ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ゴルフの「脇締め」の意味の違いと注意点

 今回はゴルフ用語としての「脇締め」について説明します。

また、コメントへの回答形式でいきます。

メンチ さん Re: テークバックについて

はじめまして!!

コメント有難うございます!!

分からないことはどんどん聞いくださいね!

> はじめまして。ゴルキチさん。
> 僕はテークバックからトップにかけてが納得がいかなく、
日々ゴルキチさんのブログで「テークバック」で検索をしながら
試行錯誤しております。 そこでゴルキチさんに質問があります。
>
> ①テークバックで腕をV字に右肩方向に上げるときは
常に両脇は締まりながら上げるのでしょうか?
> 今までは両脇が開き気味にテークバックしていたため、
脇締めを意識してやると、トップで両腕の位置が
すごく低く感じるようになります。


 ゴルフの場合「脇締め」の意味合いがかなり違います。

まず基本的にゴルフは、ゴリラスタイルで背筋を伸ばして

腕はブランと垂らします。と言うことは腕は肩から垂直に

脱力で下がっている訳です。ただ脇を締めると上腕が体に近付き過ぎて

垂直になりません。また、近づける為に腕に余分な力が入ります。


 ゴルフで脇締めとは2種類考えられると思います

1、上腕付け根と胸の前後の距離を近付ける事
  
 .そのうち腕を体に近づける(腕は垂直に垂れない)

 .胸を腕に近づける(背筋を伸ばし、肩を前に出さな=猫背にしない)

2、上腕と体側(体の横から)の左右の距離を近付ける事 

 
 良く聞かれると思いますが、アドレスでグリップする時

腕は横から(=肘を外向に)出さず、胸の前に乗せてから

=肘を真下向きにして、それは非常に重要で、

「両肘間隔を最初から最後まで締めろ」とはこの事です。

肘の距離を変えない=終始肘が下向き=フェース面が一定、

これが、「ゴルフの脇を締める」です。


 そして、腕を脇や胸に近づけないで、胸を上腕に近づけます。

実は、これで全く変わります。

この秘訣は皆さんもまず聞いた事が無いと思いますが、

これによって、腕は力まず、垂直に垂れ、背筋が伸びると言う

非常に効果がある秘伝です。


そして、「締める」と言うと「しっかり付ける」様に思われてしまう

と思いますが、そうではなく「近くを通す位」の意味だと
と考えて下さい。

あくまで力まない、硬くならない、腕を伸ばし切らないことが需要です。

しっかり付けてしまうと腕にブレーキがかかってしまいます。


 また、トップとフォローでも両肘の間隔は締めたままですが、

脇は当然開いていきます。この時にも脇締めを優先したら腕の動きが

制約されて上がらなくなってしまいます。

トップでは右上腕は水平まで上げるので右脇は90度開きます。

フォローでは腕を放り投げるので、肘間隔を一定以外は、

脇は開放します。

従って、終始「脇締め」と表現することもありますが、

この場合は、肘間隔一定=前から見たら脇は開いてはいない

ですね。ちょっと紛らわしいですがその様に判断してください。


> ②縦コックはテークバック開始後早めに意識してコック
したほうが良いのか?意識はせず自然にバックスイングの中で
コックされるほうが良いのか?どっちがいいでしょうか?
> 僕の感じだと意識して早めにコックすると球は高く上がるように
なります。
>
> 意識してやっていてもカメラで実際に撮ってみると、
こうもイメージと違うのかと毎回嘆いております。
> どうかご指導お願いします><


 縦のコックの動きと、横の体の回転の合成でプレーンが

決まります。 コックが早ければスティープに上がります。

体の回転の方が速ければ低めに上がっていきます。

私はHWB直前までは自分の目線で飛球線延長上を目安に

上げていきます。


常にチェックが楽ですし、後方からのビデオでは丁度良い感じ

だからです。通常これだとかなりアウトに感じると思いますが

それくらいストレートで上げた方が良いと私は思います。

インサイドにアンダーに上げるのは良くないですね。

ただ、シャフトの長さ、ライ、要求する球筋、各人のスイング

により、それは微妙に変わりますので試行錯誤で

自分にあった上げ方を模索していきます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

アマチュアゴルフ研究家 さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> いつも参考にさせてもらっています!

コメント大変有難うございます。
ブログは更新が大変ですが楽しいですね!
お互いにがんばりましょうね!

メンチ さん Re: お返事ありがとうございます

こんにちは!!

> これでテークバックに関する疑問が一つクリアされた気がします。
> 秘伝の「胸を上腕に近づける」さっそく試してみますね。
>
> 最近、練習では回転意識をせずクラブヘッドを直線的に飛球線後方遠くに上げる感じでテークバックすることを心がけています。
> しかし、ヘッド軌道を意識するせいか多少腕が力んで上げてしまっている気もします。

最初は何でもそうです。スイングをいじると余分な力が入りますよね。たてのV字と横の回転のバランス調整ですからね。試行錯誤で恐る恐るでも仕方ないですよ。段々スムーズに自分のものになり全然楽勝になります。

> ゴルキチさんの記事の「自然なスイング」を参考にしながらウエイトボールも購入しましたので練習したいと思います。
> また、質問させていただくときは
> お手数おかけしますがよろしくお願いします。

いつでもコメントくださいね!
お待ちしています!

いつも参考にさせてもらっています!

お返事ありがとうございます

ゴルキチさん
僕の質問内容を記事にまでしてもらって
大変嬉しく思います。

これでテークバックに関する疑問が一つクリアされた気がします。
秘伝の「胸を上腕に近づける」さっそく試してみますね。

最近、練習では回転意識をせずクラブヘッドを直線的に飛球線後方遠くに上げる感じでテークバックすることを心がけています。
しかし、ヘッド軌道を意識するせいか多少腕が力んで上げてしまっている気もします。

ゴルキチさんの記事の「自然なスイング」を参考にしながらウエイトボールも購入しましたので練習したいと思います。
また、質問させていただくときは
お手数おかけしますがよろしくお願いします。

脇締めの正体

ゴルキチさん、先日は質問にお答えいただきありがとうございました。
本当に紛らわしいゴルフ用語(?)が多いですね。
「脇締め」も代表格だと思います。

さて、私はこの部分についてこんな拘りをもっています。
ゴルフスイングでは胸に上腕裏を着けた状態(アドレス)からV字で右肩方向に上げて(胸から離れ)、また上腕裏を胸に着け、またV字で左肩方向に上がる。これだけ。
ただ、I字でなくてV字軌道なので、下りてくる時に右肘が先に着く。そこから左上腕裏まで着くまでの間、両上腕裏で胸板を右から左へ少しだけ擦ります。その後は今度は右腕が伸びるので右上腕裏が先に胸を離れてV字に上がります。
この胸板を両方の上腕裏が擦る時が、理想のインパクトの瞬間。
そしてゴルキチさんが言う「肩は縦回転」の正体も、上腕裏で胸を叩かなきゃならないということになりますか?前傾に対して水平では腕は胸を擦らず通過していきますよね。
いえいえ、師匠からの受け売りなのですが(笑

そしてゴルフスイングは、この動きと下半身の動きのコラボです。
トップから左腰が微妙にうねり始め、左側の尻が飛球線後方を向きに行きます。
この下半身の動きが先導するほどインパクトゾーンが長くなる。何故なら左の懐が大きくなるからです。
因みに胸を正面に向けたまま下半身の動きなしで両腕だけでV字軌道をした場合、両上腕裏はほぼ同時に胸に着くのでインパクトは点になります。

だから、私にとって「脇締め」は両方の上腕裏と両肘が、下向きと言うよりは、常に自分の胸を向いて且つ胸の幅に位置している状態と肝に銘じています。

ゴルキチさんの書かれていることと近いでしょうか?
コメントいただけると嬉しいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素振りだ~!

最近の肘問題のために、今日は結局家でいろいろ調べながら素振りで解決法を探っていま
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR