ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

長いクラブの問題 シャフトが寝ている その対策

 前回の縦回転で長いクラブのみで起こる問題について

の付け加えですが、非常に多くの方から全く同様の質問

が来ています。長いクラブだけ、と言うことは

やはり根本的原因は、体の開きがまだまだ早く、

「クラブは体の前」が出来ていない為「シャフトが寝ている」

可能性がかなり高い、と考えざるを得ない思います。

要するに、突込み、右サイド被り、早い肩の開き、

クラブが体正面の右外側で「シャフトが寝て下りて来ている」

為に振り遅れも併発している可能性が高いと思います。


シャフトが長い程、飛ばそうとする程体の回転が先行

=肩の開きが早い⇒シャフトが体の右にずれて寝る

=シャフトが背中側に必要以上に倒れる

=左手グリップが浮いて左手甲が上向きになる

=フェースが開くのでインパクトで逆にコネる事にもなる

⇒早く開いた体に対しヘッドが振り遅れる

⇒振り遅れを取り戻そうとアーリーリリース

=手首を伸ばす⇒ダフる⇒対症療法で泥沼

という様々な超悪循環に陥ります。

殆どのアマは気が付いていません。


対策は前回の「右足つま先上げ素振りドリル」

正しいプレーンを体感、確認できるので非常に有効です。

このドリルでは突っ込めない、開けない、被らないので、

体が先行できず、長いドライバーでもクラブを体の正面に

維持できる=シャフトが寝ない=フェース開かない、

振り遅れない=アーリーリリースにする必要が無い

=タメが出来る=ダフらない、角加速度が上がる

=グリップを下げ切れる=起動がシャローになり

バックスピン減少=飛距離、方向性アップ

と一気に好循環に変わります。


縦回転のイメージでも、シャフトが寝なければ

ドライバーでも全く変わらないですよ。

兎に角、クラブを体の正面からはずさない

そしてシャフトを立てたまま「体の回転で連れて来る」

イメージです。

わかるかな、変な表現

大事なクラブを置いてきぼりにしない


そうすれば全然ショートアイアンと変わらないですよ。


また、ライ角維持はテコの応用で力は全く不要です、

遠心力もかなり強くなりますが、

両肘脱力で軽く曲げて胴体に引き付ける。

突っ込み対策は720度振り切る決意だけで、

自然に飛球後方に振る体制になる為、右足に体重が残り

左サイドを引く体幹が強く働くため体は左に突っ込めません。

720度オンプレーンで振り切るプレーンは

右つま先連続素振りで体感、確認、習得できます。

フォローで肘、手首間接を畳む方向は左肩へのV字軌道と

全く同じです。
分かれば超簡単ですよね。

テークバックの右ひじ同様に体の外側にずらさなければ良い。

フォローはスピードがテークバックより全然速いので

かなりコツが要りますが、兎に角両肘間隔を締めて

左肘を内側に絞って維持。死んでも体の外側にずらさない。

肘を飛球方向に向けない。

そのためには、インパクト以降体より先行するクラブに

遅れないように体が反転しないと必ず左腕が詰まります。

体が遅れているのに無理やりに左肘を伸ばせば、

左肩が上に逃げ、アッパースイングになり、

肘、手首に大きな負担がかかり痛めますし、

擦りヘロヘロスライスになります。


まとめると、そんな感じでしょうか。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

アルティメット さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> グリップのお話、終始頷きながら読ませていただきました。
> さすが、と言うか、30年以上もゴルフに携わってきたゴルキチさんには何でもお見通しって感じですね

アマは多かれ少なかれ皆同じ道を通っていますよ。私も皆さんも同様に経験した事なんです(笑
プロたちの天才を除いて。

> 右手を離す……実際には絶対に離せないんですが(笑)、離してしまいたい感覚です。
> 仰る通り、右肩を押し込んで行く感覚がまだまだ掴めてないんだとは思いますが、これに関しては何か効果的な練習方法はありませんか?

今日の記事で書きました。
肩甲骨のスライドの意識です。実際誰でも無意識に使っていますが、意識すれば更に変わります。腕はもっと伸びて、力が抜けますね。右肩を飛球方向に出しますが、ここでバランスが重要になります。そこでカウンターバランスが必要になります。

> インパクト以降は全ての動きが一瞬で過ぎ去ってしまう感じで、なかなか修正がし難いです

そう、実質トップ、そしてHWDまででプレーンが決まってしまいます。正しいプレーンが正しいスイングを導くとも言えるでしょうね。

> しかしながら、昨日の素振りでは、左手のテコ、ライ角維持の感覚を掴みました。
> と言うか、気が付いたら普通にそうなっていました(笑)
> グリップを下げきる動作が自然にそうさせていたんでしょうか?

そうです。ひざつきスイングを試されましたか?
部屋でもゆっくりなら出来ます。
左グリップを下げないと必ずダフリます。
左グリップを下前方に押し出し、右ひじを少し引くと更にテコでシャフトが立ちます。
あとはクラブが体の前にあれば振り遅れはないので、どんなにタメていてもインパクトで遠心力で勝手にリリースされるだけで振り遅れません。

> 私もレンジに行く回数を減らし、とにかく今は素振りできちんとしたスイングを作って行こうと取り組んでいる次第です。
>
> 今までどれだけ無駄に球を打ってきたことか

あはは、レンジで球を打つのも気持ちよくて楽しいですが上手くいかないと逆にストレスが溜まりますよね。球があるとスイング矯正は非常に困難です。

> ゴルキチさんの仰る通り、レンジでは如何に素振りでのスイングを再現できるか、そしてそのスイングによる結果を確認するための球打ちと言う感じですね

そう、浮いたお金で安いコースでラウンドしたほうが得です(笑

ゴルキチさん、おはようごさいます


グリップのお話、終始頷きながら読ませていただきました。

さすが、と言うか、30年以上もゴルフに携わってきたゴルキチさんには何でもお見通しって感じですね


右手を離す……実際には絶対に離せないんですが(笑)、離してしまいたい感覚です。

仰る通り、右肩を押し込んで行く感覚がまだまだ掴めてないんだとは思いますが、これに関しては何か効果的な練習方法はありませんか?

インパクト以降は全ての動きが一瞬で過ぎ去ってしまう感じで、なかなか修正がし難いです



しかしながら、昨日の素振りでは、左手のテコ、ライ角維持の感覚を掴みました。
と言うか、気が付いたら普通にそうなっていました(笑)
グリップを下げきる動作が自然にそうさせていたんでしょうか?


私もレンジに行く回数を減らし、とにかく今は素振りできちんとしたスイングを作って行こうと取り組んでいる次第です。

今までどれだけ無駄に球を打ってきたことか

ゴルキチさんの仰る通り、レンジでは如何に素振りでのスイングを再現できるか、そしてそのスイングによる結果を確認するための球打ちと言う感じですね


頑張ります

チビ太 さん Re: タイトルなし

おはようございます!!
きましたね!!

> ゴルキチ様!本日の報告です!!
> OUT43、IN44の87でした。パットは29でOB2発です。昨日の左に行く病気で、振り切りにくかったですが!!納得いくゴルフでした。靴の中で、軽くつま先上げでスイングしてました。すると、左にはいきませんでしたよv-221
> 逆に右に行きたくないときは軽くつま先を下げて打ちました。しかし、これだけで、球筋が変わるのはビックリ(;゚Д゚)!です。
> まだまだ練習不足を感じました。また、これからもよろしくお願いします。_(._.)_

OBが非常に痛いですが、スイング矯正中なので仕方ないですね。
それにドライバーでOBを恐れてばかりいたら小さくまとまってしまいますからね。特殊なホール以外は、自信を持って自分のスイングをするしかありません。特殊なホール、ドラを打つ意味のないホールなら迷わずきざみですね。

兎に角、OBの原因を徹底的に研究することです。視覚からくるアドレスの狂い、心理的要因によるグリップ、スイングの変化が殆どで、なかなか気が付きませんからね。

右つま先上げ=右かかと打ち、はあくまで突っ込み、右肩被り、正しいプレーンの確認、矯正の練習ですからね(笑  右脚、右足を外旋できないですからね。
でも、私も昔から言ってりるように右足裏で球を打ち分けていますよ。その意味では球の打ち分けのヒントにもなりますね。

右肩の被りに気が付いた事でゴルフ人生変わりますね!! 体重移動の意識も要らないことに気が付いたでしょ? パット29ならOBなければ70台出ますよ。

アルティメットさん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> フリップと言う言葉は初めて聞きました。
> 左手首を甲側、右手首を掌側に折る動きですね!
> トップでは左手甲は腕と一直線、右手首もアドレスの時よりは甲側に折れる感じですが、インパクトで極端に反対側に折れる感じはなく、あくまでもアドレスでの形を保っているとは思います。

そうですか。それは良かったです。フリップは治すのに時間がかかりますから。

> 逆オーバーで握る時は、極短いアプローチの時で、パターに近い感覚で打つような時ですが、フルショットでは単にグリップとの一体感が増すと言うか、右手首の角度(ヒンジ角?)を維持しやすいとは感じました。

と言うことはやはりパターのように左手首フリップ抑制=右手首のヒンジ固定が目的ですね。引っ掛けたくないケースでオープンスタンスでフェードで抜いてコントロールショットでは絶対にフェースを返したらまずいので用途として問題ないと思いますが、フルショットではH/Sが出ないと思います。

他のスポーツの経験で右腕が強すぎるのでしょうか?
私もソフトボールのピッチャー、テニスを長くやっていたので右腕が強く、長さも2cm長いので引っ掛けには苦労してきました。
左グリップをしっかりグリップするとローテーションし難くなり、よく左OBでは左手小指側3本をしっかりグリップしろと言いますが、私の経験では必ずしもこれは正しくないと思います。グリップを緩めた状態から左小指側3本をしっかりグリップするとフェースがかなり被る動きをします。インパクトではプロでも必ずグリップは本能的に強くなります。ユルユルグリップの落とし穴はここにあって、インパクトの瞬間グリップが強くなった時フェースが予想外の挙動をする事があります。ここに注意してグリップを作らないといけません。

ですから、私はよくユルユルグリップはダメだと言っています。確実にミスリードするからです。一度しっかり握って隙間をなくしてから緩める。そして、グリップ圧を終始均等にすることは強力な遠心力で不可能で、必ずインパクトでグリップ圧は強くなります。そのことを考慮した上で、自分のグリップの性格上、インパクトでのフェースの挙動をチェックしておく必要があります。


> インパクトをより低く長く、ロフト角をなるべく長く維持しようとすると、左手親指の上の右手親指の付け根を離すようなイメージになってしまいますが、このイメージは間違ってますか?

ビジェイシンの様に右手を離すようなイメージでしょうか?悪くはないと思いますが、逆に離さざるを得ないという事は右肩が出て行かないからではないでしょうか?左サイドを引いて右サイドが出て体が反転すれば右肩はすんなり出て行くので前腕の三角形は崩れないと思います。それなら右手は離さなくても済みます。その方が根本的に良いと思います。確かに左腕を伸ばせば右腕の長さが足りなくなりますが、右肩甲骨がスライドして出て行きますから問題ないと思います。
この辺をもう一度検討してみてください。


> この冬で今までの悪いスイングを根本的に直そうと思って毎日素振りをしていますが、素振りのイメージと実際の球打ちではまだまだイメージの違いがあり、やはり球を打ちに行ってるなぁと言う部分が多々あります。
>
> ちょっと気を抜くと以前の悪いイメージが顔を出します。
> 染み付いスイングイメージを変えると言うのは本当に難しいですね

私も約30年ゴルフをやっていますがきりがないですね。これほど練習の成果が出ないスポーツはないですね(笑
下手に球を打つと本当に下手を固める感じです(笑 だから私は殆ど素振りで筋肉に正しい動きを記憶させる様にしています。下手に球を打つと悪いスイングを記憶させることになりますから。
レンジはたまに練習の成果をテストするに過ぎないですね。

素振りも目的が必要です。720度フィニッシュまで振り切って、プレーンとバランスを維持することですね。実際に球を打つ時も全くそのままのスイングで、ヘッドに当たる場所に球を置くだけで球は無視です。球を打つのではなく、自分のスイングを再現するだけですね。

振り切るというと引っ張りまわすみたいに聞こえますが、全くそうではなく、HWDから飛球方向に放り投げた腕とクラブを最低限の抵抗と歪みで720度までオンプレーンで導くという感じですね。そのために必要なイメージは「インパクトの結果がフィニッシュではなく、フィニッシュの結果がインパクト」だと肝に銘じることでしょうか。

ゴルキチさん

毎回丁寧な解説をありがとうございます


フリップと言う言葉は初めて聞きました。

左手首を甲側、右手首を掌側に折る動きですね!
トップでは左手甲は腕と一直線、右手首もアドレスの時よりは甲側に折れる感じですが、インパクトで極端に反対側に折れる感じはなく、あくまでもアドレスでの形を保っているとは思います。

逆オーバーで握る時は、極短いアプローチの時で、パターに近い感覚で打つような時ですが、フルショットでは単にグリップとの一体感が増すと言うか、右手首の角度(ヒンジ角?)を維持しやすいとは感じました。


インパクトをより低く長く、ロフト角をなるべく長く維持しようとすると、左手親指の上の右手親指の付け根を離すようなイメージになってしまいますが、このイメージは間違ってますか?



この冬で今までの悪いスイングを根本的に直そうと思って毎日素振りをしていますが、素振りのイメージと実際の球打ちではまだまだイメージの違いがあり、やはり球を打ちに行ってるなぁと言う部分が多々あります。

ちょっと気を抜くと以前の悪いイメージが顔を出します。

染み付いスイングイメージを変えると言うのは本当に難しいですね

アルティメット さん Re: タイトルなし

こんばんは!!

> 低く長いインパクト、押し込む感覚はかなり掴んできました。球筋、方向、打ち出し角度共にかなり安定してきたのと、何よりアドレスからバックスイングにすんなり入れるようになりましたありがとうございます
> ただ、今現在は7番以上のクラブは封印してますので、ミドル~ロングアイアンで同じような感覚で打てるかどうかって感じです[e:330

> さて、流れからちょっと外れてしまう質問になってしまいますが……
> 私のグリップは、通常のショットではインターロッキング、アプローチでは逆オーバーラッピングで握っております。
>
> アプローチでの逆オーバーラッピングはその効果のほどはイマイチよくわからずにやってる次第ですが(笑)、昨日、何となくそのグリップでフルショットを打ってみたらこれが結構良い感じだったんですね
>
> 私の場合はやはり右手が強いと言うか、力むとやはり右手で打ちに行ってしまうんですが、逆オーバーラッピングだとインターロッキングより右手の力を抜きやすい感じがするんです。
> ただ、逆オーバーラッピングで握る人ってあまりいませんよね?
>
> フルショットではやはりスイング上で何らかの弊害が出やすかったりするのでしょうか?
>
> お時間がある時にご教授下さい

右手を使った結果の症状が分かりませんが、左手首が甲側に曲がるフリップ状態でしょうか?
そうすると逆オーバーラッピングでその症状を少なくすることは可能でしょうが、根本的な治療方法とは言えないと思います。
アプローチでフリップは確実にまずいですよね。アプローチで逆オーバーラッピングと言うことなので、恐らくフリップを止める為の逆オーバーラッピングでしょうか。通常のアプローチは問題ないですが、するとロブショットは困難になりますよね。

もし同様に手首を固定するような使い方で、ショットで利用すると逆に左手首を固定し過ぎて何か他の問題が発生すると思います。
確かに、インターロッキングも、逆オーバーラッピングも使い方によっては紙一重です。
実際に逆オーバーラッピングでトライしている方もいますが一時的なテストで定着しない方が多いと思います。テンフィンガーの方もいます。右手が強いならストロングからスクエアグリップにする方法もあると思います。

フリップが右手首のスナップによるなら、それを早く解決した方が良いと思います。
試しに、飛球方向水平にクラブ投げをしてみると良く分かります。ほぼ9割の方が上、ひどいと後ろに投げます。これは右手が強く、右手のスナップを使っているからです。スナップを使うとその力がヘッドの遠心力により下から上に作用してしまうからクラブは回転しながら上に跳びます。そうなると低く長いインパクトとは真っ向から反対になりますね。
リリースはV字に下方向のみです。ヘッドを上に跳ね上がるのではなく、下にリリースするだけです。
フォローでV字に上に上がるのは遠心力で勝手に上がるだけで、意識は逆に低く長くです。

お返事お待ちしています。

ゴルキチ様!本日の報告です!!
OUT43、IN44の87でした。パットは29でOB2発です。昨日の左に行く病気で、振り切りにくかったですが!!納得いくゴルフでした。靴の中で、軽くつま先上げでスイングしてました。すると、左にはいきませんでしたよv-221
逆に右に行きたくないときは軽くつま先を下げて打ちました。しかし、これだけで、球筋が変わるのはビックリ(;゚Д゚)!です。
まだまだ練習不足を感じました。また、これからもよろしくお願いします。_(._.)_

ゴルキチ様 おはようございます。
第2回目報告です(T_T) 
Out49,in53の102で、OB6発と(泣)大変なゴルフで、ここ最近でもないスコアでした。ドライバーが、おかしく!右に真っ直ぐ!左に曲がり!どんだけ~曲がるんでした!(;´д`)
スイングプレーンが、歪んでました!スイング中に右肘が曲がったまま、HWDに入れないし、肘は落とせない、どうしても、待ちができずに球に向かって打ちにいくので、右肩は被るし、タイミングかな?と思ってました。帰ってから、練習場に行っても、同じ球筋で???でした。あっ(゜ロ゜)右つま先上げスイングだ!!と、やってみると!スイングできません(T_T)どんだけ、俺らの右肩は、悪魔に変身してんねん(ToT)それから、つま先上げスイング を、何回もやりながら、自分のスイングを確認して、球を打つと!!(^∧^)あの♪気持ち悪い左肩ごしに、ボールが見えたまま、ダウンスイングに入って、身体の、正面にボールが、見え続けて、右脇腹に右肘が当たって!その瞬間に!!手は下に来てるのに、右斜め前に、あるじゃないですか!ヘッドちゃんが、我慢せずにボールが見えて、いつもの、摩訶不思議現象スイングにもどりました。自分では、右肩の被りを我慢したつもりが、よっぽど被ってたんですね!つま先上げで、インパクト付近もおかしかった見たいです。本当にいままでより正面前方に向く時間が長くなりました。クラブが長くなるにつれて、右サイドが潰れやすく、再現性の低いスイングだった見たいです。しかし、ゴルキチ様は、凄いですね(・・;)いつも、いつも、秘密のレッスンがあって。しかし?何処からか見てますか?次は、こんな悩み事が来るな!って、感じで、秘密レッスンの記事がくるから、ビックリです。今日は最終日です。いい報告が出来るように頑張って来ます。ありがとうございますm(__)m

ゴルキチさん、こんばんは。


低く長いインパクト、押し込む感覚はかなり掴んできました。

球筋、方向、打ち出し角度共にかなり安定してきたのと、何よりアドレスからバックスイングにすんなり入れるようになりました

ありがとうございます
ただ、今現在は7番以上のクラブは封印してますので、ミドル~ロングアイアンで同じような感覚で打てるかどうかって感じです


さて、流れからちょっと外れてしまう質問になってしまいますが……

私のグリップは、通常のショットではインターロッキング、アプローチでは逆オーバーラッピングで握っております。

アプローチでの逆オーバーラッピングはその効果のほどはイマイチよくわからずにやってる次第ですが(笑)、昨日、何となくそのグリップでフルショットを打ってみたらこれが結構良い感じだったんですね

私の場合はやはり右手が強いと言うか、力むとやはり右手で打ちに行ってしまうんですが、逆オーバーラッピングだとインターロッキングより右手の力を抜きやすい感じがするんです。

ただ、逆オーバーラッピングで握る人ってあまりいませんよね?


フルショットではやはりスイング上で何らかの弊害が出やすかったりするのでしょうか?


お時間がある時にご教授下さい

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR