ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩の水平回転の原因・致命的欠陥と対策ビデオ

 肩の水平回転の原因と致命的欠陥と対策ビデオです。

アマの悪い例はなかなか勝手に出せませんからね(笑

娘の悪い例で説明します。



対策は、

テークバックで左肩さえ低く入れれば起き上がらない

ので、娘でさえ直ぐに「ほぼ全て」が治ります

「肩の縦回転」で腰の引け、回り過ぎ、オーバースイングが

信じられない位簡単に止まります。

要するに右壁が強固になります。


すると、自然にトップでシャフトが飛球線と水平、平行に。

注意点は、トップで右肘は真下向き。多少きついですが。

右腰も引けなければ、右股関節からはずれず、

右足が生き、捻転が溜まり、右脚は外旋・外転でフルパワーで使えます。

右脚がスイングの命ですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ゴルフを始めてからずっとオーバースイングに悩んでおります(泣)
体が緩んで体が回るのを止められないって感じなのですが…体感ではそんなに回ってるつもりはないのですが動画でチェックするとヘッドが垂れてきてるんですよね…

肩の縦回転意識して練習してきます!

チビ太 さん Re: タイトルなし

おはようございます!!

> 確かに、アイアンは、気にせずに打てます。
> 僕の場合は、ドライバーでスコアが凄く、変動します。何故か、アイアンのように、身体の前でさばけていません。ドライバーがちょっとしたきっかけで、下?すくっているようです。アイアンの打ったときの音は、カッツンと、いい感じで聞こえます。ドライバーは軽いです。押す感覚より、弾く感じです。5
> 番アイアンも自分なりに、上手く打ててますよ。けど、ドライバーがおかしいです。難しいですね!!球の捕まりや逃がし具合など、小手先?のアイアインは上手く行っています。まだまだ、練習です。

ドラは勝手にアッパーになるので意識はダウンブローに打ちます。それでもアッパーになります。
問題はダウンブローと言っても、突っ込んだり、右肩、頭が被ったら絶対にダメ。
99%のアマは確実に突っ込んでます。しかしアイアンではそれが大きなミスとして解らない。ダウンブローの意識だとなおさら突っ込んでしまいます。ここが気が付き難い所ですね。

ドラほどビハインドザボールで右足加重のままインパクトまで回す意識を持つ必要性があります。インパクト前の左への体重移動の意識を捨てることが第一の改善方法です。アッパースイングでなければ体重移動は勝手に起こります。
どうしても出球が左に出てしまう、思ったようにドローにならない、ティーを打ってしまうのは突っ込んでいるからと言ってほぼ間違いありません。

また、しっかりビハインドザボールのまま意識的にドライバーで低い球を打てるか?
ここが非常に大きな課題です。
通常ビハインドザボールのままだとアッパースイングになるので、逆に体ごと突っ込んで低く出そうとします。これではダメです。
肩甲骨を外転でスライドさせて腕を最大限に伸ばしてフォローを低く長く出す。さらに右肩を低く回していく。「右肩を落とさない」と「右肩を低く出して行きたい」。全く逆のことに聞こえますが、インパクト前とインパクト後で逆になるのです。

さらにアッパーにならないように右手首の角度を維持して「押す」必要性もあります。僅かに曲げていた右肘を伸ばしていく感覚もあります。

絶対に突っ込まないで、被らないで「押す」。突っ込まないと言うか、逆にカウンターバランスでむしろ飛球後方に引きながら「押す」という、一見矛盾したことをやる必要があります。
脱力で肩甲骨のスライドを最大限利用して、右肩を低く押し込んで、腕がゴムのように伸びて「押し込む」と言う感覚です。これがないと方向性も操作性も飛距離も出ません。

こんにちは、ゴルキチ様。
報告いたします。長くなりますが聞いてください。
今日、練習場に行きました。日頃の部屋練の確認をする為に、準備体操して、さあ〜打つぞと意気込み、アプローチ開始です。すると、あれれ、いつもより、捕まり具合、インパクトでの音も違い、又、グリーンでキュッと、止まっているし、今日は調子がいいのかなと思いました。そして、次の段階で、少し、大きめに打とうとした瞬間!!あれれ!!左手が下がりません?
何故かなと思い、交互に確認しながら打っていました。おかしいな??と感じつつ、7Iの練習を開始しました。どうやって下げてたのか?と思いつつ打っていて、ふと、7Iでアプローチかな?っと打つと、あの左手が下がっています。あれ〜と試行錯誤に練習していたら!僕のバカバカです。
過去に伝授してもらった、交互での膝タッチをやっていません。また、カウンターバランスも理解不足でした(泣)アプローチは無意識に膝タッチで、グリップが身体の前、又、下に維持しています。そこで、7Iでも、膝タッチだ!!と、スイングを始めると、番手が上がって、飛ばそうとスイングが大きくなり、きずきましたが、ビックリ(;゚Д゚)!
右手のV字を支点に、左手がクッイっと下がり、左肩も下にいき、ボールが、クッキリ、ハッキリと見えます。ダウンで右サイドに左手を落としに行くと!!!!!なんだ〜これは!!!
身体が高速回転しちゃいました。今までより速いです。回転に負けてしまい。肩まで回ってしまい。超左方向にまっしぐらで、ハイ、さようならでした。しかし、なんだったんだ?と思いつつ、又、打つと、超高速回転します。また、左まっしぐら状態でした。今度は、負けずに、右肩を死んでも出さないぞと、ボールを打ちに行くと、今度は左手が下がりっぱなしになり、アプローチの再現です。そして、ボールの上を手が通過したか、してない瞬間に自然とボールを打っていました。ボールは今までにない打球です。真っ直ぐ低く飛び、50ヤード近辺からギュィンと上がっていき、ビツクリ仰天ボールです。何回打っても出ます。今までの身体の回転やクラブの上げ方が偽造スイングだったのです(泣)ゴルキチ様スイマセン(泣)
5Iでもみたことのない弾道と飛距離です。
ドライバーで試すと!!今度は100ヤード付近まで低空でそこから、急激に上がります。又、ドライバーだと、タメが強くなったのか、左手が下に来てるのに、ヘッドが見えません。左手が下がり、身体の回転が始まり、下げきろうと、左手が身体中心かな、そこで、初めてヘッドが見え始めます。又、ボールを打ち抜いても、自然と目線が残っています。これだと感じました。何回か打っていると、右肘も曲がっているし、ボールの後ろから打っている感じで気持ちよかったです。
過去の記事が一致したかんじでした。又、スイングは、クラブの上げ方で全部決まってしまい、頭を残す、左肩の縦回転、HWDでの左手の回し方も、全て、クラブの上げるときに決まるんだとしみじみと感じました。クラブを上げようと、両手、身体で上げるじゃなく、左手の膝タッチと右手のV字でのテコを利用して上げていく、又、左手が低く、左手がこれ以上無理になると、左肩が下がり始め右方向に身体の回転が始まっても、手でクラブを上げなければ、右肘も下に向いています。ダウンでも、右に向いたまま切り返しもやりやくなります。全ては、右手V字と左手膝タッチですね!!興奮して、すぐに報告したくて報告いたします。本当に長々とスイマセン。毎日何回もいろんな記事を読んだかいがありました。本当にありがとう御座います。(=^0^=)!!

ゴルキチ様、こんにちはです。
確かに、アイアンは、気にせずに打てます。
僕の場合は、ドライバーでスコアが凄く、変動します。何故か、アイアンのように、身体の前でさばけていません。ドライバーがちょっとしたきっかけで、下?すくっているようです。アイアンの打ったときの音は、カッツンと、いい感じで聞こえます。ドライバーは軽いです。押す感覚より、弾く感じです。5
番アイアンも自分なりに、上手く打ててますよ。けど、ドライバーがおかしいです。難しいですね!!球の捕まりや逃がし具合など、小手先?のアイアインは上手く行っています。まだまだ、練習です。
いつも、忙しいなか、気にかけてもらい、また、指導もしてもらい感謝しております。
ありがとうございます。

ちび太さん Re: タイトルなし

追伸です。

> 縦回転の意識でフォローに行くと、右肩が下がりすぎてるような感じです!右手首を維持しながら打ちにいきますが、右脇腹に右肘を引っ付けて引き込みながら打つと右に吹けます、インパクト付近から、フォローに振り抜きが悪いから、擦りぎみの玉や、降り遅れになってるとおもいます。打ってから、回ってるつもりが肩が開いているかもしれません?またまた、指導してください!お願いします。

縦回転のイメージなかなか難しいようですね。
ドライバーでダフるというコメントが非常に多いです。
ちょっとイメージとしては「縦回転」だけでは問題があるのかもしれません。

縦回転は、肩の開きの我慢と相反する、適正な体の回転スピード、ライ角の維持という複合的な要素の同時解決が前提になりますのでしばらくは悪化する可能性が高いかもしれません。

縦回転の追加的なイメージとして右肩を支点に左肩を大回りで引く、回すイメージで、右肩の高さを変えずに最短距離で水平に直線的に飛球方向に出していくイメージにしてみて下さい。

ダフリ解消の大前提はインパクト以降の加速です。体の回転も。ヘッドも体も止まれば下に落ちます。加速すれば落ちずに抜けます。

まず、ダフリの基本的な原因は体の回転スピードが落ちることです。体が止まればヘッドは縦に落ちるだけなのでダフリます。



beさん Re: プロペラ

> おはようございます。
>
> 「前傾したアドレスの状況で、両手を広げる」、これ、良いです。
> 頭・背骨を軸に、股関節、肩関節等、アチコチに突っ張りを感じます。
> コレで体の正しい動きを体感できそうですね。
> コツコツ体に覚え込ませます。

そうですか、レスありがとうございます!!
じゃあ娘使ってビデオ撮りましょうね!

ちび太さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> 突然ですが!僕は、インパクトからフォローにかけてが、宿題です!
> 縦回転の意識でフォローに行くと、右肩が下がりすぎてるような感じです!右手首を維持しながら打ちにいきますが、右脇腹に右肘を引っ付けて引き込みながら打つと右に吹けます、インパクト付近から、フォローに振り抜きが悪いから、擦りぎみの玉や、降り遅れになってるとおもいます。打ってから、回ってるつもりが肩が開いているかもしれません?またまた、指導してください!お願いします。

部屋練でカーペットを一定に掃く様にアプローチ練習してみて下さい。
どうすればライ角を維持できるか?
キーポイントは右手首ではなく、左グリップを下げることです。左腕を伸ばして下げればヘッドは上がります。ダフるのを怖がると逆にグリップを上げてしまいます。

テコを使わず右手首を執拗に維持すると、ローテーション出来なくなります。自然にローテーションさせたいならテコを使って手首を柔らかく維持します。飛ばしたくない時、フェードで抜きたい時に手首を固定します。

アプローチ練習が効果的なので秘訣を記事で書きますね。

右肩下がりは左を上げる、開くタイミングが早過ぎるか、なで肩が出来ていなく左肩を早く上げ過ぎか、意識し過ぎでしょう。

または肩の開きが早過ぎ、かつ、体の回転が遅い為、ダウンブローが出来ていない可能性があります。
アプローチでもそういう方が非常に多いです。

リリースの加減は距離によります。
長いクラブほど自然のリリースにまかせ、飛ばさない時はリリースしません。
飛ばす時にフォローで縦のリリースで「下げきる」ことが出来ていますか?
これが出来ないと低く長いフォローが出来ないのでヘッドが早く上がり、球を押し切れません。
フェースが開き、ロフトが寝て、擦り、すくい上げる球になります。

以上が複合的に出ていると思います。
兎に角、一つ一つの動きをきちんと分析しながらシャドーで体に刻み付けていく必要があります。
レンジで長いクラブで一気に全て同時に体得は不可能だと思います。

ゴルフは理屈を理解しても実践はメチャメチャ難しいですよ(笑
特に長いクラブでの練習はむしろ逆効果ですよ。

こんばんは!ゴルキチ様
突然ですが!僕は、インパクトからフォローにかけてが、宿題です!
縦回転の意識でフォローに行くと、右肩が下がりすぎてるような感じです!右手首を維持しながら打ちにいきますが、右脇腹に右肘を引っ付けて引き込みながら打つと右に吹けます、インパクト付近から、フォローに振り抜きが悪いから、擦りぎみの玉や、降り遅れになってるとおもいます。打ってから、回ってるつもりが肩が開いているかもしれません?またまた、指導してください!お願いします。

プロペラ

おはようございます。

「前傾したアドレスの状況で、両手を広げる」、これ、良いです。
頭・背骨を軸に、股関節、肩関節等、アチコチに突っ張りを感じます。
コレで体の正しい動きを体感できそうですね。
コツコツ体に覚え込ませます。

be さん Re: 左肩

まいどです!!

> 「左肩を低く!」、コレを実現するには、正しいアドレスで肩が軸に対してしっかり縦回転させるって事ですよね。

そうです。それが皆出来ないんですよね。正しくは「左肩を顎の下に入れる」が、「顎の前」か「顎を押し上げる」になっちゃいます(笑
子供にはアドレスして両手を水平に広げさせて教えます。トップでは、はたから見れば両手が斜めに45度の角度でも、本人からすれば感覚的にはプロペラの様に殆ど縦に近いですね。
これなら頭も嫌でも動きません。トップで両腕が水平に近くなるほど頭が思い切り動き、起き上がります。

> アドレスからインパクトまでの前傾の維持、難しいですよね。
> シャドーでしっかり意識して、下半身、体幹を鍛えなければなりませんね。
> このハードルをしっかり越えたいと思います。

「両手広げ」シャドーで頭が動かない感覚を掴んで下さい。そうすると右腰も全く逃げなくなります。左かかともべた足になり、右股関節の捻転、反動の力を強く感じると思います。
ラインを出す感覚、スイングは回転ではなく直線的だと感じると思います。

左肩

さらに丁寧にありがとうございます。
ビデオ、娘さんより、私のを使っていただければ・・・・(笑

「左肩を低く!」、コレを実現するには、正しいアドレスで肩が軸に対してしっかり縦回転させるって事ですよね。

アドレスからインパクトまでの前傾の維持、難しいですよね。
シャドーでしっかり意識して、下半身、体幹を鍛えなければなりませんね。
このハードルをしっかり越えたいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR