ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左手支点でシャフトは瞬時に180度回転する

 シャフトを立てたまま下ろす。寝かせない。

寝るとはどの方向であれ単にシャフトが横になることですが

横になるとヘッドの慣性が余計な方向に働き抵抗が発生します。

結構大きな抵抗になります。するとスイングが不安定になります。

ヘッドに慣性が働かないように上に残して大人しくさせときます。

スイングの邪魔をして欲しくないわけです。

シャフトが立っているからストンと素直にグリップが落ちます。

ヘッドも下りたらグリップが浮きます。

ヘッドが落ちないでグリップが最下点まで落ち切るから、

今度はインパクトに向けてグリップを上げて行けます。


 例えば砂に引いた直線を一定に打つには下げ切ったグリップを

上げていくことで、テコを利用してヘッドを意識的に下げます。

しつこく言いますが左脚蹴りと左背筋をタイミング良く使います。

その時左手首を支点としてシャフトが角速度を増して縦回転します。

立っているシャフトが一瞬で180度回転します。

一瞬です。


殆どの方はこの回転を手首のスナップ、腕で行います。

これでは加速しない。


あくまで腕、手首は脱力でテコを使います。

だから遥かに高速に回転する。

高速だから絶対に振り遅れない。

グリップを上げるといってもテコを利用した、単なるきっかけ作り

程度で、ヘッドは瞬時に落ちます。

グリップを上げるのはほんの僅かです。

もちろん上げ過ぎは禁物。



 細かく考えるより、やった上が早いです。

考えずにシャフトを立てたままストンと落とす。

そうすれば嫌でもグリップエンドが右足に向けて落ちます。

グリップが落ちたら今度は反対にグリップを上げると

シャフトは勝手に左手首支点で縦に加速して回転します。

この時もちろんライ角は維持していますよ。

そして右手が左手を追い越せばローテーションします。

追い越し過ぎれば引っ掛けですから、左グリップが止まるか、

減速し過ぎると引っ掛けますよね。

要するにグリップは飛球方向に走りながら、クラブは左手首支点で

回転し、同時に右手が左手を押し越して行く訳です。


ヘッドは低く長く出したいので当然左グリップも走り続けます。

それに負けないように右グリップが出て行かないと

ローテーションしないですよね。

だから左手首支点で回転つつ、右手は左手の外側を回っていく。

だから左を引く事で右をしっかり出していきます。

多くのアマは両方一緒に飛球方向へ突っ込んでいく。


フォローで注意する意識としては、

かなり右肩がヘッドに引っ張られて出て行きます。

これは肩甲骨の稼動域が広くないと結構きついです。

同時に左腕も完全に伸び切ります。

左肘は引けるどころか完全に飛球方向に脱力で伸び切るのです。

と言う事は、左肩より右肩が飛球方向に出ている位の意識

じゃないと無理ですよね。

そのためには左肩が飛球後方に回っていないと厳しい。


繰り返しますが、左手支点でシャフトは瞬時に180度回転

させるので砂に描いた直線を狙ってタイミング良く

一定に打てるのです。

ムチでタイミング良く手元を引く感覚と全く同じです。


それがタメです。タメがあるから正確に、かつダフらない。

アーリーリリースでダラダラ回っていては全てが無理です。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ご無沙汰しております。
この記事を実践するまできました。とても深いですね。一般的に言われるリリースの仕方が?でしたが、辻褄があいました。
まだまだ改造中。頑張りますよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。