ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

打ってから回る

 子供にいつもしつこく言いますが「打ってから回れ」と。

人のスイングを見てると気になります(笑

インパクト遥か前から意識は球よりターゲットに

行っちゃってますからね。

まず、しっかり「インパクトする」習慣をつけないと。

もちろん私も調子が悪い時には呟きながら打ちますね。

「打ってから(インパクト)! 回る(フィニッシュ)」と。

コースではどうしてもターゲットが気になりますからね。


左右の背筋・腹斜筋の伸縮は手振り防止に効果的ですが、

簡単になった分下半身リードの意識は欠かせません。

さらにカウンターバランスの意識、右足と脚の外旋で

特にテークバックし易く、軌道がストレースになると思います。


インパクト・フォローでは右脚蹴り、カウンターバランスで左脚蹴り、

左体幹伸張を使う訳ですが、左脚蹴りと左体幹伸張は左サイドの

伸びを伴うので前傾がしっかり維持できないと

アッパー軌道になり、トップし易くなります。

ですから「打ってから回る」、まず「動く前にインパクトする」

意識が非常に重要になります。


やってみると分かりますが、ちゃんと打ってから回る意識を

持つと球が良く見えます。

必然的にインパクトまで球を見ないといけないですからね。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

名無しのゴルファー さん Re: そ~かな~?

> ゴルキチさん、どうもです。
> 今回は初めて反論してみますね(笑

いやー、反論、異なるご意見、Welcomeですよ!!
ブログと掲示板の決定的違いは反論が殆どないことですよね。どうも一方通行になりがちです。
むしろそれで切磋琢磨したいですからね。

> 「打ってから回る」
> 回り過ぎちゃう人には良いのかもしれませんね。

そう早く回る人、ヘッドアップ、雑な人に良いです(笑 決して球を良く見て打つ意味じゃないですが。

> ボクは左股関節に向かって腰椎を立てにいく動きの中で、不完全に終わりプッシュ系のミスが多かったのですが、ルックアップするようにしてからミスは激減しています。
> HWDでグリップが右腿前に来る頃には最下点をぼんやり見ていますが、その辺りに狙いをすましてあとはルックアップして右掌が勝手に最下点を狙います。
> ルックアップは腰椎を立てる為にやっていますが、これができると腰椎が既に立っているのでインパクトで右肩は絶対に下がりませんからボールが捕まるように考えています。
> 「打ってから回る」ですと打つ方に意識がいってしまって、ボールや最下点はスタンス中央から見て左になるので、そちらの方向へ流れてしまって腰椎が立ちづらく、結果擦るようなインパクトが多いです。
> 大事な場面でボールを良く見てインパクトな~んて場合に特に顕著に出たと思います。
> 逆に引掛けや捕まり過ぎの方には良いのでしょうけど・・・
> ボクの身体は人と少し違うのでしょうか?

仰る事良く分かりますよ。振り切らないと球は捕まりません。
私もショット前にいろいろ注意しますが、最後はフィニッシュまでテンポ良く振り切ることだけ考えますね。球があると球に意識が行きます。するとテンポが狂い、インパクト後に必ず緩みます。するとフィニッシュまでたどり着きません。コースでは更に球の行き先に意識が行くのでインパクトで終り、ヘッドアップも早くなります。毎回完全に素振りの様に振り切ることは本当に難しいです。

「打ってから回る」って私と娘の独自のニュアンスかもしれません。言葉を最短で簡単にしたいので。要するに簡単に「頭を上げるな」って事なんです。確実な前傾維持とダウンブローですね。よくインパクト後のグリップをかなり低い位置に通す練習をします。インパクト後までグリップを上げない訳です。そうしないと普通に打てば誰でもインパクト前に頭が上がり、ヘッドもかなり早く上がってしまうので当然地面の上の球はトップになります。押し込めません。

ヘッドが上昇軌道に変わるとロフトが寝ます。ロフトが変わると力のベクトルも分散して方向性も距離も確実に落ちます。娘はヘッドスピードがないので球が上がり難い。だから尚更ヘッドを上げたくなる。しかし、球を上げるためには、逆にヘッドを球の下に潜り込ませろと教え、実践して見せています。地面に球があるのでそうするしかないのです。

私は肩は縦回転だと思っているので、殆どのアマの肩はかなり水平回転過ぎると思います。右肩が落ちるとは右肘が曲がったまま球に当てに行く動きで、そうでなければ肩の縦回転で自然な右肩の下がりは問題ありません。縦回転と言っても、もちろんインパクト前に左肩が上がるのはまずいので「打ってから回る」となる訳です。

名無しのゴルファーさんは、前傾がしっかり出来ているのだと思いますよ。出来ていれば意識する必要は全くないのです。プロなんか皆そうですよね。言ってる事とやってる事が全然違いますからね(笑 彼らは昔から無意識に出来ているので。

どうでしょうか?


そ~かな~?

ゴルキチさん、どうもです。
今回は初めて反論してみますね(笑

「打ってから回る」
回り過ぎちゃう人には良いのかもしれませんね。
ボクは左股関節に向かって腰椎を立てにいく動きの中で、不完全に終わりプッシュ系のミスが多かったのですが、ルックアップするようにしてからミスは激減しています。
HWDでグリップが右腿前に来る頃には最下点をぼんやり見ていますが、その辺りに狙いをすましてあとはルックアップして右掌が勝手に最下点を狙います。
ルックアップは腰椎を立てる為にやっていますが、これができると腰椎が既に立っているのでインパクトで右肩は絶対に下がりませんからボールが捕まるように考えています。
「打ってから回る」ですと打つ方に意識がいってしまって、ボールや最下点はスタンス中央から見て左になるので、そちらの方向へ流れてしまって腰椎が立ちづらく、結果擦るようなインパクトが多いです。
大事な場面でボールを良く見てインパクトな~んて場合に特に顕著に出たと思います。
逆に引掛けや捕まり過ぎの方には良いのでしょうけど・・・

ボクの身体は人と少し違うのでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR