ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

素振りの再現の重要性

 今回のラウンドの目的のひとつは素振りの再現の意識でした。

今まで、毎ショット2回素振りをする習慣は付いたのですが

ただ振るだけで、素振りによって球の弾道をイメージする事、

イメージ通りの素振りを完全に再現する意識が欠けており、

その効果と必要性をまだまだしっかり認識できていません。

今回はその点をかなり注意して実行させました。

その余裕も少し出来てきました。


 下はアプローチの素振りと本振りですが、ゆったり、かつしっかり

体を回してフォロー出す事を徹底させました。

どうしてもインパクトの強さで距離を打ち分ける様とするため

インパクトで緩める、フォローがしっかり出ない、体の回転が不足する

傾向があるからです。



 この素振りの写真はゆったり、しっかりフォローが出ています。

体もクラブと一体化してしっかり回っているので、

クラブが体の正面からずれていません。

また腕も脱力で柔らかく使えています。

結果はともかく、素振りによって飛ぶ球筋をイメージして、

決めた素振りを無心で完璧に再現する事が重要です。

そのためには、悪いイメージ、不安、しっかり打とう等の余計な注意

は禁物で、とにかく無心になって素振り再現マシーンになりきる

ことが私の経験ではベストなイメージです。


素振りで球筋をイメージできない⇒素振りが再現できない

=インパクトで緩めて加減するショット=当てて終わり

=フォローが出ない=体が回らない=距離も方向性も再現性もゼロ

⇒自信が欠如すると無心になれず、素振りを再現できない。

IMAG0323 小32


下は本振り。素振りと殆ど同じくしっかり再現できている。

ゆっくり振って、大きくフォローが取れている点が非常に良い。

上体が少し流れて突っ込む傾向があるが、これを防ぐに為には

左壁では全く不十分で、カウンターバランスの意識が不可欠である。

IMAG0324 小2

この無心があっさり出来るのは失敗の恐怖感のない子供だからで

経験上余計な恐怖感がある大人ほど難しくなると思います。

今回のラウンドでも明らかに素振りの再現の方がショットの成功の

可能性は格段に上でした。

本人もそれを確認できたようで、

自信が持てれば、インパクトでビビッて加減して緩めるショットや、

当てて終わりのショットは格段に減る筈です。

自信が持てればゆったり大きなフォローが取れます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

itoさん Re: タイトルなし

匿名さん、はじめまして!!コメント有難うございます。

> お初にお目にかかります。
> 詳しい説明文にて、感謝感激して見させて貰ってます。今回どーしても理解しづらい(と言うかピンとこない)部分が御座いまして、恥ずかしながらメールした次第です。
> それは テークバックからトップ時、右体幹(背筋、腹斜筋)を伸ばす、と言う部分です。どうしても体感・体現出来ないというか
> どうやったら伸ばせるのか今ひとつピンとこなく悩める子羊となっております。どーか愛の手を・・・。

テークバックは体幹で左肩を押し下げ、右肩を縦回転で上げていきます。腰は結果であり意識では回しませんが、股関節が切り上がる様に上がっていきます。これは右ひざが固定なので腰が右にスライドできず、また後方への動きも限界があるので上に逃げる様に切り上がります。

この動きの中で意識して体幹を伸ばしたり、縮めたりするのではなく、胴体周りの体幹で縦回転だけを意識すれば自然と右体幹が伸び、左体幹が縮みます。ダウンではそれが逆に動くので、結局テークバックでの体幹の伸縮がパワーの蓄積に繋がるのです。誰でも自然にやっていることなんです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR