ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

体は回転させない、直線運動の結果に勝手に回るべき

ゆたきち さんはじめまして!!

コメントありがとうございます。

ゴルフの質問に初歩も恥ずかしいも絶対にないですよ

ゴルファーは皆ほんの僅かなスコアアップに必死ですからね(笑

私も藁をもすがる思いで日々ゴルフ上達を考えていますよ(笑

今回の「回転軸の角度」は多くの方に良い参考になると思います。

「>はじめまして。
毎日拝見しており、大変参考にさせていただいております。
ありがとうございます。 初歩的な質問ですみませんがm(__)m

アドレスのとき、当然右手が下に来るので右肩が数センチさがり、
回転軸である背骨は少し右に傾きますよね。
その状態のままテークバックすると、ややインサイドにあがり、
気持ち悪いんです。これは間違ってますよね?

飛球線後方に直線的にテークバックすると、どうしても右腰が
伸びてリバース気味になってしまい...
勇気を出して恥ずかしながら質問を投稿した次第です。
何卒ご教授願えますでしょうかm(__)m」


 それは確かにむちゃくちゃ気持ち悪いです。

それが気持ち悪いと気が付かれているだけでもセンスがあります。

あとはほんの僅かなイメージチェンジだけで大きく変わりますよ。

それが肩の縦回転なんです。


殆どのアマはそれを気持ち悪いとも、おかしいとも思っていません。
 
確かに理論上、腕の長さだけを考慮したら右腕が短くなり、

右肩を下げざるを得ない、となりますよね。

殆どのレッスン書でも軽率にそう書いてあります。

でも現実は全く違います。

左肩を下げる事は誰でも全然簡単にできます。

なぜなら腕の長さの差よりも、肩甲骨の下方回旋と下制による

スライドの方が遥かに大きいからです。


肩甲骨の構造と動き

誰でも5cmは余裕で下げられます。

それによって意図する球筋に合わせて肩のラインを調整します。

アッパー狙いなら右肩を下げて背骨を僅かに右に傾け、

低い球なら左肩を下げます(イメージですが)。


ドライバーでもアイアンより球の位置が左にあるので

右腕の長さが足りなくなり、右肩が下がり、背骨は傾くと言います。

しかし、これも肩甲骨のスライドで調整できる範囲です。

ティーアップ、球の位置だけでも既にアッパーの要素が十分に

出来ているので、更に上体を傾け視線を上げてまでアッパーに

打つ必要性は今のクラブでは全くないです。


とは言っても、実際問題無意識なら右肩は多少下がりぎみです。

腰の位置にもよりますが、背骨が右に傾いているとします。

ここで問題なのが肩の水平回転と縦回転ですね。

傾いた背骨を回転軸と意識した水平回転(に近い)だと

傾いた軸が右を向けば、その最先端にある頭は大きく

飛球後方にスライドします。つられてテークバックもインに引けます。

そして、スウェイした頭と上体が右脚の真上に乗るので十分体重移動

した気分になります。体も楽です。

しかし捻転は殆ど出来ません。これが大きな落とし穴ですね。


この失敗は背骨全体を1軸の回転軸と意識した結果に起きます。

背骨全体を軸とすると本能的に正しい自然な動きをも妨げて

しまいます。全く不自然なのです。

軸は左右の股関節上(非常に狭く20cm程度だが)で移動するので、

仮にアドレスで軸が傾いていてもトップではほぼ垂直

(正面から見て)になります。

この時意識すべき軸は前傾を維持する為に重要な頭の回転軸だけで、

顔の縦の中心軸ががずれない様に=あごがずーと真下向き

を意識する位です。

むしろ、体を貫通する1本の硬い直線をイメージする背骨は

自然な動きを大きく制限するだけであり、そんな体の回転軸など無視して

止めるべき点だけを意識した方が遥かに自然で良いと思います。

 
 体の回転軸は移動するもので、固定などできる訳がなく、

直線でも筒状でもなく、硬くもなく、柔軟に変化するのであり、

そうなるとそもそも存在するとは言えないし、

無理に定義する方が不自然ではないでしょうか

誤解を招く結果になるだけだと思います。

それに第一、体が回るのは結果であって、意識的に回したら

捻転など出来る訳がない。

回したくないのに無理に回されるから捻転が出来る

もんじゃないですか

ゴムで考えると伸ばし難くい太くて強いゴム程伸ばし難いが

少しでも伸ばせば大きなパワーが溜まる。

伸ばし易い弱いゴムはいくらでも伸びるがどこまで伸ばしても

所詮パワーは弱い。

そもそも回そうとするから捻転が溜まるどころか、ずるずると

どこまでも回ってリバースまで行ってしまうのです。


 止めるべき点は、あご先(と脳天)、右ひざ、仙骨(尾てい骨)の3点です。

これでスイングし難いなら、そもそものアドレスが悪いのです。

それぞれの位置をアドレス時点で修正すれば良いだけの事です。

それを怠るからスイング開始後にあちこち動くのです。

始動後に動けと言う、いい加減なレッスンも多すぎますよね。



 リバースになるのは、体を回そう、クラブを上に挙げ様とする

から行き過ぎるのです。


そういう意識を捨てれば直ぐに治ります。

スイングは右から左に振るのですから、テークバックは上に挙げる

のではなく、飛球後方に真っ直ぐ引くものなのです。

スイングは直線運動という意味はここにあります。

再現性を高める為と捻転を作る為に、上記の3点を止めると

飛球線に平行に、飛球後方遠くに向けてテークバックする

意識なのに、3点を止めているので勝手にインサイドに入り、

勝手に回転運動になってクラブがトップに上がってしまうのです。


むしろ、上げる意識とは全く逆に左グリップを押し下げ、

左肩を押し下げていく意識で勝手にヘッド、右肩、右腕が

上がって行く訳です。


これが肩の縦回転。


トップでの肩のラインと左腕のラインがほぼ一致します。

腕が僅かに高い程度です。

と言う事は一体どういうことか

要するに腕もグリップは右肩以上には殆ど上がっていない

と言う事なんです。それ以上挙げる必要性がないのです。

左が下がって右サイドが上がるからグリップが本来以上に

高く上がっている様に見えるのです。

グリップエンドが下がるからテコでヘッドが上がる、

その後、左肩が下がるからテコで右肩が上がる、

右肩とヘッドが上がるから、右腕とグリップが上げられる。

それ位のイメージで良いのです。

要するに反対側を下げる意識でテコで上げているだけです。

だからダウンスイングに反転した時あっさり自然落下できる。

そもそも挙げていないからです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

何回もゴルキチ様すいません。今日、自分のスイングを動画でとりましたが、明らかに進化していました。インパクトでなで肩になっていました!!超嬉しいです(*´∀`*)また、右腕の肘から下とシャフトが重なって見えています。ヤッターv(=^0^=)v、しかし、前回の回答で左手首の高速回転ですが?僕もたまにしか出来ません、特にドライバーだと、たまにしか出来ていません。少し遅れて軽く右に飛びます。けど、多分ですが、きちんと出来た時はスローで見えるんですが?なんか、左手が下がりっぱなしで、右手で支えなければやばいくらいシナリっています。そこで、軽くボールの右斜めぐらいから、ポンと合わせると260ヤード以上飛んでいきます!!けどこれがなかなか現象にもっていけません。グリップの落とし方が少しでも身体の右前に落ち出すとグリップが浮き気味で軽く上体も起き上がります。やはり、スナップを使っているから、浮き出すのですか?それか、腰の縦回転のタイミングが早い
から前に行くのですかね?ゴルキチ様、話がかわりますが、スイングの本でも出してみては、めちゃくちゃ売れますよ!僕の友達も見る見る上達しています。まだ20代の後輩はドライバーで300ヤード近く飛ぶし、アイアンでも桁外れに飛んでいます。表現が人それぞれなんで、僕なりに見ていじっていますが!!また、僕の現象を解読してください。
おやすみなさい!

ちび太さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> しかし、ガルシアは無理ですよ(笑)トップでのシャフトの向きが背中側に向くと、ダメなんですか?

クロスより全然良いですよ。シャフトを前に戻すだけですから。治そうと思えばすぐ治ります。シャドーで自分で治せます。シャフト平行時の手首の形を覚え込めば良いのです。
クロスはインにもアウトにも両方に行く可能性がありますし、柔軟性がないとなかなか治らないです。

> また、最近面白いぐらい飛んでます、たぶんですが、師匠が言ってる事と理解してるんですが、ダウンのベクトル方向の記事ですが、僕はダウンからインパクトまで、飛球線後方に力をかけています。力をかけ続けながら、インパクトすると、体の反転のタイミングで勝手にフォロー側に力が働きます、感覚的なものですが!

飛球線後方に力をかけ捻転をより強くして、更に最後まで開放しないで耐えれるんですね。
その為には振り遅れない技術と自信がなければできません。クラブが体の前に維持できているんですね。また、インパクト前に左手支点で高速でシャフトを回転し、更に押し込みができていますね。
素晴らしいです。力まないで柔軟に出来れば徐々に方向性も付いて来ます。

>ようするに、フォローの左腰近くまでは両肘をしぼる?両肘を引っ付ける?表現が難しい!(汗)ここが、近ずく程、パワーが伝わり飛んでいきます!合ってますかね?

合っています。それが「押し込み」ですね。カウンターバランスでフォローで両腕をなで肩で伸び切ります。
インパクトでは必ず当たり負けします。ヘッドの芯はシャフトから離れているので(重心距離)、必ずインパクトでロフトが寝てフェースが開く方向に力が働きます。それを防止するためにはインパクトゾーンで「ロフトを立てて」行き、フェースローテーションをして「球を捕まえる」動作が不可欠です。

私が言う、フォローで低く長く押し込みたい、とはまさにこれが目的です。右腕を伸ばし切ると前腕が自然に「回内」=骨を軸に右前腕が自然に反時計回りに回転します。空手の突きと全く同じです。捻り込みます。野球のピッチャーの前腕もそうなりますよね。それがインパクトゾーンの一瞬で自然に開いて寝たがるヘッドを起こして球を捕まえる動きですね。伸ばし切るタイミングは、左脚蹴りと左背筋での引きによるカウンターバランスを入れるタイミングによって、ヘッドが落ちて、ローテーションするタイミングを取ります。

>だから、切り返しから少しでも早く絞り過ぎるとシャフトが背中側にずれてるようでへんです、タイミング良く振れても、ヘッドが変な方向に向くようで当たりません!それか、肘が逆に絞りすぎてトップまでいくから寝た感じになり、気色悪いから手で悪さしてるのかもしれません!しかし、難しいですね!忙しいのに、いつもすいません!

肘間隔を締めることは非常に重要です。間隔を開ければヘッドが遅れますからね。既にしっかり出来ているので少しだけ腕を楽にすればいいのかもしれません。
前回の記事で書いた左右対照のプレーンと「入り口」と「出口」をイメージしてテークバックするとトップでシャフトが平行になりやすいと思います。

おはようございます!早々に回答ありがとうございます。しかし、ガルシアは無理ですよ(笑)トップでのシャフトの向きが背中側に向くと、ダメなんですか?また、最近面白いぐらい飛んでます、たぶんですが、師匠が言ってる事と理解してるんですが、ダウンのベクトル方向の記事ですが、僕はダウンからインパクトまで、飛球線後方に力をかけています。力をかけ続けながら、インパクトすると、
体の反転のタイミングで勝手にフォロー側に力が働きます、感覚的なものですが!ようするに、フォローの左腰近くまでは両肘をしぼる?両肘を引っ付ける?表現が難しい!(汗)ここが、近
ずく程、パワーが伝わり飛んでいきます!合ってますかね?だから、切り返しから少しでも早く絞り過ぎるとシャフトが背中側にずれてるようでへんです、タイミング良く振れても、ヘッドが変な方向に向くようで当たりません!それか、肘が逆に絞りすぎてトップまでいくから寝た感じになり、気色悪いから手で悪さしてるのかもしれません!しかし、難しいですね!忙しいのに、いつもすいません!

チビ太 さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> トップからダウンにかけてですが、トップに入る時、なるべく、クラブを寝かせないように注意していますが、真っ直ぐにすると、左手コックが少し緩むようにかんじます。感覚的なものですか?

トップからは鋭角で下りてきた方がよりタメが大きいですよ。ガルシアのようにそれが出来れば、より凄いですね。そういうことですか?

> 又、出前もちにしたらシャフトが寝てるように感じますが、コッキングがおかしくなってるのですかね?

トップでですか?要はトップでシャフトが水平で飛球線に平行ならOKです。そのままプレーンに落とせますからシャフトに負荷がかからず変に捻れません。出前持ちの程度は様々です。トップでの右肘の向きは肩甲骨の柔軟性で変わりますから。クロスしない様に捻る必要性があります。また、そのうち書きますが空手の突きの様に右腕が伸び切る時シャフトを軸に反時計回りに回転=「回内」して球を捕まえます。その為にトップでは逆にックロス防止とともに少し「回外」しておきます。空手では拳を引き付ける時に掌を上に向ける動作と同じです。その動作でシャフトクロスを防ぎます。今、娘で実験しています。
チビ太 さんは既に意識しなくても、肘真下向きで平行になっているのだと思います。

> 又、寝てる感じで切り返しに行くと、シャフトがへんにしなります、すると、ダフったり、トップしたりでおかしいです。寝たかな?と感じて打つと、やはり、トップか当たりが薄いです。リズムなどもあるかもしれないですが、合ってますかね?

さすが、鋭い感覚ですね!!
寝てる感じで切り返しとはレイドオフの状態=クロスの反対で背中側に寝てる状態を指していますか?
レイドオフの方がクロスよりはましとされていますが、やはりトップはピタッと平行、水平に決めたいですね。やはりそうしないと仰るとおりにシャフトがあちこちに捻れ反動でぶれます。

ゴルキチ様こんばんはです。またまた質問ですいませんが、トップからダウンにかけてですが、トップに入る時、なるべく、クラブを寝かせないように注意していますが、真っ直ぐにすると、左手コックが少し緩むようにかんじます。感覚的なものですか?又、出前もちにしたらシャフトが寝てるように感じますが、コッキングがおかしくなってるのですかね?又、寝てる感じで切り返しに行くと、シャフトがへんにしなります、すると、ダフったり、トップしたりでおかしいです。寝たかな?と感じて打つと、やはり、トップか当たりが薄いです。リズムなどもあるかもしれないですが、合ってますかね?

りょうた さん Re: ありがとうございます!

こんにちは!!

> 早速の返答ありがとうございました!

いえ、こちらこそ情報ありがとうございます。
多くの方が見ていると思います。助かりました。

> 昨晩、早速レンジで試して来ました。
> 軽く振っても飛ぶ!って感じました。
> あと今まで不意に出る引っ掛けに悩んでましたが、それが昨晩は出ませんでした。
> でもたまにダフる(-_-;)

今まで前傾維持が足りなかったので仕方ないと思います。殆どの方はそう仰ります。
段々慣れますよ。

> そこでゴルキチさんのおっしゃっていたライ角維持、左手の人差し指の意識の不足が原因なんだと思いました。
> 左手の掌底で下方向へ圧力をかけ、人差し指で釣る、という意識でテ-クバックして、それを維持したままインパクト、飛球線方向へクラブを立てたまま(下に向けたまま)放り投げる。
> そのイメージで振っていたら、飛距離は短いレンジなのでわからなかったですが、インパクトの音がかなり力強い音でした!
> これで合ってますか?

合ってます。
距離、クラブ、球筋によってインパクト後のリリース度合いは変わりますが、インパクトでの適正なライ角の維持は必須です。ここがアマとプロの差ですね。トゥー側を10円玉1枚の隙間は空けます。
これは手首の脱力とは全く別です。きっちり、確実にミリ単位で維持します。しかし力んで手首が硬くなってはいけないので必ずテコだけを使って下さい。テコだけです。だからグリップエンドを押すのです。でも右肩が落ちたらダメですよね。テコが効きません。

脱力の為には全てにおいてテコを最大限利用します。左グリップ内でのテコ、右グリップ支点でグリップエンドを押すテコ、そしてインパクトまで右肩を下げない、アーリーリリースしなければヘッドは落ちません。最も良い練習法は膝つきスイングでロングアイアンでティーアップした球を打つことですね。殆どの人はダフリます。そして更にグリップを上げようとします。これでは全く逆です。

これは屋内でゆっくり振るだけで良く分かりますよ。ヘッドを上げる為にはグリップを下げなければいけないという事を実感できます。

ライ角維持に慣れるためのアドレス時での注意点は、順序はグリップしたライ角に合わせて前傾する事。前傾に合わせてライ角を作ってグリップするのではありません。前傾する前にテコでヘッドを上げてからそのライ角にあわせて前傾するのです。前傾してからテコでトゥー側を上げても確実には維持し難いです。その場合は、そのグリップを維持したまま一度起きてヘッドをしっかり上げてグリップし直してから改めてそのライ角に合わせて前傾してアドレスを決めます。

全てのクラブできっちりライ角維持してインパクト。その後のリリースは距離によります。短ければ飛ばないようにリリースしない。飛ばしたいドライバーならインパクトゾーンからフォローにかけてリリースし切る。
プロはこのライ角維持をミリ単位で出来ます。重ねた1円玉を1枚ずつ順に打っていけます。だからアスファルト上の球でもクリーンに打てます。新品のアイアンでどうやりますか?イメージしてみてください。

> ゴルキチさんのおっしゃるように僕の今の目標は80台前半です!
> それに向けて今凄く燃えてます!

良いですねー!!!今年中に達成しましょう!!
2年で80前半ならかなりの才能ですよ!! 
1,000本アプローチお勧めします。単にスイング作りだけでなく、常に素振りの再現、メンタルコントロール、自信、試行錯誤して考えるということ、イメージすること、10~30Yの距離感の把握、等々全てが変わりますよ。

> これからもお付き合いよろしくお願いいたしますm(__)m

こちらこそ宜しくお願い致します!!

ありがとうございます!

早速の返答ありがとうございました!

昨晩、早速レンジで試して来ました。
軽く振っても飛ぶ!って感じました。
あと今まで不意に出る引っ掛けに悩んでましたが、それが昨晩は出ませんでした。
でもたまにダフる(-_-;)

そこでゴルキチさんのおっしゃっていたライ角維持、左手の人差し指の意識の不足が原因なんだと思いました。

左手の掌底で下方向へ圧力をかけ、人差し指で釣る、という意識でテ-クバックして、それを維持したままインパクト、飛球線方向へクラブを立てたまま(下に向けたまま)放り投げる。
そのイメージで振っていたら、飛距離は短いレンジなのでわからなかったですが、インパクトの音がかなり力強い音でした!

これで合ってますか?

ゴルキチさんのおっしゃるように僕の今の目標は80台前半です!
それに向けて今凄く燃えてます!

これからもお付き合いよろしくお願いいたしますm(__)m

Re: 肩の縦回転について

はじめまして!!
コメントありがとうございます。

> 初めまして!ゴルキチさんのブログを拝見させていただいて半年、ゴルフ歴2年、すべて読破させていただきましたm(__)m

読破ですか!!恥ずかしいな。
でもまだ2年ですか!!前途洋々ですね
取り合えずコーチに付くべきですよ。

> ゴルキチさんのブログと出会って半年で、スコアが平均110から90台に安定する事ができました!本当に感謝感激してます!これからも宜しくお願いしますm(__)m

良かったですね!!ご自分の努力の成果です。今度は目標80台前半ですね。

> 最近、肩の縦回転をテ-マとした記事をよく拝見しますが、理解力不足で、試行錯誤しているのですが、いまいちモノにできないでいます。
>
> そこでゴルキチさんにお願いがあるのですが、時間のある時にでもホンダゴルフと言うブログの、聞くに聞けないゴルフの話という所で、肩の縦回転について説明があるのですが、ゴルキチさんのおっしゃっている事と同一の事でしょうか?

これ?車のホンダですね!

関係ないですが私は浜松出身なのでHONDAは好きですが、まさかHPにゴルフですか。
いやー、良い会社ですねー。

Honda GOLF
http://www.honda.co.jp/golf/column/20110228/index.html

まんまこの通りですよ!!全く同じです。
簡単な事なんです。きっと私の説明が悪い?
単にビデオ撮れば済むんですが・・・・。

縦回転の注意点は皆さんドライバーでダフるといいますが、膝つきスイング、枝打ちスイングでライ角維持をマスターすること。そして、タメを維持してインパクトまで右肩を落とさなければ問題ないですよ。

> 本当につまらないお願いなのですが、
> もし同じならイメージが一気につかめて、ゴルキチさんの理論に付いていく事ができるような気がするんです!

以下の2点除いて、全く同じですよ!!
「クラブヘッドをターゲットに向かって放り投げる」は、私はヘッドだけを意識しない方がいいと思います。ヘッドを意識するとスナップを使ってしまう可能性が高くなります。それよりヘッドを低い位置でシャフトを垂直に立てたままクラブ全体を投げたいイメージです。結果的にはクラブは回転しながら水平に飛ぶのですが、ソフトボール投げなら低めのボールを投げるイメージですね。殆どの方はヘッド速く振ろうとを意識して投げるのでスナップが効いてキャッチャーの遥か頭上バックネット、もしくは真上か後方に投げてしまいますね。解りますか?

「つま先立ちだと前傾姿勢が崩れません」・・・・これは全く意味がないような気がする・・・。

またコメントお待ちしています!!

肩の縦回転について

初めまして!ゴルキチさんのブログを拝見させていただいて半年、ゴルフ歴2年、すべて読破させていただきましたm(__)m
ゴルキチさんのブログと出会って半年で、スコアが平均110から90台に安定する事ができました!本当に感謝感激してます!これからも宜しくお願いしますm(__)m

最近、肩の縦回転をテ-マとした記事をよく拝見しますが、理解力不足で、試行錯誤しているのですが、いまいちモノにできないでいます。

そこでゴルキチさんにお願いがあるのですが、時間のある時にでもホンダゴルフと言うブログの、聞くに聞けないゴルフの話という所で、肩の縦回転について説明があるのですが、ゴルキチさんのおっしゃっている事と同一の事でしょうか?

本当につまらないお願いなのですが、
もし同じならイメージが一気につかめて、ゴルキチさんの理論に付いていく事ができるような気がするんです!

長文ですみません。



EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR