ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「切り返し」のイメージを変える


 落すためには、力む程力は必要じゃないですが捻転は必要です。

トップはグリップの高さの頂点ではなく、耐えうる捻転の

限界点です。

当然それなりにテークバックは張りがあるべきで、

多少きつくなかったらトップじゃないです。

くれぐれもあちこち力むほどではないですが。

テークバックで右サイドで引いて、左サイド緩めて楽していたら

捻転なんか出来ません。

 ダウン開始後もまだ写真の様に肩を開かず、赤線の様に

捻転を維持し、コックを維持しないと。

逆行
 
 
 また、トップに来てから「切り返す」のではなく、

実質トップの前に既に「切り返し」ています。

左脚、右脚、体幹で、ジワ―――っと圧力かけて切り返しています。

だから腕ではなくトップでクラブが受動的に止まり、

トップでシャフトがしなります。

いわゆる「トップしなり」です。

腕でトップの形だけ作ると、「トップしなり」は絶対に出来ません。


だから脚でスイングしないと「自然落下」も「重力落下」も出来ません。

トップしなりができるスイングなら、

腕で引っ張り下ろさなくても勝手に落下するのです。

そのずっと前に準備が終っているからです。


 確実に誤解を招く「切り返し」って言葉なんか

要らん気がします。邪魔くさい。


多くのアマがやっている「切り返し」って、急激で、過激で、

力む、非常に危険なイメージですよね。

大体こんな感じですよね。

トップで手を止めた瞬間、ズドーンと一気に左にバンプして、

100%体重移動。同時にズバーンと思いっきり肩全開、

おまけに、渾身の力で親指、手首、腕で一気にコック解放

HWDまで超高速で加速するが瞬時に全パワー出尽くし

右足前で既に息切れ状態・・・・。


 左脚の軸移動とそれに伴う体重移動は、単なる「ダウンのきっかけ」

であり、本当の「切り返し」じゃない・・・

切り返しの全てではない・・・

一般の切り返しのイメージとは異なるもの・・・・

・・・やっぱり言葉の定義や、レッスン書での使われ方の統一性が

おかしいんですよね。




 それはさておいて、 

普通のアマの「切り返し」の過激な体重移動、体の横回転開始の

イメージは、実はHWDからのスイングと全く等しいです。


だから、いままでのトップでの過激な「切り返し」のイメージを

そのままHWDに移動させれば、とりあえず全て丸く治まるかと

思われますが、いかがでしょうか

こんな感じで。

私はこの「トップでループのイメージ」で落せるようになりました。

ホントにループしたらまずいのですが、過激な負荷をかけず

「丸く切り返す」様なイメージです。

切り返しの移動3

 うーん、

単にヘッドの反転の現象を「切り返し」と勝手に定義すべきか

ヘッドを停止させるための前段階の動作か 

ダウンのきっかけの動作か

結局、毎回文章で説明すべき・・・・か、やっぱりね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

相変わらずお忙しそうですね。
過去記事を参考に色々と勉強させて頂いています。

先日、ビリケンさんと練習場にビリケンさん(藤本くん)が来て前後で練習する機会がありました。

練習をみていて気づくことがありました。
彼のプレショットルティーンでハーフウェイバックまで大きいワッグルをしますが、彼にとってはそこがトップのイメージで練習しているように感じました。
そこから、フィニッシュまで一気に振り抜く練習をされていました。
上記の切り返しのイメージ図は、ヘッドの動きを表していると思いますが、グリップの位置はハーフスウィングをするつもりでも、トップは良い位置に。
つまり、コンパクトなトップになり、弾道も良い感じ。
打ち急ぎになったりでミスショットも多く、未だ未だリズムをつかむことは出来ませんが、このまま練習を続けようと思ってます。
どうでしょう!?

NAO さん Re: 切り返しのイメージ

こんんちは!!

> ゴルキチさん、右ももぶっさしイメージの解説ありがとうございました。やはり最後は自分の感覚が大事ですね。ここではそのヒントをもらおうと思っております。いつも感謝感謝です。
> さて、切り返しのイメージをHWD手前に設定し、そこまでを始動から一筆書きのように「い~ち」ともってくるの、いいなと思ったんですが、いざやってみようと思ったら、滑らかにできず(通常のトップからHWDに行く際等通常のトップの位置でとまってしまう)、さらに
> 「い~ち」から「に~」の移行も滑らかにできず(とまってしまう)
> 「かくっかくっ」と細切れ二段モーションのようになってしまいます。どうすればなめらかにできますでしょうか?あたるさんも読まれていたら教えてください。。。

上体、腕に力みなく、滑らかなイメージですが実際止まっても仕方ないですよ。ただ、切り返しでの過度な体重移動や力みがあると滑らかさはなくなりますよね。
コツはJフューリックは極端ですが、あのようにループさせると止まらないですよ。それが良い訳ではなく、まずそれでコツを覚えると簡単かもしれませんよ。

それから、H/Sの最高速をずっと先に設定することです。低いフォローで球を押す意識を持つことですね。インパクトで叩く意識があるとHWDまで絶対に我慢できません。これは非常に難しい意識変革です。

以上のために重要なのは、
① 腰から上の上体ではなく、股関節から下の右脚の捻転(肩が開きにくい、上体が力まない。ビデオの右脚の外旋を使うと良いです。)
② 肩甲骨のスライド(肩甲骨を肋骨からはがして独立させて使う意識)
がキーだと思います。
「下半身で打つ」と言うと殆どの方は下半身を余計に動かすように考えてしまうと思います。そうではなく、下半身に捻転をためるのです。そうすれば見かけは逆に動きません。

切り返しのイメージ

ゴルキチさん、右ももぶっさしイメージの解説ありがとうございました。やはり最後は自分の感覚が大事ですね。ここではそのヒントをもらおうと思っております。いつも感謝感謝です。
さて、切り返しのイメージをHWD手前に設定し、そこまでを始動から一筆書きのように「い~ち」ともってくるの、いいなと思ったんですが、いざやってみようと思ったら、滑らかにできず(通常のトップからHWDに行く際等通常のトップの位置でとまってしまう)、さらに
「い~ち」から「に~」の移行も滑らかにできず(とまってしまう)
「かくっかくっ」と細切れ二段モーションのようになってしまいます。どうすればなめらかにできますでしょうか?あたるさんも読まれていたら教えてください。。。

24 さん Re: タイトルなし

24さんこんばんは!!

> 動画の編集はどのようなソフトを使っているのでしょうか?

Vista付属のWindows Live ムービー メーカーですよ。
最低限の機能しかないですが意外に使い易いです。
写真や画像もwindows付属のペイントです(笑

描画ソフトはもう少し凝ったソフトが欲しいですねー。

このイメージ大切にして頑張ります!!
ありがとうございました。

チョンホ さん Re: お世話になっております

こんいちは!!

> 以前にも一度コメントさせていただいた者です。こんにちは。
> トップでループのイメージこれで本日練習しました。このイメージですね!!

これは合う方にとってはピッタリ来るんですよね!!スムーズに切り返してダウンでも捻転をそのまま維持で切るんですね。丁寧にプレーンに乗せ、タメを維持する余裕が出来ます。
ski_golf さんにも説明しましたが、左への軸移動によるきっかけだけでなく、腹直近で下に引っ張ってダウンすると、腕を使わない重力落下を感じられると思います。また、腕の屈筋を使わないで伸筋だけ使うこともクラブと腕の重さを感じられますよ。

> ありがとうございました。ヘッドがよく走り力強い、いい玉が打てていました。これからも勉強させてください。よろしくお願いします。

そうですか!!良かったです。

ご丁寧にコメント大変有り難うございます!!
こういうレスポンスが大変ありがたいです。
こちらこそ参考になります。有り難うございます。
またコメントも待ちしていますね!!

動画の編集はどのようなソフトを使っているのでしょうか?

やっと。。判った気がします。

こんばんは♪

この「ループ」のイメージは過去にもご指導されていらっしゃいましたよね。
「頭」では判っていても、「イーーチィ」でここまで持って来てから振るスイングを何度か試してみたのですが、上手くいきませんでした。

下手糞ながら、同じ悩みの方に役立てればと思い、ちょっと勇気を出して解決した方法を書かせてください。
私はこの「イーーチィ」で下ろす時に「トップのグリップの位置」をそのまま真下に落としていました。
判りやすく???書きますと、トップで右ヒジが「出前持ち」になっている角度をそのままキープして、右ひじを真下に下ろす。
右ヒジは真下を向いているのですが、その右ひじを真下に下ろして脇を締める。。。と言ったら判りやすいでしょうか?

でも、これだと。。どーしても上手くいかないのです。
何で??何で??悩みました。答えは出ませんでした。その内、この「ループ」のイメージも忘れて打っていました。

が!!!

ところがです。なははは。にゃはっはは。なんです。

ゴルキチさんから「ピンクライン」に力のベクトルを出す事を教えて頂きました。(今月です)
↑上のスケッチでも「赤線」がグリップだとしたら、切り返し後に一度逆方向に動いています。飛球線後方です。
私はこの「赤線」が「真下に」落ちていましたし、現にその様に振っていたと思います。

そして意識したのは「ピンクライン」だけです。(爆)
無謀にも。。この感覚を一度だけ試してコンペでやってみて良い??ですか?とゴルキチさんに質問したら。。
>無謀です(爆)
と言われました。(笑)

そして、コンペ。。
いつも通り?に振ったら。。ヒッカケ。。
2H目から腹を決め、「ピンクライン」振りに挑戦。
もう、ビックリです♪
残る13回の1Wはミスショットと言えるのは3回で、残り10回はフェアウェーに真っ直ぐなんです。
しかも。。飛距離がめっちゃ伸びてるんです。急な打ち上げでランも期待できないとこでも220Y。平坦なら250Y~260Y。若干の打ち下ろしは何と294Y。。。(全てにおいていつもより20yは伸びています)
(全てショットナビでの計測です)

同伴者の一回り年下の飛ばし屋のお兄さんを何度もオーバードライブ(彼は前夜3時まで飲んでいたので。。。本調子では無いかも。。笑)
こんなこと。。。
私の20年以上に渡るゴルフ経験上、初めてです。
打ってる本人もビックリですが、同伴者もビックリです。。(でも。。とっても。。うれぴぃです。)

考えられることは。。。
タダ一つ「ピンクライン」のみです。
トップから真下に下ろさないで、飛球線逆方向にグリップを押し出す意識のみです。
それ以外は余計な事は考える余裕も無く。。敢えて言うならば、頭は絶対動かさないくらいです。
(一応、過去において背面打ちとかは練習てましたが。。)

ゴルキチさんご指導のループの「赤線」をなぞる意識だけです。

ゴゴゴッゴッツルキチィィさーーーーん。♪
ありがとうございます。。。
もう涙・涙・涙もんですよぉぉ。(泣)

大変。。。長くて申し訳ございません。
ただ、同じ悩みで、皆様が必死で出口を探されているヒントになればと思い書かせて頂きました。すいません。

余りにもフェアウェーに球があり、ロングではアイアインでセカンドが狙える距離にあるもんで。。。
「欲」がモロでてしまい。。。
さらに3パット・4パットも出して80台後半と情けないスコアーで終わってしまいました。。。泣

PS:実は。。。もう一つ無謀なことをしておりました。。。
4年間使っていましたバーナーTP(USモデル)なのですが、4日前に届いたR11ーTP(USモデル)でいきなりデビュー。(ホント。無謀ですね。20球打っただけですから)
スイングより、クラブのせいもあるのかな??と。。カチャカチャ系は全てノーマルです。
まぐれかもしれませんが。。。

いや。きっと。。。

まぐれ。。。だったのかと。。。

そうだよ。。

まぐれだったんだよ。。。(悪魔の囁き)。。。。泣

お世話になっております

以前にも一度コメントさせていただいた者です。こんにちは。
トップでループのイメージこれで本日練習しました。このイメージですね!!
ありがとうございました。ヘッドがよく走り力強い、いい玉が打てていました。これからも勉強させてください。よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR