ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロフトを立てる 9 テークバックでの右サイド

 スウェイしないテークバックでの右サイドの使い方を

簡単にまとめると、

1、右ひざを正面を向けたまま右脚、右足を外旋させながら、

右股関節をその場で切り上げる。


2、おでこから顎先のラインで前傾軸の維持を意識しながら、

同時に尾てい骨の位置をずらさないように意識する.



3、1,2から必然的に、肩甲骨がズルズルスライドしながら

左肩が顎の下に低く入り、右肩甲骨が真後ろ上方にスライドしていく

形になる。

今までスウェイしていた人にとってはかなり肩が縦回転している

ように感じるはず。


4、テークバックでは左の肩甲骨で押す、右の肩甲骨で引く、

は均等に使われる
ことにより、前傾軸がきれいに維持される。

巷での議論の「左で押す」でも「右で引く」でもない。

要するに、左サイド、左肩甲骨で押す力と、右サイド、右肩甲骨で引く力

は均衡しているべきである。(各人のくせ、イメージ、欠点修正にも

よりますが。特にリバースピボットの人は要注意)


フォローでの突っ込みを防ぐには、まずその大きな原因となっている

テークバックでスウェイを治さないとね。


くれぐれも、右腰が後方に引けるように右肩で引かないで下さいね。

両肩甲骨のスライドですよ。

スライドする分には「伸び上がり」は起きません。

右肩や腕を上げるからまずいのです。

むしろ、左グリップを逆に押し下げる事でヘッドを上げます。

精度も飛距離も肩甲骨のスムーズなスライドが勝負です。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。