ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

another 肩の縦回転の簡単体感方法

 この肩の縦回転ビデオを解り易く自分で体感する方法ですが、

両手を広げて回転すると肩のラインの角度が立っている事と、

頭の回転軸の維持、右腰が逃げない捻転の強さが体感できる

と思います。

一見馬鹿馬鹿しいと思われるかも知れませんが・・・。

膝タッチと似たようなものですが、これはトップでは左手で、

フォローでは右手で前方の地面の上の仮想物にタッチする様な

イメージですね。



毎度芸のない下手な絵ですが・・・・

この絵じゃ前傾してるように見えませんが

ビデオ撮って編集もかなり面倒なので・・・(汗

こんなもんでいいかな と・・・・思います。

縦回転1

縦回転2

縦回転3

 要は

1、頭はアドレスからビハインドザボールを強く意識して

真ん中より右に置くべき。そうすれば回転軸は最初から

右寄りにずれているため頭の回転軸を固定する意識で

テークバックしても、トップでは自然に右股関節に

十分加重できる。

アドレスで頭が真ん中にあるとトップで行き過ぎて

リバースピボット=左足加重になる。

だからテークバックで頭を動かせというのは間違い。

アドレスで右に置いておけば良いだけの事。

動いたものは反動があるので、必ず行ったり来たりになってしまう。


2、頭の回転軸に沿って、左肩を低く押し回して行くと、

右肩は上に行き、グリップも右肩の高さに上がる。

胸は前傾を維持したまま飛球後方を向く。


注意点は、トップでシャフトが水平、飛球線と平行になる事を

必ず確認すること。前傾を維持する程、逆に右肘が浮き易くなり、

意識しなければシャフトクロスする=飛球線と平行にならない。

右肘を浮かせず、必ず真下に向けないとクロスする。

「右ひじが真下」とは、前傾しているので実質前傾分だけもっと

右肘が前側向きで、グリップは背中側に傾いている。

これは結構きつく、コツはトップで腕を捻るように使う。

また日々肩甲骨の稼動域を維持していないと出来ない。


ここで肩甲骨の柔軟性、稼動域の広さが問われる。


これらが解っていても出来ないのは、肩甲骨の柔軟性、

股関節の柔軟性が欠如している可能性もかなりあります。


テークバックで左手を下げていくことで右肩が上がり、

右手も上がりトップができる。

フォローは頭の回転軸をトップから維持したまま、左手、左肩ではなく

左背筋を引く。すると右腕、右肩は低くどんどん出て行く

ここでアッパーになるのは右手首の角度を制御できないから。

右手首の角度を維持していれば、安定した低い球が打てる。

スナップを使ってヘッドを加速するとアッパースイングになり

高さも距離も安定しない。

もちろんただ右手のひらを飛球方向に向けて出していっても、

今度はヘッドが遅れ、グリップが先行して球を押し出す。

クラブが体の正面で一体化していれば、右手首の角度を維持

していても、手のひらは体の回転とともに球を捕まえる。


そもそも、テークバックで左手でロールしながら上げると

ダウンでも手首を使ってしまう(=手先で上げる)。

左手はテークバックしなければ(しない意識ならロールしない)、

フォローでも使わずに済む。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

課題が増えます!

課題が増えるのは、課題を自分のものに出来ず卒業が出来ません。
困った事です。(笑
見ていただいて、優先順位をつけて欲しいぐらいです。

もう一つ教えてください。
テイクバックからトップ、インパクトだけで、課題が山積みなんでフォローはそんなにケアしていないのですが、フォローの方向が悪いって言われるんです。

インパクトで飛球線に背中を向ければそのまま放り投げる感じで、そして体に巻き付くイメージ。
ただ、右肩が起き上がってきて正面を向く事で、「左に振る」とも聞いたことがありますが。
この辺、軸・グリップ・ヘッド等々の動きで、肩の縦回転以上に説明が難しいですかね。
機会があればで結構です。
もしくは、過去のテーマで記載済みですかね。(笑

頭でっかちより、理想のスウィングをイメージして、すっと、そのまま打てるようになりたいです。
でも、細かなイメージを教えていただける事、凄く有効です。
それを自分のものに出来ないんですよね。
なかなか。

be さん Re: ご苦労様

毎度です!!

> 新たな図、ご苦労様です。

慣れて書くのが早くなってきましたよ(笑

> ホント、ゴルフって難しいですね。
> 少しの変化で、違ったところが気になったり。
> 出来たことが出来なくなったり。
>
> ただ今、
> ・ゴリラスタイル
> ・テイクバックでの右脚外旋

右足外旋は結局右ひざを確実に強固に固定する手段と、足の裏から股関節まで脚全体にねじりのパワーを溜める手段、足の裏全体を地面に捻りこむように使う手段、そしてこれによって安易に右かかとを浮かせないために非常に良い手段です。
あるプロと相談しましたが、その方は捻るのは難しいので指導しないと言っていましたが、結局プロの指導でも結果的には同じ動きになります。彼の指導は左右のひざを止めたまま単に腰を前後させるだけです。結局前後の直線運動が股関節のボールで回転運動に変わるということですね。外旋はそれに目に見えないねじりを加えてより膝の動きを固定し、脚にパワーを溜めることが可能になります。

> ・フォローでの左脚での後方への蹴り

これは過激にやって左肩、左サイドが上がらない程度にして下さい。砂打ちでシャフトを回すタイミング作りでやってみると効果が分かりやすいです。

> そして、平行して、膝タッチを意識してます。
>
> まず下半身主導で、勝手に動けるようにと思っていますが。
> 課題が多くて、シャドーで出来てもクラブを持つと・・・
> コツコツ、体に覚え込ませるしかないんですよね。

私としても記事をどんどん書く関係上、beさんの課題がどんどん増えてしまいますよね(笑
取捨選択してくださいね。

私自身の今の課題は肩甲骨の可動域を拡大したいですね。フォローでもっと右肩をスムーズに出せたら今まで出来なかったコントロール性が手に入るような気がします。

あとは如何に柔らかく打てるかですね。200Yであっても届くギリギリの柔らかさで余裕を持って素振りを再現できるようになりたいですね。強いインパクトほど精度が落ちますからね。
そのために限界まで腕、上半身を脱力、すると必然的にテコの応用と下半身の役割が大きくなってきますよね。

ありがとうございました

早速のご回答ありがとうございます。
アイアンでゴルフを覚えたので、打って終わりという感覚が染み付いているようで、ドライバーのフォロー、フィニッシュに苦労しています。右肩の縦回転を意識的に練習したいと思います。
ありがとうございました。

ご苦労様

新たな図、ご苦労様です。
ホント、ゴルフって難しいですね。
少しの変化で、違ったところが気になったり。
出来たことが出来なくなったり。

ただ今、
・ゴリラスタイル
・テイクバックでの右脚外旋
・フォローでの左脚での後方への蹴り
そして、平行して、膝タッチを意識してます。

まず下半身主導で、勝手に動けるようにと思っていますが。
課題が多くて、シャドーで出来てもクラブを持つと・・・
コツコツ、体に覚え込ませるしかないんですよね。

回転軸の角度

はじめまして。
毎日拝見しており、大変参考にさせていただいております。ありがとうございます。
初歩的な質問ですみませんがm(__)m
アドレスのとき、当然右手が下に来るので右肩が数センチさがり、回転軸である背骨は少し右に傾きますよね。
その状態のままテークバックすると、ややインサイドにあがり、気持ち悪いんです。これは間違ってますよね?飛球線後方に直線的にテークバックすると、どうしても右腰が伸びてリバース気味になってしまい...勇気を出して恥ずかしながら質問を投稿した次第です。
何卒ご教授願えますでしょうかm(__)m

アイアン大好き さん Re: この感覚は合っているのか

こんにちは!!ご無沙汰です。

> ゴルキチさん、こんにちは。以前フォローについてご解答いただいた「アイアン大好き」です。いつも参考にさせていただいております。
> あれからドライバーのフォローについては試行錯誤を繰り返しています。
> 先日もフォロー、フィニッシュを意識して練習していましたが、その時面白いことがありました。意識したことは以下の2点です。
> ①ボールの2~3個先の仮想ボールまでヘッドが届くように、低く長いインパクト。
> ②クラブの軌道、動きを体が邪魔しないように。
>
> すると、インパクト以降自然と右手が離れてしまうようになりました。プロがミスショットして右手を離す時がありますが、そんな感じです。
> しかし
> ①ボールは弱ドローの中弾道、飛距離はいつもよりプラス。
> ②フォローはクラブの遠心力で天に突き上げられる(自分では突き上げない)
> ③フィニッシュはクラブで飛球線後方に引っ張られ、左肩甲骨が背中側へ大きく動く。
> ④ぐらつく事なくフィニッシュは安定(片手ですが・・・)
> というようにいいことばかりです。
> しかも何回打っても同じような感じで9割方ナイスショットです。もうこのままでもいいかなと思ってしまうくらいです。
> 今度右手を離さないように意識すると、こすり気味のタマになり安定しなくなります。右手が邪魔をしているということだと思います。
> 自分なりに解釈すると、遠心力によるコックのリリース、自然なフェースローテーションが出来ているのかなと思っています。何よりもクラブの遠心力をこれほどまで感じたことはありません。
> 理屈は間違っていないように思いますので、しばらく続けて体に染み込ませてから右手対策をしようと思っています。
> ゴルキチさんはどう思われますか。

感覚として全て合っていると思います。
まず、ドライバーはアッパースイングといってもアドレスで既にそういう体制になっているので十分です。スイング自体はレベルもしくはダウンブローの意識でやっと適正なアッパーになります。ドライバーで低い球を自在に打つ技術が必要ですね。

問題は明らかに右肩が出て行かない事ですね。ヘッドに引っ張られて、クラブに何の負荷も与えずに右手、右肩がどんどん出なくてはいけないのに、逆に邪魔してヘッドが先に行けない訳ですね。インパクト以降は右肩を出して行く事が大きなテーマですね。そのためには左背筋を引かないと右は出ません。
今日の記事のリリース(180度シャフト回転)と同時に右肩を縦回転でヘッドの動きについて行かせます。


> また、アイアンでは同じことにはなりませんでした。やはりドライバーとアイアンは切り離して考えるべきでしょうか。

アイアンとの違いはドライバーのヘッド自体の重心深度が深いので慣性が高く当たり負けし難いからでしょうね。アイアンでは当たり負けと片手グリップでは抜けないでしょうね。


この感覚は合っているのか

ゴルキチさん、こんにちは。以前フォローについてご解答いただいた「アイアン大好き」です。いつも参考にさせていただいております。
あれからドライバーのフォローについては試行錯誤を繰り返しています。
先日もフォロー、フィニッシュを意識して練習していましたが、その時面白いことがありました。意識したことは以下の2点です。
①ボールの2~3個先の仮想ボールまでヘッドが届くように、低く長いインパクト。
②クラブの軌道、動きを体が邪魔しないように。

すると、インパクト以降自然と右手が離れてしまうようになりました。プロがミスショットして右手を離す時がありますが、そんな感じです。
しかし
①ボールは弱ドローの中弾道、飛距離はいつもよりプラス。
②フォローはクラブの遠心力で天に突き上げられる(自分では突き上げない)
③フィニッシュはクラブで飛球線後方に引っ張られ、左肩甲骨が背中側へ大きく動く。
④ぐらつく事なくフィニッシュは安定(片手ですが・・・)
というようにいいことばかりです。
しかも何回打っても同じような感じで9割方ナイスショットです。もうこのままでもいいかなと思ってしまうくらいです。
今度右手を離さないように意識すると、こすり気味のタマになり安定しなくなります。右手が邪魔をしているということだと思います。
自分なりに解釈すると、遠心力によるコックのリリース、自然なフェースローテーションが出来ているのかなと思っています。何よりもクラブの遠心力をこれほどまで感じたことはありません。
理屈は間違っていないように思いますので、しばらく続けて体に染み込ませてから右手対策をしようと思っています。
ゴルキチさんはどう思われますか。
また、アイアンでは同じことにはなりませんでした。やはりドライバーとアイアンは切り離して考えるべきでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR