ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フォローの振り抜き方向と左肘の畳み方 1

 丁度タイミングの良いコメントなのでご紹介させて頂きます

アイアン大好き さん、はじめまして

コメントどうも有難うございます

> 偶然にもこのブログを拝見し、とてもわかりやすい解説に、
勝手ですが私のバイブルとさせていただいております。
> ゴルキチ様の解説を私なりにイメージして取り組んでおりますが、
インパクト以降のフォロー部分で疑問があります。

有難うございます。光栄です<(__)>

やっぱりフォローについてのレスポンスが多いですねー。

もう少し早くフォローに移った方が良かったですね。

> V字軌道、縦コックだけだと極端なアウトサイドイン(大根切りのような)
になるため、肩・胸を回すことで体からグリップが外れることなく
インサイドからシャフトが立って下りてきて、
なおかつ肩の開きを我慢することで右足前にグリップを下ろすことができ、
同時にタメが出来るという自分なりのイメージで解釈しております。
> 実際にショットが変わりシャフトのしなりを使えている実感があります。


 その通りですねクラブを体の前に維持すると、肩を開かないで

まず右肘を真下に下ろし、その後グリップをかなりインから下ろす。

かつ、コックを維持してシャフトを立てたまま、じゃないと

ヘッドは直ぐにアウトに出てしまいますね。

完璧な分析ですね


> ところが肩の開きを我慢することがフォローへの回転を邪魔しているのか
腕の畳み方が間違っているのか、インパクト以降のスムーズさがなく、
ドライバーなど長いクラブで飛距離を伸ばせていません。


 完全にご自分で原因が分かっていらっしゃいますね。

少し確信が足りず迷われているようですね。

インパクトまでと一転して、体の回転不足フォローの振り出し方向

左肘の畳み方腕を放リ投げるイメージ等が、

大きなテーマになってきますね。


> まだ余計な力や動きがあり、遠心力に任せ切れていないのかも
知れませんが、フォローに向けて加速するようなフィニッシュが
取れるようになりたいと思っております。


 HWD以降、体はフォローではなく、既にフィニッシュに向けて

振る体制になっています


そうすると体はクラブと腕と一緒に飛球方向に流れずに残ります。

カウンターバランススイングで考えると簡単になりますよね。

肘下は切断イメージで、フェースコントロール以外、

腕の振りに関しては、遠心力に任せて既に放り投げている状態です。

何かしらクラブに操作すると、逆にブレーキがかかります。

腕ごとクラブを放り投げて、出来る限り抵抗を少なくして

スムーズに行かせる事が課題ですね。

実は、手首と左肘間接の抵抗がかなり大きく作用します。

手首と左肘間接を畳む方向、畳み方が大きなテーマ
になりますね。



> 今回フォローについて一部触れていらっしゃいますが、
「体は回しても肩は開かない」これがスムーズに
しかも加速感を伴って出来るようになりたいと思っております。
> 何かの機会にその点について解説をお願いできればと思います。


 実際問題フィニッシュに向けて体が回転すれば肩は開いていきますが、

インパクト直後から体を早く回そうとし意識すればするほど

確実にそれより早いタイミングで肩が開いてしまいます。

もしも肩を横回転させていれば、更にガバッと肩が開きますね。

しかし、回転が少しでも遅れると左肘が詰まり、

フォローの抵抗が大きくなる


この問題を解決しないと先に進みませんね。

実は「肩を縦に回す」が、その解決手段の一つ>なんです。

飛球線に沿って回るので開き難く、かつ抵抗が少なく

スムーズに高速回転します。




フォローの振り抜き方向と左肘の畳み方

 この図を見てください。

体の前でV字軌道に振っている図です。

ちょっと分かりにくくて申し訳ないですが。

オレンジがアドレス緑が右肩上=トップ青が左肩上=フォローでの

トップと対称の位置
で、太い線が前腕、細い線が上腕、赤がシャフト

ピンク失敗例脇が開き、肘間隔が開き、シャフトが飛球線と

平行になりません。

ピンクはトップでフライングエルボーで頭の上にシャフトクロス。

はフォローで左肘が引けて、アウトサイドイン軌道で必要以上に

インサイドに引っ張り込んでいる状態を示しています。

V字軌道 正面 2

 脇を閉め、肘間隔を閉めグリップが黒線の様にV字に縦に動けば、

トップで右前腕は垂直でシャフトが飛球線と平行が正しい。

フォローはその対照で左前腕が垂直になり、左肘が縦に真上に

折れて抜けていくのが正しい。

当然、遠心力で多少外にずれますが、意識としては両前腕は

垂直に縦に曲げていきます。


これが手首と肘関節に唯一最も抵抗が少ない形であることは、

この図の様にV時に振ってみれば誰でも即座に分かる筈です。


ピンクの軌道では手首と肘関節に負荷=ブレーキがかかります。

腕を遠心力で放り投げた場合では、このブレーキは大きいですし、

フィニッシュまでたどり着かない原因になります。


従って、フォローで手首と肘間接の抵抗を最も小さくするには

ここに自然に抜けるようにフォローを振り出せれば正しいのです。

それは、トップの切り返しから既に決まってしまいますよね。


つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

メンチ さん Re: テークバックについて

はじめまして!!
コメント有難うございます!!

分からないことはどんどん聞いくださいね!

> はじめまして。
> ゴルキチさん。
> 僕はしばらくの間(5年ぐらい?)ゴルフをしていなかったのですが、3ヶ月前ぐらいからまた本格的に練習をし始めました。
> そしてゴルキチさんのブログを発見し、教科書にしております。

有難うございます!!

> 僕はテークバックからトップにかけてが納得がいかなく、日々ゴルキチさんのブログで「テークバック」で検索をしながら試行錯誤しております。
> そこでゴルキチさんに質問があります。
>
> ①テークバックで腕をV字に右肩方向に上げるときは常に両脇は締まりながら上げるのでしょうか?
> 今までは両脇が開き気味にテークバックしていたため、脇締めを意識してやると、トップで両腕の位置がすごく低く感じるようになります。

あー、これは誤解されても仕方ないです。
大変申し訳ありませんが、ゴルフの場合「脇締め」の意味合いが少し違うんです。
これは書くほうが悪いんですが、毎回但し書きも出来ないのである意味暗黙の了解のゴルフ用語でしょうか。
「常に体の近くを通す」、「両肘間隔を締める」、「常に体側に沿って肘は下向き」、「常に体の正面にある」等の動作により、「両肘は常に体に非常に近くにある」と言うような意味なんです。
あくまで「近くを通す、近くにある」であって、実は「くっつける」意識は逆にまずいです。
確かにインパクト前後の一瞬は体と腕が一体で動きますが、あくまで瞬間だけで、スイング中付いたり離れたりするので意識的に締める感じではなく、あくまで近くを通す、擦るという感じです。トップでは上腕は水平ですから脇は90度に開けます。フォローでは脇は積極的に開けていきます。そうしないと大きなアークは描けません。しかし、体の横にはずらしません。常に正面にあります。両肘の間隔を締めているので。
ですから、脇を閉めると≒両肘間隔を閉めるに近いですね。


> ②縦コックはテークバック開始後早めに意識してコックしたほうが良いのか?意識はせず自然にバックスイングの中でコックされるほうが良いのか?どっちがいいでしょうか?
> 僕の感じだと意識して早めにコックすると球は高く上がるようになります。
>
> 意識してやっていてもカメラで実際に撮ってみると、こうもイメージと違うのかと毎回嘆いております。
> どうかご指導お願いします><

縦のコックの動きと、横の体の回転の合成でプレーンが決まります。
コックが早ければスティープに上がります。体の回転の方が速ければ低めに上がっていきます。
私はHWBまでは自分の目線で飛球線延長上を目安に上げていきます。常にチェックが楽ですし、後方からのビデオでは丁度良い感じだからです。通常これだとかなりアウトに感じると思いますがそれくらいストレートで上げた方が良いと私は思います。アンダーだけは良くないですね。
ただ、シャフトの長さ、ライ、要求する球筋、各人のスイングによりそれは微妙に変わりますので試行錯誤で自分にあった上げ方を模索していきます。

ご回答ありがとうございます

ゴルキチ様、こんにちは。
早速のご回答ありがとうございます。
このブログはコメントの中にも大きなヒントがあり、過去のコメントも多いに参考にさせていただいておりました。今回コメントを取り上げていただき、とてもうれしく思います。

フォローについては「肩を縦に回す」「カウンターバランス」をキーに、じっくり取り組みたいと思います。また「切り返しから始まっている」というのは、肘下は切断イメージを徹底することかなとも思っています。
個人的なことですが、私のコースでのミスは力み(肘下切断が出来ていない)がほとんどです。球に当てる、上げる、飛ばす意識が出てしまい、腕に力が入り、アーリーリリース気味にハンドレイトインパクトで、トップがでたり、もしくは芯をはずした弱く高い弾道で距離が届かずというパターンです。
自分で、今のショットが手打ちか否かの判断に自信がないことも、遠心力・カウンターバランスが出来ていないということなのでしょう。
まだまだ課題盛りだくさんです。
これからも宜しくお願いいたします。

テークバックについて

はじめまして。
ゴルキチさん。

僕はしばらくの間(5年ぐらい?)ゴルフをしていなかったのですが、3ヶ月前ぐらいからまた本格的に練習をし始めました。
そしてゴルキチさんのブログを発見し、教科書にしております。

僕はテークバックからトップにかけてが納得がいかなく、日々ゴルキチさんのブログで「テークバック」で検索をしながら試行錯誤しております。
そこでゴルキチさんに質問があります。

①テークバックで腕をV字に右肩方向に上げるときは常に両脇は締まりながら上げるのでしょうか?
今までは両脇が開き気味にテークバックしていたため、脇締めを意識してやると、トップで両腕の位置がすごく低く感じるようになります。

②縦コックはテークバック開始後早めに意識してコックしたほうが良いのか?意識はせず自然にバックスイングの中でコックされるほうが良いのか?どっちがいいでしょうか?
僕の感じだと意識して早めにコックすると球は高く上がるようになります。

意識してやっていてもカメラで実際に撮ってみると、こうもイメージと違うのかと毎回嘆いております。
どうかご指導お願いします><

意識の違いでしょうか?

ゴルキチ師匠。
今晩は♪過日は朝の6時にご返事を頂き恐縮しております。。。

「つづく」が御座います中で、横から失礼いたします。

「V」字軌道は大変良く判ります。
ちょっと初心者的な質問になるかもしれません。判って無いのは私だけかもしれません。ご容赦下さい。

Q①
「V」字でのテークバック。
アドレスを取り、その場で左手親指方向にV字に上げる。そのまま上半身を捻転すればトップになる。
このケースと、「テークバックは30cmは真っ直ぐ引く」(特に1Wの場合右足の前まで)の意識は、上で書いた事を実践した結果が、この様になると判断すべきでしょうか?

それとも1Wに関してのみは、右足前まで引いてから(インには入れない)、このV字で上げて、アイアンはテークバックと同時に「V]字で上げる。。。。

と分けるべきでしょうか?


Q②
実はフォローで、まだまだ判っていません。
トップが出来た♪
今度はその位置で、左肩を開かず。。。
右肩を落さず。。。
右ひじを真下に下ろしていく。
いわゆる、右を向いたままで、上げた「V」字を落す。

この時点ではまだ十分右足加重のまま、左腰は自然にアドレスの位置に戻る動きを初めている。。。HWDまで落し切ったポジションです。
ここまでは合っていますでしょうか?(汗)

極論になるのかもしれませんが、この落しきったポジションから、今度は「V」字で「上げて行く」動きが、理解できておりません。
すみません。こんな質問で。。。。
ここで「V」字に上げるという動きは、ゆっくりやれば、確かに両腕は体の正面にキープされ、腰の回転に伴い左ヒジは折りたたまれて抜けて行くのが判ります。

所が。。。

これだと右腕の伸ばし、フォローへの抜け方が判らなくなっちゃいました。
HWDまで来たら、伸ばしきる。
これにより手をこねないでフェースターンが行われる。長いインパクトゾーンを作りたいと考えております。
この後に、「V]字方向にフォローを取って行く。
これだと「打って」から「回る」の感覚でもあるのですが、。。

それとも、これは間違った動きで、インパクト=「V」字上げ。これが結果的には正しい動きとして実践する動きなのでしょうか?
ボールを両脇に挟んで腕が「体の正面から外れない」を考えれば理屈では判るのですが、フォローで「体が正面を向いたまま腕は抜けていく」と考えると。。。。
夜も眠れなくなります。。。爆
実際この動きで打ちますと、インパクトが「点」になってしまいがちで、球がバラけてしまいます。
でも、これが本当の動きだとした場合は、何を気を付ける事で「ゾーン」となるインパクトになるのでしょうか。
何だかこの「V」字上げをマスターしないと進歩が無いのか?HSが上がらないのか?と感じてしまいました。。
因みに、フォローで「チキンウイング」にはなっておりません。

このフォローでの「V」字の抜け方をご指導頂ければと思います。
もしかして。。
私はとんでもない間違いを行っていたのか??と感じてもいます。



EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR