ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

本当にストロンググリップは正しいのだろうか?

 前回は基本であるアドレスでのグリップの位置の話でしたが、

更に基本であるグリップについてもう一度考えてみましょう。

当たり前の様になっているストロンググリップは

果たして本当にあなたに合っているのか


ストロングのまずい点は

1、テークバックがインサイドに入り過ぎる

2、従って、ダウンでヘッド軌道がアンダーでインサイドアウト

になりがち

3、すると押し出し、引っ掛けの両方が出る


以上は極普通に言われている欠点ですが、

その他に私が特に感じる事は、多くのアマが陥っていますが

ストロンググリップだと

4、左肘と左腕を突っ張って左グリップで上から押さえつける

傾向がある
のです。


左グリップを浮かさないで押さえる事は重要ですが、

左腕は絶対に突っ張ってはいけません。

特にアプローチ、ショートアイアンはバンスを振るイメージで

打ちますが、左肘を緩ませ(脱力で伸びて見えるだけ)、

腕をかなり柔らかく使う努力をします。

左腕が突っ張っていたらバンスを使う打ち方なんて無理です。


例えばパターは左右対称で手のひらをしっかり合わせて打ちます。

いちいちグリップに迷いもないし、ダフることもありません。

もちろん上から下への遠心力がないから当然ですが、

肘を曲げてグリップを下から上へ吊っているからですよね。


ショートアイアンはそもそもスピンをかけて止めたい、

ならフェードの方が安全、絶対に引っ掛けたくない、

チャックリは死んでも嫌だ、

ならストロンググリップなんて必要ないですよね、

しっかりローテーションを誘導できるなら。

左手甲でラインも出しやすいし。

スクエアグリップの方が理にかなっている様にも感じます。


そうなると、ショートアイアンだけではなく、

何番までスクエアグリップが良いのか

もしかしてドライバーも含めて全部か


陳清波プロの言う通り、スクエアの方が合っている人も

たくさんいるんじゃないかと思います。



 できるだけ柔らかく打ちたい、

唐突なド引っ掛けはもう懲り懲りだ、

被った左手に対して右手グリップが決まらない、しっくりしない

等の方はショートアイアンからスクエアでテストする手もある

と思います。


実際、ストロンググリップのせいでインに上げすぎている事に

気が付かない、左肘が突っ張っている、右手を下から

グリップし過ぎ、等の方が多過ぎます。

それで左肘の突っ張りさえほぐれれば、楽にローテーション

するのでむしろ逆にスライスもし難くなるはずです。

ドフックはもちろん減りますし。両得かも。


私はショートアイアンはパターの延長のグリップのつもりで

肘、腕を死んでも柔らかく使うように気をつけています。

そうするとストロンググリップは合わない・・・。

少なくとも130Y位まではスクエアグリップで柔らかく、

なんとしても精度を維持した方が良いような気がします。


皆さんどう思われますか

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ひでひで さん Re: タイトルなし

はじめまして!!
グリップの反響が大きかったですね!!
やはりストロングに疑問の方は多かったのですね。

先日娘とショートコースを回ってパター同様のウイークグリップで徹底的に左肘を柔らかく使いました。本番ではどうしてもアドレナリンで力が入ってしまいますからね(笑
ラインは出し易いし、方向性も良いです。ローテーションも頭が残れば全く問題ありません。
球も拾いやすいです。

> 左肘を緩める。最近、そう思います。
> 突っ張ってると、フォローで左肘が折りたためません。私も、左肘を緩めて、バックスイングの練習をしています。
> ストロングに疑問も感じています。
> スクエアでも練習してみます。

そうですね。極端に変えなくても少しずつなら全く問題ないと思います。また、状況に応じて変化できるようになれば幅が広がりますよね。

HFさん Re: タイトルなし

> はじめまして。
> 友人からお聞きして拝見しております。
> 凄いですね、とても勉強になります。

はじめまして!!コメントありがとうございます。

> この度のゴルキチさんの問いかけに対して自分なりに思うことは、、。
> カウンターバランス=ビハインド.ザ.ボールと
> 現在というかここ最近の傾向、カバーリング.ザ.ボールの違い、、双方がごちゃまぜになってますね。
> ですので、、グリップもごちゃごちゃ。
> のような気がします。
> ストロンググリップでカウンターバランスでは
> 仰るとおりかも。

確かに。ただレッスン書では極端にストロングとスクエアを完全に2分したがりますが、特に極端に変えなくても意識だけでも結構変わるものです。自分の骨格、球筋、ローテーションの具合で中間が山ほどありますよね。

仰る通りカウンタ-バランスでビハインドザボールが出来たらストロングは不要です。ショートアイアンならなお更ですね。

be さん Re: たしかに!

まいどです!!

> 確かに、ストロンググリップで、左肘と左腕を突っ張ってしまい、押さえつける感じになってます。
> そのため、両肘の緊張感を持って、グリップの握りをゆるめることを意識してます。
> アドレスとグリップって大事ですよね。
> 少し、意識して試してみます。

そうでしょ?
ドラコンではロフト4度でフェースが結構開いていてクソ長いシャフトなので(笑 
やや被せるのは仕方なかったのですが、通常ならストロングは疑問です。
特にアマはストロング過ぎる方が多いですね。特に右手が横からではなく下から入っている方が多いです。そうなるとローテーションすると引っ掛けるので結局ローテーションできなくなります。

下への圧力といっても体で圧力を掛けるものであって、手でかけるものではありません。
クラブ性能も進化しているので全く変えるのではなく、少しずつ変えてみてテストして言ってもいいと思いますね。

はじめまして
左肘を緩める。最近、そう思います。
突っ張ってると、フォローで左肘が折りたためません。私も、左肘を緩めて、バックスイングの練習をしています。
ストロングに疑問も感じています。
スクエアでも練習してみます。

はじめまして。
友人からお聞きして拝見しております。
凄いですね、とても勉強になります。

この度のゴルキチさんの問いかけに対して自分なりに思うことは、、。
カウンターバランス=ビハインド.ザ.ボールと
現在というかここ最近の傾向、カバーリング.ザ.ボールの違い、、双方がごちゃまぜになってますね。
ですので、、グリップもごちゃごちゃ。
のような気がします。
ストロンググリップでカウンターバランスでは
仰るとおりかも。

たしかに!

確かに、ストロンググリップで、左肘と左腕を突っ張ってしまい、押さえつける感じになってます。
そのため、両肘の緊張感を持って、グリップの握りをゆるめることを意識してます。
アドレスとグリップって大事ですよね。
少し、意識して試してみます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR