ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩甲骨の構造と動き

 股関節と同様に肩甲骨の動きを常に意識します。

肩甲骨の動きについて画像と動画で簡単に説明します。

肩甲骨の内転・外転

内転とは中心である背骨に向かって内側に動くことをいいます。

外転とは内転と反対に体の中心線から外側に向かって動くことです。

言葉はちょっと紛らわしいですが、単に水平のスライドです。

肩甲骨が乗る胸郭(グレーのあばら骨)は鳥籠のような形をしている

ので、外転や内転は丸みを帯びた壁に沿った動きになります。
                  

124324110157816122952_07a.jpg

肩甲骨の上方回旋と下方回旋

左下図の上方回旋とは肩甲骨が関節面を上に向けるように前後軸回り

に回転することです。私がよく言う悪い動きのいかり肩がこの動きです。

右下図の下方回旋とは逆になで肩の状態です。

ゴルフでは常になで肩=上方旋回しない意識=腕を上げない意識です。

それはトップでも同様です。

グリップを押し下げてる事でヘッドを上げます。

これは腕は上げずに、なで肩を維持するため、

かつダウンでグリップから下げ切る為には、

もともと腕を上げない意識が必要だからです。

124324120088716316567_09a.jpg

体幹の伸縮により体側の左右サイドを伸縮しても、

上方旋回しないで、意識はなで肩の状態のままで行います。


トップに向けてヘッドを上げる過程で意識的に上方旋回すると

いかり肩になり体側が伸び上がり、体が浮きます。

結果的に最小限の上方旋回にとどめる様に細心の注意をしましょう。


肩甲骨の挙上・下制

挙上下制は肩甲骨の上下の平行移動で、

挙上は肩甲骨が胸郭に沿って上に上がり、肩をすくめる格好です。

ゴルフで挙上は最悪で挙上した瞬間を正にオーバースイングと呼びます。

肩が上がり、体側が伸び、重心が浮きます。

テークバックではプレーンから外れるばかりでなく

ダウンでグリップから下ろせなくなります。

フォローでは体の回転不足、左肘の引け、肩が上方に逃げる

動きとして現れます。特にフォローでの挙上は最悪です。



下制は反対に肩甲骨を下に下げる動きです。

下制のイメージで脱力してグリップを下げ重心を低くします。

124324115272616123173_08a.jpg
おおさき整骨院様の画像をお借り致しました 
http://00576776.at.webry.info/200905/article_48.html

 
 下の動画はYoutubeで見つけた動画です。

後ろから見るとこれだけ広範囲に動いています。

これで自分の動きもイメージし易くなると思います。


スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR