ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

クラブは常に体の正面にある

 皆さんお久し振りです

肩縦回転、カウンターバランススイングですが、

アイアンはうまくいってもドライバーがダフるという

声が凄く多いです。


遼君が全英で大崩れしてジャンボに治してもらったスイングは

テークバックでフェースを開き過ぎないスイングです。

フェースを開くとクラブが体の正面から右へズレ易いので、

タイミングがズレる可能性が確実に増えます。

全英での右OBはそれが原因で完全に大きく振り遅れましたね。


アマが手先だけでクラブを上げてもそうなります。

クラブだけ先にトップに行き、左肩は遅れてしっかり入らない

=クラブと体の位置関係が大きくずれる

=自ら振り遅れの原因を作り出し、最初から振り遅れほぼ確定。

⇒何もしなければ物理的に十分回っていない体が当然先に開くので、

アーリーリリースで早くヘッドを戻さないと体に付いていけない

=コックが解けて手首が伸びるので当然ダフる

という傾向が殆どです。

HCにかかわらずアマは殆どそういう傾向にあります。


クラブが常に体の正面の範囲内にあれば振り遅れることはない。

そうすればアーリーリリースする必要性もない

=コックを早く解く必要性がない

=インパクト直前に遠心力で嫌でも勝手に解けてダウンブローになる。


この感覚が分からないと、肩の縦回転以前の問題なのです。

タメを維持するとはタメを無理に作るのではなく、

トップでできたタメを早く解かない、と言う事です。


ガルシアやポーラクリーマーのようにダウン過程でトップ以上に

鋭角的なタメができるのはスイングの個人差の結果であり

意図的に真似をするものでも、我々のタメを維持するという

目的とも違います。


タメの議論は賛否両論非常に多いですが、それぞれ全然違う話しです。

コックの角度の大小の問題ではなく、トップでできたコックを

「意図的に早く解かない」というだけの問題です。

「意図的に解かなければ打てない」という時点で

既に問題があるのです。


力を抜けば、ヘッドは遠心力を伴い強烈に重くなります。

インパクトでは力んでグリップしていなければ嫌でも

コックが解けて球に当たります。

それまで解かないで我慢する練習をしてみれば

自然にそうなることが段々分かります。


ただ、その大前提はトップでクラブが体の正面にある事です。

これは要するに「左肩がしっかり入っていること」です。

ダウンでもそのまま体の正面にあれば絶対に振り遅れない。

そうすればコックを強制的に解いてヘッドを早く戻す

必要性がないのです。


肩縦回転7

前傾維持


このイメージですね。

縦回転と言っても極端にやる訳ではなく

楽をすると前傾が起きてしまい水平回転になってしまうので

注意しましょうということです。


ただ大前提はトップでもクラブは体の正面。

つまりグリップと体の回転の同調を常に意識します。


つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

mk290714 さん Re: 成果が着実に出てきています・・・

> ゴルキチさん、コメントは久しぶりですが、いつも拝読させていただいております。


こんばんは!!
返事が遅れてごめんなさい!

>  元々はインサイドアウトでダフリがひどかったのですが、記事に書かれていることを一つ一つ練習してきた結果、最近、成果がでてきたと感じています。感謝!感謝です。
> 1.ライ角が維持できる左グリップ
>  私は手が小さいので小指側の膨らみではなく、親指側の膨らみでエンドを支えていましたが、
>  今は小指側の膨らみで支えるようになりました。最初は片山プロがやっていたように、身体の前で飛球線と
>  平行にした状態で、左グリップを小指側の膨らみで支えるようにしてからアドレスに入るようにして、意識
>  するようにしました。

テコは最大限利用したいですね。

> 2.コックは縦に
>  今までは無意識にできるようになりました。最初はクラブがものすごくアウト側に上がっていくので、気持ち が悪かったのですが・・・。

そう。慣れですね。壁を背にしてスイングしてヘッドが壁に当たらないスイングの意識ですね。
「ラインを出す」意味が分かるようになりますよね。

> 3.右足前にグリップを自然落下
>  最初は左足前又は股間に向けてとイメージしていましたが、これだとインパクトでは飛球方向にグリップが流 れていました。

そう、ミス時のこの「流れる」という嫌な感覚ですね。

> 背中を飛球方向に向けた状態で自然落下させ、肩が開かないようにインパクトをするため素振 りを繰り返していると、

そう、そういうシャドースイングでじっくり動きを考える時が一番重要ですよね。発見できます。レンジで球を打っている時は発見は殆どありません。

>右足前にグリップがきたときに、左グリップを引き付け、小指側の膨らみで下に圧力 をかけながら、右グリップは横(飛球方向)に動くことを意識しました。

自然に動く、動かされると言うことですね!!

> 結果は、右足前からヘッドが加速し
> ダフルことはなくなりました。

グリップが先に下りて、ヘッドがまだ上に残っているのでダフリません。
ヘッドから下ろすとダフリますよね。

ナイスですね!!!

>  又、右足前にグリップを落下させると右足踵がインパクトまで上がらなくなりました。踵を上げないようにす るにはとあれこれやっていましたが、右足前にを実践すると簡単でした。

そう!!!!
完璧です!!
右かかとが大げさに上がる訳が無いのです。
もちろんスイングの個人差があります。重心が右めか、左めが合うのか。
女子は体が柔らかいので体が回りすぎて、右かかとが浮いているプロが多いです。
しかし男子ではまずいないですね。

そもそも、土台の下半身がバタつく事が言い訳がありません。
遼君がマキロイの致命的な差は足の裏のバタつきですよね。
4日間完璧でないとメジャーは取れません。
毎週スコアが不安定過ぎるのは足の裏のせいだと思います。
ジャンボが長年勝てたのは野球で鍛えた超強靭な体と下半身のおかです。今の日本のゴルファーはジュニアから目先の技術ばかりで基礎体力が全く足りません。実際に見ていてこれには驚きます。
だから日本人は4日目に必ず力尽きて脱落します。英語の問題も大きいですが。

>  言葉では中々理解し実践することは難しいですが、出来るようになると「あ~、こういうことを言っているんだ」と納得しています。
>  これからも勉強させていただきます。

そうなんです!!
分かれば割と簡単で、合理的なんです。
ここまで体感して分かる方はかなり少ないですよ。
素晴らしいですね。

またコメントお待ちしています!!

God☆さん Re: 正々堂々と!

はじめまして!!
コメント有難うございます!!

> いつも黙って拝見してました。
> 縦コックからのスイングの合理性。
> 信じられない球が出て一気にHDCP7まで
> 行きましたが 最近また不調です。

凄いですねー!!
一気に5下に行きましょう・・・と言ってもここからが大変なんですよねー。
私の香港の友人も6まで行って、今10台に撃沈しています。
しかし今マッチプレーで上位16まで勝ち進んでいますので復活の良い機会になるかも。
ゴルフはメンタル面で一気に6~12位は変動しますからね。

> ゴルキチさんのブログは眠れぬ夜にその時々のテーマ・ワードで
> 検索すると必ず『ぶっ飛び・・・』に到達します。
>
> 僕のバイブルです。感謝してます。
> これからは正々堂々と拝見しコメントさせて頂き、応援させて頂きます。
> 宜しくお願い致します。

有難うございます!!
何でもコメントくださいね。
楽しみに待っています。

afcly309@さん Re: パターの件

お久しぶりです!!
そのごいかがですか?

> 早速のご回答、ありがとうございます。

> >パターは部屋練がベストだと思います。
>
> 私もゴルキチさんを真似て、最近部屋練を毎日行うようになりました。
> 本番での安心感を選れるように頑張ります。
>
> >私はホームコースでは5,10,15,20mの距離が既に分かっている同じ場所の同じラインで距離感をチェックしています。
>
> 了解です。
> 距離感でも安心感を得て、絶対にショートして、カップ手前で止まる事のないようにします。
> いつもこれに悩まされています。

忘れましたが練習場での眼をつぶってのパター、距離感練習も効果的ですよ。
パターでの15、20yの距離感などはアプローチの距離感にもつながりますからね。
殆どの上級者が言われますがラウンド後のアプローチ、パッティング練習が効果的だと推奨されますね。
慣れれば楽しいものですよ。

Keikoさん Re: 初めまして

はじめまして!!コメント有難うございます!!
お返事大変遅れて御免なさい。

> グリーンに出て9ヶ月、ハンデ36の新参者ですが、あちこちのサイトをめぐってようやくこちらにたどり着き、ほっとしているところです。^^

そうですか!!そう言って頂けると本当に励みになります!!

> ゴルフのテクニックは説明するのがとても難しいと思われますが、きっとお嬢様に説明なさっているからでしょうか、われわれ新米にもよく分かり、いつもうなずきながら拝読しています。

ゴルフは本当に難しいですから天才のプロゴルファー以外、誰でも長い間死ぬほど苦労していますよ!
始めてから30年近く経つので忘れていることが山ほどありますが、全く同じことを経験しているんです。

> ちょっと難しいなと思ったらすぐに動画で分かりやすく解説してくださるので感謝の言葉もありません。

有難うございます。文章で説明するほうが大変です。良い撮影器具、設備上がればもっと動画を撮れるんですが既存にない、分かり易いビデオの撮影技術は想像以上に難しいと最近感じます。
単純に超広角だと歪むので目線と言うより頭の上から撮る設備が必要になります。ちょっと大掛かりな仕掛けが必要ですね。

> この数ヶ月の間にすでにスランプ?を経験していますが、今日はパターをバックはほとんどなしで、さらに後戻りさせる方法で、、1メートル以内のパターはほぼ確実に入りまして感謝の言葉もありません。
> これからもしっかり追従させていただきますのでよろしくお願いいたします。

ゴルフはイングランドのリンクスでの球ころがしから始まっていますからパターとアプローチが基本です。子供もそうですが長いクラブで飛ばすことより、パターの楽しさ、ショートゲームから教えていきます。子供に何がすき?と聞くと「パターがすき」と答えてくれれば正解です。

パター~9アイアンが基本ですから、長いクラブは悩む必要は無いですよ。

成果が着実に出てきています・・・

ゴルキチさん、コメントは久しぶりですが、いつも拝読させていただいております。
 元々はインサイドアウトでダフリがひどかったのですが、記事に書かれていることを一つ一つ練習してきた結果、最近、成果がでてきたと感じています。感謝!感謝です。
1.ライ角が維持できる左グリップ
 私は手が小さいので小指側の膨らみではなく、親指側の膨らみでエンドを支えていましたが、
 今は小指側の膨らみで支えるようになりました。最初は片山プロがやっていたように、身体の前で飛球線と
 平行にした状態で、左グリップを小指側の膨らみで支えるようにしてからアドレスに入るようにして、意識
 するようにしました。
2.コックは縦に
 今までは無意識にできるようになりました。最初はクラブがものすごくアウト側に上がっていくので、気持ち が悪かったのですが・・・。
3.右足前にグリップを自然落下
 最初は左足前又は股間に向けてとイメージしていましたが、これだとインパクトでは飛球方向にグリップが流 れていました。背中を飛球方向に向けた状態で自然落下させ、肩が開かないようにインパクトをするため素振 りを繰り返していると、右足前にグリップがきたときに、左グリップを引き付け、小指側の膨らみで下に圧力 をかけながら、右グリップは横(飛球方向)に動くことを意識しました。結果は、右足前からヘッドが加速し
 ダフルことはなくなりました。
 又、右足前にグリップを落下させると右足踵がインパクトまで上がらなくなりました。踵を上げないようにす るにはとあれこれやっていましたが、右足前にを実践すると簡単でした。

 言葉では中々理解し実践することは難しいですが、出来るようになると「あ~、こういうことを言っているんだ」と納得しています。
 これからも勉強させていただきます。

正々堂々と!

いつも黙って拝見してました。
縦コックからのスイングの合理性。
信じられない球が出て一気にHDCP7まで
行きましたが 最近また不調です。

ゴルキチさんのブログは眠れぬ夜にその時々のテーマ・ワードで
検索すると必ず『ぶっ飛び・・・』に到達します。

僕のバイブルです。感謝してます。
これからは正々堂々と拝見しコメントさせて頂き、応援させて頂きます。
宜しくお願い致します。

andy さん Re: 更新 ご苦労様です

こんにちは!!

> 更新 お疲れ様です。
> 前回はコメントありがとうございました。
> 私、過去スレに深く潜航しておりました。

さっそくのコメント有難うございます!!

> 今回の
> >この感覚が分からないと、肩の縦回転以前の問題なのです。
> まさにその通りです。
> 前傾維持、左肩をしっかり入れ、クラブは体の正面を
> 忘れずに精進していきたいと思います。
> ところで、最近肩こりがひどく、特に左の首筋が痛かったので
> 整形外科に行ったところ
> 頚椎症という診断結果でした。
> なかなか快方に向かっていません。
> これって、暫くゴルフは無理ってことですかねぇ・・・トホホ

まずいですね。気をつけてくださいね。
頚椎はのちのち様々な症状出ますから怖いですね。
私も大昔の交通事故ですが頚椎が悪いです。私の場合は、レントゲンでは全く異常はなく凝りだけなので、たまに整体で首と腰、背中をボキボキやってもらうと2週間くらいすっきりしますが、毎日PC使用が多いので直ぐにまた凝ります。

昨年私の友人が昔オーストラリアの長期ゴルフレッスンで痛めた頚椎の手術をしてからハンデ6から二桁に落ちてしまいました。彼は競技を真剣にやっているのでかなり悩んでいますが、彼のケースは無意識に首をかばって肩の入りがわずかに浅くなっているんじゃないかと思います。彼は海外居住なので手術後のスイングを見ていないので聞いたミスショットの症状からだけの想像ですが。肩の入りが浅くなるミスはトップアマでも自分では気がつかず、見落とします。

実は私も既に1年経ちますが左手首がまだ違和感があります。完治しないと言うか、リハビリが足りません。整体師が言うには完治していても長期療養で稼動域が著しく狭くなっているので、リハビリに相当な期間がかかるそうです。リハビリとは狭くなった稼動域を復活させることで、稼動域が完全に戻る前にまた無理をすると再発し、今度は更に悪化させ癖になる訳です。かといってクラブを振らないとリハビリにならないので徐々に稼動域を広げるように適度に負荷を増やして振らないといけないのです。ところがうっかりマン振りしちゃうんですよね。

ですから、療養期間とリハビリ期間がありますので良い先生について長期的に見てもらう必要があると思います。ゴルフは90才までやりたいですからね。

ドライバーで何発かマン振りすると2,3日違和感が残ります。これでは海外で連荘でゴルフをしたらまた再発しそうです。
ゴルキチばかりでマレーシア合宿の計画もあるのですが、恐らく連続10ラウンド程度になるので手首がついていけるか不安です。

お互い気をつけましょうね。

パターの件

早速のご回答、ありがとうございます。

>パターは部屋練がベストだと思います。

私もゴルキチさんを真似て、最近部屋練を毎日行うようになりました。
本番での安心感を選れるように頑張ります。

>私はホームコースでは5,10,15,20mの距離が既に分かっている同じ場所の同じラインで距離感をチェックしています。

了解です。
距離感でも安心感を得て、絶対にショートして、カップ手前で止まる事のないようにします。
いつもこれに悩まされています。

afcly309@ さん Re: 待っていました!

> 心配しておりました。
> 病気でもされたのでは…と。
> 毎日覗きに来ている者としましては、間隔が空きますと欲求不満となってしまいます。
> 勝手言ってすみません。

ご心配頂きまして本当に有難うございます。
読者の皆さんにそんなに心配いただけるなんて本当に幸せなことだと思います。
書きたい事は山の様に在るのですが、なかなか時間が割けなくて・・・。
実はスマホの子守に追われていたこともあるのですが(笑

> 最近、ようやくスイングできるようになり、ゴルキチさんには感謝しておりますが、パターは下手ですね。
> 過去の記事を読み返しているのですが…。
> スタート前の練習方法など教えて頂けないでしょうか。

パターは部屋練がベストだと思います。むしろコースの練習場の芝は真っ直ぐ転がりませんからね。距離感合わせには良いんですが。部屋練でも普段からできるだけ緊張感を持たせる工夫ですよね。
毎日グリップすることでグリップやフォームの注意点を維持できますが1週間も空けると忘れちゃいますからね。

部屋練でフォーム、グリップは確認できているので、スタート前は距離感メインですね。
私はホームコースでは5,10,15,20mの距離が既に分かっている同じ場所の同じラインで距離感をチェックしています。ラウンドではアプローチ同様普段の同じ練習場所の同じ距離を思い出し、あの距離と同じだな、この素振りで大丈夫と安心感と確信を持って打てるようにしています。その積み重ねでいつもの練習の気分で不安なく、安心して忠実に素振りの再現ができるようになってきました。1,000本アプローチの意味はそこにあります。同じ場所で、同じスイングで距離感を作るのです。すると、いつでもどこでもその慣れた練習場所、距離、それにあった素振りを思い出し、イメージして再現できるようになります。少なくとも不安感はかなり減り、自信を持ってゆったり触れる様になります。

私も偉そうなことは言えませんが、精神的にはかなり効果はありましたよ。

更新 ご苦労様です

こんにちは

更新 お疲れ様です。
前回はコメントありがとうございました。
私、過去スレに深く潜航しておりました。

今回の
>この感覚が分からないと、肩の縦回転以前の問題なのです。
まさにその通りです。
前傾維持、左肩をしっかり入れ、クラブは体の正面を
忘れずに精進していきたいと思います。
 
 
ところで、最近肩こりがひどく、特に左の首筋が痛かったので
整形外科に行ったところ
頚椎症という診断結果でした。
なかなか快方に向かっていません。
これって、暫くゴルフは無理ってことですかねぇ・・・トホホ

初めまして

グリーンに出て9ヶ月、ハンデ36の新参者ですが、あちこちのサイトをめぐってようやくこちらにたどり着き、ほっとしているところです。^^
ゴルフのテクニックは説明するのがとても難しいと思われますが、きっとお嬢様に説明なさっているからでしょうか、われわれ新米にもよく分かり、いつもうなずきながら拝読しています。
ちょっと難しいなと思ったらすぐに動画で分かりやすく解説してくださるので感謝の言葉もありません。
この数ヶ月の間にすでにスランプ?を経験していますが、今日はパターをバックはほとんどなしで、さらに後戻りさせる方法で、、1メートル以内のパターはほぼ確実に入りまして感謝の言葉もありません。
これからもしっかり追従させていただきますのでよろしくお願いいたします。

待っていました!

心配しておりました。
病気でもされたのでは…と。
毎日覗きに来ている者としましては、間隔が空きますと欲求不満となってしまいます。
勝手言ってすみません。

最近、ようやくスイングできるようになり、ゴルキチさんには感謝しておりますが、パターは下手ですね。
過去の記事を読み返しているのですが…。
スタート前の練習方法など教えて頂けないでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もしもアイアンが思い通り曲げられるとしたら・・

正しいスイングでまっすぐ打とうとするから、いつまで経ってもスコアが縮まらないのです!まっすぐに打たないからこそスコアをアップできる“4つのラインの秘密”をあなたも知りたくはありませんか?
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR