ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

グリップエンドの向き 右肘ラインとインパクトラインとスイングプレーン

ナオキチ さんのコメントをご紹介します。

> 初めまして、いつも勉強させていただいています

はじめまして。コメントありがとうございます。
返事が遅れて申し訳ありません。

> 私のゴルフのコーチとして、もってこいのブログで大変感謝しています
> ゴルフ暦がもうじき2年・・・いい時と悪いときの極端な自分のゴルフに
メスを入れたくて。
> ゴルキチ様の、打ってからまわる・腕はV字に縦移動・体の正面などなど
> 初心者ドスライスからの脱出に大変助かりました。
> 有難う御座いました。

そうですか!!お役にたてて本当に良かったです。

> 1つ質問なのですが、おそらく、いや絶対私の勘違いだと思うのですが、
> ダウンのときにシャフトを立てて・・・
> 剣道の面・つるはしを振り下ろす。 グリップエンドを右ふとももに刺す
> などのイメージを私はまともに受け取り、
シャフトが(飛行線後方から見て)垂直に近い状態で振り降ろしていました・・・
> プレーンの角度が急激に立ってしまうのです(ダウンのときに)
> このグリップエンド先端からのシャフト延長線はどこを指すイメージ
なのでしょうか?

グリップエンドというか、シャフトはオンプレーンでは常に球を指します。

従って、シャフトは切り返し後に右ひじが落ち切った後は

プレーンに重り、その両端のヘッドとグリップエンドは

グリップを支点として、プレーン上で単純に反転する
わけです。

それが最もシンプルで、シャフトが捻じれず、エネルギー効率が

良い
訳です。分かりますか、一直線に反転するのです。

一直線でなければ、どこかでシャフトの捻じれ必要で必ず球は曲がります。


オンプレーンになるべきスイングプレーンの目安はアドレス時の

球と右ひじを結んだラインです。

トップではプレーンの上に上がりますが、

切り返し後になるべく早めにプレーンに乗せることが好ましいです。

従ってトップから右ひじを真下に落とす、という事になります。

「シャフトを立てる」というのは飛球後方から見て垂直ではなく

スインガー正面から見てなるべく垂直に維持したい、という事です。

コックを維持する、タメを維持するという事ですね。

もちろん、アウトを嫌って極端にインサイドから下し過ぎる

=飛球後方から見てヘッドがプレーンより下を通る

=シャフトが寝る、ことがアマでは非常に多いですね。

インからプッシュ気味にアッパーに煽る打ち方になります。

また、シャフトはV字に動きます。従ってトップでは右肩上に

斜めに上がります。

従ってシャフトはなるべく横に寝せませんが、「立てる」と言っても

垂直に立てるという事ではありません。

普通、寝易いのでなるべく寝せない、という事です。

また、体は回転しますし、長いクラブは慣性で意識以上に

背中側に倒れるということもあります。


> 自分なりにおこなったのが、ダウンの時にプレーンの角度を変えることなく、
グリップ(両手)を垂直真下に移動させると、右ひじがわき腹へ軽くブレーキになり、
左肘はそのまま飛行線方向へ
> すると、急激に自然にローテーション、体の回転、手首のタメの開放が
スムーズの様に感じました
> この理解の仕方は間違っていますか?
> お忙しいと思いますが、よろしくお願いします

正しいです。

右ひじ、右腕が右脇に当たると右腕にブレーキがかかり、

自然にローテーションします。ただ、それが過度に行き過ぎると

今度を引っかけ始めますよね。「軽くブレーキ」と仰っているので

その点は明らかに分かっていらっしゃいますよね。

ただ、ブレーキによるヘッドのローテーションで球を捕まえる意識は

良くないですよね。

手先のローテーションだと結局球を擦ることになります。

J.フューリックなどは腰と右肘を一体化して腰を早めに切っていますよね。

あそこまで行くとアマにはいろいろ難しくなってくると思います。

プレーキで球を捕まえる意識より、

もっと、大きな動きな、体全体の動きで球を捕まえた方が

ロースピンでラインを出しながら球を強く押し切れますよね。

また、コメントお待ちしていますね!!


 以下、昔の記事ですがそのままのせます。参考にして下さい。

この記事を書いてる最中にAスコットが全英で大活躍して驚きました。

さらに、彼にとってはあまりに酷過ぎる残酷な結果になり、

私が好きなエルスにとっては奇跡的大逆転の復活メジャー勝利、

世界中が期待したタイガーはかなり不安が多い結末となりました。

日本勢はそもそも微塵も期待などしていませんでしたが、

メリケン君が見せた歯切れ良いプレーから、今後も日本ツアーの主役

になって少しでも盛り上げてくれることを期待したいと思います。



ダウンでシャフト角度を維持する方法 Part2 爆弾レッスン19

アダム・スコットの完璧なオンプレーンスイング分析

正しいスイングプレーンの定義は、

アドレス時のシャフトライン
(下の白線 アドレス時のシャフトの延長線

より少し上で、

(トゥーダウンでヘッドが垂れる為、アドレスより少し浮かせる)

後述の

1、アドレスの右肘ラインアドレス時の右肘とボールを結んだライン

2、仮想インパクトライントップの右肘とボールを結んだライン

3、実際のインパクトラインインパクト時のシャフトの延長線

の3本と平行か、もしくは完全に一致する事が理想です。

 以下のアダムスコットの連続写真の場合、1,2,3は完全に一致し、

ダウン、フォローともにシャフトもヘッド重心も、このスイングプレーン上を

完璧に通過していく、まさに理想的な非常に美しいスイングです。


 アダム・スコットは世界で最も美しいスイングの持ち主の一人で、

タイガーと非常に良く似たスイングです。

この写真ではショルダーライン(トップの肩の線)よりトップの左腕のライン

が高く、比較的高めのトップですが、完璧なオンプレーンスイングです。

タイガーは、ショルダーラインと左腕のラインが一致するトップです。

最初の写真は、白線がアドレス時のシャフトの延長線で

シャフトラインと呼びます。

黄線はボールとアドレス時の右肘を結んだ延長線ですが、

この線の意味は、

殆どのプロのヘッドの重心点が、このアドレスの右肘ライン

に平行か、ライン上を上昇していきます。


それをオンプレーンといいます。

これは、右肘支点でクラブを上げているからです。

背筋が力みがなく完璧に一直線です。タイガーより真っ直ぐです。

<黄アドレスの右肘ライン ボールと右肘を結んだライン 
シャフトライン アドレス時のシャフトの延長線
AS アドレス

 下の写真では、トップの右肘とボールを結んだラインで、

仮想のインパクトトライン」と呼びます。

この仮想のインパクトトラインと実際のインパクトラインが

一致する事が理想で、ダウンで余計なアジャストが要らない

最も効率的なスイングです。

この写真はトップトップが高く、若干ヘッドが下っていますが、

シャフトは飛球線方向をに平行で、肘はほぼ真下を

向いているためオンプレーンのトップと言えます。

オンプレーンのトップは、非常に重要で、ダウンで

アジャストなしでスイングプレーンに直ぐに乗せられるので、

再現性が高くなり、シャフトが不必要に捩れません。

トップでシャフトが背中側に倒れる事をレイドオフ

正面を向くことをクロスと言います。

トップがオンプレーンでないと、ダウンでプレーンに乗せるときに

シャフトがねじれます。このねじれは後に反動でプレーンとずれた

方向にしなり戻り、ヘッドがばらつきエネルギーが分散します。

写真のオレンジ線の様に

「仮想のインパクトトライン」と平行にシャフトがダウンしていくことを

オンプレーンと言います。


出来るだけ早くオンプレーンにすることが理想です。

オレンジの線より、ヘッドが垂れてシャフトが寝たり(アンダー)、

アウトサイドからシャフトが立ちすぎる(スティープ)と、

後での修正は非常に困難です。

 では、どうやってこのオレンジの角度を維持してシャフトを平行に

下ろするのか?

ここがキーです。

仮想のインパクトライン ボールとトップの右肘を結んだライン
AS0 シャフトライン

 次は、インパクトの写真ですが、この時のシャフトの延長線を

実際のインパクトラインと呼びます。

繰り返しますが、アダムスコットの凄い点は、

1、アドレスの右肘ライン
2、仮想のインパクトライン
3、実際のインパクトライン

の3つが完全に一致しているところです。

非常にシンプルでアジャストが要らないのでシャフトがねじれず、

プレーン方向のみにしなるため方向性が安定し、

プレーンが一直線のためエネルギー効率が高く、

最もシンプルでアジャストが全く要らないため再現性が非常に高いです。

 なおかつ、切り返し直後のダウン初期に既にオンプレーンになり、

プレーンに乗った後もシャフトの角度が完璧に維持され、

ヘッド重心点ともにプレーンから全く外れない見事に完璧な

オンプレーンスイングです。

実際のインパクトライン インパクト時のシャフトのライン>


 切り替えし直後、ダウン初期にシャフトがプレーンに平行に

なりつつあります。

この時、右肘は客観的には体が回転しているため、

斜めに下りている様に見えますが、

実際には、右肩の前から、右脇に真下に下りているのです

分かるでしょうか?右肩から右脇ですよ。どうやっても真下でしょ?

ですから多くの方が勘違いしている「真下に下ろせ」とは、

スインガー本人の意識の事を言っているのです。

体が回っているから真下に見えないのですよ。

ビデオや写真で主観と客観の違いで騙されないでください。

 ここで注目していただきたいのは、水色線の角度です。

この角度がどうやらシャフトの角度でしょうか?











右肘、グリップを真下に下ろす事を理解し、実行できないと

このオレンジの角度は維持できません。

しかし、更なる問題はタメが維持できない人がこれをやると

ダフリます。正しい軌道だとダフルといったのはこの事です。

 先にタメを維持出来ないとダメかも。

ですから、複合的な欠点がこの正しい動きの理解を恐ろしく

難解にしています。

レッスンプロも難し過ぎて殆ど触れないと思います。

しかし、これは乗り越えるべき壁ですよ。

 よくある力みすぎ、打ち急ぎで突発的に右腰が前に出て起こる、

プッシュアウトや、ドヒッカケの現象は「シャフトが寝る」ことが

大きな要因です。

 
 では、なぜシャフトが寝るのか?

実際にクラブをグリップしてダウンで背中側に倒して

そのグリップを見ながら、よーく考えてみてください。

これは非常に重要な事です。
 
ダウンでシャフトが寝るとき、右手首、グリップエンド、

左肘、右肘はどこを向いていますか?

では、どの向きなら寝ないのか?

シャフトを立ててみれば分かると思います。


次回は、超変則アップライトループスイングのJ.フューリック

のスイング分析を参考にして説明します。

一見テークバックは極めて変則的ですが、切り返し直後には

見事にプレーンに完璧に乗せています。

いろいろ参考になりますよ。


ループはスイング修正の練習に非常に効果があります。

インに引きすぎる方や、間が出来ない方にとって正しいプレーン、

間を体感する効果がありますよ。

ただ、そもそも大きくアンダーであれ、アップライトであれ

大きくプレーンを逸脱するという事は腕を使っている、

もしくは左右のグリップ、腕のバランスが悪いという証明であり

調子が悪いと再現性は著しく落ちます。

目先の修正はまずいですが。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

とらもり さん Re: 習得方法

> 初めまして
> 毎回役に立つレッスンブログを楽しく読んでいます。

はじめまして!!コメントありがとうございます。

> さて、基本的な質問になりますが
> 終始、ダウンは右ひじから下して右ひじの角度を
> キープとありますが
> どうしてもできません。
> 角度を維持しようとすると腕に力が入り力みます。
> 力を抜くと、緩んだスイングで
> 右わきが開いたり、オーバースイングに
> なります。
> あと右脇の横に下す意識で下しても
> 肘が脇とすれたりしません。
> 何かいい練習方法はありますか?

ダウンでは問題は手首とシャフトの角度です。肘じゃないですよ。
どっかで右肘角度維持って書いちゃいました?そしたら右手首のミスです。
右ひじの角度はインパクト前に意識的に伸ばし切らなければ問題ないですよ。
確かにインパクトで右ひじ角度に余裕がある方が、インパクトゾーンで球を自在に押せるのであらゆる点で球筋の操作で自由度が大きくなります。
 しかし、むしろ右ひじを曲げて維持しようとし過ぎると右肩が落ちたり、すんなりグリップが落ちないという問題が逆に多くなります。意識的に力んで伸ばすとアーリーリリースになるのでまずいですが、すんなり伸ばす、伸ばされる方がグリップはすんなり落ちて良いと思います。要はその時に伸ばし切らずに最後の余裕を残して伸ばされればいいのです。
分かるかな?

トップでの右ひじ角度は、右手首確かに重要ですよね。ちょっと気がゆるむと誰でもオーバースイングになります。しかし、これはクラブが長く、ヘッドが重いので慣性が大きく働くので仕方ないのです。手首や肘の力では止められません。なので、その他の部分を締めて早めに腕の動きを止める、テークバックのスピードを落とし慣性を小さくするしかないでしょうね。私はその両方を相当気を付けていますよ。私にとっても今の最大のテーマですね。

習得方法

初めまして
毎回役に立つレッスンブログを楽しく読んでいます。

さて、基本的な質問になりますが
終始、ダウンは右ひじから下して右ひじの角度を
キープとありますが
どうしてもできません。
角度を維持しようとすると腕に力が入り力みます。
力を抜くと、緩んだスイングで
右わきが開いたり、オーバースイングに
なります。
あと右脇の横に下す意識で下しても
肘が脇とすれたりしません。
何かいい練習方法はありますか?

ナオキチさん Re: 感謝

こんにちは!!

> まずは感謝感謝!!
> 早速、私の質問を記事にしていただき有難う御座います
> 少ない文面(質問)で、これだけ汲みとって察していただき感動です
> 完璧です。惚れてまうやろ~です(少し古っ)

あはは、有難うございます。

> J.フューリックの変則スイング・・・よく分かりまた!
> 私もその傾向がありまして、シャフトが暴れているのを感じていました

シャフトは想像以上に暴れます。ちょっと力むとすぐにあちこち捻じれますね。

> マン振りしたときは左手首が痛いときがあり、これはゴルキチ先生の処方箋が必要と思った理由の1つ目

これは気を付けたほうが良いですよ。私も昨年痛めましたが、私の場合、原因は体とグリップが同調していないからでした。特にフォローで体の回転が足りないと負担がかかります。相当体の力みを抜き、回転を軽くして、ヘッドに引っ張られてスムーズに回転しないとダメです。そう意識したら治りました。グリップが飛球方向に行ってもへその正面にあればいいのです。腰の回転を手抜きすると負担がかかります。

> Aスコットのビューティフルスイング好きです
> 先日の全英での青木解説者達もおっしゃっていましたが、芯くってるいい音だな~と。

私も大好きです。エルスも。
2人ともショットは素晴らしかったですね。全く不安がありませんでした。パットも悪くなかったのに、魔の最終4ホールでしたね。
私たちが下手でも仕方ないですよね(笑

> 処方箋が必要と思った2つ目
> 「トップで右手首90度(以上)維持 2 右手首脱力」関連
> での、akazealさんのコメントで、私も思い当たるふしがある!
>
> akazealさんの
> > しかし右手の角度維持ですべて解決しました。
>
> 同感です
> 私はユルユルグリップの弊害をというか、トップで左親指と右手のひら生命線が完全に浮いていて遊んでいる状態で右手首角度維持が出来てなかったです
> なので、インパクトのときもそのまま遊びながら降りてくるので不安定だったと自己分析
> 右にも左にも・・・
> 上記のマン振りで左手首痛いのもドライバーの時で急激な右のいたずらみたいです(プラス シャフト暴れ)
> もちろん玉はOBまっしぐら
> あれだけゴルキチ先生がユルユルグリップは賛成できないとおっしゃっていたのに・・・

そうです。陳清波読んでください。ブックオフで100円で沢山あります。最近のティーチングプロの言葉よりよっぽど参考になりますよ。しっかりグリップ、スクエアグリップ、ダウンブロー、球は捕まえてドローボール等々シンプルです。

> 何か気にすれば、何かが疎かに
> 開眼!!と思っていつもコースで返り討ちの繰り返し
> 今度こそは返り討ちにあわない様な。。。

私も同じです(涙 もう年齢的に限界かと・・・でも、古市忠夫プロみたいな還暦プロもいるし・・・。しかし、彼は死ぬほどランニングをしたらしいですね。やっぱり走るの嫌いな私にはまねできませんわ・・・。

> その後の自己分析でトップでの肩の回転不足を発見
> これでずいぶんダウンのときに手をまっすぐ降ろしやすくなりましたし(アウトインになりにくく)、左手リードの感覚も向上しました
> ゴルキチ先生のご指摘の、
>
> >ひじ、右腕が右脇に当たると右腕にブレーキがかかり、
> 自然にローテーションします。ただ、それが過度に行き過ぎると
> 今度を引っかけ始めますよね。「軽くブレーキ」と仰っているので
> その点は明らかに分かっていらっしゃいますよね。
> ただ、ブレーキによるヘッドのローテーションで球を捕まえる意識は
> 良くないですよね。
>
> この辺の「軽くブレーキ」の感覚もより薄まりました
> 今は不安要素が減り、気持ちよく振れている感じがします
> クラブも収まるところへ勝手に収まる・降りてくる感じで、オートマティックのようなスイングに感じます
> まだ練習段階ですが来週のラウンドが楽しみです
> まさしくメスが入り、抜糸も終わったような気持ちです
> ゴルキチ先生のご指摘の
> >プレーキで球を捕まえる意識より、もっと、大きな動きな、体全体の動きで球を捕まえた方がロースピンでラインを出しながら球を強く押し切れますよね

もっと肩甲骨を使えば軸を維持して腕を長く使えるので球を捕まえられますよ。
むしろヘッドと一緒にグリップも低く走らせないとヘッドが上昇してしまいます。

> さすがです!!
> 次に改善しようと思っているところが、切り返しでの体全体のバランスでした
> 下半身リードの感覚、腰の先導・・・
> 男子プロは体全体で行っているかの様に見えます
> 女子プロは急激な腰先導に見えます
> 腰先導で行うと、玉は惚れ惚れするのですが、腰が痛い・・・

まず、腰を切る意識はないと思います。トップで右腰の逃げを極力抑え、右脚、右足の外旋でかなり捻転がたまっています。肩甲骨も両側目いっぱい右に伸びています。それだけで勝手に腰は回ります。意識的に軸回転を加速しようとしたら力むので軸は100%ブレますね。巻いたバネを離すだけです。もっと加速しようと押したら逆に軸がぶれて減速します。腰を切るとはそう言う事だと思います。

> 所詮月1ゴルファーにアスリート体力は無理があるし・・・
> 近々この辺りの特集を希望します
>
> この度はまことに有難う御座いました
> ゴルキチ先生も身体にはお気をつけくださいませ

有難うございます。

感謝

まずは感謝感謝!!
早速、私の質問を記事にしていただき有難う御座います
少ない文面(質問)で、これだけ汲みとって察していただき感動です
完璧です。惚れてまうやろ~です(少し古っ)

J.フューリックの変則スイング・・・よく分かりまた!
私もその傾向がありまして、シャフトが暴れているのを感じていました
マン振りしたときは左手首が痛いときがあり、これはゴルキチ先生の処方箋が必要と思った理由の1つ目

Aスコットのビューティフルスイング好きです
先日の全英での青木解説者達もおっしゃっていましたが、芯くってるいい音だな~と。

処方箋が必要と思った2つ目
「トップで右手首90度(以上)維持 2 右手首脱力」関連
での、akazealさんのコメントで、私も思い当たるふしがある!

akazealさんの
> しかし右手の角度維持ですべて解決しました。

同感です
私はユルユルグリップの弊害をというか、トップで左親指と右手のひら生命線が完全に浮いていて遊んでいる状態で右手首角度維持が出来てなかったです
なので、インパクトのときもそのまま遊びながら降りてくるので不安定だったと自己分析
右にも左にも・・・
上記のマン振りで左手首痛いのもドライバーの時で急激な右のいたずらみたいです(プラス シャフト暴れ)
もちろん玉はOBまっしぐら
あれだけゴルキチ先生がユルユルグリップは賛成できないとおっしゃっていたのに・・・

何か気にすれば、何かが疎かに
開眼!!と思っていつもコースで返り討ちの繰り返し
今度こそは返り討ちにあわない様な。。。

その後の自己分析でトップでの肩の回転不足を発見
これでずいぶんダウンのときに手をまっすぐ降ろしやすくなりましたし(アウトインになりにくく)、左手リードの感覚も向上しました
ゴルキチ先生のご指摘の、

>ひじ、右腕が右脇に当たると右腕にブレーキがかかり、
自然にローテーションします。ただ、それが過度に行き過ぎると
今度を引っかけ始めますよね。「軽くブレーキ」と仰っているので
その点は明らかに分かっていらっしゃいますよね。
ただ、ブレーキによるヘッドのローテーションで球を捕まえる意識は
良くないですよね。

この辺の「軽くブレーキ」の感覚もより薄まりました
今は不安要素が減り、気持ちよく振れている感じがします
クラブも収まるところへ勝手に収まる・降りてくる感じで、オートマティックのようなスイングに感じます
まだ練習段階ですが来週のラウンドが楽しみです
まさしくメスが入り、抜糸も終わったような気持ちです


ゴルキチ先生のご指摘の
>プレーキで球を捕まえる意識より、もっと、大きな動きな、体全体の動きで球を捕まえた方がロースピンでラインを出しながら球を強く押し切れますよね

さすがです!!
次に改善しようと思っているところが、切り返しでの体全体のバランスでした
下半身リードの感覚、腰の先導・・・
男子プロは体全体で行っているかの様に見えます
女子プロは急激な腰先導に見えます
腰先導で行うと、玉は惚れ惚れするのですが、腰が痛い・・・
所詮月1ゴルファーにアスリート体力は無理があるし・・・
近々この辺りの特集を希望します

この度はまことに有難う御座いました
ゴルキチ先生も身体にはお気をつけくださいませ

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR