ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

正しいアドレスの盲点

 三日坊主さん、まいどです

お互い相当なゴルキチですね

そうじゃないと何事も上達しないと思いますよ

ゴルフ議論は当然何でもwelcomeですよ

実際、ご質問の件、確かに超重要です。

恐らく本当に論理的に理解しているアマは極少数でしょう。


 ゴルフの悩みは実際皆さん殆ど共通しています。

質問される方は、それを代表して代弁されている事と

同じだと思います。生の質問は非常に貴重で、それを

参考にされている方も多いと思います。そういう方の事も

考慮して返信していますので、三日坊主さんが既に

当然ご承知である、質問以上の余計な事も毎回書く事に

なりますが、その点はご容赦下さいね。


> ①『私も含めて殆どの方は油断すると右を向き易いので
毎回ボールの前後両方にスパットを確認して、
その飛球ラインと平行のスタンスラインを2本明確に
イメージしてからアドレスします。』
> 仰せのとうりで、そのように心掛けています。
>
> ②『アドレスラインも飛球方向に向けてしまうので
2本のラインが平行ではなく、先でクロスする訳ですね、
収束ではなく。』
> との事ですが、クロスしない理屈と思います。
目的そのものにスタンスを取り目標の1メートル右
(アドレス時の足と球の距離です)に球を運ぶ理屈では
300ヤードさきでもやはり1メートル右に行くと思う
のですが・・・。飽くまで理屈の上だけの話ですが・・・。
①の方法が正当なのでしょうが、
②の方が単純でやり易く感じるのですが?


 ごもっともなことです。収束という単語は余計でしたね。

紛らわしくさせてしまいました。

殆どの方が電車のレールを想定されているでしょう。

300y先でも1mは1mと。

アドレス後方から見れば視覚上でのレールは2等辺3角形で

ターゲットはその頂点になりますよね。

しかし、アドレスでの目の前の2本のラインは先で収束する

三角形の一部ではなく、100%完璧に平行であるべきです。

平行ならアドレス後方上から見れば永遠に収束しない訳です。

解り難いですが下の図の通りです。

 例えば、雑誌を小さな長方形をアドレスに見立ててテスト

して見ると良く分かりますが、長方形を目の前にかざして

遠くを見て下さい。まず、両ラインの中心の一点から見て

長方形の先端の両ラインの中心点をターゲットに合わせてから、

右側のターゲットライン上と左側のスタンスライン上2点の

真後ろから別々に見たらどうでしょうか

両ラインの延長線はそれぞれの意図したターゲットと

完全に一致します。これが正しい合わせ方です。

 しかし、同様に両ラインを別々にライン直後から見て

それぞれのターゲットと合わせるとどうなるでしょうか

もうひとつのラインが全く一致しなくなる事が解ります。

遥かに外側を指すはずです。

 非常に重要なことなので図にしてみました。

正しいアドレスの盲点3

 例えば、図の様に左側のスタンスライン橙線だけを

合わせてから実際の出球方向となる青線を見ると

どうなるでしょうか

実際にはアドレス時の視線の位置にもよりますが

スタンスラインをピンに一致させることはほぼ可能でしょう。

しかし、出球方向となる青線はピンよりも遥かに右方向

を指します。

これで球が中に(右に)入ればもっと右を向く事になります。

 
 後は、図の解説の通りです。

唯一、パターだけが視線を球の真上に置ければ

全てのラインを完璧に一致させることが出来ます。


この状態で初めて視覚の錯覚に誤魔化される事無く、

自分の視覚を信じてスムーズにラインを合わせる事が

可能になります。

しかし、それでもまだ前傾している為、微妙に感覚が

狂います。


従って、正しくスタンスを合わせてアドレス出来たとしても、

なおスパットに合わせて打ち出す事が賢明でしょう。

たかが視線の位置の多少の違いが如何に恐ろしいか

自分の視覚が実はとんでもない「錯覚、幻覚」だった

事がお分かり頂けると思います。



 パター以外では、視線の位置が毎ショット異なるため

アドレスした状態から正確に橙線と青線を一致させる事は

理論上不可能です。


従って、アドレス前にスパットとイメージラインで決める

しか方法はありません。

要するに、アドレスしてからの自分の視覚は、

信用すべきではないのです。


もちろん球の真上に視線をセットできないプレーヤーは

数ヤード足らずのパッティングでさえ

全く信用してはいけないのです。

200y先ではとんでもなく狂っても何ら不思議は無いのです。

プロはキャディーが毎ショット確認、注意できますが、

我々アマは事実上不可能です。

 だから、アドレスしたら一回確認だけして
(一度は見なければ不安で打てないでしょ)

即打つ。もじもじしないで即打たなければいけない。

なぜなら、何度も見たら、時間が経ったら、自分の視覚と

全然違うから気持ち悪くて打てなくなるから。

ルーティーンで決めた最初のイメージ、スタンスを

決して変えないで、信じて、スパットに向けてとっとと打つ。

上手くて、アドレスから早いプレーヤーは感覚が鋭い訳でも、

決断が早い訳でもなく、その怖さを知っているからです。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

アタルさん Re: ありがとうございます。

おはようございます!!

> いつも。いつも丁寧なコメントには感謝いたしております。
> 師匠の言われている事を意識して昨日練習。本日ラウンドして来ました。
> 本人も驚いてるくらい1Wのフェアウェーキープが11/14回。
> ほとんど満足行く球が打てました。
> 逆にアイアンは、ちょっと薄めの当たりでしたが、後半にはポイントが判りほぼ満足。
> 1個のOBが響き39でしたが、これも全て師匠のおかげです。

凄いですね!!ナイスです。
完璧ですね。距離よりまず1Wのフェアウェーキープ率が優先ですね。
そしてプロでもパーオン率は60%なので、なんとか寄せワンの可能性を高めるセカンドが打てればいいんですよね。
アプとパター練習で一気にスコアアップできそうですね!!

ありがとうございます。

いつも。いつも丁寧なコメントには感謝いたしております。

師匠の言われている事を意識して昨日練習。本日ラウンドして来ました。
本人も驚いてるくらい1Wのフェアウェーキープが11/14回。
ほとんど満足行く球が打てました。
逆にアイアンは、ちょっと薄めの当たりでしたが、後半にはポイントが判りほぼ満足。
1個のOBが響き39でしたが、これも全て師匠のおかげです。

ありがとうございました。

素敵なクリスマスイブをお過ごし下さい。

アタルさん Re: 追伸、、

> クラブを持たないで、両手を胸の前でクロスして下半身スイングしてみますと、クローズスタンスは左股関節への乗りが強く意識出来ますが、スクエァスタンスでは、その乗り方は甘いです。
> 同じ乗り方を感じるには、相当右を向いたまま、両手のクロスした肩のラインは微動だにせず、下半身だけバンプして回転で、この感覚がつかめますが。。。
> この感覚が正解なのかどうなのかも。。

クラブにもよりますが、左に乗リ切る時期がかなり問題ですよ。アプなら最初から左重心です。要するに飛ばしたくないので体重移動を最低限に抑え、体重移動による打点の狂いを少しでも無くしたい。

では、飛ばす時は体重移動が何時必要かですが、体重移動がインパクト前に終了したらまずいですよね。体重移動でスイングを引っ張る訳ではないですから。逆に体重移動で後から押すようなイメージだと思います。それも意識的ではなく結果的に発生する体重移動で。

スイングはむしろ逆に遠心力との戦いなので、カウンターバランスで考えるほうが良いです。むしろ振り出す腕とクラブに対抗して、重心を後ろに残して引っ張らないとスウェイは止まりません。自ら体重移動をしたら逆にスウェイを誘発するだけです。

問題は重心ではなく右肩が飛球方向に出て行けば良い訳です。腰を入れれば自然に腰が回り、左を引けば右が出て自然に肩が速く回ります。

肩が回ってフィニッシュまで飛球後方に振れば嫌でも左に乗りI字に左に乗れますよ。

私は体重移動は全く結果に過ぎないと思います。むしろインパクト前の体重移動はスウェイを助長し、方向性を著しく悪化させ、飛距離を落とすと確信しています。

アタル さん Re: ただいまぁ~。。

アタルさん、お帰りなさい(笑 記事で少し書きました。

> また。。舞い戻って参りました。。汗

> 私の場合、「捕まった♪」と感じるケースはほぼストレートフックになってしまいます。泣。。
> たとえば7#で30yのグリーンのピン真中状況でピンを狙うと、出球はストレートですが、100y過ぎ辺りからフック回転がかかり、落下地点はピン左10yほど外れます。
>
> これはイカン。。と、あれこれ微調整。。
> しかし、そんな微調整できる技術も無く。

出球が狙い通り真っ直ぐなら問題は軽度ですし、10Yのフックも軽度ですよね。

> スタンスを少し右向きにして15y右を狙えば。。。とやりますと。。
今度はそのままストレート。。他人が見ればプッシュアウトに見えてしまうかもしれません。

球の位置は同じですか?球も中に入れていますか?これでだいぶ変わります。
これは記事のように、プッシュアウトの潜在的恐怖で腰と肩は右に向ききれず無意識に開いている、もしくは早く開くため、意思に反して逆にアウトサイドイン軌道になるためでしょう。全部右向いて、右に打ち出すのはあまりにリスキーで体が勝手におかしな反応を示します。よくあるケースです。

> 超クローズのクワ下ろしスイングで基礎を。。と思い、これを行いますと、飛距離は落ちますが真っ直ぐ飛びます。

飛距離が落ちて、フックしない、これがキーポイントですよね。
通常この方がインパクト直後にフェースが被ってフックしますが、逆にフックしない。
出球は真っ直ぐなのでインパクトまでのスイング軌道は問題ない。それなら、フックの原因がインパクト直後ではなくインパクトゾーン後半、と言うかフォローの問題だと考えられます。

超クローズなのでフォローが不十分で、インサイドに引き込むようには引っ張れません。
だからまず飛距離が落ちます。
よくあるケースですがフォローで右肩が上がって上体が起き上がると、意識以上に急激にインサイドに引っ張り込むので飛距離は出ますが、フックします。
これだけの情報だとこれが原因だと思います。
これは私もよく注意している点ですよ。飛ばしたい時、右が怖くて絶対避けたい時、狭いホールで球の行き先が気になり球を追って早く起きてしまう時に、体が早く起きて右肩が上がってインサイドに引き込む様に引っ掛けます。起き上がりが激しいほど派手に引っ掛けますのでドライバーだと致命傷になります。

まず、フォローをインに引き込まない様に注意してみてください。そして、フォローで前傾を維持する、球を直ぐ追わない点を注意すれば治ると思います。

意識としては少し離れた背中の後ろの壁にフォローでヘッドが当たらないように軌道を縦にフィニッシュするイメージです。


超クローズだとフォローで起き上がってインサイドに引っ掛けられません。最後にフックしないのだと思いますよ。

追伸、、

クラブを持たないで、両手を胸の前でクロスして下半身スイングしてみますと、クローズスタンスは左股関節への乗りが強く意識出来ますが、スクエァスタンスでは、その乗り方は甘いです。
同じ乗り方を感じるには、相当右を向いたまま、両手のクロスした肩のラインは微動だにせず、下半身だけバンプして回転で、この感覚がつかめますが。。。
この感覚が正解なのかどうなのかも。。
ちょっと。。。ご指導くださいませ。。

すみません。。いつもいつも。。。orz(←懐かしいかな。。。汗)

ただいまぁ~。。

師匠。。
また。。舞い戻って参りました。。汗

三日坊主さんとのコメント。
知ってはいるものの改めて再認識させられました。

この方向取りに関して、スイングを絡めたご質問をひとつさせて下さい。

飛距離と方向性のどっちを求めるか??と言われると、願望は飛距離で有りながらも実際は方向性です。ましてやアイアンで曲がってはお話になりませんよね。

私の場合、「捕まった♪」と感じるケースはほぼストレートフックになってしまいます。泣。。
たとえば7#で30yのグリーンのピン真中状況でピンを狙うと、出球はストレートですが、100y過ぎ辺りからフック回転がかかり、落下地点はピン左10yほど外れます。

これはイカン。。と、あれこれ微調整。。
しかし、そんな微調整できる技術も無く。

そこで、以前からおっしゃっていた、超クローズのクワ下ろしスイングで基礎を。。と思い、これを行いますと、飛距離は落ちますが真っ直ぐ飛びます。
そして、そのクローズ度合いを少しずつ減らして、スクエァーに戻すと、やはり持ち球になります。。

次に考えたのは、私の球はドローでは無いのですが、ではスタンスを少し右向きにして15y右を狙えば。。。とやりますと。。
今度はそのままストレート。。他人が見ればプッシュアウトに見えてしまうかもしれません。

スタンスは左足若干オープン。右足10度程オープンで、カカトラインがターゲットの左を指す様にしています。(練習場マットではマットと並行です)

スイングが悪い!!!と言われれば返す言葉も無いのですが。。。
でも。。
何故。。。
クローズスタンスで真っ直ぐ打てて、ノーマルに戻すとフック回転球になるのでしょうか?

単純にはインパクトでフェーススクエァーでハンドファーストが出来ていないから??と感じています。ではハンドファーストを更に意識しますと、更にかぶっちゃいまして。。

このフック回転を持ち球として割り切った方が良いでしょうか?でも、たまに真っ直ぐ行くから。。。泣。。。

何より、クローズスタンスで打てて、スクエァで打てない事が、根本的に「スイング」に問題が有るのでは??と悩んでおります。

この2個のスイングのギャップを埋めて行く方法はございませんでしょうか?
もしくは、この練習を行っている事で何か大きな勘違いをして練習している事があるのでしょうか?

「あたるくん。。。それは。。。リキミだよ。。爆」と言われると。。。
何も言えませんが。。。爆

研究の深さに敬服します

ゴルキチ先生
屁理屈ゴルファーにご丁寧なコメント、大恐縮です。
今回の仰せの中で理解できる部分と不勉強ゆえの理解できない部分が混在しています。
実技の面でビギナーレベルを永年立派に堅持しているのは自分の現況の練習方向やその理屈が良くない事を如実に表していますので、めくら(目の不自由な人 (^^;)になった積りで、指導に従って一からやり直しています。

一般的に、或る事を勉強したり、なし遂げる過程で、途中で壁にぶつかったり、理解できない場面に出会った場合、頑迷・意固地にそれに対決して理解しようとするのも一つの方法ですが、それを一時保留・迂回して取敢えず次のテーマに進み勉強している内に、フッと以前の難題が理解できる事もよく有りますので、このテーマは後者の便法を取りたく思います。

メインの会社経営をこなし、ゴルフの研究・各種競技に参加・娘さんの指導・ゴルフ界の
要人との付き合い・その他諸々、そしてこのブログの維持と多くの質問への解答・・・
寝る間はあるのですか? タフを超えてまさに鬼のような人だなぁ・・と感嘆しています。(私のように出生の高貴な綾小路の末裔から見ると化け物のようです !(^^)!)

懲りずに今後とも宜しくお願いします。
 




EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR