ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

トップで右手首90度(以上)維持 2 右手首脱力

返信の順番が後先になってしまって申し訳ありません

未返信の古いコメントは3ヶ月位経ってしまってゴメンナサイ(冷

宿題と同じで溜め込むとダメですね

子供にはそう説教してるくせに自分は出来ていない・・・。

人生毎日コツコツ・・・ゴルフもそうなんでしょうねー。

だから上手くならん訳ですわ・・・私の場合・・・・

愚痴言ってても進まないので、テーマの質問の回答しますね。

akazeal さん、はじめまして。コメント有難うございます!!

> 初コメです。いつも楽しく拝見しています。
> ゴルフを始めて三年になります。楽しくて仕方ない次期です。

良いですねー!!今は最高の時ですねー。

だんだんストレスたまって苦しくなりますよー(笑

なんて言っちゃダメですよね。

雨の日も風の日も不運連発で大叩きの日もゴルフができる

ことを感謝しないと(そう自分に言い聞かせてます)。

> 始めたころはアウトサイドイン、スライスに苦しみ、
それを矯正しようとインサイドから振ることを意識し、
切り返しで肩が下がり→その反動で右腰が前にでて、
シャンク連発→

 鋭い分析力ですね!!レッスン受けてますか。

3年でこれだけ自己分析できたら絶対上達速いですよ!!

まだ全然下手が固まる前ですからね。

ゴメンナサイね、悪い意味じゃないですよ(笑

> 手を体の近くに通してなんとか矯正し→
シャフトが寝るのでダフリ連発
→体を起こして補正
> となっていました。(おそらくこうなっていたのでは?)
とおもいます。

いやいや、マジで凄い分析ですね

確かにそれだけだと間違いなくシャフトが寝ますね。

問題はグリップエンドの向きですね。

下向きで下り切った後は体に向いていかないと。

グリップエンドが飛球方向に向くとシャフトは寝ます。

グリップエンドを上から右ももに刺せば(意識ですよ)

飛球方向に向く前にヘッドが下りてきますよね。

要するに右足前までにグリップを先に下し切ったら

次はヘッドをさっさと下す

じゃないとシャローなヘッド軌道になりません。

重要なのはヘッドをインパクト直前まで下さない事ではなく、

出来るだけ早い段階で

グリップを先におろし切る

事なんです。

そしてクラブは常に体の前。要するに

体が右を向いたまま、開かないうちに先に下し切る

ということです。体が開かないからクラブは体の前にあるのです。

殆どのアマは体が早く、速く開くからクラブが体に対して遅れる。

だから直ぐにグリップエンドが飛球方向を向く、だからシャフトが寝る。

シャフトが寝ない様にするには腕でクラブを操作するのではなく

単に体を早く開かないという以外解決方法はありません

別の言い方をすると、体の前にクラブを維持するというより、

正しい軌道で動くクラブに常に体を向けておく

クラブを体で引っ張りまわすのではない、全く逆

と言った方がより分かり易いかもしれませんね。

体を開かないでクラブを落とし切れば、どうやってもクラブは

体の前からズレようがないのです。

その為には、そもそも上げ方が問題で、前傾維持で肩を縦回転して

肩甲骨をずらして右脚外旋で上げれば良いのです。

勘違いが多い方の動き方は、背面打ちの様に前傾が起きてしまって

トップを作ると肩が地面に対して水平回転になってしまいます。

背面打ちは非常に良い練習方法なのですが、唯一前傾が起きた

状態になってしまうのが問題でその欠点の認識も必要ですね。


>ミート率悪いし、ひっかけか多発し、トップダフリもありでした。
バランスも保てないため、伸び上がってトップ、ダフリ連発
> しかし右手の角度維持ですべて解決しました。

ワオ

解決させましたか!!素晴らしいですね

> ただ、トップで作った右手の角度を維持しておろそうとすると
右掌を地面に叩きつけるイメージになるのですが、
これはこれでよいのでしょうか?後ろから撮影した動画だと、
今までに比べるとクラブも立って降りているし前傾も保てていました。
ついでにオーバースイングもなくなりました。
ただいわゆるよく言われる左手リードのスイングではなく、
右手を使いすぎているようなきがします
御意見お聞かせ下さい。長文失礼しました。


ウーン、凄いなぁー。鋭い指摘に感心しますねー。

「右手首の角度」というと、その懸念は大いにあったんです。

殆どの方はそうなるでしょうね。

お察しの懸念通り、それじゃダメです


右手首の角度維持の仕事は、右手首じゃなくて

左グリップによるテコの応用なんです。

クラブを持ってやってみれば分かります。

左グリップを押し下げればヘッドは上がる。

角度維持に腕力は全く要らないのです。

だからこそ、逆にリリースも遠心力だけで一瞬ですよね。

だから、角速度が上げられるのです。

そして右肩を下げないで右脇を締めればヘッドはもっと高く上がる。

さらに、右ひじを軽く曲げていけばいくらでも高く上がる。

インパクトゾーン前後でのヘッド軌道の調整はそれで完璧OKです。

右手首なんか全然脱力です。維持し様と力めば逆に鈍角になり過ぎ

ヘッドが前=アウトに出ます。

左肩を下げ左グリップを押し下げ、右脇、右ひじで調整です。

それが分かると右ひじの微妙な加減の重要性がよーく分かるはずです。

インパクト前に右ひじをあっさり伸ばし切るなんて絶対ダメです。

クラブを押し付けるよりパターに近く、吊る感覚も重要です。

そういう意味で今主流のゴルフ理論のストロンググリップ一辺倒の

弊害も大きいですよね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ご質問です

初めまして、いつも勉強させていただいています
私のゴルフのコーチとして、もってこいのブログで大変感謝しています
ゴルフ暦がもうじき2年・・・いい時と悪いときの極端な自分のゴルフにメスを入れたくて。

ゴルキチ様の、打ってからまわる・腕はV字に縦移動・体の正面などなど
初心者ドスライスからの脱出に大変助かりました。
有難う御座いました。

1つ質問なのですが、おそらく、いや絶対私の勘違いだと思うのですが、
ダウンのときにシャフトを立てて・・・
剣道の面・つるはしを振り下ろす
グリップエンドを右ふとももに刺す
などのイメージを私はまともに受け取り
シャフトが(飛行線後方から見て)垂直に近い状態で振り降ろしていました・・・
プレーンの角度が急激に立ってしまうのです(ダウンのときに)
このグリップエンド先端からのシャフト延長線はどこを指すイメージなのでしょうか?

自分なりにおこなったのが、ダウンの時にプレーンの角度を変えることなく、グリップ(両手)を垂直真下に移動させると、右ひじがわき腹へ軽くブレーキになり、左肘はそのまま飛行線方向へ
すると、急激に自然にローテーション、体の回転、手首のタメの開放がスムーズの様に感じました
この理解の仕方は間違っていますか?
お忙しいと思いますが、よろしくお願いします




EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR