ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

常に重要な右ひじ 3

チビ太さん、こんばんは!!

早速コメント有難うございます!!

> お久しぶりです。僕のイメージですが、右肘を右脇腹に付けながら、
右手の小指側を右足の太もも外側辺りに持っていこうとすると、
左腕が胸をおします。ここでクラブのヘッドが前方に倒れ出すのと、
体が回転したがるのを少し我慢?前傾を維持しながら、
右肩我慢すると、クルリンパと身体が反転します。

完璧な表現ですね!!

左肩の横回転リードでグリップを引っ張るのではなく、

むしろ左腕に左胸が押されるまで左肩は回らない。

要するに完全に「勘違いボディーターン、レイトヒット」の逆ですね。

その後は、要するに右サイドが前に出て、ヘッドがアウトに出る前に

グリップを下げ切りたい
、と言うことですよね。


> その時にヘッドが外から来ますが、右肩我慢でボールの右外から打ちます。
意外と、ボールは右に飛んで行き、左に帰ってくるドローが出ます。


そうですね。グリップはかなりインサイドアウトに振るイメージですが、

ヘッドは体の右正面で上から遅れて下りて来るので実はグリップより

遥かに、想像以上にストレート軌道です。


ヘッドもグリップと同じようにインサイドからアンダーで振っていた

アマにとってはストレート軌道はかなりアウトサイドインに感じるでしょう。

しかし、それがストレート軌道で、本物のダウンブローです。



グリップは下がりきってもヘッドはまだ上に残っている。

でもヘッドは体の右横ではなく、右前にあるので、

体が早く回ってしまうと、ヘッドは直ぐにアウトに出てしまう。


だから、右を向いたまま、まずグリップを下げきることが重要なのです。


> あってますか?後、アプローチでも、飛球線にヘッドを振ると
スピンが掛からず、ドライバーとアイアインみたいに、
右上から打つとスピンが効きます。これも、あってますかね?

目線だと腰の高さくらいまで飛球線上に上げて、

ダウンも同じく飛球線上を下りて来ます。

かなりアウトに感じると思いますよ。

ヘッドは常に体の前ですからね。

そしてテークバックもダウンもコックが効いていますから、

ヘッドの位置は常に高いです。

上から打つ感覚になると思います。

クラブは常に体の前でV字に動くからそうなるのです。

腕で操作してスティープにダウンプローに打つのではなく、

手首が柔らかく、ヘッドは自然落下に任せているので

必ずグリップよりかなり遅れて下りて来ます。


だから、一瞬でも体が早く開けば即ヘッドはアウトに出てしまう。

しかし、だからこそ体に対してヘッドは遅れない、振り遅れない。

だからこそ、コックも、体の回転もタメができる訳です。

コックを右横に折ってヘッドを体から右へずらしたら

もう正確に戻すことは不可能です。

アマは、皆その不可能に挑戦しているのです。


バンカー練習のように地面に直線を書いてひたすら打つと分かります。

なぜ、狙った通りに直線を打て無いのか?

こんなに簡単なことが、なぜ何年やってもできないのか?

なぜ、毎回、毎回取る砂の深さが変わってしまうのか?

つるはしやくわで穴を掘ったらどうなるのか?

ゴルフよりよっぽどましに狙った位置に一定に下ろせるはずです。

なぜか?

つるはしでは体を回転させないからですよね。

じゃー、ゴルフクラブでも回転しなきゃ良いんですよ。

「打ってから回る」ってそういうことです。

もちろん、腰は回っていますよ。

でも肩が回ってないから、狙った所に一定に下ろせる。

球を打つより地面や砂や雑草を打つほうがよっぽど練習になります。

インパクトしてから回転する。


砂の深さは?

右ひじの軌道(体に対する位置)・角度と手首の角度です。

前傾が一定で、右ひじ角度、手首角度が一定ならOKですよね?

もちろん右肩が前に出たり、落ちたりは論外ですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR