ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フィニッシュで左右の内ももを必ずくっつける

ドライバーでもハンドファースト

 現在世界ランク3位のRory McIlroy ロリー・マキロイですが、

アドレスではグリップはほぼ球の真上で球一個分位ハンドファースト。

球の位置は左脇の真下です。オレンジ線は体の中心。

ハンドファースト1
ハンドファースト2
 
 インパクト直前でグリップは更に10cmほどハンドファーストにずれています。

10cmだとレベルと言うより殆どダウンブローに近いですね。

まあグリップは上がっていきますが。

黄色線は左足内側。腰も10cm程飛球方向にずれているので

グリップのズレ=腰のズレ=バンプによると言えます。

実際、グリップの位置は左股関節前からずれていない

頭の位置はアドレスからずっと不動で下半身だけスライドしたと言えます。

ハンドファーストにするには左腰のバンプか

10cmのバンプはプロでも大きい方です。

従って意図的なバンプなのか、耐えても遠心力でスウェイ限界なのか

意見が分かれますが、ただ左腰の意識的なバンプはあり得ないでしょう。

左腰は真後ろに引く意識だけで横にはスライドさせませんから。

また、左を引かないと右が出て行かないですから。

ましてやアマが意図的にバンプなどしたら全身突っ込んで、

頭を残す事など到底不可能です。

仮に残せたとしても上体が大きく右に傾いてリバースして

明治の大砲でかちあげショットになるだけでしょうね。


左右の内ももをくっつける意識

非常に効果的な下半身の動きの秘訣は「左右の内ももをくっつける」

意識です。この意識だけで右ひざが前に出なくなり、

右脚が直線的に左脚に寄って行きます。

自然に下半身から右脚、右サイドが左へ出ていくので確実に左に

乗っていけます。下半身にかなり締りが出るのが解る筈です。

この動きが出来ればハンドファーストになります。

下半身から右サイドが前に出てくるからグリップも左へ押されます。


逆にこれをしなければ、左に乗り切れないでしょう。

解りやすい目安としては飛球後方から見てフィニッシュで左右のももに

隙間が出来るのは良くないですね。見なくても感覚で解りますが、

プロで開いている人は一人もいませんが、アマは殆ど開いていますね。

両内ももがしっかりくっつかないとフィニッシュが安定しません。


ハンドファーストはタメの結果

 さらにハンドファーストは当たり負けに対抗してロフトを立てる目的を

重視しがちですが、タメ、コックが溜まっている状態の結果なのです。

タメで最も注目すべきなのは左手首よりもむしろ右手首の角度です。

右手首がほどけていない=スナップを使っていない。

インパクトゾーンでのスナップを「フリッピング」と言いますが

「キャスティング」と並んで最も忌み嫌われる手首のスナップです。

インパクトゾーンからフォローにかけてのリリース=右手首は次回。

つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ちび太 さん Re: タイトルなし

まいどです!!

> 気ずいた事ですが、たまたま、今日アップしてあったので報告します。
> アドレスで、シャフトを、両足の真ん中で合わします!次に左足を一足分左にセットして、右足をクラブに合わせて開く!すると、師匠が言われてる、左頬にボールがきて、左手を少し左足付け根でアドレス完成です!今まではフェース~アドレスで方向性が悪く!安定感が乏しかったですが!このセットアップ だと、安心して振れます!合ってますかね?

クラブによってスタンス幅が違うのでそれによって頭の位置が変わるので難しいですが、少なくとも安心できる自分のルーティーンを確立したいですね。普通プロでも右を向きやすいです。アドレスしたらなおさら右を向きやすいです。常にそれが不安なら話にならないのでルーティーンの中で常に安心できる対策をうちます。

私も確実に右に向き易いです。セカンド以降無意識にアドレスしたら殆ど右向きですね。
右を向かないと言うことは、球を中に入れないと言うこと。球が中に入るとスタンスラインも右を向いていきます。だから私はルーティーンの中で絶対に球を中に入れたくない。。そうすると球の前後にスパットを決めてから、まず両足を閉じた状態で左小指前か外側に球をセットします。そうすると絶対に右を向かない。だから私の場合両足の真ん中ではないです。そのあと、スパットに平行にレールをイメージしてフェースを合わせてからクラブによって左脚を適度に左に出して、次に右足を開きます。その後ターゲットを一回だけ確認しますが、絶対にスタンスはずらさないですね。顔を上げてから修正するとおかしくなるし、そもそもルーティーンに信頼性がないということになりますからね。だからターゲットに寄るイメージ以外全て捨て去り、素振りを再現してフィニッシュまで振り切るだけです。

> 後、最近ですが、ダウンで右の肩甲骨と右肘を一緒に下に、下げてからインパクトすると、やたら、シャフトがしなって右にプッシュの超低弾道で右に飛んでいきます(泣)タメがきつすぎるのですか?すいません(泣)
> あと、待ちに待ったフォローですね!楽しみにしてます!!

超低弾道プッシュですか?フェースが立って右向き・・・。ハンドファースト過ぎでしょうか?右手首維持したいですがやり過ぎかも。フェースが右向きなので右肩を球から少し遠くすれば治ると思います。体全体がスライドで平行移動して右肩が球に近くなり伸び切れていないのかもしれないです。谷将貴プロはそういう打ち方ですよね。右を向いたまま体全体をスライドさせます。スタンスが広くて右に傾くアマには必要ですが、へたをすると詰まるので複雑になりすぎますよね。

ハンドファーストを意識してグリップを下げるのは逆で、右足前で下げ切ってからグリップを上昇軌道にするとクラブが高速に回転するので治ると思います。逆にハンドレイトになってはまずいですが、行ったり来たりでベストポイントを探す試行錯誤は仕方ないですね。

でも確実に進歩していますね。

こんばんは、ゴルキチ様!気ずいた事ですが、たまたま、今日アップしてあったので報告します。
アドレスで、シャフトを、両足の真ん中で合わします!次に左足を一足分左にセットして、右足をクラブに合わせて開く!すると、師匠が言われてる、左頬にボールがきて、左手を少し左足付け根でアドレス完成です!今まではフェース~アドレスで方向性が悪く!安定感が乏しかったですが!このセットアップ だと、安心して振れます!合ってますかね?
後、最近ですが、ダウンで右の肩甲骨と右肘を一緒に下に、下げてからインパクトすると、やたら、シャフトがしなって右にプッシュの超低弾道で右に飛んでいきます(泣)タメがきつすぎるのですか?すいません(泣)
あと、待ちに待ったフォローですね!楽しみにしてます!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR