FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フィニッシュまで完璧に振り抜くには 2 クラブじゃなくて、腕を振る

まさ さん、こんばんは。

コメントどうもありがとうございます!!

> やっと読破しました
> 大変勉強になっております。

ありがとうございます!!恐縮です。

> 早速ですが質問させてください。ちょっと前まで、
自分はトップからシャフトが寝て、あおり打ちになってました。

殆どのアマはそうです。普通にレッスン書を見てインサイドアウトに

振ろうとしたら殆どそうなりますからね。


> ブログを見て、まず限界まで腹斜筋を捻ること、
> トップから先にグリップを落としてから回ることを意識しています。


あ、上体の捻転より、まず下半身の捻転を先に重視してくださいね

上体の捻転を強くしようとするとスイングによっては

上半身の力み、オーバースイング、伸び上がり、アーリーリリース

に直結する可能性が出ますから注意してくださいね。


> すると重力によってグリップを下げると、イメージではインパクト
までは非常にゆっくりな感じがするのですがよいのでしょうか?
> 腰の高速回転まではいつもよりゆっくりなイメージになるので
飛ばないのでは?と疑問になります。
> 実際の弾道はボールがなかなか落下しない伸びが確認できてます。
ちょっとドローしますが。


その感覚で問題ないです。ゆっくりの方が無駄が無く良いと思います。

全部読まれた上での最初のご質問なので非常に貴重なご意見だと思います。

確かにゴルフ用語での言葉の説明では誤解を招くと思います。

私の説明が不十分なのでしょう。



 まず、H/Sはインパクト前後の一瞬の角速度の問題なので、

タメによる差の影響が非常に大きいです。

ですから、体や腕が動くスピードは全く関係ないです。


むしろ、一般アマレベルでは、体や腕のスピードが速い

と言うことは無駄が多い可能性の方が高いと思います。

ただ、最適なタメの大きさは、技量、人のよりそれぞれなので

体、腕のスピード、グリップスピードは全くそれぞれ異なり、

飛距離との連動性は無いです。

ドラコンでも両極端の範囲で本当に様々ですよ。



 次に、自然落下の具体例は、つるはしか、くわでの穴掘りです。

餅つきでも良いでしょう。ボーリングも同様です。


ご自分なら、どうやって重い先端部分を振ると説明しますか

「スナップを使ったり、腕力で引き下ろす。」と言うでしょうか

それは無いですよね。

そんな事は重すぎて疲れるだけで、効果がないと直ぐに分かります。

餅つきなら危険ですよね(笑

むしろ逆にコントロールが悪くなり、加速的にも逆効果だと分かります。

たまたま強烈に上手く加速できたとしても再現性がなく非現実的です。


ゴルフクラブは軽すぎるから重力落下の利用が感じ取り難いのです。

どうしても手先の力で加速する誘惑に駆られてしまう。

それがコントロールでも、H/Sでもとでもない逆効果なのです。



試しにウェッジのヘッドをシャフトの下に向けて頭の真上に縦に振り上げ

真下に向けてヘッドから柔らかい地面に突き刺してみてください。

ツルハシと全く同じ振り方になりますよね。

縦に真下に振れば、実はヘッドも腕も

相当重いと言うことに気が付くと思います。



クラブが軽いので腕を横に振るから

腕の重さが分からない。


そして、ヘッドをなるべく最短距離でほぼ一直線に真下に

振り下ろそうとするはずです。

その時、腕力も握力も全く必要ありません。

重力だけで腕を振っても決して腕もH/Sも遅くないですよね。

むしろその方が腕も速く振り下ろせます。

まず、最初にスナップや腕力ではなく「重力」を最大限利用します。

そして、しっかり軌道に乗って加速し始めてから、

初めて更に加速する様に押すように腕を更に加速して振り下ろします。

しかし、軌道がずれない程度に微妙に加減しながら押しますよね。

これは「クラブを振る」というより、

「重力落下+腕を振る」

ような感覚です。


と言った方が分かり易いかな。

投球のように腕は当然脱力でしなやかに使いますよね。

クラブを振ろうとすると特にクラブに近い部分が力みます。

でも、肘下切断イメージでクラブは重力に任せておいて、

単に腕を振れば投球同様、脱力で効率良く高速にしなやかに振れます。

ヘッドは放っておいても体の前にさえあれば振り遅れの心配はありません。


また、これはボーリングだと良く分かります。

同じ16オンスを投げても人によってスピードは全然違います。

パワーより落下してくる軌道を変えずに、上手く押す要領の差ですね。

欲望に負けて、力んで引っ張り下ろしたり、強く押したらボツですね。


まさ さんは既に殆ど自己解決されていると思いますが、

同様な疑問をお持ちの方はお分かりいただけたでしょうか



 実際のスイングでは、肘下切断イメージでグリップ、

クラブは完全に重力だけで落とします。

ただ、上記の説明のように腕は振ります。

この「腕の振り」で野球の投手の球速同様個人差でH/Sが全く変わります。


自然落下、重力落下、落とす、等のゴルフ用語がかなり誤解を招く

ことは分かっていても、簡潔に書くために
つい使わざるを得ないのです。

それ以外に「より良い簡単な表現」がなかなか見つからないか、

毎回面倒な説明をくどくどしなくてはならない。それは無理です。


ドラコンでも、ゆったり振る人と物凄くテンポが速い人の

両方がいます。その違いは「体の動きのスピード」の差です。

でも飛ばで必要なのは一点、一瞬だけです。

事実上「一瞬のインパクトゾーンでのヘッドスピード」

「角速度」なのです。


> また自分の場合身長も165と低いので全身を使いたいのですが、
主に下半身と腰回りの運動というか、動かさないように耐えるというか、
それで飛ばすという認識でよいですか?

下半身を使う絶対条件は「右に乗り切る」ことです。

右に乗り切ってから上半身で切り返したら

どうなると思いますか

左へ上半身から倒れますよね(笑

乗っていたら上半身始動など、したくてもできないのです。

完全に右に乗っていないから、上半身から切り返せるのです。

殆どの方は、ここに全く気が付いていません。

右に乗り切って初めて下半身から切り返せるのです。

そして、下半身を最大限に利用できるのです。

まず、右股関節に乗り切るのが大前提ですね。



> ちなみに正しいスイングができた時はHSは最低でも
いくつくらいでるのでしょうか?
> 以前は47くらいで今もさほど変わってはいないようです。
まだスイング間違ってるのでしょうか?

47なら全く問題ないですよ。

安定性、再現性を重視するならむしろ良いレベルでしょう。

世界レベルの女子プロでもそこまで行かないですからね。

通常の飛ばし屋でも49~51くらいでしょうね。

同じH/Sでもバックスピンで飛距離は数十ヤード変わりますよ。


丁度今ののテーマの「フォローの振り抜き」で、

H/Sはかなり変わると思いますよ。

上手くいけば5m/s位直ぐに変わるでしょうね。

とにかくヘッドスピードの邪魔をしているのが

主に左肘角度と腕の力みです。

それを治すのに筋力は要らないですからね。

要領だけです。


まささん、今後もよろしくお願い致します。

またコメントお待ちしていますね
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: 回答ありがとうございます。

おはようございます!!

> 説明は完璧だと思います!
> 解釈の問題です、かなりの確率で。
> ここまで丁寧な解説はみたことないですのでm(_ _)m

そうですか!良かったです、ありがとうございます。

> 回答を拝見しました!
> 下半身の捻転ですが、上半身を捻って下半身をなるべくアドレス状態に維持して、上下の捻転差を作るというイメージなのですが、まさか下半身だけでも捻る部分がありますか?
> もしかしてブログに記載あったのを見落としてる可能性ありますね……。



> 右にしっかり!了解しました

まささんは十分にお分かりだと思いますが、右に大きく移動してしまうとスウェイして股関節から外れるので、しっかり股関節に加重ですね。そのためには右足と右脚の両方を外旋でねじっておいて肩を縦回転していくと右ひざ、右腰が横や後ろに逃げないので十分に加重して、タメが出来ます。

> スイングについては、つまり、同じHSの場合、タメが強い人は全体のスイングスピードが遅く、タメが少ない人はスイングスピードが早いという感じでしょうか?

同じH/Sでタメだけで比較するとそうなりますね。タメが無ければ腕で引っ張り回さないといけませんし、ボディーターンを勘違いすれば体を高速で回そうとしてバランスを崩したり、力感が出て動きが激しくなります。
でも見た感じで影響が大きいのは無駄な動きでしょうね。同じテンポでもプロはゆったりに見えます。これはムダな動きがなく、最短距離で動くの為、全体の動き自体が少ないのでゆったりに見えます。

> 筋力より柔軟を意識してみます!

筋力より股関節、肩甲骨の柔軟性、稼動域の広さですね。そうなるとむしろ肩周りの無駄な筋肉は邪魔になる可能性がありますね。剣道の1,000本素振りでは筋肉を使わないで逆にそぎ落とし、肩を骨と皮だけにしてスピードをつけると昔から言いますからね。ゴルフで木刀の素振りは聞いた事がありませんが縦振りなので良いかもしれませんね。

> これからもしっかり勉強させて頂き、再現性のある、強いスイングめざして頑張りますので、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

こちらこそ宜しくお願い致します。
またコメントお待ちしています!!

回答ありがとうございます。

回答を記事にしていただいて光栄です!

ありがとうございます。

説明は完璧だと思います!

解釈の問題です、かなりの確率で。
ここまで丁寧な解説はみたことないですのでm(_ _)m

回答を拝見しました!

下半身の捻転ですが、上半身を捻って下半身をなるべくアドレス状態に維持して、上下の捻転差を作るというイメージなのですが、まさか下半身だけでも捻る部分がありますか?
もしかしてブログに記載あったのを見落としてる可能性ありますね……。


右にしっかり!了解しました

スイングについては、つまり、同じHSの場合、タメが強い人は全体のスイングスピードが遅く、タメが少ない人はスイングスピードが早いという感じでしょうか?

筋力より柔軟を意識してみます!

これからもしっかり勉強させて頂き、再現性のある、強いスイングめざして頑張りますので、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

お世話になっております。
本日、私が撮った動画を見ていたら発見がありました。
自分と相文の後方からのコマ送りでの比較です。尚、同機器なので撮影条件は同じです。

1.私のスイング
 ・top~HWDまでで、既にシャフトがぶれている・・タメが解けて動いている。
 ・トップから8コマでインパクト。

2.相文のスイング(ショートアイアン)
 ・top~HWDまでで、シャフトがぶれておらずくっきり見える。クラブは不動でグリップ(右肘)を落としているだけというのが分かります。
 ・トップから7コマまでインパクト。

グリップを落下時の“ゆっくり感”というのを感じたことがありませんでしたが、こういう事なのですかね。
素振りではやっていたつもりでしたが、実際にこれで球を打てるようにしたいです。
 
 

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR