ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

パターこそ重力でダウンブローにライン出し

 パターでのカウンターバランスショットの練習の続きです。

テークバックは右の体幹の伸張だけで右肩が上がり、

ヘッドを飛球後方上方に上げます。

この時、伸びた右体幹が収縮する反作用と、

上がった右肩とサイド、クラブ、腕に重力がかかります。

「上げて下ろす」ではなく「上げて重力で落す」感じです。

ヘッドは真下に落ちるのではなく、上げたプレーンに沿って

落ちていきます。

すると落下の勢いでアドレス地点≒インパクトを通り越して行きます。

上から潰す訳ではありませんが、重力によって上から下へ、

意識としてはかなりダウンブローのイメージですね。

直線軌道で振り幅は左右対称でも、ヘッド軌道の高さは

振り子の様に左右対称ではなく、インパクトゾーンでは

上から下に落ちていくイメージです。

ハンドファーストで手首固定で低く押し出していく様なイメージ

になりますが、インパクト後にヘッドは静止し、カウンターバランス

で頭は残るので左に突っ込んで行くことはない筈です。


パターのヘッドは最も重いので重力を最も感じ易いのです。

ストロークも短いので重力落下だけでも十分に3m近くの距離の

インパクトが可能です。


 体幹でテークバックして腕が脱力していれば、

たった10cm程度の落差でも重力を利用して重いヘッドが

プレーン上を滑り降りるのが分かると思います。

十分に意図するプレーンに乗せる加速度が得られます。


 アプローチはこの延長です。

5ヤード、10ヤード、20ヤード、30ヤードも、50ヤードも、

重力でヘッドがプレーンを滑り落ちてダウンブローに

インパクトします。距離によって更に加速させます。

そのダウンブローのインパクトゾーンが「ライン出し」であり、

ラインを出した後、打った後にヘッドが上がっていきます。

同時にやっと頭が上がっていきます。


インパクト直後に「ヘッドを上げて行く」感覚だと、

ヘッドを常に能動的に「振る」感覚になるので

重力を利用して「ヘッドを落してインパクト」する感覚が

分からなくなります。


また、インパクトゾーンでヘッド軌道が上がるとロフトが寝ます。

ロフトが変われば方向も変わってしまいます。

ダウンブローの意識でやっとレベルになります。

従って、頭が上がり、回るのはその後です。腰の回転は別として。



アプローチ以上で「腰の回転」「肩の回転」は全く別の動きで、

事実上、肩を止めていても、腰は先行して回っていなければいけない。

しかし、腰の回転は意識する動作ではありません。

クラブの長さ、距離によって異なる極めて感覚的、経験的な動作

になります。ゴルフで最も難しい部分の1つでしょうね。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR