ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

重心位置によって右か左の脚をねじる

脚で振る、打つ」とは脚、足、股関節を捻ることで使います、

というか捻り、捻り戻さなければ本当には脚を使えません。

左右の脚はショットによって使い分けられます。

体重移動の要らない普通のアプローチではアドレスから左足に乗り、

左足加重なので左足を捻って使います。

逆にドライバーはアドレスから右足加重で確実にビハインドザボール

にする必要があるので右足に重心を残して右足を捻って使います。


 重要なことは、左足を捻ると体が早期に開きます。

ショートアイアンはクラブの構造上引っかかり易いので

むしろそれでも構いません。

また、ショートアイアンは短い為左に突っ込んでも許容はが広い。

しかし、長いクラブは少しでも突っ込んだら許容範囲が少ない。

早期の開きは厳禁です。

だから、早期に左脚に一気に乗り過ぎると右足が浮き、

右脚が使えなくなるので、左脚を捻らざるを得なくなり

必然的に体が早く開くことになる。リードした左脚は捻らないで、

右脚を踏ん張って、右脚を捻れば開かない。

切り返しで左に乗ったと同時に左脚を捻るから開く。

左足を捻るからグリップもヘッドもアウトサイドイン軌道になる。


良くあるレッスン書では、切り返しで左脚に100%乗れと言います。

だから右脚が浮くので、左脚をねじらざるを得ない、

そうなれば体は直ぐに開いてしまう。

おまけに体全体で球に体当たりのように思いっきり突っ込む。

カウンターバランススイングとは全く逆の動きになります。



 これは野球のピッチャーでも全く同じことです。

左脚を踏み込むと同時に早期に全体重を左に移せば

左脚で体を開いてしまう。

ほんの一瞬の我慢ですが、右脚に体重を残す。

これが「粘り、タメ」です。

右脚に体重を残すから、左脚を捻らないから、体が開かない。


ゴルフでもシャフトが長くなるに従って、スタンスが開き

ボールの位置が中心より左に寄り、少しずつアドレスで

右足に重心が移っていきます。

長くなるにつれ、許容範囲が狭くなり確実なビハインドザボールと

ライ角の維持が要求されます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR