ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ゴルフスイングは横回転ではなく縦回転

 今回もコメントの質疑応答です。

ゴルファーなら上級者でも誰もが持ち続けるテーマです。

まささん、おはようございます!!

> 自分の癖はフォローでのコックを使いすぎ、ひっぱたきしすぎて
腕とクラブが一直線にならず、左肘の向きがうまく畳めないこと
なのでこれからのテーマが非常に楽しみなのですが……
>
> おさらいなのでざっくり書きますが、
> 体幹を主としてクラブを左サイドから押し込んでいき、限界点、
いわゆるトップから右肘を下ろします。
>
> まず1つは、この下ろしは下ろし過ぎは問題ですか?


左腕は伸びていますし、タメができてヘッドが上にあれば下ろし過ぎ

は無いですね。むしろ、下ろし過ぎ程下ろせたら凄いですよ。

スナップは使わない方がいいです。飛ぶような気がしますが

結局は飛びません。リスト、スナップを使わないでフィニッシュまで

振りぬきます。左肘は常に真下に向けます。

また、ひっぱたくために右手が勝つと弱い左が負けて左肘が詰まって

引けて畳めません。その意味でも弱くて不器用な左腕の強化は

常に欠かせませんね。決して左リードとか、左で振れと言う訳ではなく

利き腕に対して、左腕は余りにも弱過ぎるものです。


> 何しろ右肘を右脇に絞りすぎてクラブが寝る癖もあるようなので、


 これは注意しないと誰もが起こりうる事です。

「絞る」と言う表現を使う方もいますが、右ひじはすんなり下ろす

方が良いです。「絞る」と言うと右肩が落ちたり、前傾以上に

右体側を縮める事になるので、確かに良いイメージではないです。


グリップを下ろす時に「クラブが寝る」と言うことは、

1、コックが解けて手首が伸びてヘッドが下がっているか、

2、左手が上、右手が下にある=縦コックではなく、横コックに

なっていて、ヘッドが体の前に無く振り遅れ状態
になっています。


> コーチからはグリップを遠回りさせろと言われますが、
> 遠回りしながら下ろすという難解が解けません。


 「グリップを遠回り」
とは、トップから球を打ちに行かない事、

=体を開いてグリップを一直線に球に向かって引っ張らず、

まずは肩を閉じたまま=右を向いたまま右足右側に下ろすという事です。

その為には肩が右を向いている必要があるのでを肩を開けませんし、

ヘッドが体やグリップの先行に対して遅れないようにタイムラグを

作れるという意味合いもありますし、グリップを飛球後方遠くに下ろす

ことにより捻転を維持する意味もあります。

トップから右ひじを真下に下ろしても体が右を向いたままなら、

左腕は伸びているので、グリップはトップの位置から

一度飛球後方に向かいます。

肩さえ開かなければ、右ひじを真下に下ろせばグリップは自然に

飛球後方に下りるので、遠回りに下りると言うことです。

肩を開いて、左サイドでグリップを飛球方向へ引っ張ると

様々弊害が出ます。これを「トップから球を打ちに行く」と言います。


> 肘が下りたら右足を蹴り出し、右サイド加重のまま体を反転させる。
> 2つめはここです。
> 右サイド加重のまま反転すると反転できても体重が右に残り過ぎて
しまいます。左股関節に乗せるタイミングがまだ掴めません。
また大抵は蹴りが早いか方向が悪いのか腰がボール方向へ突っ込みます。


 体重移動も誰もが持っているテーマですね。

切り返しは下半身リード=単に順番が上半身ではなく下半身です。

切り返し時点で既に回転軸を右股関節から左股関節に移します。

そうしないと明治の大砲になり、球に体重を乗せれません。

この絶対条件がトップで右股間に乗り切ることですね。

乗り切れないから、上体から切り返さざるをえないのです。

乗り切れれば、逆に上体から切り返すことは出来ません。


やってみれば分かります。傾いてバランスが大きく崩れます。

トップでの体重移動が不十分だから、捻転も出来ず、体重移動も

利用できないので上体リードにならざるを得ないと言えます。


この時、必然的に左股関節に体重が移り、腰が回転していきます。

ここで肩が開かないように我慢するので、腰と肩で捻転が更に増加します。


ここで体重移動を過剰にやり過ぎて一気に過激に100%左に

体重移動させるレッスンが非常に多いのです。

一気にやらないで、順序を追って体重移動するべきなのです。

これは、決して全体重を右サイドに残すと言う事ではありません。

 以下の理由によって、インパクトまで右脚に必要な体重が残ります。

1、インパクトまで肩を開かないから

2、クラブとヘッドを体の正面に維持するから体が先行できないから

3、右脚右側にグリップを落とすので当然右足に体重が乗るから

4、フィニッシュに向けて振り切る体制だから右足で踏ん張る必要がある



 切り返しでは回転軸を左股関節に移し、腰は先に回っていきます。

それが自然に左加重していく要因になります。

しかし、1~4は右足加重の要因です。

要するに以上の結果、両足に重心がかかります。

全て右脚に残すのではありません。

また、右脚にある程度の体重が残っていないとインパクトゾーンで

最もパワーがあり、スイングを操作する右脚の蹴りができません。

右に体重が残り過ぎている原因は、単純に勘違いで右に残す意識が

強すぎる、または下半身リードになっていない

=トップでの右への体重移動が不十分、上半身始動の可能性が高い

のどちらかだと思います。

左に乗り切るタイミングは腕の振りに寄る遠心力の作用と同時の

右脚の蹴り込みですね。


> HWDで左サイドから引っ張って下ろしているのも原因だとは
思うのですが、


左サイドで引っ張るのは悪くないのですが、問題はその方法です。

まず、横回転だからまずいのです。横だと肩も開いてしまいます。

腕を縦に振ればなんら問題ありません。横回転はグリップが

縦に下り切った後です。この修正はシャドースイングで

体の筋肉に記憶させるのがベストですね。

球を打ったらなかなか直りませんよ。

 次に、本格的な振りはHWD直前からです。完全にプレーンに乗る前に

力を加えすぎたら必ず軌道がばらばらになります。

これはボーリングと同じです。

フィニッシュまで振り切るためには、本格的に振り始めるタイミングを

かなり遅らせる必要があります。フィニッシュまで全力で振り切る

意識を持てばHWDまでは振れませんよ。

インパクトはスイングのただの入り口だと思ってください。

それでやっとバランスが良くなります。

 もうひとつの原因は、右サイドに捻転が足りないからです。

だから左で引っ張らないといけない。

右脚の捻転と蹴りで打つ意識をもっと強くすると良いと思います。


> 下手に肩を縱回転に意識するとインパクト前に
> 逆C度合いがきつくなり、ダブリギリギリのアッパー軌道に
> なってしまいます。


 インパクト前の逆Cなら、右サイドが落ちていますよね。

右ひじの落下と右肩の落下が連動しています。

右ひじの落下と、右肩の横回転は全く別の動きです。

両方横振りだと連動してしまいます。

腕は縦振りだけ、肩は横だけに回します。全く連動しません。

右肘を真下に落下させても右肩は全く微動だにしないものです。

「自然に右ひじを伸ばしていく」
と言うのはそのためです。

しかし、右ひじはインパクトまでは能動的には伸ばし切りませんが。

これもシャドーで完全に身につくまで練習するしかありません。

殆どのアマは腕も肩も横振りなのでそもそも殆ど連動してしまうのです。


インパクト以降は歩くのと同じ体制です。それに前傾をつけるだけです。

そしたら極端な逆Cにならないですよね。多少はなりますが、

フィニッシュまでしっかり振り切ればクラブが飛球後方に行くので

体は自然に前に出てI字に直立します。

左サイドは飛球後方ですが、右サイドは飛球方向にかなり出ます。

だから胸と背中が反転するのです。



> インサイドアウト軌道の癖があるとバランス取って、
左スウェーを抑えるとスライスがでるのと飛距離が出なくなる
のもこの辺に原因があるのでしょうか?


 軌道はヘッドとグリップで全く違います。

これも殆どのレッスンでは区別していないですよね。

グリップはかなりインサイドアウトで、ヘッドはかなり意識より

ストレートです。

体でクラブを横に引っ張るとスウェーします。体が開き、

フェースが開きます。横に引っ張らないで捻転と右脚で縦に打ちます。

回転のイメージをコマやでんでん太鼓の様に横ではなく、

風車やプロペラの様に縦のイメージにしたらいいと思いますよ。

腕を縦に振りましょう。縦に振ってもコックを維持するからダフらない

のです。草打ちで紹介しました右ひじ角度の調整も必要です。



> わからず屋な体ですみません。m(_ _)m
> まさか、肘下ろしの最中に左股関節に乗せるんですかね?


 私も、ゴルファーは皆わからず屋の体で参っていますよ(笑

そう、その通りです。というより、それ以前に既に左股関節に

回転軸を移しています。そして腰の回転でさらに移って行きますよ。

これが俗に言われる下半身リードであり、左への体重移動です。

実際は回転軸を右股間接から左股間接に移しているだけですが。

回転軸は背骨と考えるより、股関節だと考えた方が良いですよ。

下半身に意識を持っていった方が良いですよ。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

まさ さん Re: ありがとうございます!

こんにちは!!
兎に角フィニッシュは結果ではなく、インパクトがフィニッすの結果ですね。

> シャドーで作るとこが鍵になりそうですね。

日々の素振りが基本です。私もレンジに行って殆ど素振りの時が多いですよ。
アプローチ練習以外、レンジで球を山ほど打つのは無駄ですね。

> 横振りから縱振りへの移行はかなり大きな変化になると思うのですが、板につくまでは飛距離などは考えないほうが良さそうですね。

慣れるまで力まず素振り中心ですが、
でも、腰は逃げないし、捻転は溜まりますから直ぐに飛距離は勝手に伸びますよ。

> これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

こちらこそよろしくお願い致します!!

ありがとうございます!

解りやすい解説ありがとうございます!

そうなんです。横振りが今の最大のネックです。

さすがですね。スイング見られてるようで、感動しました!


しっかり右に捻転し、左股関節に移していく肩を開かず我慢しながらグリップをすんなり下ろす、結果的には飛球後方下半身はフィニッシュへ向かい、肩を腕と連動させずに縱回転させ、右足の蹴りも使ってインパクトスナップを使わず、全力でフィニッシュまで振り抜く


という感じでしょうか?

シャドーで作るとこが鍵になりそうですね。

横振りから縱振りへの移行はかなり大きな変化になると思うのですが、板につくまでは飛距離などは考えないほうが良さそうですね。

特訓してみます!

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR