ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テコを応用した「ゴルキチ・カウンター・バランス・スイング」2

 ググっても出てこないので勝手に命名します。

これが「ゴルキチ・スペシャル・カウンター・バランス・スイング」

です・・・・・(ドラゴンボールのゴテンクスの技みたいでチョダサい?確かに)

商標登録しようかな 中国版新幹線みたいに

今日は、「カウンター・バランス・スイング」のパターでの練習方法です。


 「カウンター・バランス・スイング」はテコの応用です。

左右のグリップもテコ、左グリップ内もテコ、スイングもテコですね。

テコなら全然少ない力で済み、それゆえ精度も反復性も増します。

また、スイングの動力源の力点と、エイミング(狙う事)だけの作用点を

明確に分離、独立、管理することが可能です。

要するに、指、手首、腕、肩をスイング動力源として不必要に動かす事で、

自ら精度を落す必要性がないのです。

そして、最も重要な事は軸回転スイングで最も困難な

「回転軸の維持」など必要ないのです。

3次元スイングの「回転軸」が消え、限りなく2次元に近い平面的な

スイングになり「回転軸」の代わりに「支点」が存在します。

「支点」は単なる平面上でのですから、それをイメージ、維持

する事は「回転軸」より遥かに容易です。

回転ではないのでインサイドイン軌道ではなく、ほぼ直線軌道で、

飛球線と平行に振ることが可能です。


 要するに今までずっと言ってきた、「スイングは直線」が、

「カウンター・バランス・スイング」によって説明できると思います。



1、まず簡単なパターでの体感方法と練習方法

 テコではスイングの動力源が「力点」です。実際にはパターの延長線と

「支点」は見えませんがイメージして固定します。

「支点」以下の「作用点」は決して能動的には動かさず

ひたすらエイミングだけに専念します。

カウンターバランススイング3

 まず、みぞおち辺りの支点を意識しながら、力点の頭を左右に

動かすことでテコの原理の応用で腕・肩の▽パターを振ります。

肩と腕は全く使わず、三角形とパター、上体は一体化したまま振られます。

実際のパターではこの絵ほど大きく振りませんので

頭を少し動かすだけでヘッドは大きく動く事が分かると思います。

肩を一切水平に横回転せず=肩を開閉しないで

肩のラインさえ終始飛球線と平行ならば


飛球線と平行、かつ直線的に振る事が可能になります。


 頭が動いても両膝と尾骶骨の三角形は出来る範囲で固定します。

骨盤は上体の動きと共に左右の股関節間で滑らかに体重移動します。

しかし、外部から見えない程度に滑らかに、静かに動きます。


パターでは手首固定、▽固定なのでグリップはしっかり握ります。

グリップ上面の両親指をしっかり押さえて「飛球線と平行」

を意識して狙えば芯を外してもフェース面もぶれず、

また、被ったり開いたりし難いです。

パターでもゆるゆるグリップは???ですね。


常識ですが右手首の角度は死んでも絶対に変えない様に気をつけます。

それでも変わる人は逆ハンドのクロスハンドグリップにします。

すると今まで手首がグラグラ動いて、スナップで打っていた事が

良く分かります。アマは普通に打てばそうなりますが。

クロスハンドは意外に早く慣れます。

逆ハンドでも右手で距離感をイメージすればショートパットも

(スイング動力はあくまで力点ですが)大丈夫です。

練習だけでも手首固定の要領を十分に体感できます。


 スタンスは狭目でグリップを低くして、頭とヘッドが引き合う

感じの方がカウンターがやり易いかと思います。

今まで背骨の回転軸を意識して肩を回していた方は、

インサイドインの軌道が直線になる事が良く分かると思います。

変なヒッカケ、押し出しが大幅に減ります。

軸回転のスイングが非合理的である事が体感できると思います。


2、実践パタースイングへの応用

 1で要領を覚えたら、実際のパターのスイングです。

徐々に「支点」を上に上げて行きます。最終的に「みぞおち辺り」から

「首の付け根」まで上げます。すると今までの「力点」の頭が固定され

「力点」が「支点」の下側で「作用点」の間に移動します。

ここで重要な事は、意識する「力点」は図の緑色の2箇所です。

1、側筋の腹斜筋、背筋の特に背筋の上下の収縮イメージ

2、骨盤の動きによる股関節間での体重移動
 です。

この時、骨盤は左右に動くのではなく左右で上下に切れ上がる様に動きます。

だから、外見上お尻は微動たりしなくても内部では骨盤は左右の股関節で

切れ上がる様に上下しているのです。

この動きはショットで非常に重要になります。

難しそうですが、実はイメージするだけで頭を止めていけば

自然に体がそう動くことが分かると思います。自然な動きなのです。

腹斜筋も使いますが、緑色の辺りの背筋を伸縮させて

肩を上下させるイメージを持つとやり易いです。

カウンターバランス 5

 私が「背筋で振る」と言ったのはこういう理由です。

実は側筋、体幹筋は横の伸縮より縦の伸縮の動きの方が

遥かに大事なんです。

スイングが回転運動だとするとトップでは左腹斜筋が横に伸び、

右腹斜筋は縮むと考えがちです。

しかし、「カウンター・バランス・スイング」の直線運動だと

体幹筋の動きは右側筋が伸び、左側筋が縮むと言う、

全く正反対の認識が起きるのです。

当然そうなると筋肉の使い方も大きく変わるはずです。



 ついでですが肩はもちろん水平回転などではなく、

かなり縦に回ります。左肩は顎の真下に入ります。

下に入った左肩があごを邪魔したり、上に持ち上げたりしません。

と言う事は、普通のアマはテークバックで左肩が全然高すぎる。

全部浮いてると言う事ですね。

もちろん前傾の浅過ぎもありますが、過去の右肩下がり

対症療法レッスンでの「肩は水平回転」の名残でしょうね。

 
 背筋を縦に使うイメージなら、縦のスイング、自然落下、重力落下が

容易にイメージできます。 トップからいきなり横回転で

肩が開くアウトサイドイン軌道も大幅に減るでしょう。

骨格の構造上、人体に合わない無理な回転運動でなくなるので

土台が遥かに安定します。


この時も両膝と尾骶骨の3点は出来る範囲で徐々に固定していきます。


 もう1つの力点、骨盤の左右での切れ上がりの動きによる

股関節間での体重移動です。

骨盤は上体の土台で完全に繋がっていますので、

スイングの大きな原動力となり、上体の動きをスムーズにします。

パターではパワーが要らないので下半身は完全に固定ですが、

ショットではこれにフットワークが加わり骨盤を能動的に

動かす事が可能です。

その動かし方が重要なキーになりますが。


 カウンターバランスはヘッドの進行方向と反対側に上体の重心

を移動する
ことで、強力な遠心力に対抗してバランスを取りつつ、

テコの力を利用してパワーをフル活用します。

部分的には、かなりハンマー投げに近いです。


ただ、ショットではパターと違ってヘッドの進行方向は

ヘッドがHWBの9時、トップ、HWDの9時、HWFの3時を過ぎると

同時に飛球方向と飛球後方とで正反対に逆転します。

そこで上体の重心を移しつつ、蹴りも入るので、

上記のパター練習より場面場面では遥かに上半身と下半身が

複雑な動きになってきます
が、基本は分かると思います。

そして、プロのスイングを見る視点が変わってきます。

プロのパッティングもよーく見ると実は肩の上下動や軸回転ではなく、

多かれ少なかれカウンターで打っている様に見えてくるでしょう。

左肩が開いて、頭が球を追っかけるプロなど見た事がないです。

また、ショットでの応用は今後説明していきます。

  
 ちなみに私はパターのライ角を思いっきり立ててライ角75度に

しています。

カウンターバランスで平面で直線的に振っているからです。

自分のライ角の適性は店頭でもヘッドの後ろから携帯でビデオ撮影

すると、3発撮るだけでも明らかに分かります。

オリジナルでスクエアに打てる方が珍しいいでしょうね。

ロフトが立っているので変わらない、と言われますが

実際は結構変わります。パターは要求する精度が高いですから。


 私のスコッティ・キャメロン・スタジオ・セレクトの

オリジナルのライ角は71度です。

素材は303ソフトステンレスで軟鉄ではないので折れ易く、

量販店のクラフトではライ角調整は受け付けてくれません。

ですから、硬い素材は腕の良い有名な個人のクラフトマンで

数回の調整だけにしないと、ひびが入りますので

自己責任でお願いします。

なお、普通のステンレスは無理ですので買う時に注意が必要です。


 規制では最大80度まで立てられます。

長尺は長いので限度いっぱいの80度が殆どです。

だから、長尺は縦に振れるので方向性では非常に有利なのですが

いかんせん長くて重すぎて距離感がかなり難しいですね。


 また、やたら長くなってしまった・・・。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

改造 さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> ラウンドしてきました。
> 凄いです! 
> ゴルキチ・スペシャル・カウンター・バランス・スイング! パター編!
> (・・長っ! 笑)
> パターがいつもとは全く違いました。
> グリーンは速くてうねっている難しいコースでしたが、面白いように上手く打てました。難無く真っ直ぐストロークされます。皆さんもお試しあれ!

そうですか!!良かったです。やっぱり、ドライバーの飛ばしより寄せワン、たまにバーディーの方が満足感が残りますよね。

> スイング改造ですが、
> 今まで切り替えしからいきなり右足ズドーンでしたが、以前より腰の動きが出来ている事、ドラで壁にぶつかったこと等からゴルキチさん理論を練習してきました。また、今まで難しかったドラでの右側グリップ落としに開眼しました・・・何の事は無い、ただ、右を向いているうちにクラブの重さを感じ、肘を伸ばして右足にグリップを落とせば良いのですね!悩みすぎていたようです。

そうなんですよ。出来てみればどうって事はないんです。右肘を落としながら右肘を伸ばして行くことが大事ですね。そしてヘッドじゃなくグリップを振る意識です。結局これがタメなんですが、ヘッドが体の前にないと振り遅れるので怖くてタメられない。でも、右を向いているうちにグリップを落せば体の回転に対してヘッドは振り遅れない。右を向いているうちに落すと言う事は、要するに切り返しで一気に左に乗らないで右に体重が残っているから出来るのです。右脚で落としてから蹴りこんで左軸で回転すれば、明治の大砲にはなりません。
右脚で落とすから振り遅れないのであって、左脚で落としたら確実に振り遅れます。
こらは消してシャットに使うと言う事ではありません。
遼くんがこのスイングに戻しましたよね。全英は球が捕まらなくて酷かったですからね。

> パターは上記にて報告済みですが、本日・・
> 生涯ベストハーフの41がでました。パチパチ!
> トータルで84です。

おめでとうございます!!やりましたね!!
改造さんの努力の結果が出て本当によかったです。
パターとアプでのしぶとい寄せワンの醍醐味が分かればスコアはどんどん伸びますよ!!

> 通常は90台後半あたりでうろうろ・・たまに80代後半・・悪いときは100もたたく私が・・・
> 今日は違う!1日を通じてショットが安定しました。
> 泣泣! (嬉し泣き)

> ゴルキチさん、ありがとうございます。
> このブログに出会って良かった!
> 涙・涙です。

いえ、間違いなく改造さん地震の努力の結果です。無理しないで怪我に気をつけてくださいね。

カウンターバランスイメージ超効果有りですね!!
ご報告有り難うございます。

ラウンドしてきました。

凄いです! 
ゴルキチ・スペシャル・カウンター・バランス・スイング! パター編!
(・・長っ! 笑)

パターがいつもとは全く違いました。
グリーンは速くてうねっている難しいコースでしたが、面白いように上手く打てました。難無く真っ直ぐストロークされます。皆さんもお試しあれ!


スイング改造ですが、
今まで切り替えしからいきなり右足ズドーンでしたが、以前より腰の動きが出来ている事、ドラで壁にぶつかったこと等からゴルキチさん理論を練習してきました。また、今まで難しかったドラでの右側グリップ落としに開眼しました・・・何の事は無い、ただ、右を向いているうちにクラブの重さを感じ、肘を伸ばして右足にグリップを落とせば良いのですね!悩みすぎていたようです。

パターは上記にて報告済みですが、本日・・
生涯ベストハーフの41がでました。パチパチ!
トータルで84です。

通常は90台後半あたりでうろうろ・・たまに80代後半・・悪いときは100もたたく私が・・・
今日は違う!1日を通じてショットが安定しました。
泣泣! (嬉し泣き)


ゴルキチさん、ありがとうございます。
このブログに出会って良かった!
涙・涙です。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR