ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右腰を前に出さない 右脚&右足の外旋とその絶大な効果

 ダウンで右腰は絶対に前に出したくないですね。

しょぼいビデオですが、外旋でそれを簡単に止められますので、

もう一度試してみてください。

右足裏にネジが付いていてそれを地中にねじ込ませる感覚です。

足裏全面が、ネジで地面に強力に固定されるので、

インパクト直前まで以下を実感できます。

 1、右かかとが上がらない

 2、右ひざが前に出ない

 3、右腰が前に出ない(=体が開かない)

 4、グリップがアウトに出ない

 5、強力な右脚に十分捻転を蓄積できる

 6、右足裏全面で蹴れる



ダウンで上体の捻転が解けた後でも、

インパクトで右脚の捻転を一気に開放できます。

右脚の強力さを実感し、下半身に意識が下りて行く

感覚が良く分かるはずです。



ダウンで蟹股に又割れ状態になる感覚が分かります。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

UCO さん Re: リリースのきっかけ左脚蹴り

UCO さん、いつもありがとうございます。

> 正確に言えば、私は左脚蹴りのタイミングと使う目的を間違っていたかもしれません。今の私は、HWDまで右足外旋で踏ん張ってきたタメを、右足外転で骨盤を飛球線方向に押込んでリリースのきっかけにするイメージでした。その後に、左足を外旋させ左膝が伸びていき(これを左脚蹴りだと勘違い?)、右足外転の押込みによる飛球線方向へのスウェー防止目的と、完全に左股関節に乗ったフィニッシュに到達する目的のために、左腰を飛球後方へ押戻していた様です。

殆どのアマはそこで壁にぶち当たってしまいます。全く同じパターンです。右足かかの浮きを見れば一発で分かります。

> じつはこの動作の中で違和感がありました。HWDから右脚を右膝を前に出さないように、土踏まずの方に倒していくと、骨盤が右前方を向いたまま飛球線方向にスライドしてきますよね?(ある程度行くとへそは正面を向きますが)、でもまだずーっとスライドしていって、これいつになったら左腰や胸が反転するんだろう、と気持ちわるい感覚がありました。

ある意味その状態が右向いて落とすまでタメを維持してる状態なのですが、仰る通りスライド量が問題ですね。逆にスライド、バンプを薦めるプロもかなり多いです。だから我々アマは長い間散々悩まされてきました。

> ゴルキチさんのアドバイスを私なりに解釈すると、右足外転で右骨盤を押込むより先に、左脚蹴りで左骨盤を飛球線後方へ逃がせる準備をしながら、後ろから押されてくる右骨盤の通り道を作ってあげるイメージ、理解で間違いないでしょうか?

その通りです。そのイメージが分かれば自然に順番も程度も、スイング全てが変わってきますよね。

両内またを締めるようにブラッシングしてみて下さい。両足が締まり、バランスも良くなりますし、右サイドが前に出なくなります。これは全てが非常に上手くいくイメージです。

>これが正しいとすると、今までは全く逆をやっていた。リリースは左脚蹴り、それによってカウンターバランス、脚でビハインドザボールをつくるんですね!腰がスウェーした状態で、ビハインドザボールをやろうとして上体や頭を、左脚蹴りリリースを使わずに、飛球線後方に倒した時点で、右肩が必要以上に下がってしまいますよね。

その通りです。結局出来上がりのイメージの差で変わると思いますよ。突っ込んできた右サイドを左壁で強引に止めるのは不可能です。前もってかわします。しかし、左蹴りもやはり極端にやり過ぎるとまずいですよ。あくまで両内ももを締める感じで左足の裏で地面を押す感じです。シャフトを回転させるきっかけですね。

またコメントおまちしています!!

リリースのきっかけ左脚蹴り

コメントを頂戴し、大変有難うございます。
ゴルキチさんのアドバイスは、どの記事も分かりやすく、頭の中に映像イメージがくっきりと湧いてきます。それを自分の体で検証して、うまく再現できて納得したものを反復し、積み重ねていきます。でもすぐにはマスターできませんから、迷っては気がつくとゴルキチさんのブログに戻ってきて、ヒントを掴んでの繰り返しです。いつもありがとうございます。

早速、アドバイスを読ませて頂きました。文中で何度もおっしゃっている、「リリースのきっかけは左脚蹴り」。これは今まで意識したことがない動作なので、新しい発見です。特に以下の内容が興味深いです。

>リリースのきっかけは左脚蹴りです。それにより左股関節が押され骨盤のブラッシングが起こり腰が左に回転しながら、体はヘッドと反対にビハインドザボールに動きます。カウンターバランスですね。それによりヘッドがムチの様に加速、リリースされます。飛球後方に押された体を右踵荷重で受けます。その瞬間に右踵で右脚を蹴ります。
>腰が左に回りながら、右踵で蹴った瞬間一瞬腰が逆回転する様に見えます。そもそも意識的に腰を左に切っていないので戻る、もしくは急ブレーキがかかるのです。たぶんUCOさんならそのうち再現できますよ。マキロイのツイストを真似することが良い訳ではないのですが、左で蹴った後、右踵で受けて、右踵で蹴るという順序が体感できたらいろいろ世界が変わると思います。

正確に言えば、私は左脚蹴りのタイミングと使う目的を間違っていたかもしれません。今の私は、HWDまで右足外旋で踏ん張ってきたタメを、右足外転で骨盤を飛球線方向に押込んでリリースのきっかけにするイメージでした。その後に、左足を外旋させ左膝が伸びていき(これを左脚蹴りだと勘違い?)、右足外転の押込みによる飛球線方向へのスウェー防止目的と、完全に左股関節に乗ったフィニッシュに到達する目的のために、左腰を飛球後方へ押戻していた様です。

じつはこの動作の中で違和感がありました。HWDから右脚を右膝を前に出さないように、土踏まずの方に倒していくと、骨盤が右前方を向いたまま飛球線方向にスライドしてきますよね?(ある程度行くとへそは正面を向きますが)、でもまだずーっとスライドしていって、これいつになったら左腰や胸が反転するんだろう、と気持ちわるい感覚がありました。

ゴルキチさんのアドバイスを私なりに解釈すると、右足外転で右骨盤を押込むより先に、左脚蹴りで左骨盤を飛球線後方へ逃がせる準備をしながら、後ろから押されてくる右骨盤の通り道を作ってあげるイメージ、理解で間違いないでしょうか?これが正しいとすると、今までは全く逆をやっていた。リリースは左脚蹴り、それによってカウンターバランス、脚でビハインドザボールをつくるんですね!腰がスウェーした状態で、ビハインドザボールをやろうとして上体や頭を、左脚蹴りリリースを使わずに、飛球線後方に倒した時点で、右肩が必要以上に下がってしまいますよね。これを意識して練習した結果を、また報告させていただきます。

UCOさん感動です!!2

UCOさん続きです。

>右踵粘りの威力を体感しました。

「骨で立つ」と一定の物差しになります。パターにも良いです。足裏の前後のバランスって意外に皆無頓着ですよね。スキーをやる人は敏感ですが。骨で立つと当然踵に体重が乗ります。その状態で前傾してバランスをとり骨で立ちながら爪先で地面を掴みます。すると「踵加重で爪先で地面を掴む」ということになります。マキロイのツイストは踵に乗っていないと出来ないです。

>私の場合、テークバック始動のきっかけは、左足を外旋方向に一瞬加圧します。その反発を利用し、左足を軽く外旋したまま内側にほんの少しだけ倒す(きっかけを与える程度に極々軽く蹴る)と、左股関節の外旋位と押し込みによって腰(骨盤)が飛球線後方へ旋回しながら、右股関節に体重移動が始まります。

研究していますね!!外旋位なんて整体師以外は口にしませんからね(笑 がに股の感覚は重要ですね。UCOさんは完全に股関節でスイングをしていますね。素晴らしいです。

>クラブヘッドは置き去りで、腕ユニットにつられて最後に動き出す感覚です。

全く同じです。クラブを正面にキープしたいですね。

>HWBをすぎた辺りで右足外旋を続けていて感じたことがあります。この時点で、既に右股関節が外旋位に移行する準備が完了しているのではないかという事です。まず、テークバック始動で鷲づかみにした地面と下半身から、力が腰→上体→肩→腕ユニットの順番で伝わってきます。下半身においてその力は右股関節で受け止められます。かつ前傾姿勢が保たれていると、腰は捻転が約45度に達した時点でそれ以上回りません。

ここが「へその向き」ですね。脚は最初からとっくに止まっています。腰はカウンターバランス意識と「へその向き」で止めています。

>すると行き場を失った力は、その反発で腰を来た道へ戻そうとします。この時、右股関節には、右足外旋による外旋位の力がかかっており、左腰バンプへの準備ができている、というか切り返しが始まりかけていると感じます。しかしテークバック中のクラブの慣性により肩と腕ユニットはまだトップに到達していませんので、時間差はほんの一瞬ですが、さらに捻転が深くなります。

素晴らしい文章ですね!!私の文章よりずっとうまい!!完璧です!!!
リリースのきっかけは左脚蹴りです。それにより左股関節が押され骨盤のブラッシングが起こり腰が左に回転しながら、体はヘッドと反対にビハインドザボールに動きます。カウンターバランスですね。それによりヘッドがムチの様に加速、リリースされます。飛球後方に押された体を右踵荷重で受けます。その瞬間に右踵で右脚を蹴ります。それがマキロイのツイストです。阿部新之助の二枚腰です。腰が左に回りながら、右踵で蹴った瞬間一瞬腰が逆回転する様に見えます。そもそも意識的に腰を左に切っていないので戻る、もしくは急ブレーキがかかるのです。
たぶんUCOさんならそのうち再現できますよ。マキロイのツイストを真似することが良い訳ではないのですが、左で蹴った後、右踵で受けて、右踵で蹴るという順序が体感できたらいろいろ世界が変わると思います。

>よく雑誌で、トップからの切り返しの仕方について、次の様なアドバイスがあります。「トップの位置から左膝や左腰を、飛球線方向にアドレスの位置まで戻す動きによる下半身リードで、ダウンスイングをスタートする。」というものです。これは私のイメージに合いませんでした。左膝や左腰を能動的に動かした時点で、左への体重移動が発生し、右踵の粘りが解け、体が早く開いてしまいそうで違和感があります。

全く同感です。これで多くのアマが悩んでおります。

>またテークバックで左踵を上げ、切り返しで過激な踏み込みをしなくても、右足外旋&外転でいやでも下半身リードで切り返せます。

全くその通りです。右脚外旋のように外見では見えないコア部分を使うものだと思います。捻転も体重移動も外見上の力感は全く不要です。股関節を分離して使うブラッシングの様に重心と回転軸をしっかり維持して外から見えないコアの筋肉を、見えない様に使います。

>クラブ(グリップ)が手の中から消える瞬間があります。ここで怖がって、グリップ圧を変えない様にします。

自然落下を利用しつつクラブが立って降りてきているからですね。タメが残っていてリリースされていません。

>さっき消えたクラブが再び現れます。

この前にグリップを下げ切ります。

>この圧力を感じないと、手元が浮いてダフる気がします。

グリップを下げ切り、テコでライ角を維持している感覚ですね!!手元を浮かせないためにもリリースを遅らせます。リリースが起きるとクラブが縦に回転してヘッドが下がりグリップが浮きますから。

>外旋している右足を土踏まずの方にじわーっと圧力をかけ、

そうなんです。捻転が右脚に溜まっています。インパクトまではじわーと解放を調整して使います。そうしないとガッバと開いてしまいますね。

>クラブが再び現れたあたりで、右足を外旋したまま内側に倒します(外転)。

この前に左脚蹴りが入るんです!!体が逆行して左ひじが伸ばされ、それがリリースのタイミングです。

>以前は、スイングトップ~ダウンスイングでの脱力・自然落下のイメージがつかめませんでしが、右足外旋を毎ショット強く意識する事で解決しました。両足指先でしっかり地面を鷲づかみし下半身を安定させることで、腕の力みが取れます。また、玉を打ちに行かないで我慢する重力を利用したスイングの“間”ができます。

素晴らしい!そうなんです!!

>グリップエンドが左手の小指側を飛球線後方へ押し戻すことで、結果的にアームローテーションが起こります。これがクラブに振られる感覚でしょうか。もう腕と手先による操作は不要になり、下半身と大きな筋肉を主体に使うオートマチックなスイングで、ショットの再現性が高まりました。

凄い文才ですね。パーフェクトです。絵の様にクラブ全体の重心を中心に縦に回転しないと自然には何も起こりません。同様にヘッドのローテーションもヘッドの重心を中心に回転します。これは正確にはシャフトの軸回転ではなく、シャフトから重心距離分離れた重心を中心にトゥーとホーゼルが回転しています。この二つの回転を起こせないアマは、強くグリップして全てを手で操作しないといけない訳です。ヘッドとグリップが同じ方向に等速で動いたらこの回転は絶対に起こらない。グリップ側に一瞬の急ブレーキが必要なのです。その時に左ひじが伸び切る筈。能動的に自分で伸ばしたってダメですよね。ライ角を維持しつつ伸ばされる。それが左脚蹴りで可能になります。右脚蹴りより一瞬先なのです。

>選択するクラブの長さ重さや、スタンス幅が違うので、スイッチのタイミングが異なるのか、たまにトップや引っかけ、腕を使ってしまったりとミスが出てしまう時があります。

飛距離でタメの量、リリースの量が変わります。短いクラブは振り遅れてフェードで打ちたいし、長いクラブはタメを深め、ヘッドを行かせて球を捕まえたい。左脚けりのタイミング、強さで調整ですね。もちろん右脚の外旋が主役ですが。右足裏の感覚で調整します。

またクラブ全体の重心にテープを張り見えるようにします。ハンドファーストじゃないと上手くいかない事が分かります。またヘッドを行かせるならインパクトの瞬間は最も脱力の瞬間です。

>今回の発見で、これまでのスイングに対する概念と体の使い方が180度変わりました。この感覚が正しいのかどうか検証しながらになりますが、新たなスタート地点に立てたと信じて練習に励みたいと思います。

文章があまりにお上手なのですが、その道の御職業でしょうか?
非公開コメントになっていますが記事に載せたらまずいでしょうか?
UCOさんのこのコメントは皆さんにとっても衝撃の内容だと思います。

コメントお待ちしております!!

UCOさん感動です!!

UCOさんはじめまして!!
非常に貴重なコメント大変有難うございます。
ここまで詳細で分かり易く右脚外旋効果のフィードバックを頂いたのは初めてです。
いやー、見事に感覚が私と一致しており読み進みながらマジで鳥肌が立ちました!!
体の動きはあまりにも複雑過ぎて例えビデオであっても正確に表現するのはほぼ不可能です。
それがここまで伝わったのか!!と今までずっと書いてきた私自信が正直驚いています!!

>右足はテークバックからインパクト直前まで、右踵を軸に終始外旋し続けます。私がうまく行ったコツはここがポイントで、HWB、トップ、HWD、インパクトまでずーっと外旋です。途中で外旋を止めたら、いつもの失敗スイングに戻ります。足の指で地面を鷲づかみし踏ん張って耐え、インパクト直前までは左右踵も爪先も浮かずベタ足で、爪先は不動の意識です。

そうなんです。テークバック前から、アドレス時に既に外旋で結構強く右足裏を地面にねじり込みます。これがトップまで右膝が正面をむいたまま不動に維持できる秘訣です。これにより右脚全体がトップまで全て不動になります。更にテークバックでは右ひざ、尾てい骨先端、脳天の3点が不動の意識を強く持ちます。ここで右サイドが伸び上がったアウトなので、一般論とは逆にカウンターバランスでヘッドと逆に動いて重心の維持を意識します。すると上体の伸び上がりが消え、オーバースイングはなくなります。この時実は上体はへその高さの腰部分だけ結構捻転が出来てしまいます。捻転は脚以外作ろうとはしないのですが、オーバースイングを止めることで出来てしまいます。要点は「へその向き」です。へそが不用意に右を向けばオーバースイング、執拗に正面維持ならコンパクトなトップ。へそ以上の高さの上体では全く捻転は作らず、柔軟に維持します。

以上の脚全体とへそまわりの捻転が反動によって出来たものではなく、外旋とカウンターバランスのよる「へその向きの調節」によるもので捻転を自由にキープできます。要するに捻転の開放も自由に調節できるのです。だから、以下の事象が起きます。

>肩と腕ユニットのテークバックの慣性が相殺されて、ダウンスイングに入ります。

そう、「相殺」がトップの定義ですね!!簡潔かつ完璧な素晴らしい文章です。

>この時も右足外旋を意地でも維持します。すると、不思議なことが起こりました。
トップの位置にあったグリップが自然に落ちてくるまで、いつまででも待っていられる様な感覚に陥ります。

UCOさん、分かって頂けてうれしくて涙がでそうですよ!そうなんです。間は自在なんです。捻転のキープが自在だから、解放も自在。テークバックの反動で上体に捻転を作らないから可能になるのです!!

>「今、トップで右手の中指と薬指の上にグリップが乗り、コックが深くなり、胸が飛球線後方を向いたまま、両手グリップがストンと真下の懐に落下しているな。」と実感できる余裕が生まれ、スイングがゆったりと感じられます。自分のスイングを離れたところから見ている感覚です。腕でクラブを引っ張り下ろさなくても、グリップが重力で落ちてくるのを我慢して待てるのです。

これなら、リリース位置の調整も自在ですね。まずはグリップを先に完全に落とし切ります。最初はダフりますが、右肩の高さを上げればダフりません。右肩を下げないという事は肩を開かないという事です。グリップを落とし切らないとこのことに気が付かないのです。

グリップを下げ切って、腕にかかる慣性が下方向から水平方向に変わってから、水平方向にリリースします。従って、インパクトではグリップは上昇軌道なのにヘッドはダウンブローという事にもなります。

長くなるので一回切りますね。
ところでUCOってUSのU of COですか?

匿名さん Re: タイトルなし

はじめまして、コメント有難うございますがとうございます!!

> 貴サイトを閲覧させて頂き、これからゴルフ道に精進して参りたいと存じております。
> これからも、閲覧させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
> 過去の記事の、左お尻を真後ろに引くと言うお言葉素晴らしいですね。

ありがとうございます。
一度ダウン時の左への体重移動では、左つま先で受けてから左腰を真後ろに引くイメージが良いと思います。プロはダイレクトに左かかとで受ける場合も多いですが、アマがそのイメージだと腰が引ける可能性が出ます。
このあたりの体重移動の微妙な動きはフェードヒッター、ドローヒッター、年齢でも変わりますが非常に微妙で難しいです。

トップでは右腰を真後ろですね。

またコメントお待ちしています!!

のりゆき さん Re: タイトルなし

のりゆき さん、はじめまして、コメントありがとうございます!!

> はじまてコメントさせていただきます。おはようございます
> ゴルフスイングの究極の一つの要素だと感じました
> 右足の捻じり
> グリップ
> 肩の縦回転
> この三つが正しく習得できれば・・・
> これからも楽しく拝見させていただきます
> ありがとうございます

一緒に頑張りましょうね!!
こちらこそ、よろしくお願い致します。
またコメントお待ちしていますね!!

おはようございます!ゴルキチ様
ぼくは、以前伝授してもらった、右爪先上げで右腰、右肩が前に行かないようにスイングして、練習しています!それが染み着き出したのか?右足ねじりで打つことが、出来ません(泣)切り返しで、少し爪先を外に出す感じで振っています!それと、オープン戦で優勝した選手は、ゴルキチ様理論と、感じが似てましたがこのブログ愛読者ですか?(笑)また、最近練習場で、隣で指導しているインストラクターが、横に一切振らない、下に振って、左手が・・・で、体が回る!って、聞き取れなかったですが、フォローが変なんでが、バカ飛びしてるんです!!!!!アプローチも同じ打ち方で、今度は飛ばないし?なんか秘密があるみたいです!横で僕も打っていたら、マッチレースになるとあの打ち方だと、たまにザックリしてくるので、安心して勝てますよ!って、俺に言ってるように聞こえました。インパクトから、フォローが?おかしいのですかね?けど、たまにザックリより、引っかけが多いですが!(泣)けど、横の生徒さんは定年した60才は超えてるおっちゃんとおもいますが、飛んでいましたね!

お久しぶりですm(_ _)m

早速ですが、今回のテーマは私の課題そのものでした。ゴルキチさんのビデオのお陰で理解出来、悩みが解消された気分で
とても嬉しく思っています。ありがとうございますm(_ _)m

今まで正直、上半身の意識ばかりで下半身の大切さを深く考えたことがなかった私。
今更ですが…f^_^;
でも気付けて良かったです(^_^;)前向きに(^_^)v

自分のスイングを動画でチェックしていても、いつも右踵の上がりと右腰が前に出るタイミングが早過ぎることの違和感はありました(^_^;)
でもただ右踵を上げないベタ足のイメージだけでは最終的に右脚を蹴るという段階には行けず、ただ右脚が支えてるだけという意味のない足の使い方で終わってました。
せっかくこの冬もスキー&レッグマジックで下半身を鍛えてきたので有効に使いたいです。
また頑張ります(^_^)v

これからもゴルキチさんのブログでお勉強させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します
m(_ _)m

はじまてコメントさせていただきます

おはようございます

ゴルフスイングの究極の一つの要素だと感じました

右足の捻じり

グリップ

肩の縦回転

この三つが正しく習得できれば・・・

これからも楽しく拝見させていただきます

ありがとうございます

のりゆき

HEAD

PROのSWINGはすごい。小生も下手ながら研究をしていろいろ試しました。 一番難しいのはPROの club HEADが縦に落ちてくる、すなわちclubが寝ないことです。 腰も身体も既に打つ態勢に入っているのにHEADはまだTOPに止まったままでも腰は既に切れている。HEADはTOPに置いてある。 これがシロとはできない。金が取れないPROがこれができていないのではないかと思う。 何とか感じだけでもclubを縦に落としたいので練習方法を教えてください。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR