皆無でした

横が腹斜筋ですね。

> 自然落下体得に一歩前進した気がします
> いつもいつも本当にありがとうございます

良かったです。他の皆さんにも説明した方が良いですね!こちらこそ有り難うございます!!

まだ理解出来ない点が多く悔しいのですが、
腹筋で腕を下方向に引っ張る感覚は爆弾レッスンでした!
今まで横方向の捻転は意識してたつもりですが上下の捻転(引っ張りあう)意識など皆無でした
自然落下体得に一歩前進した気がします
いつもいつも本当にありがとうございます

ski_golfさん Re: タイトルなし

> >自然落下とはクラブの重さを感じれる程脱力
> なんかわかったような!
> アイアンに比べてドライバーは力んでて力で止めてるから待てども待てども落ちてこないのか…

落ちてこない、と言う質問は非常に多いです。しかしその感覚は全くなく、この説明は私も非常に難しく感じています。トップに辿り着いてから「待つ」と言う感覚ではなく、トップに付いた時はもうあちこち伸びきっているので反転準備は既に完了しています。そこで左脚軸移動と右脚アウトサイドからインサイド乗換えで完全にダウンのきっかけになっています。

トップでの捻転、緊張のストレスの強さは強ければ良いのではなく、力みはありません。多くの方はパワーで回転軸を中心に体幹をねじって強力な捻転を作ると言うイメージを持たれるかもしれませんが、そうではなく、記事の写真の様に左サイドとグリップエンドに付いたゴムを伸ばす様な感覚で、それらを体をねじ切る様な力みではなく、ただ伸ばすだけで行います。また、右に回ってくる骨盤に対して脚を外旋、外転させ常に反転の力を加えています。

クラブの上げ方も非常に重要で、もちろん腕で上げますがよく言う「重く感じて上げる」「丹田に力を入れる」「手先で上げない」「起きない、伸び上がらない」等が全て関連しています。どういうことかと言うと重く感じると言う事はグリップが下へ落ちる重さ、下へ引っ張られる力を感じながら上げて行きます。いつでもどこでも重くて、下から引っ張られているので即落ちる感覚です。この感覚は丹田に力を入れ、腕の下側の伸筋だけを使って上げると分かります。丹田に力を入れると腹筋が縮みます。だから前傾が起きず、体が伸び上がリ難くなり、腕を上げると下から引っ張られる感覚が分かると思います。また、腕の上側の屈筋を使って上げると簡単に上に上げ易く、腕を曲げ易いので、容易に力強くトップができます。当然力強い筋肉なので重力など感じられません。伸筋で上げるとそもそも腕の下側の伸ばす筋肉なので、重い腕とクラブを下から持ち上げる感覚になります。また曲げる筋肉でもないのでトップまで重く感じます。

さらに、ドライバーで飛ばそうとするとオーバースイングになってヘッドが垂れるとるとバランス的にヘッド側が重くなるのでグリップを落し難くなります。長さもあるのでドッコイショと引っ張り下ろす作業がワンステップ増えるわけです。

> アイアンでは、ゆっくり足裏軸移動してると、勝手に凄く打ちやすい位置に腕クラブが移動してくれる感じです。
>
> また、軸移動に引っ張られてグリップ位置が飛球方向にほんの少しでも来ると左壁が無くなり脚の出番が終わり手で打つのみとなります…トップまで両肘間隔固定が出来、右脚外側の圧力をしっかり感じられた時のみ、グリップが飛球後方側で待っててくれます。

そうですね。落ちないとそうしても切り返しでの体重移動が大きくまりますね。

> 8Iで脇にグローブ挟み練習を最近よくやっています。距離も一番手くらいしか変わらないようになりました。ここに脱力意識を取り込み練習していこうと思います。ありがとうございました?

> 母子球蹴りは…外旋出来ませんか?違和感無く出来ちゃいますなんか違うのかな…質問した理由は右足親指付け根が最近少し痛くて…指立てるようにしようかと思いました。

右脚を蹴る時、足と脚の外旋、股関節の外転、膝と足首の伸展、股関節の伸展があります。股関節の伸展は、股関節を体の後ろ側に伸ばす動きで体の後ろ踵側に蹴るのです。そうするとアキレス腱が伸びるような蹴り方になり踵が浮きません。一般的には右足拇指球で蹴るか、インサイドエッヂで蹴るかと言う議論では、拇指球蹴りは内旋してスピンしやすいので良くない言われますよね。私はなるべく足裏全体を地面から離さないように維持したいですね。そういう意味で意識の問題ですね。ただ、インパクト以降、今度は逆にフィニッシュに向けて右脚裏は積極的にめくっていくので爪先立ちになります。これが原因でドライバーで大量に打つと痛くなりますが、それは仕方がないですよね。そうじゃないですか?

>自然落下とはクラブの重さを感じれる程脱力
なんかわかったような!
アイアンに比べてドライバーは力んでて力で止めてるから待てども待てども落ちてこないのか…

アイアンでは、ゆっくり足裏軸移動してると、勝手に凄く打ちやすい位置に腕クラブが移動してくれる感じです。

また、軸移動に引っ張られてグリップ位置が飛球方向にほんの少しでも来ると左壁が無くなり脚の出番が終わり手で打つのみとなります…トップまで両肘間隔固定が出来、右脚外側の圧力をしっかり感じられた時のみ、グリップが飛球後方側で待っててくれます。

8Iで脇にグローブ挟み練習を最近よくやっています。距離も一番手くらいしか変わらないようになりました。ここに脱力意識を取り込み練習していこうと思います。ありがとうございました?

母子球蹴りは…外旋出来ませんか?違和感無く出来ちゃいますなんか違うのかな…質問した理由は右足親指付け根が最近少し痛くて…指立てるようにしようかと思いました。

かみちゃん さん Re: タイトルなし

こんばんは!!

> 下半身始動。これができない。。。軸の移動だけ、と思って、左ひざを意識する程度のつもりですが、腰が少し開きます。それならとおもいっきり意識して開かないと、左に少しスウェー(移動)します。これをがまんして続けることが良いのでしょうか?

丁度その回答は先程のski_golf さんへの回答とほぼ同じ内容ですね。
下半身始動のきっかけは左足の軸移動とそれに伴う体重移動ですが、これは単なるきっかけです。脚で振る動力は捻転のタメとむしろ強力にためて蹴る右脚です。左足は受け止める左壁とインパクト伸展するだけです。

左股関節への体重移動だけを動力としなければならないと言う事は、捻転、ストレスがかなり足りないと言うことで、切り返しで一気に体重移動し捻転開放する事になります。ガバッと開いて、ドーンとスウェイしてインパクトはるか手前のHWDでタメもコックも全て開放してパワーで尽くしで終ってしまいますよ(笑

スイングはHWDからです。それまでは大人しく溜め込んでプレーンに乗せて我慢します。

ski_golf さん Re: 自然落下

こんばんは!!

> 自然落下待ちゆったりスイング練習をしていて感じたのですが、アイアンと違いドライバーが上手く待てません。
> 軽さの為に手で上げてしまい、バックスイングでハリが足りてない為、自然落下待ちがしづらいのではと考えています。
> ご指導お願い致します。

トップが来てから、さあ切り返しではなく、トップのずっと前に捻転が溜り、切り返しが既に始まっています。特に右脚の外旋、移転圧力による反作用では既に振る体勢に入っています。また、腹斜筋、広背筋の伸展、左脚のがに股、外旋、十分に左肩を入れてストレスをかけています。下半身リードは一般的には左脚の踏み込みや、左への体重移動だけだと思われがちですが、右脚の方が見えない形で強いと思います。

例えばビジェガスのコンパクトなトップですが、コンパクトなトップで腕を止めているのではなく、切り返しのストレス、張りが強烈に強いので捻転維持の限界点が早い為、トップが低い所で限界を向かえ、発射している訳です。強い下半身リードの切り返しで振っているということです。

ですから、左股関節への軸移動と体重移動だけが下半身リードではなく、単なるきっかけです。捻転のストレスが足りないと、大きく一気に体重移動しないと切り返せません。すると大きくスウェイし、捻転も一気に全て開放されてしまいます。

自然落下、重力落下は、重力のみで自然に落ちてくるのを単に待つ受動的なものではなく、限界点=トップで既に出来上がった時に、落下の初期段階はプレーンに乗せる為に大人しく切り返したいからクラブと腕の重さを感じられるほど脱力すべきと言う意味合いですね。

イメージとしてトップで一気に負荷をかけないことです。トップではループさせるようなイメージで落下させます。出来るだけ負荷をかけないのです。今までトップで一気に負荷をかけていた方にとっては、その負荷を一瞬遅らせて、HWDで切り返すイメージにするのです。
だから、「いーち」でトップ、「に」で一気に切り返しで捻転開放ではなく、「いーーち」で何事もなくトップを通り過ぎてHWD手前まで達し、「に」でHWDが今までの「トップ」に相当し、そこで切り返し、一気に捻転開放するという感じです。

ドライバーが最も軽いからでしょうね。ループを描いて落ちてきた所で負荷をかけていく練習をすると落せますよ。

> 別件で…HWDから右足の蹴りを行う時に右足の指(特に親指)は、
> 上に上げますか(母子球で押す)?
> 地面を掴みますか?

足を外旋して爪先を外側にねじりながら+外に移転して蹴る+上に伸展+後ろに伸展して蹴るので、足裏全体で地面をねじって鷲づかみですね。拇指球ターンはスピンで内旋になりますので右膝、右サイドが前に出易くなりマズイですね。

説明が難しいですがいかがでしょうか?

下半身始動。これができない。。。軸の移動だけ、と思って、左ひざを意識する程度のつもりですが、腰が少し開きます。それならとおもいっきり意識して開かないと、左に少しスウェー(移動)します。これをがまんして続けることが良いのでしょうか?

自然落下

本文とは関係無い話で恐縮なのですが質問させて下さい。

自然落下待ちゆったりスイング練習をしていて感じたのですが、アイアンと違いドライバーが上手く待てません。
軽さの為に手で上げてしまい、バックスイングでハリが足りてない為、自然落下待ちがしづらいのではと考えています。
ご指導お願い致します。

別件で…HWDから右足の蹴りを行う時に右足の指(特に親指)は、
上に上げますか(母子球で押す)?
地面を掴みますか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR