ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

常に重要な右ひじ 2

前回の続きですが、腕の動きでは右ひじの軌道が

チェックポイントとしてかなりキーポイントになります。

と言っても、表現が非常に難しいですが、上手く動かすというより、

むしろ「なるべく移動させないで最短距離に置いておく。」

というイメージでしょうか。

大方のアマチュアは右ひじが激しく動きすぎですね。

この点でも「両ひじは常に体に近く、両肘の間隔は常に一定。」

という大原則を絶対に忘れてはならないですね。

最初は窮屈でも慣れます。

これを忘れなければ確実に大幅に安定するというか、

そうしないと絶対に上手くなりません。

安定性だけでなく、飛距離の点でも全く同様です。


 素振りやシャドースイングと実際のダウンスイングでは

イメージと現実の格差が大きくなることが、

実際大きな問題となります。

なぜなら、

1、実際のダウンスイングはスピードがかなり速くなるので

クラブと腕にかなりの遠心力が働きアウトと下方向に引っ張られる。

これは想像以上の力です。腕とクラブは実際かなり重い。

アウトサイドインでダフり易い軌道になります。


2、ダウンで必ず体は伸び上がる。重い腕とクラブを下方向に振るので

体はバランスをとるために逆に対抗するために自然に伸び上がる。

かかとが上がり、腰が前に出て、ヘッドアップし、体が浮き上がる。

グリップがアドレスよりかなり高い軌道になる。

この「浮き」の感覚は、最も忌み嫌われるスイングですね。

ヘッドが球に届かなくなるので帳尻を合わせるために

手首が伸びライ角を維持できない。右ひじも伸びる。

まー手首も右ひじも伸ばす意識など無くても、遠心力で

勝手に伸びるがままになっていますが。

この現象に気が付かない方が非常に多く、

不思議な事にむしろ意識としては全く逆に

球に届かなくなるのではなく、

逆に、ダフリ易いのでさらに体を伸び上がらせてグリップを上げて

ダフリを抑えようとする悪循環に陥ります。

体が少しでも浮いたら強い球は100%打てません。

強い球が打てなければ真っ直ぐの球は打てません。

どのスポーツでも同じですよね。


3、スピードが上がれば必ず自然にグリップに力が入る。

すると、手首も、ひじも伸びる。

世の中95%以上のレッスンがユルユルグリップ推奨ですが

私は全く賛成できませんね。

そもそも、クラブを振り回してインパクトでもアドレスと同じ

ユルユルグリップを維持する事など絶対に不可能です。

もちろん強いグリップ圧で屈筋が力んで硬くなるのは論外ですが、

最悪なのはむしろアドレスとインパクトでグリップ圧が変化する

ことです。グリップ圧が変わると必ずフェース面がずれます。

ユルユル、グラグラから強くなると必ず被ります。

だからここ一番でアドレナリンが出ると引っ掛けます。

ラフに負けないようにイメージしただけでも力んで被ります。

それなら最初からある程度隙間無くしっかりグリップして、

スイング中終始グリップ圧が変化しないレベルまで、ラフ、

ターフを取る場面でもフェース面が全く変わらないように

一定のグリップ圧を維持できる様にしておくべきだと思います。

ティーアップや球が浮いた状況ばかりではないのですから。

腕の下側の伸筋を使えば腕は全く硬くなりません。


4、シャフトがしなりヘッドが遅れる。

これも想定している方は少ないでしょうね。

(インパクトで逆しなりになっていても遅れは同じ事)

普通のアマはただでさえ体が開き、体の回転に対して

ヘッドが遅れてきます。

スピードが出るほどシャフトがしなり、素振りより更に遅れます。

体は逆に素振りより早く開きます。


この状況を長年の経験で体は振り遅れを察知するので、

なんとかヘッドを早く戻そうとします。

その典型的現象がトップからのアーリリリース
で現れます。

トップからまずヘッドを下ろそうとしてしまいます。

最悪の悪循環です
ね。


上記の様に、実際のスイングはイメージと大きく異なります。

その点も理解しないといつまで経っても上手くなりません。



 右ひじの問題に戻りますが、

とにかく右ひじは体から離れたがります

オーバースイングにしても同じことですよね。

離れたがると言うことは、動き過ぎる、移動し過ぎる、

移動させ過ぎる、とも言えますよね。

右ひじだけでなく、実は両肘ともアドレスから大きくは動きません。

体が回転しているので漠然とスイングだけを見ればひじの位置は

大きく移動しています。

しかし、体が回っているのでそう見えるだけで、

相対的に体との距離を見れば実はひじは殆ど動いていないのです。

体の前で両肩の上にV時にクラブを上げ下げすれば、

直ぐに分かりますよね。ほぼ上下に20cm位しか動きません。

「体近くに通す」=「体から離さない」=「あまり動かさない」

とも言えますよね。

この中で自分に合うイメージを選べば良いと思います。


また、ひじを体から離さないから、クラブが遅れない

縦にコックすればヘッドは遅れない

横にスナップするからヘッドが遅れる。

振り遅れとは要するにヘッドが体の右側にずれるから起こります。

縦ではなく右横にコックすればその時点で既に自ら振り遅れを

招いています。さらにフェースも開きます。

この、ひじと手首の両方を解決しないと振り遅れ、フェースの開き

は治まりません。



また、トップからどこを最初に下ろすのか

右ひじか

グリップか

ヘッドか


皆さん、どうイメージしていますか


つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

vay さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> まちがってますよ

そうでうすか!
ご指摘ありがとうございます。

まちがってますよ

andy さん Re: タイトルなし

こんばんは!!
早速コメント有難うございます!!

> 右肘を下ろす意識だと、右肩が下がりそうだし・・・
> グリップ!?
> グリップを最初に下ろす意識だと、右肘は体にくっつく 
>   
> と思います。

人によりイメージ、表現は違うと思いますが、まずヘッドでは完全にアーリリリースで論外ですすね。
自然落下とはおもにヘッドの自然落下をさしています。

仰る通りに、目的は「右肘は体にくっつく」が正解ですよね。

ただ、問題はそうなるために、先に下ろす意識を「腕の先端のグリップにするのか、より体に近い右ひじにした方が良いのか?」どちらがより効率的で弊害が少ないか?ですよね。
また、意識は常にどこに最もあるべきか?ですね。

その前に、「右肘を下ろす意識だと、右肩が下がりそう」
ここは非常に重要ですが、ひじを下ろすのはトップのひじが水平から脇を閉めて体に触るまでのるまでの初動といえるほんの一瞬です。
そして、肩とひじは絶対に連動させてはいけません。
むしろひじを下げるから肩が下がらないのです。
剣道の面でひじと肩は絶対連動しないですよね?


お久しぶりです。僕のイメージですが、右肘を右脇腹に付けながら、右手の小指側を右足の太もも外側辺りに持っていこうとすると、左腕が胸をおします。ここでクラブのヘッドが前方に倒れ出すのと、体が回転したがるのを少し我慢?前傾を維持しながら、右肩我慢すると、クルリンパと身体が反転します。その時にヘッドが外から来ますが、右肩我慢でボールの右外から打ちます。意外と、ボールは右に飛んで行き、左に帰ってくるドローが出ます。あってますか?後、アプローチでも、飛球線にヘッドを振るとスピンが掛からず、ドライバーとアイアインみたいに、右上から打つとスピンが効きます。これも、あってますかね?

右肘を下ろす意識だと、右肩が下がりそうだし・・・
グリップ!?
グリップを最初に下ろす意識だと、右肘は体にくっつく 
  
と思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR