ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

加筆 アイアンはヒール側ソールを感じて振る

 昨日のビデオのように肩、骨盤の縦回転でライ角、コックを維持

してグリップを先に早めに下げ切りたいですね。(ヘッドは上に残して)

そのためには、「アイアンはヒール側ソールを感じて振る」

イメージが効果的です。

「ウェッジはソールで打つ」とよく言われますが、
(球をソールで打つわけではなくソールを意識して振る、ですよ)

アイアン全てそうですね。ソールの状態をイメージします。

まず、フェース面を意識し過ぎると手でロフトを操作し易くなります。

球を打つのはフェースですが、接地でより大きな抵抗を受けるのは

ソールですから。


そして、地面にある球、もしくは芝に沈んだ球をクラブの芯で打つ

のですから、当然よほど過度に低重心アイアンでない限り、

適切な起動で芯で打てば嫌でもターフが取れる筈です。

そこで非常に重要になるのが適切なライ角維持なのですが、

最悪なのがトゥー側から接地する事ですね。

グリップを下げ切れず、ハンドアップ気味にグリップが浮くと

トゥー側が下がってフェースが開き、更に接地の抵抗が大きくなり

フェース面が打つたびに大きくぶれます。

そもそも手首が伸びてはターフはまともに取れず、抜けません。


よく言われる基本ではトゥーダウンを考慮して

トゥー側を10円玉1~2個浮かせてアドレスしろと言います。

しかし、一般アマを見ていると果たしてそれで足りるのか

と感じます。グリップの浮きも考慮したら(浮く人は)

もっと左グリップを下げる意識があった方が良いと思います。

これが非常に重要で、ヒール側ソールから接地させるイメージを持ちます。

すると、自然に少しハンドダウン気味に左グリップを下げる

事になります。これでダフる人は少し球に近すぎるかも。

そのままインパクトまでヒール側ソールからの接地をイメージして

グリップから最も遠いソールに神経を通わせて振ります。

そうすれば自然にライ角、コック、前傾は維持されます。

そもそも、アイアンはヒール側で打つものですから、

トゥー側に当たり易いアマはグリップが浮いている訳です。


そもそも、ライ角がしっかり維持されていれば、

「もっと肩を低くしないと、最下点に届きませんよ。」

と言うことなんです。

必要な所まで届かないと感じるのが正しいのです。

もちろんインパクト前に手首が伸びきって、上体が突っ込んで

いれば余裕で届くどころか、大ダフリですからむしろ伸び上がる

訳で、「届かない」という意味も分からないと思います。


なぜ届かないのか


プロは最下点が球の先10cm、

シングルは5cm、

アベレージは球の真下、

初心者は球の手前、

と言われます。


もちろん頭から突っ込んで手首伸ばせば簡単に届きますよ。

しかし、しっかりビハインドザボールで球の先10cmまで

薄くターフを取ると言う事は腕がゴムの様に伸びるのです。

しかし、実際は脱臼じゃないんだから腕なんか伸びませんよね。

頭が残ったまま、腰が入って、肩が入れ替わって、

肩甲骨が柔軟に使われる事で伸びているように見えるのです。


レンジでよくドスンドスン無神経にマットを叩いている人を

見かけますが、あれは突っ込んで地面を耕しているだけです。

ビハインドザボールでシャローなスイングなら、

ターフは球の先で薄く長く取れるので、

カツンと高いインパクト音の後でシュッと言う静かな音で

マットを擦るだけです。


とにかくヒール側ソールに神経を集中させて、

球に先にインパクトしてから接地させ、

ビハインドザボールのまま10cm先まで低く振ってみましょう。

嫌でも前傾が維持されます。


「打ってから回れ」と言うのは、

10cm先のターフまで取ってから起きろ、と言う意味です。

ちょっと勘違いしやすいですが、私なりの経験上自分で注意する

言い方です

「打ってから起きろ」だと・・・・う~ん、ちょっとイメージ出ないな。

もちろん打つ前から腰は回っていますよ。

そうしないと左ひじが詰まりますから
ね。

肩も入れ替えますから回ってますが、

開いてはいないです。

なぜなら縦回転なら回っても開きませんよね。

横回転だと回れば開きますが。

この辺また説明しますね。

つづく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ななし さん Re: タイトルなし

> 最下点のイメージ・インパクトのイメージ・どこに入れてどこに抜くかのイメージ今までしていなかったです。
> ただ、漠然とボールを見てビハインド・ザ・ボールだけでした。
> 早速、練習場でイメージしたいと思います。

球の右肩や球の赤道からどういう入射角で入れて、左下のどこから抜いて先のターフをどういう角度で取っていくかイメージします。

それで出球の角度、スピン量、方向を映像でイメージします。その積み重ねがないと打ち分けの進歩がないですよね。

ゴルフはメンタルなので常に実践の緊張感をイメージします。

ありがとうございます。
最下点のイメージ・インパクトのイメージ・どこに入れてどこに抜くかのイメージ今までしていなかったです。
ただ、漠然とボールを見てビハインド・ザ・ボールだけでした。
早速、練習場でイメージしたいと思います。

ななしさん Re: タイトルなし

> 今日のブログでなるほどと思いつつ読んでました。
> 質問です、自分のアイアンのフェースを確認するとスコアラインの真ん中から上の部分に
> ボールの打撃痕があり、当然ターフなんて取れません。
> アーリーリリースの意識はないです。
> 右手のコックの解放する意識もないです。
> 知り合いは、トップで右手のコックの角度をそのままでインパクトとをイメージすれば右手の角度は、維持できずに伸びるんだよ。と言いますが、どう思われますか?
> 内容が上手く伝わるか心配です。

確かにトップの角度をそのまま下に下ろした角度がインパクトの角度です。
リリースは、ショットによってまた別ですが。
コック、リリースは飛距離にもよります。飛ばさないなら作らない、解かない。飛ばすならコックを最大限利用するし、H/Sが速くなるので自然に解けます。

クラブの重心高にもよりますが、ターフは結果的に取れるものです。重心高が高いクラブほど取れます。低いクラブほど払い打ちになりますがそれでも最下点が球の先なのでターフは取れます。

ちなみに最下点はどこに意識を持っていますか?
球のどこにインパクトさせるイメージでしょうか?
球のどこに入れてどこに抜くかイメージすると良いですよ。

また、インパクトしてローテーションしていくとトー側が下がっていきます。ですからローテーションしてもターフは取れていきます。


訂正です。
アーリーコックいではなく、アーリーリリースです。

今日のブログでなるほどと思いつつ読んでました。
質問です、自分のアイアンのフェースを確認するとスコアラインの真ん中から上の部分に
ボールの打撃痕があり、当然ターフなんて取れません。

アーリーコックの意識はないです。

右手のコックの解放する意識もないです。

知り合いは、トップで右手のコックの角度をそのままでインパクトとをイメージすれば右手の角度は、維持できずに伸びるんだよ。と言いますが、どう思われますか?

内容が上手く伝わるか心配です。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR