ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左右対称のプレーンをイメージ

beさん、毎度です

フォローの方向ですね。

簡単ですよ。単純に左右対称です。

「>もう一つ教えてください。
テイクバックからトップ、インパクトだけで、課題が山積みなんで
フォローはそんなにケアしていないのですが、
フォローの方向が悪いって言われるんです。

インパクトで飛球線に背中を向ければそのまま放り投げる感じで、
そして体に巻き付くイメージ。
ただ、右肩が起き上がってきて正面を向く事で、「左に振る」
とも聞いたことがありますが。
この辺、軸・グリップ・ヘッド等々の動きで、肩の縦回転以上に
説明が難しいですかね。

頭でっかちより、理想のスウィングをイメージして、すっと、
そのまま打てるようになりたいです。
でも、細かなイメージを教えていただける事、凄く有効です。」


 基本的には左右対照のプレーンが絶対的に正解です。

「入り口」と「出口」が一致する事が方向性、飛距離upの

最大の条件になります。


これは飛球後方から見てプレーンが重なれば良い訳です。

問題は、プレーンは手でいくらでも操作できてしまいます。

特に多くのアマはダウンスイングを手で操作します。

しかし、手で操作すると必ずフォローのプレーンが狂い

入り口と出口が一致しません。

プレーンはあくまで結果であり、小手先では作れない

という事なのです。


 特に問題なのはいつも言う様に

インサイドに低く引いてしまう事。これは最悪です。

ゴルフに慣れた中級者に多いですね。

スライス克服のための過度のインサイドアウトスイングです。

ダウンでもヘッド軌道はインから低くアンダーで

インサイドアウト軌道になります。

するとフォローは下から上へアウトにあおる形になります。

これではテークバックで既にミスショットが確定しています。

ですから「入り口」と「出口」を一致させようとするなら、

そもそものテークバックをフォローと一致し易い様な

上げ方に気をつけるべきなんです。


 
 インサイドアウトにアンダーからアッパーに振るのが最悪。

まだアップライトからダウンブローの方がましでしょう、

というか、そもそも私の経験上でもアンダーの方にとっては

びっくりする位アウトサイドに引き、アップライトに上げる

位でも丁度良いと思います。

それ位インサイドに上げて下からあおっている方が多いのです。

要するに、テークバックとダウンのプレーンを今よりずっと上に

引き上げるイメージです。


 例えば丁度こんな感じのイメージです。

トップの「入り口」が右肩口位で、フォローの「出口」が左肩口位

で一致するプレーンを最もシンプルにイメージすると、

「入り口」から「出口」の間のヘッド軌道は、大体

この肩に乗った板位に沿って動くとイメージできます。

あくまでシンプルに左右対称が主目的ですよ。


当然、クラブ、各人によってプレーンの角度は異なるので

その都度適正プレーンの傾斜と入り口の位置は変わります。

そして、あくまでグリップではなくヘッド軌道だけです。

グリップも右肘も全く違う動きをしますから。

ベンホーガン

この左右対称の具体的なイメージがないゴルファーが

正確に左右対照のスイングをするのは奇跡でしょう。


テークバックやダウン初期に既に修正不能の位置に

大きく外れますから。

(この図は殆どの皆さんがご存知の通りベン・ホーガンの
「モダンゴルフ」のガラスの仮想スウィングプレーンですが、
今は単にこの図だけ丁度良いので利用させて頂いているだけです。
彼の理論はネットで山のように出ています。
うんざりする和訳ですが・・・。)

 ただ、プレーンはあくまで結果です。 

結果としてこのプレーンに自然に載るための意識として

重要なのは、基本的にスイングは右から左への直線運動だ

というシンプルなイメージです。


ヘッドを飛球線上に引いて押し上げて、飛球線上に下ろして、

フォローも飛球線上に打ち出すだけでいいのです。

プレーンをなぞろうとすれば必ず小手先で操作します。

それがまずいのです。

スウェイさえしなければヘッド軌道は勝手に

インサイドイン軌道にならざるを得ないのですから。



 ちょっと難解なのですが、

>右肩が起き上がってきて正面を向く事で、「左に振る」
とも聞いたことがありますが。


これは胸が飛球方向を向いて初めて左へ振るという事

でしょうか

なるべく左には振らないで待てということでしょうか

もしそうなら、ヘッドアップし易い、起き易い、引っ掛け易い方

はそのイメージで良いと思います。

例えば、壁(少し離れて)を背中にしてスイングして、

後ろの壁に当たらないようにスイングするレッスンがありますが、

そんな感じでしょうか。

私は肩の縦回転でそれに似たイメージを持っています。

パターの延長のようになるべく飛球線上を真っ直ぐ振って、

飛球方向に真っ直ぐのベクトルで力を加えたいですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

tommy watanabeさん Re: 右 左対象

おはようございます!!
いつもコメントありがとうございます。

> 右左対象でプレインを作る、手先でつくらないこと。 そしてあくまでもハンドFIRSTを作り上げること。 このために下半身をどうやって動かすのか? これが間違うと右左対象とならないのが悩みです。

結局タメの維持=アーリリリースしないこと自体が正しいプレーンになる唯一の方法だと思います。その結果がハンドファーストですね。今回の記事でまとめていきますね。

>それに自然落下を忘れないこと。 毎日SWINGが違うのが問題です。 お助けください。

自然落下も結局タメたまま下ろすこと自体が自然落下になります。
様々な別々の事をやるのではなく結局はタメを維持できれば全て解決していきますよ。

感謝です

早速の解説、ありがとうございます。
詳しく解説をしていただくと、理解度も増します。
また、日本とアメリカの違いも良く分かりました。
こんなに気軽に質問をして、すばやく回答がいただけるなんて、本当に感謝致します。

練習場では良い当りが多くなってきました。
そろそろ良いスコアーでプレーしたいものです。

Re: 解説ありがとうございました

こんにちは!!

> 解説ありがとうございました。
> さらに内容が良く理解できました。

いえ、私も楽しいですよ!

> >結局「Pump Drill」はコンバインドプレーンのトントンドリルを90度コックを維持してやるのと同じことですね。

> そうですよね。ところで、90度のタメを維持するドリルだと思うのですが、「Lag Drill」と言うものがあります。お時間ありましたら、これについても解説をお願いできないでしょうか。

以下、一緒に良く出てくるドリルで目的は殆ど同じですね。
Pump Drill=コック維持で右腰前に上下、delayed release drill=リリースを遅らせる=キャスティングしない=日本のレイトヒットでこれもコック維持ですね、Lag Drill=Lagは遅れ、差ですが要するにタメの維持です。 

これらの目的は、casting=トップから手首で強制アーリーリリース、Flipping=トップでのキャスティングと同様にインパクトでの振り遅れ修正の為に手首のスナップを使うことで、ヘッドがグリップより先行し、グリップがボールより後ろでインパクトする現象=ハンドレイトになる現象、fat shot=ダフリ防止が良く出てきます。

その中で日本のレッスンと違うのは、Flippingについての記事が非常に多いですね。以下のHPが面白かったです。

http://johngrahamgolf.com/blog/golf-lesson-flipping/

http://www.youtube.com/watch?v=qp5JlVslZkE

日本では単にハンドファーストで打てと言うだけで、ハンドレイトが悪いと言うレッスンはあまりないです。しかし、アマのハイスピード写真ではハンドレイトが非常に多いです。キャスティングするとヘッドの慣性が飛球後方に大きく働くのでインパクトで体重が左に乗って行かず明治の大砲になりかち上げる様になります。だからコックを維持してシャフトを立てたまま、おとなしくヘッドを落としたいのです。

ドライバーでもハンドファーストのイメージです。アドレスでは違ってもインパクトでグリップは飛球方向にずれますから。当たり負けしてフェースが開いて、寝るのでその防止のためにもドライバーでもハンドファーストは必須ですね。
また、殆どのアマは多かれ少なかれスナップを横に使う=Flippingしています。要するに腕は縦に振る、コック、アンコックは縦ということです。横に使わなければFlippingしないはずです。

解説ありがとうございました

解説ありがとうございました。
さらに内容が良く理解できました。

>結局「Pump Drill」はコンバインドプレーンのトントンドリルを90度コックを維持してやるのと同じことですね。

そうですよね。

ところで、90度のタメを維持するドリルだと思うのですが、「Lag Drill」と言うものがあります。
お時間ありましたら、これについても解説をお願いできないでしょうか。

afcly309@ さん Re: 教えて頂けないでしょうか

追伸ですが、結局「Pump Drill」はコンバインドプレーンのトントンドリルを90度コックを維持してやるのと同じことですね。2度予行演習をして体に染み込ませてから打つ訳ですね。

afcly309@ さん Re: 教えて頂けないでしょうか

こんにちは!!

> You Tubeを見ていますと「Pump Drill」なるものがありました。
> 私にとってはとても参考になったのですが、日本のレッスンではあまり見かけないものだと思います(私だけが知らないのでしょうか。)
> または、別のネーミングで行われているのでしょうか?

Pump Drillの英語のレッスンは大量にありますね。
日本語ビデオもありましたがこれは全然ダメですね。
http://www.youtube.com/watch?v=3tKRCkFmuD0

ザック・ジョンソンのPUMP DRILLの説明が参考になるでしょう。
http://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/special/hint/swing/lsh000003177802.html

体、肩が早く開きすぎ、クラブをアウトサイドに押し出すのを矯正するドリルと言っています。
方法は、クラブをトップからハーフウェイダウンまで振って止める。それを2回繰り返し、3回目にボールをヒットする。注意点は(1)できるだけ長く、背中をターゲットに向けたままにし、(2)インパクト時に胸がボールと正対するような感じにする。できるだけ身体の正面で腕を振るということですね。

 その他英語のドリルも沢山見ましたが内容は大体同じでした。
目的は①トップからの軌道修正と②タメの維持、③クラブ、腕、体の一体化ですね。
別名で「delayed release drill とも言う」 と言っていたのがありましたが、腕でアーリーリリースするキャスティングを矯正し、90度のタメを維持すると言うことですね。「Pump Drill, Stop Hitting Fat Shots」というのもありました。これはトップ =thin shot、 ダフリ=fat shotと言いますがこのビデオではキャスティングしないでタメを維持しる事でダフリが防げると言っています。

Nick Faldoのビデオが具体的ですね。ただこれはあくまでダウンだけのドリルで、Faldoのビデオだけではタメを維持するできますが振り遅れますが、タメの感覚には良い練習方法だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=a6QtMgkK6zI

アメリカはゴルフレッスンもネットも遥かに進んでいます。
日本より遥かに良いビデオが山の様にあります。

右 左対象

右左対象でプレインを作る、手先でつくらないこと。 そしてあくまでもハンドFIRSTを作り上げること。 このために下半身をどうやって動かすのか? これが間違うと右左対象とならないのが悩みです。 それに自然落下を忘れないこと。 毎日SWINGが
違うのが問題です。 お助けください。

教えて頂けないでしょうか

おはようございます。
今回のテーマとはまったく関係の無い話で申し訳ありません。

You Tubeを見ていますと「Pump Drill」なるものがありました。
私にとってはとても参考になったのですが、日本のレッスンではあまり見かけないものだと思います(私だけが知らないのでしょうか。)
または、別のネーミングで行われているのでしょうか?

で、このドリルについては、どのように思われますでしょうか?
唐突な質問で申し訳ありません。

ご丁寧にありがとうございます

手でテイクバックするとインに引いてしまうんですよね。
持病の一つです。(笑

モダンゴルフの仮想スウィングプレーン、久々に見ましたが、これって肩の縦回転のブレーンですね。

以前記載いただいた、グリップ、腕の動き、そしてヘッドの動きの図、それぞれの違いをしっかりイメージしなければなりませんね。
ありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR