ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩の縦回転 球は目線で打つ

 ちょっと「肩の縦回転」と世間一般で使われるゴルフ用語の

アップライトスイングで混乱が起きているようなので (笑

(恐らく私の下手な説明が原因なのですが)少し説明します。

結論から言うと、「肩の軌道」と「グリップの軌道」と「ヘッドの軌道」

は全て全く異なります。常に個々に分けて別々に考えましょう。



「グリップ軌道」はトップから飛球後方、次に右足に向けて

落ちてくるので球の方向、飛球方向とは全く関係なく遠回りします。

「ヘッド軌道」はグリップよりかなり遅れるので、グリップと全く異なる

軌道で、最もスムーズに加速する滑らかなプレーンを要求されます。

 また、一概にインサイドインと世間で言われても、

実は「グリップ軌道」「ヘッド軌道」で全く違いますよね。

実際問題、世間では全然しっかり使い分けされていませんね。


 また、「肩は縦回転」と言っても一般アマのスイング自体があまりに

「水平過ぎる」のであって、特別とんでもなく「縦回転」にする

訳ではありません。かなり意識の問題です。

中級者以上ならビデオで撮ってもその角度の変化は僅かでしょう

今までより「肩を縦に回す」要領は、テークバックで

グリップエンドを低く、左肩を低く押し込んで行くだけの事で、

スイングはとんでもなく大きく変わるのです。


まず、頭の動きの量が著しく減り、右腰の引けがなくなり、右股関節から

外れなくなります。


例えば、よく「テークバックで頭を動かせ」という無責任なレッスンが

本当に多いですが、本当でしょうか

条件次第では本当でしょう。しかし、動かし方で全然違います。

恐らくこれは90%以上のアマのケースでは最悪のレッスンでしょう。

わざわざスウェイしろ、と言っている訳ですから。

確かに頭を水平に飛球後方にスライドさせれば肩は90度楽に入ります。

しかし、楽に肩が回る事が果たして正しい事でしょうか

少なくとも前傾をしっかり維持して、スウェイしないで、

捻転を作るのはきつい事ですよ。

むしろ、きつくなければ明らかに間違っています。

前傾したまま捻転を作る訳ですから。


しかも、同時に腰もいくらでも回り、確実に後ろに引けて、右股関節

から外れます。「股関節から外れる」とは骨だけでダイレクトに

地面を押せない状態=上体から右足裏に重心を加える

一直線のベクトル上から股関節がはずれてしまう状態を言います。

これを「右腰が引ける」とも言います。

これでは一生上手くなりませんね。

重要なのは、頭を動かすことではなく、肩の回し方にあるのですから。


二クラウスの「チンバック」はあごを飛球後方に向ける様に動かします。

これは背骨を軸にした頭の回転運動と言えます。

言い換えると、顔、頭の縦回転ですよね。

目線は飛球線と平行のままです


しかし、一般アマは頭を動かせと言ったら確実に

前傾した脳天から飛球後方に水平にスライドさせるでしょう。

「チンバック」ではなく、「脳天バック」です。

両目の目線は飛球線とは平行ではなくインサイドアウトにクロスします。


どうしても体が硬くて頭を動かしたいなら、もしくは頭の位置が最初から

左過ぎるのなら、アドレスで先に右に動かしておけばいいのです。

わざわざテークバックで好き好んでスウェイさせる必要などありません。

右にスウェイするから、反動で必ず左に突っ込むのですから。

そうすれば目線は飛球線と平行のまま維持できます。

素振りでは、目線を左右に振って、球を目線で打ってイメージします。

パターは誰でもそう打ちますよね。同じですよ。

そのためには肩はどう回せばいいいのか、おのずと分かるはずです。



 コメント紹介いたします。

まさ さん、こんにちは!!コメント大変有難うございます!!

> 解りやすい解説ありがとうございます!
> そうなんです。横振りが今の最大のネックです。
> さすがですね。スイング見られてるようで、感動しました!
>
> しっかり右に捻転し、左股関節に移していく肩を開かず我慢しながら
グリップをすんなり下ろす、結果的には飛球後方下半身はフィニッシュ
へ向かい、肩を腕と連動させずに縱回転させ、右足の蹴りも使って
インパクトスナップを使わず、全力でフィニッシュまで振り抜く

> という感じでしょうか?
> シャドーで作るとこが鍵になりそうですね。
> 横振りから縱振りへの移行はかなり大きな変化になると思うのですが、
板につくまでは飛距離などは考えないほうが良さそうですね。
> 特訓してみます!


 そうですね。まず右に股関節に乗り切ります。もとろんスウェイして

右に行き過ぎたり、腰を回しすぎたりして股関節から外れない様にです。

上で書きましたが、テークバックでのスウェイの確認は右股関節です。

右腰の引けは、頭のスウェイは殆どリンクしています。

頭がスウェイしたら腰が回りすぎて、股関節からはずれ右に乗るどころか

行き過ぎる訳です。

これは肩を90度回せないことより、よっぽどまずいことですね。



 グリップを下ろす、落とすイメージは右サイドが高くなる

肩の縦回転と左右の体幹筋の上下の伸縮を意識するとやり易いです。


 縦回転は左グリップを低く押し込めば、左肩も低く顎の下に入ります。

頭もチンバックの縦回転のイメージで、股関節が後ろに引けないで

捻転を強く感じられればOKです。


 ダウンブローに押し込むためには右肩が低く長く出て行かなければ

いけません。低い左肩と右肩が入れ替わり、縦回転で左肩は飛球後方に

引きます。引くタイミングが早すぎるとまずいですが、

要するに反転のタイミングですね。


 右足を蹴る代わりに、左脚は後ろに蹴って、左サイドは後方に振る。

壁を作るのではなく、更に強力なカウンターバランスですね。


 フォローでスナップを使うと引っ叩いて飛ぶような気がします。

実際タイミングが合ってH/Sが上がってもバックスピンで

飛距離は落ちます。手先を使うので体は楽ですが、

低く長く押し込めず、腕が伸びず、スイングアークが小さくなります。

フィニッシュも小さくなり、完璧に振り切れなくなります。

例えると、ライフルではなく精度の低い短銃のになると言う事です。


一度には難しいですが、理解して頭の隅においておけばいつでも

自分で修正可能ですよね。

頑張ってください!!

またご連絡お待ちしています
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

tommy watanabeさん Re: 腰

こんばんは!!

> 高く収まるINIDE-OUTの軌道は 腰が切れていないと出来ませんね。FULL SWINGをするから腰も動きます。ところがHALFとか9Iではだふるんです。腰でCONTROLしないでひょいと手でふるからでしょう。 アマの99%OUTSIDE INまたはINSIDE-OUTです、したがってFACEが被る。FINISHでFACEが見えるようにするのが正解でしょうか。

そもそもテークバックでも腰が動かないとスイング始まらないですよね。腰をいしきして回しませんが直線運動を股関節が勝手に回転運動にしてくれるので。ダウンでも切り返しで左股関節に軸移動した時に回転が始まります。しかし、右足、右脚外旋で、右かかとが残っていて、左肩も開かないから上下で捻転が出来ます。真ん中の腰だけ自由に先行するわけですね。そうしないとスイングそのものが始まりません。

もし、テークバックで腰が回っていなかったら上体と腕で上げている事になります。
すると、ダウンでは腰から戻れないので上体と腕でクラブを下ろす事になります。
そうなるともう言うまでもなく毎回バラバラですよね。

まさ さん Re: ありがとうございます。

まいどです!!


> また、左壁意識より左足を後方へ蹴るというイメージでトライしてみます。
> 今日コーチに腰はその場でターンしてるはずなのに、前傾を維持できず、右膝が前にでて、左肩があがるのは何故か、と聞いたところ、同じ回答でした。
> 左の重心を踵に移動させて、右足は土踏まずに維持したまま、右を蹴るより左を後方に蹴ること、そこから左背筋で後ろに反転させろと。


右足の蹴りは賛否両論です。蹴らないで踏ん張るだけとか。確かに微妙な感覚ではありますね。それと、蹴ると言うと早期に過激にスウェイするように蹴ってしまうので右かかとが浮いてしまいます。
その点でも「右足を蹴れ」とは言い難いのです。

記事で書きましたので、右足つま先上げ素振りドリル試してみてください。

> あとはフォローですね。
> ちなみに一点だけいいですか?

> 左肘が飛球方向へ向くのを抑えて真下へ維持する部分ですが、かなり強い意識をしないとHWDでは飛球方向へ向きがちになりますが、その感じはあってますか?あまり意識するとグリップしいてはヘッドが減速しそうな気がします。
> 何かいいドリルや意識の持ち方があればお願いしますm(_ _)m
> 何度もすみません。

真下向きと言うより両肘を締めていれば必然的に下向きを維持できます。
また、フォローでは一般的に左肘が引ける傾向が強くなるので強く意識し他方がいいです。
左肘真下向きはあらゆる意味で鉄則です。

左肘が横を向くということでしょうか?すると左手甲が上を向き、ヘッドが体正面から右へ外れ、シャフトが背中方向へ寝ますよ?

シャフトは立ったままです。もちろん多少は体の開きで傾きますが。
意識は体の右前でほぼ垂直に立てます。両肘間隔も締めますので左肘は必然的に常に出来る限り下向きです。(体向きと表現する人もいますが、同じです)

減速する感覚なら、今まで手首を横に使ってスナップを利用して開いて閉じて打っている可能性があります。それが使えなくなるからそう感じるのでしょうか?
もしそうなら肘、手首はv字に両肩方向に曲げるだけです。

グリップを加速させるイメージは常に全くないですよ。
放り投げる三角形の一部でしかないです。
むしろ、通常のショットではグリップの移動量は少ない方がいいですね。

> フォローへのテーマの進行を妨げておりましてm(_ _)m

いえ、むしろ良い質問ですよ。

ドリルは両肘と胸の3点でボールはさみスイングですね。
この前腕と胸の三角を維持します。
これは必須です。
100均のボールでもクッションでもokです。

高く収まるINIDE-OUTの軌道は 腰が切れていないと出来ませんね。FULL SWINGをするから腰も動きます。ところがHALFとか9Iではだふるんです。腰でCONTROLしないでひょいと手でふるからでしょう。 アマの99%OUTSIDE INまたはINSIDE-OUTです、したがってFACEが被る。FINISHでFACEが見えるようにするのが正解でしょうか。

ありがとうございます。

いつも丁寧な解説感謝しますm(_ _)m

縱回転は頭に叩き込んで頑張ります!

また、左壁意識より左足を後方へ蹴るというイメージでトライしてみます。

今日コーチに腰はその場でターンしてるはずなのに、前傾を維持できず、右膝が前にでて、左肩があがるのは何故か、と聞いたところ、同じ回答でした。

左の重心を踵に移動させて、右足は土踏まずに維持したまま、右を蹴るより左を後方に蹴ること、そこから左背筋で後ろに反転させろと。


体に叩き込んでみます!


あとはフォローですね。


ちなみに一点だけいいですか?

左肘が飛球方向へ向くのを抑えて真下へ維持する部分ですが、かなり強い意識をしないとHWDでは飛球方向へ向きがちになりますが、その感じはあってますか?あまり意識するとグリップしいてはヘッドが減速しそうな気がします。

何かいいドリルや意識の持ち方があればお願いしますm(_ _)m

何度もすみません。

フォローへのテーマの進行を妨げておりましてm(_ _)m

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR