FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

爪先は開き、左踵のベタ足は意識、左肩を入れるとは 勘違い2

 前回の「勘違い」の続きですが、


1、両爪先の角度

まず、アドレスでのスタンスですが両爪先は自然に開きます。

左右の足が平行では見た目にも不自然で不安定です。


股割りをしてみれば分かりますが、人間の骨格の構造上

脚を曲げて重心を落として踏ん張れば必ず爪先はかなり外側を向きます。

それに左右に壁を作るのに外側を向いていなければ踏ん張れません。

そして両脚は常に外旋している為、爪先は開きます。

さらに、フォローでは左爪先が開いていなければ左膝を壊します。

(パターは別ですが)

スイング時にずらすのは安定性に欠けます。



2、左踵べた足

 次に、テークバックでの左踵のべた足はあくまで意識です。

結果的にテークバックで我慢していた左踵のがに股、ベタ足が

左肩を入れる為に、左肩に引っ張られて5cm程度上がってしまうのは、

全く問題ない事です。ダウンで踏み込みの反動を使うために

能動的に左踵をぺロンと大きくめくり上げるのは非常にまずい事ですが。


テークバックは骨盤、肩甲骨の稼動域の広さがストッパーにも

なります。その稼動域が狭い方は左踵が上がります。

そうしないと、肩が入らない分上体の伸び上がりでカバーしようと

してしまいます。頭固定の意識過剰と同様ですね。

あくまで頭も踵も「不動」が目的ではなく「スイングの安定と再現性」

が目的であり、その過剰意識がスイングの自由を奪う程では

明らかに問題ですよね。

もちろんオーバースイングになりがちな方は、ベタ脚で矯正できますが。


3、右踵の浮き

 また、ダウンでの右踵も同様で、インパクトまで完璧に上げない

訳ではなく、股関節の稼動域の広さや、スイングの個性で

そのタイミングは変わります。要はスイングの安定性と反復性

であって、意識と結果的な外見は違って当然ですよね。


4、左肩を入れる

 そして何度も言っている「左肩を入れる」とは、

「左腕を伸ばす」事で押し込みます。腕がゴムの様に伸びる

訳ではなく(そもそも腕自体は伸びない(笑 )、

肩甲骨を前にスライドさせるのです。背骨から離れ、広がるのです。


 例えば、空手やボクシングで相手との間合いを取りますが、

想像以上に相手の腕が伸びてパンチを入れられる時があります。

これは決して相手の関節の靭帯が柔らかくて伸びているのではなく、

肩甲骨の稼動域が想像以上広いのです。これと同じ事なのです。


 また、コック時には左腕を伸ばして、さらに右腕を縮めます。

左肩甲骨とは逆に背骨に近づけるように引くわけですね。

但し、これはあくまでコックの一連の動きであってテークバックで

体を回すために右サイドで背中側に引くことはお勧めできません。

テークバックと同様にフォローでも背中側後方に能動的に引く動きは

パワーを「逃す」動きで良くないですね。


5、肩甲骨の稼動域の広さ、肩甲骨を鳥の様に使う


 肩関節と骨盤だけがボール状の関節で、上下・左右・前後に自由に

動かせます。前述の様に一定のトップを決めるストッパーであり、

重要な大きな稼動部分であるので、この二つの動きを意識・制御・管理

する事は非常に重要な事なのです。

 
 ドラコンの間井谷プロが飛ばす秘訣を一言で

「肩甲骨の稼動域の広さ」と仰っていましたが、

単に関節の柔らかさを言っている訳ではありません。

イチロー選手にしてもそうですが、

肩甲骨を広く、柔らかく、上手く使っていると言う事なのです。

どういうことかと言うと、

鳥が羽ばたくように左右の肩甲骨を自在に使いこなすのです。

肩甲骨から腕を動かそうと意識したことがありますか

そういうスポーツをしてきた方にとっては極当たり前の事で

「肩甲骨の稼動域」と言えば通じますが、そうじゃないと

単に間接の柔らかさ以上伝わらないかもしれませんね。

肩甲骨を使う意識がなかった方は、試しにハンガーに吊るした

洋服をに向けて力んでパンチしてみて下さい。

届く間合いを計ってから、脱力して肩甲骨を柔らかくして

前にずらす、背骨から離して開く意識で打つと10cm位伸びるのが

分かると思います。そういう意識だけでも稼動域を広く使えます。


 白人は日本人より遥かに腕が長いです。同じ身長で5cm以上違います。

188cmのタイガーと170cmの日本人では10cm以上違うでしょうね。

これはショットでも大きく影響します。

銃身の長いライフルと拳銃の精度の差みたいなものですね。

ですから、肩甲骨の稼動域をフルに使って腕を長く使えれば

短銃がライフルのパワーと精度になるのです。


勘違いって山程あるでしょ。


つづく
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

身長を伸ばしたくてお悩みではありませんか?

「あと5cm!身長が欲しい・・・」とお悩みですか?それならば、何歳になっても背が伸びるモデルの身長UP法をお教えします。なぜ、何年も背が伸びていなかったのに身長が伸びたのかその方法を初公開していきます!
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR