ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

縦コックと横コック Vol.2

 前回の縦コックと横コックのビデオの第2弾です。

縦コックの方法と目安をビデオで紹介します。

多くの方はヘッド軌道ばかり気にして

ひたすらヘッドをインサイドアウトもしくは

インサイドインに振る事を最優先して、

グリップの軌道を殆ど考慮していません。


このビデオでヘッドではなくグリップをインサイドアウトイメージ

に振ることが重要だと分かると思います。

グリップが適切な軌道で、タメができれば必然的にヘッドは

想像よりも、かなりストレートに近く振られる事が分かると思います。

グリップは体に近く、ヘッドは飛球線上を直線的に振る事が秘訣です。

その中でヘッドは、ほぼシャフトを軸にローテーションしていきます。



 右足前まで脚と体幹で低く真っ直ぐ引いた後、

コックと体幹の回転を同調させてHWB直前まで

「自分から見て飛球線上」に上げて行きます。

飛球線という簡単な目安に沿って上げるので

ビデオで撮らなくても良いので練習は簡単です。


直ぐにさっと上げられるようになります。

HWBが中継点での目安です。

そして終点のトップの形が決まっていれば

おのずとプレーンは決まります。


その為に、左肩をしっかり入れた、右腕の形が決まった

トップの形をしっかり記憶しておかないと

プレーンも再現性がなくなります。



 また、問題は下半身での骨盤の動かし方ですが、

これは、今試行錯誤してビデオを撮っていますので

近いうちに紹介します。

骨盤の動きを感じ取れないと、脚と体幹を上手く使うことは

出来ません。要するに、下半身リードとは左右の股関節間で

骨盤をスムーズに動かし、制御する事なのですから。


 これまでお話した右脚外旋、外転、左脚外転等で骨盤を動かし、

同時に体幹と腕による縦コックを調和させてプレーンに乗せます。

また、上体が開かず、かつスウェイしない切り返し方法についても

ビデオを撮って紹介していきます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

トップでためて右足グサグサ動画

ゴルキチ様

いつも参考にさせて頂いております。スコットランドに仕事で現在滞在しているのを機に、ゴルフを初めて早くも2年が経ちますが、なかなか思うような球が打てず、このブログに行きつきました。文章だけだと、途中からイメージできない動きも多く、まだまだゴルキチ様のおっしゃっていることが全て理解できているとは到底思えませんが、こうして動画にして頂いたことで、テークバックの動きがよくわかりました。ゴルフの聖地と言われるセントアンドリュースのコーチに習っていますが、ゴルキチ様のアドバイスのほうが、遥かにタメになる気がします(笑)

実は、この動画の最後に「トップでためて右足グサグサ動画」という何とも魅力的な動画が登場すると聞き及んでから、ずいぶん待ち望んでおります。大変お忙しいと存じますが、是非、アップして頂けるのを楽しみにしております。

Tim さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> よく分かりました。基本、今僕の教科書はこのブログです。

有り難うございます。そう言われると最近責任も感じます(笑 
ゴルファーにとってスコア、飛距離等は本当に切実な問題ですからね!!
スイングは本当に人それぞれなのでレッスンも必ず一長一短あります。良いレッスンでも一度はスイングがぶっ壊れることも日常茶飯事ですよね。冷たいようでも最後は本人が取捨選択するしかないですよね。

> 確かに腕の部分は本見ながら再現してみると力みます。

腕を使うなと良く言いますが、腕に意識が行くと必ず下半身が疎かになります。これはプロでも誰でもそうです。間井谷プロのルーティーンは(彼が実際何を考えているか聞いていませんが)明らかに、下半身の体重移動のルーティーンですよね。手だけならワッグルでも良いんですから。彼はわざわざ脚を使って、股関節間で骨盤を動かして大きく振っています。あのルーティーンはドラコンでも有名ですが良いですよね。

> 目からウロコも?と思う部分もありますね。
> 「~は~だ!」みたいな表現多いですね(笑)

目からうろこがいっぱいあるでしょ?吉田プロと一緒に読むと相乗効果があると思います。
腕も上手く解釈すれば、良い点も山程あるのですが下半身をしっかり使えた上でまねしないとやばい事になる可能性も高いですよね。

> ゴルキチさんのブログの過去記事も確認しながら見ていこうと思います。

昔のは表現がまだ下手で変なのもあると思うので気をつけてくださいね。意味不明なのは質問下さい!

ナナシさん Re: タイトルなし

こんにちは!!
はじめまして。
コメントありがとうございます!!

> >Forward Swing 前方に振ること、
> HWBって言葉は知っていましたが意味までは知りませんでした。

書くのが大変なので省略してました。ゴメンナサイね。

> HWBから前に振ればいいんですね!
> ゴルキチさんのループのイメージにつながりました。
> トップからではないんですね。

位置は理想はHWB=HWDです。厳密にはテークバック時がHWBでダウン時、フォワードスイング時がHWDハーフウェイダウンですね。
ここで言う「振る」は=「本格的に体全体で振る」「コックを開放してタメを全て開放して、右足を蹴る」という意味を込めています。
このブログのオタクたちの間では。
実際の少し前の左腕が水平になる頃でしょうね。
HWDの時はシャフト水平なのでシャフトと腕の角度は90度を超えてコックがリリースし始めた状態です市、そこまで我慢できないでしょう。
少し難しくなりますが、トップから腕が水平までグリップが飛球方向と反対に進みます。その後、飛球方向に方向転換します。
この時体の入れ替えが起きます。その時に体が大きく動きます。トップからの切り返しとまた別の切り返しみたいなイメージですね。
この辺の動きもまた紹介しますね。

>Forward Swing 前方に振ること、

HWBって言葉は知っていましたが意味までは知りませんでした。
HWBから前に振ればいいんですね!
ゴルキチさんのループのイメージにつながりました。
トップからではないんですね。

よく分かりました。基本、今僕の教科書はこのブログです。
確かに腕の部分は本見ながら再現してみると力みます。
目からウロコも?と思う部分もありますね。
「~は~だ!」みたいな表現多いですね(笑)
ゴルキチさんのブログの過去記事も確認しながら見ていこうと思います。
ありがとうございました。

Tim さん Re: Z理論

おはようございます!!

> ご返信ありがとうございました。右肘下切断イメージも記事にして頂き恐縮です。よく分かりました。
> この目線動画は激しく良いですね。縦のコックも再確認出来ました。「ヘッドアウト・グリップインサイド」はまた良い言葉を頂きました。イメージし易いです。

ダウンで右手が上でライ角維持して、この形が出来ると良いですね。

> 以前はアンダーで煽り打ちでした。アイアンが当たらなくなってやっと気付きましたね。まだまだですがブログを拝見したのをきっかけに修正に取り組みましたが、なかなか大変でした。(というか継続中です。)

そのうち自然に出来て無意識になり、いつの間にか当たり前になりますよ!

> 今、Z理論読んでますが、「左腕の絞り」をするとバックスイングが左脇が空いてインに入りそうなのと「突き」のイメージだと右腕がインパクトで伸びてしまいそうです。真似しない方がいいと言われたのはこの辺でしょうか?

まず、おそらく同じ様な事を皆やっていると思います。しかし、表現やイメージによって非常に危険な動きを伴ってしまう事が多いです。それを恐れています。

普通雑巾を絞ると腕を力みますよね。しかも屈筋で。これはゴルフでは最悪です。そういう表現を使うこと自体疑問に思います。プロ同士の会話なら良いですよ。注意事項が分かっていますから。
それに絞ると普通肘が外を向きます。これもまずいですよね。
絞ると言わなくても、伸筋で肘間隔を締めろと言えば済むように思います。ちょっとZ打法の腕の部分はもう昔読んだので忘れてしまいましたが。

突きは、結果的に突きに近い動きになります。あくまで結果が似てるのです。
確か一瞬の突きでしたよね。
う~ん。
これもプロの動きかなあ。
確かに「タメてインパクトでパワーを集中」が「突き」に近い動きとも言えると思いますが、過激な言葉もゴルフでは確実にまずいと思います。

たしかに、Z打法の理論自体斬新で、本ではあえて型破りに過激な言い方をしているんですよね。
目からうろこの部分は山程あるんですが、腕の意識は後回しで良いと思いますよ。腕に意識が行くと必ず腕と上体が力んで重心が上に行きますから。

Z理論

ゴルキチさん、おはようございます。
ご返信ありがとうございました。右肘下切断イメージも記事にして頂き恐縮です。よく分かりました。
この目線動画は激しく良いですね。縦のコックも再確認出来ました。「ヘッドアウト・グリップインサイド」はまた良い言葉を頂きました。イメージし易いです。以前はアンダーで煽り打ちでした。アイアンが当たらなくなってやっと気付きましたね。まだまだですがブログを拝見したのをきっかけに修正に取り組みましたが、なかなか大変でした。(というか継続中です。)
今、Z理論読んでますが、「左腕の絞り」をするとバックスイングが左脇が空いてインに入りそうなのと「突き」のイメージだと右腕がインパクトで伸びてしまいそうです。真似しない方がいいと言われたのはこの辺でしょうか?

素人さん Re: タイトルなし

おはようございます!!
コメント有り難うございます。

> HHWBって何の略か教えてください。

あれ?どっかでHHWBて書きましたかね?
ゴルフには面倒は用語が沢山ありますよ(笑
HWB ハーフウェイバックです。Halfway Back Position (または Point)の略でテークバックの途中のシャフトが飛球線と平行で、水平になる位置を言います。スイングプレーンの良否の途中経過での重要な目安になります。
英語では takeaway(=taka the club back) to halfway back position 等と言います。

ダウンの時はHWD=Halfway Downです。同じくフォローでは日本語では私はHWF ハーフウェイフォファードとも言います。Half Way of the Forward Swing の略ですが、殆どハーフウェイフォファードとは聞かないですね。Forward Swing 前方に振ること、でダウンからフォローを指します。Back Swing に対する言葉ですね。英語では、At the halfway point of the forward swing the golf club should again be parallel to the ground and pointing down the target line. 等と言います。「フォワードスイングの途中ではクラブは再度地面とターゲットラインに対して平行になる。」ですね。
日本語で良く言う飛球線は英語ではターゲットラインと言います。

> あと簡単だと言ってる飛球線上も具体的に書いてくれるとうれしいです。

アドレスでのボールの位置とターゲットを直線で結んで、飛球後方まで延長したラインです。ターゲットラインです。

ゴルフレッスンって言葉もマニアックで、内容も禅問答みたいなものが多いですよね(笑
それでも意味が通じるってとこが凄いですよね。お互いに誤解も確かに多いですが(笑
殆どオタクの世界です(笑

HHWBって何の略か教えてください。
あと簡単だと言ってる飛球線上も具体的に書いてくれるとうれしいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR