ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

タメ=Lag の重要性 2

 ざっと全体的に追加しました。

今後しばらく同じ記事に徐々に加筆していきます。



アドレス。球は左脇の下(赤線)、橙線は体の中心で頭は中心より右。

ハンドファースト1


 これは理想的なトップ。ヘッドはグリップより高い。

理想のトップ 3


写真を単純に図式化して説明するとこうなる。

トップへの動き2

図の説明の通りだが、重要なことはアドレスからトップで

右腰は真後ろに動くだけ。左右には全く動かないし、出来るだけ回転させない。

右ひざは不動で、仙骨=尾てい骨も動かさない意識。

しかし、肩の縦回転により左肩が下がって顎の下に入り、右肩が上がり、

右体幹が伸び、左体幹が縮む。肩の回転と右体幹の進展につられて

右腰が切れ上がりながら真後ろに引け、同時に左腰、左ひざが右サイドに

寄って来る。


切り返しの瞬間。体全体がほぼ真下に沈み込む。

若干左が多いが両足に加重している。

沈み込み 右肘落とす

 
高い右肩が落ち、伸びた右体幹が縮んできた。
ヘッドは僅かしか動いていない。
この右手首のコックをインパクト直前まで維持し続ける意識が必要。
右肘落下

肩を開かず、右コック維持でシャフトが立っているので
ヘッドは確実に右肩口の体近くから縦に落ちる。
ここしかプレーンに乗せるチャンスはない。

ヘッドに慣性モーメントが全く働かないでストンとプレーン上を落ちる。
ここで我慢できずに力んでヘッドを走らそうとすると腕が伸びて
ヘッドが体から離れ逆に減速する。

コックを維持してグリップを右腰まで落とし切る。
右肘が落ちた

HWD。この右手首維持が重要。右肩が下がり切り、右体幹が縮んだ
右肩を落とさない、開かないように必死に我慢している。
左肩はなで肩で肩甲骨が前に出たまま。
HWD 右手首

上のコックをどこまで維持し続けられるかが勝負。
右手首維持


ハンドファースト2

 ここが最も重要なところ。
意識はグリップが球を超えても右手首のコックが赤線の様に
残っているイメージ。ここで瞬時にクラブが回転する事で
最大の角加速度と本物のダウンブローが得られる。
右手首のコックを我慢すればするほど角加速度が増し、高速回転する
事が解る。どんなにタメても体が開いていなければ振り遅れはにはならない。
多くのアマは体が開いた状態で手首だけでタメるから振り遅れる。

そして、この意識がないとトップから正しいプレーンに乗らないし、
ダフリ、アウトサイドインは治らない。

右手首のコックは維持されたまま使われていない。
右腕を使わないので右肩が前に出ず、体も浮かない。
インパクト前 クラブを回転

インパクトゾーンではグリップを止めるのではなく、ヘッドをフリップ
しない(跳ね上げねい)ように逆に走らせなければならない(橙矢)
なで肩維持で、右肩甲骨はまだ前に出たまま開いていない。
右手首コックはまだ残って維持されている。
、インパクト 右手首 左肩外転 下方回旋 下制 2

球が離れてもまだ右手首コックは残っている。
結局、ヘッドスピードを上げる為、球を叩くためのコック維持ではなく
ハンドファーストでロフトを立てたまま球を押し込む為に右手首は維持
されたことがわかる。ここでスナップを使ってヘッドを走らせれば
ヘッドスピードは上がっても、フリップして逆に飛距離も、精度も落ちる。
最後まで右腕は使われなかった。

インパクト直後

まだ右手首は伸びきっていない。右肩がヘッドスピードに負けずに出ている。
しかしヘッドはまだ体の真正面
に維持されている。両肩は丸く、なで肩で力みは全くない。
肩甲骨が伸びきったままヘッドと背筋が引き合っている
まだ右手首伸び切っていない 体の正面

ここでやっと右手首が伸び切った。ヘッドがやっと体中央より少し左へ。
これなら引っかけドフックが出る訳がない。

左腰が真後ろに下がり、ヘッドと背筋の引き合いは依然均衡状態。
左に壁などない。右足から左背筋のアーチ(青線)と引き合っているのが解る。
フィニッシュまで振り切る意識がなければ、この体勢は絶対に出来ない。
やっと手首が伸び切った 背筋と引き合う


右肩が顎の下を通り強烈に飛球方向に出てきているので
ヘッドが跳ね上がらない。
まだヘッドは体の正面の範囲

左肩口から左右対称にやっとヘッドが跳ね上がってきた。
左肩口でやっとヘッドが跳ね上がった

しかし、左かかとが全く浮かないですね。
これは右腕を全く使わないから体が浮かないからですよ。
ヘッドを下に、下に使っていますね。
意識すべきフィニッシュ

つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

>要するに落とせない、と言う事は捻転が足りないと言う事で、それは「どこか逃げている」
と言う事になります。それは、右ひざ、腰、左肘、リバースピボット、オーバースイング等で捻転が逃げていると言うことなのです。

その通りだと思います。調子が悪くなると前傾姿勢が維持できなくなり、棒立ち状態になります。それにより捻転も浅くなり全てのスイングがおかしくなっているのだと思います。しかし、これも自分ではやっているつもりなのですが…。
「1歩進んで、2歩下がる」状態が続きますが、希望持って練習します。
ありがとうございました。

afcly309@ さん Re: 良いドリル見つけましたよ

まいどです!!
アドアイス大変ありがとうございます!!

> >pump drill と Lag drillが良い意と思います。ストンと落とすためにはタメが必要で、要するにインパクト直前までは振らない、スイングポイントをずっと先に持っていく意識だと落としてから振るようになります。
>
> このドリルはある程度切り返しが分かっている人のものだと最近では思うようになりました。
> タメをさらに習得するには良いのですが、上下同時に動く動作をとめることはできないことがわかりました。
> ド
> そこで、ようやく良いドリルを見つけました。それは、
> ゴルキチさんが以前紹介されていた「左片足上げスイング」です。
> ただ、これも最初は正しい振り方が分からず掲載された時は理解できていなかったのですが、再び行ったところ、良い感じで振れるようになりました。
> これが理解できれば皆さん正しいスイングを身に付けられるのではないでしょうか。
> 今では、体が忘れないように毎回「左片足上げスイング」を行ってから、スイングしています。

左足を上げて下ろすことにより捻転を補足する事になるので落とすきっかけになりますね。左かかとを上げて下ろす動きも同じことですよね。
テークバックでは一番上の肩が90度前後と最大に回ります。どこの筋肉を使うにしても肩が最も先に回る訳です。そしてひざの回転が最も少ない。

ダウンでは順番が逆になります。
兎に角、肩が最後に回ることは確かですよね。そうすると下から先に回らなければいけない。まず、テークバックで22度前後回った左ひざが元に戻る動きから始まります。溜まった捻転+この動きで耐えられなくなりクラブが落下し始めます。

脚から動き、しっかりクラブを落とすきっかけを作り、肩を最後に残す感覚を磨くには非常に良い練習方法です。仰る通り私も良く素振りの最初にやっていますよ。

ただ、問題はこの先ですね。
片足スイングはあくまで上げて下ろす反動を利用します。
しかし安定したべた脚ならこれがない。
では何を利用するのか?やはりしっかりした捻転になります。
これは右脚の外旋+肩の縦回転と右腰の切り上げによる、強い捻転で可能になります。
反動をつけなくても我慢できなくなって落ちるトップが出来ます。

要するに落とせない、と言う事は捻転が足りないと言う事で、それは「どこか逃げている」
と言う事になります。それは、右ひざ、腰、左肘、リバースピボット、オーバースイング等で捻転が逃げていると言うことなのです。

結局はそこが最終的にネックになってきますよ。
ただ、その事自体を片足スイングの繰り返しで気が付くようになると思います。

有難うございます!!

良いドリル見つけましたよ

おはようございます。
>pump drill と Lag drillが良い意と思います。ストンと落とすためにはタメが必要で、要するにインパクト直前までは振らない、スイングポイントをずっと先に持っていく意識だと落としてから振るようになります。

このドリルはある程度切り返しが分かっている人のものだと最近では思うようになりました。
タメをさらに習得するには良いのですが、上下同時に動く動作をとめることはできないことがわかりました。

そこで、ようやく良いドリルを見つけました。それは、
ゴルキチさんが以前紹介されていた「左片足上げスイング」です。
ただ、これも最初は正しい振り方が分からず掲載された時は理解できていなかったのですが、再び行ったところ、良い感じで振れるようになりました。
これが理解できれば皆さん正しいスイングを身に付けられるのではないでしょうか。
今では、体が忘れないように毎回「左片足上げスイング」を行ってから、スイングしています。

afcly309@ さん Re: やはりポイントは切り返しでしょうか?

おはようございます。

> 最近注意しているのが切り返しで、左足踏み込み時に腕がトップ位置から下りてこないことです。
> これがスムーズに出来ると良い当りが出ますが…、これが難しいですね。
> 何か良いドリルは無いでしょうか?

捻転を強くしようとすると肩をしっかり回す意識が先行しますが、右ひざ動きと、腰の回転を減らす努力の方が重要です。腰の回転を減らすことによってダウンが容易になります。

それと、afcly309@ さんが仰っていたpump drill と Lag drillが良い意と思います。ストンと落とすためにはタメが必要で、要するにインパクト直前までは振らない、スイングポイントをずっと先に持っていく意識だと落としてから振るようになります。振らないから、タメが出来る。タメが出来るからヘッドに慣性が働かない、腕に力が全く要らない、だからさらにタメが出来、落ち易いという好循環になります。

岡本綾子プロのスイングいいですよね。

早々、ありがとうございます。

しばらくやってみます。
ありがとうございます。

be さん Re: コックの維持は娘の実験

> コレってどうするんですか。
> 教えてください。

まず、単純にひたすら体の前で体を回転させずに左右の肩の真上にⅤ字素振りの繰り返しで正しい「右肩入口」と「左肩出口」のプレーンを覚えさせます。この時左右の肘は両肩の真上で真下向きになりますよね。これに体の横回転を足せばそのまま正しいトップとフォローの「左肩出口」になります。

次にトップからアドレスのグリップの位置までコックを100%維持したままストン落下させます。
このビデオと同じです。
http://www.youtube.com/watch?v=_hXYA-SJyPs

最初に覚えた「右肩入り口」のプレーン上をヘッドを通して落としてくる感覚を体感して覚えられます。

コックを維持するためにはいつも言っている3つを守ります。

1、小指丘でグリップエンドを押し続ける
2、左腕は飛球後方に伸ばしたまま
3、右肘は常に体の近く

要はテコでコックを維持し続けます。グリップが球を追い越すまで。
インパクトでは左グリップエンドを上げればヘッドは瞬時にストント落ち高速回転します。

そろそろ、自由に振らせるだけでなくプレーンを治そうと思ってやりましたが、即効でしたよ。
以上を繰り返したら娘のスイングが劇的に変わりました。
特許とれるかも。無理か(笑


コックの維持は娘の実験

コレってどうするんですか。
教えてください。

tommy watanabe さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> mc.r. のswingは恐ろしい。これができればproです。いろいろためしました。矢張りheadのためです。ballを打った後もhandfirstと言うのは。それに体が開かない、腰はひらかないとswingが出来ないと思います。このためはどっ素人二できるのですか? もし私ができたらpro試験に挑みますが。

深いタメが目的ではなく、アマでも最低限のタメがやはりどうしても必要だと思います。そのために何とか今よりリリースを遅らせる、自然なリリースに任せる我慢、技術が必要だと思います。結局アマのスイングの悪い点は全てそこにあると思います。
一気に治すのではなく、少しずつ改善すれば良いと思います。そのたまにはまず理屈を自分なりに理解して、納得することが先決ですよね。
我々アマでももっともっと進歩できると信じているからtommyさんもみなさんも頑張ってるんですよね。もちろん程度の差はありますが、それはプロでも同じです。
tommyさんだってお分かりじゃないですか。

私も生まれ変われるならプロゴルファー目指したいな。ゴミゴミした都会よりゴルフ場がいいなぁ。

やはりポイントは切り返しでしょうか?

最近注意しているのが切り返しで、左足踏み込み時に腕がトップ位置から下りてこないことです。
これがスムーズに出来ると良い当りが出ますが…、これが難しいですね。
何か良いドリルは無いでしょうか?

mc.r. のswingは恐ろしい。これができればproです。いろいろためしました。矢張りheadのためです。ballを打った後もhandfirstと言うのは。それに体が開かない、腰はひらかないとswingが出来ないと思います。このためはどっ素人二できるのですか? もし私ができたらpro試験に挑みますが。

be さん Re: 実況中継

まいどです!!

> お疲れさま!

いつも、ありがとうございます。

> ゴルキチさんのゴルフにのめり込んでいるというか、本当にゴルフおたくブリが、本日も全快って感じです。(笑
> 良いですね、好きです。

確かに我ながらキチガイですね。お互い様ですが(笑

> マキロイ格好良すぎ、体の動きの実況中継、大変参考になります。

フォローでも地面に張り付いた左足の裏がカギですね。
ありえないほど全く浮かないのが不思議ですね。バタつく遼くんとは正反対なんです。あれだけ飛ぶプロであの左足は見当たりません。秘密は右腕にあり、我々の大きなヒントになると思います。

> 実況中継をイメージしながら、その通り体が動けばいいのですが、違う所だらけ。
> もちろん身体能力も全く違うから、イメージ、リズムを少しずつ少しずつ近づけていきたいです。
> 特にアーリーリリースになっているんですが、トップでヘッドを置いたまま、ダウンスウィングも素振りでやっと出来る程度。
> コレもコツコツです。

コックの維持は娘の実験でかなり成功してるんですよ!!
プロとアマの決定的な違いはやっぱりタメにありますよ!それでほぼ全てが上手くいきます。理屈も合います。
そのヒントがマキロイのべったりと浮かない左足にあると思うんです。

実況中継

お疲れさま!
ゴルキチさんのゴルフにのめり込んでいるというか、本当にゴルフおたくブリが、本日も全快って感じです。(笑
良いですね、好きです。

マキロイ格好良すぎ、体の動きの実況中継、大変参考になります。
実況中継をイメージしながら、その通り体が動けばいいのですが、違う所だらけ。
もちろん身体能力も全く違うから、イメージ、リズムを少しずつ少しずつ近づけていきたいです。
特にアーリーリリースになっているんですが、トップでヘッドを置いたまま、ダウンスウィングも素振りでやっと出来る程度。
コレもコツコツです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR