ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

クラブは体の前、肩を開かないは、胸をクラブに向けておく事と同じ事

コメントをご紹介します。メンチさんおはようございます!!

丁度説明しないとまずいなと思っていた事で、タイミングが良かったです。

恐らくかなり多くの方がメンチさんと同じ疑問を持っていらっしゃると思います。


「 >>腕は普通のスイングと全く同じで、体を回さないだけですよ。
剣道の素振りと殆ど同じです。

>体を回さないで右肩前に上げると、グリップは飛球線後方から
見ると外に上がって見えますよね?(アウトサイドに?)
それに体の回転を加えるのでテークバックで両手(グリップ)は
飛球線真っ直ぐに上がっているように見えるのでしょうか?

>今迷っている点は、腕V字縦に上げることを意識しすぎるのか、
グリップがテークバックでアウトに上がりすぎている
のではないかという点です。
※両手(グリップ)をアドレス位置から右斜め前方向に突き出す
感じで上げている+体の回転 テークバックでのグリップ軌道は
「腕V字縦+体の回転」で飛球線真っ直ぐになるようにするのが
良いのでしょうか?

>体を止めて腕V字縦りはなんとなくわかったのですが、
これに体の回転を加えた実際のスイングでのグリップ軌道で迷っています。
お忙しいと思いますがどうかお助けくださいゴルキチ先生゚・(ノД`)・゚・」


確かに「クラブは体の前」だけを意識すると、逆にヘッドがプレーンを

大きくアウトに外れる可能性が高いですね。

まず重要なことは、クラブが常に体の前にあること、かつ、

ヘッドがプレーン上にある、という事なんです。

順番を逆に言うとより解り易いと思いますが、

まずは、ヘッドが正しいプレーン上にある事を最優先する、とします。

その上で、そのプレーン上にあるクラブに対して、常に体の正面を

向ける
、と言った方がより誤解は少ないでしょう。

要するに、ダウンにおいても

間違って早く開いた肩の正面にクラブを合わせるのではなく、

正しいプレーン上にあるヘッドに対して体を向けておく
べきなのです。


これまで私の説明不足だったと思います。申し訳ありませんでした。

両方の言葉で伝えた方が確実でしたね。


娘にⅤ字軌道ドリルをやらせた後にも全く同じ現象は起こります。

体の正面に上げる事を最優先してしまうので、体が回る前にまずヘッドが

ガバッとアウトに上がります。ダウンも同様です。

体が早く開くので、それに連れてヘッドもガバットアウトに出るため

そのままではドリル前より余計に悪い結果になります。


修正方法は、テークバックでは最初の約30cm位、右足前位までは飛球線上を

低く真っ直ぐ、コックを入れないで、体の回転でヘッドを引きます。

意識としてはヘッドを引くより、先に胸を飛球後方に向けるイメージです。

「左腕はテークバックしない」と似た様な意味になります。

これがⅤ字軌道で縦に上げてもヘッドがアウトにガバッと出ない秘訣です。


殆どのアマは手先でクラブ、ヘッドを上げます。

要するにこれは、体の回転より、ヘッドが遥かに先行すると言う事です。

手首でヘッドを右横に振る訳ですね。

その瞬間にヘッドは体から大きく右にずれます。

一度ずれたらものを元に戻さなければいけないという時点で、

もはや再現性の維持は期待できないのです。


自分から見てグリップではなくヘッドを飛球線上に沿って上げて行き、

HWBで少しインサイドに入ってシャフトが飛球線と平行、水平になります。

HWDでもそこが唯一の中間点のオンプレーンの確認場所になります。

次は右肩口から入って、トップでは再度シャフトが平行、水平になります。

フォローでは左肩口が左右対称のプレーンの確認場所になります。


一方、ダウンでの修正方法はシャフトを立ててグリップエンドを真下に下ろし、

ハンドファーストになるまでコックを維持したまま、

インパクトでヘッドの重量にかかる引力と遠心力だけで左手首支点で

クラブを回転させリリースする練習です。

意図的にリリースしなくてもヘッドの重力と遠心力で勝手にリリースして、

振り送れずにインパクトに十分間に合うという事を体感させるわけです。


もちろん要領と理屈の理解は必要です。テコの原理に尽きます。

右腕を伸ばさないで、右肘は体の近くに維持する。要するに右腕を短く維持。

これは、「右肩を前に出さない」、「右肩を落とさない」も同じ意味なのです。

一方逆に、左腕は伸ばし、左グリップを浮かさないで低く押し下げたまま、

グリップエンドを低く維持します。

左肩はなで肩で肩甲骨を外転したまま、左肩を開かないとは、

要するに左腕を長く使うと言う事なのです。


インパクト前後でヘッドにかかる強烈な遠心力で勝手に右腕は伸ばされます。

力が抜けていれば。

すると一気にタメ解け、クラブは高速回転して勝手にインパクトします。

もちろんインパクト時の左グリップの位置の再現性、グリップ速度で、

グリップエンドが上がる=リリースのタイミングの多少の操作は必要

になりますが、テコの応用なので腕力も握力も全く必要ありません。

そのタイミングが反復練習による技術ですよね。


 結論としては、

「インパクトゾーンまで肩を開かない」、と言う事も

「クラブは体の前」も、体をクラブに向けておく事と

考えればいいのです。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

振り切り

左右対象に振る、だんなレッスンでも言われていますがこれができない。左えの振りきりがアマはできない。それと同時に手の返しを我慢する、そして前傾維持。全くどうしてこんなに注意することがあるのでしょうか。 まず振り切りに専念しています。

アドレスで、グリップエンドの先が、左ももの付け根をさし、バックスイングでは、途中までその位置関係を維持したままバックバックを行い、右肘のたたみともに、その位置関係がはずれ、ダウンスイングで、元の関係に戻る、というイメージのスイングは、問題ないでしょうか。

右足の使い方

今回の記事とは直接関係ないかもしれないのですが、確認させてください。
先日ビデオチェックしたところどうも切り返し以降うちに行く傾向があり、コーチに相談しました。
すると、右足の使いすぎが原因ではないか、とのこと。
肩は肩甲骨を意識して振ることでクラブが寝なくなったのですが、切り返しで腕をトップに置いたまま、腰を左側で引っ張る。その際に左のかかとに重心を移動させて体重もほとんど左へ、とのこと。
確かにそうすると両足は開くことなくくっついてフォローまでいけます。
しかしそうすると右足は何もしません。それでいいのか聞くと、右足を使えば使うほど右腰は前にでて、足はくっつかない、右に体重を残しても打点は一定にならないとのこと。
つまり右足はあくまでもついてくると考えるべきとなります。
すると、右足の外旋やマキロイのような右足のつま先を飛球後方へ向けたスイングはできないような気もします。
どう認識したらよいかお願いします。

良い気配

このドリルをしばらくやっていましたが、最近、良い感じに。
切り返し付近で、右手の悪さでクラブが立ってしまい、スウィングブレーンから大きくずれる癖があります。

トップで右手はオカモチを持つ感じとも言われますが、テイクバックで右手を開くイメージでしていると、股関節にウエイトが乗るし、トップが決まってきた感じに。
数年変化がなかったことが、変化の兆しを感じるのです。

トップが決まることで、今まで感じなかった、できなかった背中を向けたままで、切り返しからクラブを落とすイメージができそうな気配を感じてます。

マダマダ不完全で、引っかけたり、ダブったりそして方向性にもバラツキはありますが、一皮むけそうな期待を感じています。
体に覚え込ませるために、このまましばらく練習を続けようと思っています。
また、ご報告を。

ゴルキチ先生こんにちは。

僕の質問を記事にしてもらい大変嬉しいです。
これで腕V字の動きでアウトサイドに出ていた点がわかった気がします。


修正方法は、テークバックでは最初の約30cm位、右足前位までは飛球線上を低く真っ直ぐ、コックを入れないで、体の回転でヘッドを引きます。
>これは以前記事になっていた左手で右膝タッチで肩の縦回転、グリップを低く、左肩を低く押し込んでいく感じでいいでしょうか?
この感じでテークバックをすると手先や腕でクラブを上げている感じではなく体全体(体幹)で上げているような気がします。

一つスイングの疑問が解けて次なる課題に移れそうです。
「ライ角維持」ゴルキチさんの過去記事を参考にさせてもらっています。
また、疑問がありましたらそのときはゴルキチ先生よろしくお願いします^v^

マッキロイ

すごいです。芯が確りしているそれに左サイドの抵抗がありコンパクトです。これが石川と大きく違ったところです。 遼のSWINGではコンスタントにスコア-を維持できないでしょう。 それからハンドファ-ストです。PROに聞いたらアドレスでH.F の形ができていない。右手、右サイド重視の形だといわれました。確かにMCのADDRESSは左腕が肩から真っ直ぐに下りています。手首はH.F.になっています。この手首(H.F.)の形を 維持してBACKをすると手首はもっと深くなりますね。 それからIMPACTまでH.F.を維持する。難しいですが練習しかないでしょうね。今はIMPACTはH.F.にすることに集中しています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR