ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

常に重要な右ひじ 1

 ゴルフ病^^ さん、はじめまして!!

返事が非常に遅れて大変申し訳ありません。

> はじめまして 沖縄に住むゴルフ歴10年の下手くそおじさんです。
ロングコースは行ったことのない若輩者でございます。
いつもゴルキチさんのブログで勉強させていただいておりますm(__)m

> いろんなレッスン書を読みあさり、毎回練習場行っては「開眼した!」と喜び、
次の日は前日のショットが嘘のような右へ左への球で落ち込み、の繰り返しです。(^_^; 

本当にそうですよね。私も皆さんもゴルファーは皆同じですよ(笑
 
> 忘れられないナイスショットの感覚があります。
> 私の中の感覚ですが(^0^;)
> それは、インパクト直前、折り畳まれた右腕が伸びる途中で
インパクトを迎えたときです。曲がったままでも、
伸びたままでもダメなんです。(あくまで私の感覚)
> プロの連続写真を見てもそのように見えます
> ゴルキチさんはその辺のお考えありますでしょうか?


右ひじについてはブログ開始からかなり重視して触れています。

仰る通り、右ひじはインパクト前には完全には伸び切っていません。

もし完全に伸び切っていたら、どういう事だと思いますか

右ひじが早いタイミングで体から離れるか、グリップが右ひじより

大きく先行して、フェースがインパクト前に既に被って入る、

と言うことになります。

しかも、インパクト前に伸びしろがなくなっていたら、

球にインパクト以降もダウンブローにターフを長く取ることは

出来ませんよね。

さらに、右ひじが伸び切ると言う事は右腕を力んで球を叩きにいった

結果、インパクト前に既に伸びきってしまったと言えると思います。


 右ひじの軌道は全ての局面で恐ろしく重要です

凄く繊細な感覚を維持する意識が必要だと思います。

普通のアマは右ひじの感覚に無関心過ぎると思います。

テークバックで右ひじを体の右にずらさない、ひじを下向きにトップへ、

トップでの右ひじの角度、形、位置を確実に右ひじ、右腕、体で記憶する、

ダウンでは右ひじを真下に向けて落とす、手首は溜めても右ひじはむしろ

受動的に自然に伸ばしていく、等々右ひじの注意点は山ほどあります。


「ダウンで右ひじを伸ばしていく」言っても能動的には押ばしていかない、

あくまで右肩が落ちない様に、前に出ない様にするため、

決して右腕でクラブを押して操作しない。

クラブが行きたい方向に正しく押す分には良いのですが、

毎回は正確に押すのは実質不可能ですよね。


ダウンで右ひじを伸ばしていくと言ってもインパクトでは

完全には伸びきってはいません。右肩を残し、前に出さなければ

自然に伸ばされていきますよね。

意識して右ひじを曲げたまま維持しようとしたら、必ず右肩が落ち、

右肩だけではなく右サイド全体が前に出てしまいます。

多くのアマがそうなっています。

あくまで「タメは手首」であって、右ひじではありません。


インパクト以降インパクトゾーンではビハインドザボールで

頭が残っているからこそ、脱力しているからこそ右ひじ、

両腕が完全に伸びきる。

プロでもボールコンタクトの瞬間の右ひじの角度はまちまちです。

しかし、確かに伸びきっているプロは皆無です。


インパクトゾーンで「球を押し込む」と表現がされますが、

勘違いし易いのは、ひじを伸ばすことで「押し込む」のではなく、

頭が残っているからこそ、伸びしろが残っている右腕のみならず

両腕が伸び切り、さらに「腰が入っていく」ことで押し込む

のが正解でしょうね。


体が少しでも突っ込んでいったら、絶対に腕が完全に伸ばされる感覚は

感じられないはずです。右ひじだけが伸び切っていても、

左ひじが引けていたら完全に伸ばされていない証拠です。

また、インパクトゾーンで体の回転がついていかないため左腕の長さが

余ってしまうために左ひじが引ける、右腕で押すから左ひじが引ける

という、右腕が伸びても左ひじが引けるまずい現象は注意ですね。


右腕で「押す」意識が強いと力みますし、右腕を力で伸ばして押すと

安定しないしシャンクになる可能性がありますね。

腕ではなく「腰を入れて押し込む」感覚だと思います。

この点でも「右腰、右サイドで押す」という表現を使うケースが

見られますが、右腰を入れて行く意識を持つと右サイドが

非常に前に出易くなり、かなり危険だと思います。

実際は右足を蹴って押し込んでいきますが、

私は背骨の中心を入れていくイメージで、

右サイドが前に出なくなりますね。


ゴルフ病^^ さんの表現から「右ひじで押す」イメージの表現は

ないので、私と殆ど同様な感覚だと思います。

さらに、右ひじはかなり体の近くを通っています。

殆ど体を擦っています。慣れで自然になりますが、

慣れるまでは違和感がある程でしょう。

私の師匠はバックルで右ひじを怪我した事があるそうです。

それほど近くを通せと大昔から教わってきました。

この点は殆どのアマに非常に欠けている点だと思います。


右ひじは「球を強く叩くため」には使いませんが、

右ひじの軌道、伸縮はスイング中終始最も重要な部分のひとつで、

腕の中ではもっとも感覚を鋭く働かせている場所ですね。


 何度も言っていますが簡単で非常に効果的な注意点は

両肘の間隔を一定にすることです。

具体的には両肘にボールを挟んで落とさずに振る練習方法ですね。

慣れれば無くても注意できます。

両肘の間隔が広がらなければ、テークバック、右ひじが右へずれたり、

トップでオーバースイングになったり、フォローで左ひじが引けたり、

フィニッシュで左が引けすぎて引っ掛けたりするミスが

間違いなく激減します。

つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR