ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

遼君、米ツアー最終戦「ウィンダム選手権」で衝撃の予選落ち

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

多数のご意見有難うございます!!

意見は違えど、ゴルフを愛する熱い思いは皆さん同じ

だと思います!! 

しかし、問題は指標を見れば歴然とすることが分かりますよ。

またそれぞれ皆さんに返事は書いていきますが、

その前に、先日さらに衝撃の事件が起きてしまいました。

今回遼君が米国遠征最後の試合で出場したPGAウィンダム選手権

ばかりは逆に全く予想に反した結果になりました。

日本時間8/18朝、1打差でまさかの予選落ちでした。

今回は当然予選は上位で通ると思っていたからです。

その理由は、このツアーはPGAのレギュラーシーズン最終戦で

来季のシード権を賭けた賞金ランキング125位のカットライン

すれすれの選手が殆どで、メジャープレーヤーは殆ど参加しません。

通常皆今後のプレーオフシリーズに備えているのです。

遼君はこの試合で稼いで来季のPGAシード権を確定させる

予定だったのです。ただ、今年前半のラッキーな2試合で遼君は

例年のカットラインより僅かに上にいるのでまず大丈夫ですが。

かつて丸山茂樹プロが優勝した試合でもありますね。


しかし、トップと12打もの差で予選落ちした結果よりも、

むしろ内容があまりにも深刻に酷過ぎる。

2ラウンドでイーグル2個はトップタイですが、

バーディーは2日間でたったの3個で

152人中149位とほぼ最下位


それに対して、ボギーは7個もあります・・・・・。

イーグル2個だがボギー7個・・・・。

一見、ロングヒッターの安定感のない丁半プレーとも言えますが、

しかし、そうではなく、さらに驚きは彼が最も拘ってきた飛距離の

DRIVING DISTANCEは152人中152位と最下位

ただ、DRIVING ACCURACYが23位タイなので正確性重視で刻んだ

と思えますが、いくらなんでも飛距離が最下位では極端過ぎるし、

それでは米国のコースで勝てる訳がない


映像を見ていないので何とも言えませんがデータ上では酷すぎる。

さらに得意のパッティングでもPUTTS PER ROUNDが

30.5と89位タイ

予選落ちした試合だから当然悪い筈だが選手層の割に酷い。

日本ツアーではパッティングだけが唯一の彼の好指標ですからね。

日本でさえDRIVING DISTANCEはトップの額賀辰徳プロの309.94Y

より22yも劣る288yで27位です。

さらにまずいのは飛距離のみならずフェアウェイキープ率は

さらに致命的に酷く81位で52.92%しかないのです

一体彼に何が起きているのか


3年前の18歳当時の予想では間違いなく既にメジャーの最終日に

優勝争いをしている筈だったのです。

3年も前の事ですが皆さん覚えているでしょうか

彼は既に3年も前の2009年に

18歳で世界ランキング29位

でした。(合ってる?)

18歳でですよ 当然世界が驚愕しました。

ところが それからが最も育ち盛りのはずなのに、

それが最後のベストランキングなんです

3年過ぎた今は毎年どんどん下がって70位。

来週は80位くらいでしょう。


世界中が驚いたあの才能で、一体何が起きたのか

どう思いますか

この3年もの長い期間が生みの苦しみの期間でしょうか

私の過大な思い過ごしならいいのですが。


しかし、私は全然アンチ遼君ではありませんよ。

遼君は小学校低学年から見ています。

勿論私が言うまでもないですが、彼は天才です(でした。)
(まさか十代で賞金王になるとは夢にも思いませんでしたから)

そして実際ファンですし、今でも期待もしています。

でも、あまりの衝撃的デビューで期待がとんでもなく大き過ぎた。

またマスコミ、ゴルフ界も大騒ぎし過ぎたため
(あれほどの逸材なら仕方ないですが)

この実績の急落ではあまりにギャップが大きすぎる

期待が大きいゆえにファンの落胆、苛立ちも大きくなるのは

仕方がない事でしょう。

日本のゴルフ界全ての期待を担い、

子供達のスーパースターなのですから。

それに余りある報酬を得ているたった一人のプロなのですから。


世界中が驚いたあの才能で、一体何が起きているのか


もし、この3年間、遼君が最善の必死の努力をしてこの結果なら

むしろ今後はどうなるのでしょうか

努力が開花して、世界ランキングトップ20へ復活するのか。

私の周りの子供達にとっては、遼君は藍ちゃんやタイガー以上の

スーパースターなんです。

彼の場合アンラッキーとしたら環境でしょうか

ゴルフ業界、メーカー、マスコミにまるで芸能界の子役の様に

利用され、本業ではAONの様な絶対的なライバルが国内に存在しない。

マスコミやスポンサーを山ほど引き連れて、大名行列の様に

至れり尽くせり状態でたまに海外遠征に行く様では、

いつまでたっても「自立」は厳しいのではないでしょうか

PGAのシード権は確実なのだから、藍ちゃんやサッカー選手の様に

さっさと単身で海外に行くべきだ、と思います。

このまま更に数年過ぎたら更に手遅れになってしまうでしょう。

なぜ、日米両方に参加しなければいけないのか

いつも米国で勝負したいと公言しているんだから、

一度の人生で最高レベルを目指すなら、

いつまでも能書きばかり垂れていないで、

シード権があるのだからさっさと米国に行くべきだ。

女子の藍ちゃんが出来て、なぜ21歳の男ができないのか

男なら「能書き垂れていないでとっとと行けよ」と言いたい。

周りの山ほどの関係者のビジネスベースでの判断か

今年18度の海外試合中8度の予選落ちの結果では

米国だけでは怖いのが本音か

だから他のスポーツ選手や、若い女子プロよりも子供っぽく

見えてしまうのだろう。

修羅場をくぐっていないから、ハングリーさがなくなったから

本当の芯の強さが感じられない。

なんとなく全てがビジネスベースに見えてきてしまう。

だから、崩れる時は一気に崩れてしまう。

ちやほやされて優勝ばかり狙うから、

スーパースターとしては常に優勝を狙わざるをえないから、

優勝に絡むことが無理だと判断すれば直ぐにプレーが雑になる。

ゴルフで予想通り優勝できたのはそもそもニクラウスとタイガーだけだ。

日本ではジャンボだけだ。

優勝など年に2,3回すれば大したものなのだ。

だから少しでも雑になれば試合のたびにランキングはどんどん下がる。

ランキングが下がればランキングなりのゴルフ内容になってしまう。

悪循環。

そして既に一生遊んで暮らせる金を手に入れてしまった。

苦労して得る賞金の数十倍の宣伝料が簡単に稼げてしまう。

世界中の他のゴルファーと違って賞金など全額寄付しても全く

びくともしない。コマーシャル一本の方が遥かに大きい。

これらは、彼にとってむしろ悲劇なのだろう。

お父さんはうらやましいけど(笑 
(いいな~、うちの娘も・・・藍ちゃんみたいに・・・無理か)


最近やっと遼君は飛距離をあきらめ、平均飛距離を大幅に落とした。

その結果、今回の全米プロではFWキープ率も、パーオン率も

大幅にアップした。その結果なのか2日目にトップタイに並んだ

トップはたった数十分だった。いや数分か。

そして、あっという間に自ら奈落の底に落ちていった。


今回マキロイには平均飛距離で22ヤードも置いて行かれ、

飛距離に拘りがある遼君が本当にその拘りを捨てて耐えられるかが

問題だったが。


今回の最終戦はたった1打差での予選落ちでした。

今年はそんな感じの予選落ちが多かったですね。

全体的にはそれほど悪くないのに、いつの間にか落ちて行った。

実は1打差の方が本人はきつい。

割り切れないから。

1打差の重み・・・・、後悔・・・・、あきらめがつかない、

悩む、後への影響が大きい・・・・。

既に付きつつある「負け癖」が更に付かない事を祈りたいです。

残りの日本ツアーで現在の賞金ランキング28位から

どこまで這い上がれるのかが、本当の勝負になるでしょうね。

そして部門別データをどこまで改善できるかで、

この3年間の本当の努力の成果をはかることができるでしょう。

彼にとって最も重要なことは、周囲に流されない確固たる

自分自信のプレースタイルと信念を持ち、それを確立する事でしょう。

もう来年は21歳になのですから、スポーツ選手では決して若過ぎる年

ではありません。


全米プロでのマキロイは特別スーパープレーがあった訳ではなかった。

かつてのスーパープレーのタイガーとは全く違うプレースタイル

ですが結果的には圧倒的に独壇場での勝利でした。

もちろん風が強い条件等が得意のリンクスに近かったことが

マキロイに有利だった事もありますが。

ただ、もともと強気の彼の精神力はこの2年間で更に強くなった。


若い松山英樹選手、藤本佳則プロ、池田勇太プロ、薗田峻輔プロ

皆活躍して日本女子プロ界の様に切磋琢磨して欲しいですね。

でなければ日本男子ツアーは完全に外人選手一色になるでしょう。

彼らとの強さの違いは技術力でしょうか

違うでしょう。

技術力だけなら日本人選手は絶対に負けていない筈です。

では何が違うのか

それは単身で国を出て海外に勝負しに来ている背水の陣の精神力でしょう。

最近急激に強くなった日本サッカーの強さでそれはよく分かりますよね。

また、韓国人ゴルファーの日米での台頭を見てもそれは明らかです。

技術力以上に、そもそもゴルフで最も必要な精神力なのでしょう。

日本のゴルフ界が強くなるためには若い選手がどんどん海外に出る

しか他にないのです。

それに、私たちが数十年間毎年毎年、毎回楽しみにして朝まで起きて

期待して観戦しているメジャーでの日本人選手への期待は、

優勝よりも最終日まで優勝争いに絡む、精神力でしょう。

マスターズで4位に入った伊澤利光選手の興奮は忘れませんよね。

日本人の小さな体でも、技術力で十分対抗できると確信できましたからね。

彼のスイングフォームは世界一と絶賛されました。

あの時は伊澤プロは数年後には必ずメジャーを取ると、

多くの日本人は信じたはずです。

日本中のプロも彼の登場でフェードを見直し、

フェード打ちをマスターしようと躍起になりましたからね。

しかし、その後のドローへのスイング改造で失敗してしまいましたね。

残念でした。

宮里優作プロなども逸材なのに弱点を克服できないのは不思議です。


そういえば、タイガーは相変わらずとんでもないフェード狙いですが、

左への引っかけミスが多くて、どんだけ左を狙ってるんでしょうね

素人ながらもう少し真っ直ぐ打った方が良い気もするんですが、

なんか凄く高度な理由があるんでしょうね(笑

左膝が相当悪いのか、他の理由なら何なのか知りたいです。

まー、私らの参考になる様なレベルじゃないか(笑


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

お久しぶりです

ゴルキチさん
ご無沙汰しています。
ビッグドライブの後のIRドヒッカケ。確かにその通りですねー。
しかも左上がりだったりすると・・・。

ところで、石川選手は確かにアメリカに単独で行って一から立て直す勇気が必要でしょうね。
余りにも若く、ビッグスポンサーが付き過ぎました。
あの完璧なスイングと言われた宮里美香選手でさえ、あちらで勝つ為に大幅にスイングを変え、その結果として韓国勢全盛のツアーで上位に何度も顔を出し、ついに優勝しました。
ジャンボもアメリカに専念したらどれだけ行けたかと思うと残念な気もしますが、そのお陰(?)で青木選手が二クラスとの死闘なども演じ、ツアー優勝を成し遂げたのかも知れません。

追伸
携帯をSBのiPhone4Sに移行しました。
アドバイス頂いた通りCBなどを比較し、家族4人で福沢さん14人+ホワイトプラン2年無料+機器代を月割りで相殺+乗換え割りJCB券4枚+iPhone割りベルメゾン券4枚でした。
5にも興味が有ったのですが、初物よりも最終版と考え、2年間はこれで行く積りです。
2年後にはクラウド化されて100ドルスマホが当たり前、容量無限、音声認識完璧、本当に人工知能パートナーになっているかも知れません。
TVもネット化されて既存のTV局や広告代理店が無力になっているでしょうね。

匿名さん Re: タイトルなし

こんにちは!!

> 正論です。大人の思惑で才能をつぶしてしまった。残念だけどもう取り返せないでしょう。

遼君が最も意識しているのは同級生の松山選手でしょうね。数か月松山君の方が下です。
遼君は飛距離のジャンボ志向で、松山君はパッティングの青木プロ志向ですね。松山選手のプロ転向後の活躍次第では遼君の尻に火が付きます。そうなればAO対決の再来になる可能性が十分にあると思います。そうなって欲しいですね!!

ちび太 さん Re: なぜなんですか?

こんばんは!!

> あっ、それと、アイアン手放しました!
> あれは無理です!中折れ?しなりに耐えれません!ドライバーもおかしくなってきたので、売っちゃいました(泣)

手放すなら潔く傷が付く前に早く売った方が良いですね。私も結構中古で売り買いしますよ。たまに買値より高く売れて驚きます。

> ドライバーですが、開眼しましたよ!

おっ、来ましたか!!

> いつもの、右太ももグサリから、肩を回さず、腰でインパクトまで誘導していき、フォローから手を左に持っていかず、身体の正面維持でグリップを離していくと、

そう、ここですね。クラブはずっと体の正面に維持が重要です。で、ヘッドを低く長く加速していきます。ヘッドを低く長く出すためには必然的に体は起き上がれない、グリップは低く伸びていき、右肩がでていきます。球をかなり押さないとラインは出ません。しっかり押し切ってから、やっとフィニッシュに向かう感じですね。意識しなければ押す前にフィニッシュに振ってしまいます。

>めっちゃ!ビッグドライブです、右に出玉が出て、球がクッンと伸びた後、落ち際から、左に帰ってきます!

頭が残って押し切り、腕が伸び切れば嫌でも自然にフェースが返り球は捕まりますよね。その程度でドローの曲がり具合は調整が効きます。

> 昨日もコースで、260ヤード前後ずっと飛んでました!やったー(^-^)/です!
> いつも捕まる、240のバンカーも軽く越えて、
> いつも、ここまでいかんのに?って、回っていました!残りの番手が、2番手は変わるので、楽でしたが、同じようにアイアンを打つとドローじゃなくブーメラン並に曲がってピンが~って感じてした(泣)

あはは、ドライバーマン振りでドローだとセカンドが怖いんですよ!!
体がその振りを覚えているので、相当軽く素振りをして、素振り再現しないとド引っかけになりますよ。
私も気持ちよくセカンドもドライバーの振りで打ってしまい、よくドフックで死にます。
ドライバーの後のセカンドは気を付けないとまずいです。特に捕まり難いドライバーで持ち球がドローで、捕まり易いアイアンの組み合わせだとヤバイですね。

>パットもクルリンが多く嫌われてました!スコアは、44,49でなんじゃこら(怒)でしたが、収穫はありました!
> 来月、また大会なんで!上位目指してがんばります!個人的に藤田プロに頑張って欲しいな♪

飛んだドライバーのあとのセカンドは危険ですよ!!
気を付けてゆったり素振りして、ドラのマン振りの記憶を体から十分に消し去ってから、セカンド用の素振りの再現です!!

藤田プロ安定してますね!!
常に自分を失わずあの年齢で頑張ってくれて本当に励まされますね!!
私の実家の地元の葛城CC所属なので尚更うれしいです。

匿名さん Re: タイトルなし

> 相変わらずアンチ遼君ですよね。
> 途中、アンチ遼君じゃないですよってところが、かなり嫌いなことがよくわかります。
> まだまだ21歳、今後にも期待しましょうよ!

あはは、まあ1次的にはそうとられても仕方ないですね。
まあ来年以降に期待ですね。

プレッシャー多過ぎては

数値見れば明らかですよね。ハンカチ王子も失点と自責点が異常に離れて、皆が応援したいのは判りますが、返ってプレッシャーかも。

藍ちゃんも開き直ってプレッシャーはねのけたけど、今のりょう君にはちょっと無理そう。取り巻き多過ぎ。

あの父親にくっついている間は(もう手遅れか)駄目でしょうね。
素人が世界に対抗しようだなんて…

あのタイガーやマキロイでさえ「プロの」コーチをつけています。
ましてや石川遼レベルでは…
圧倒的な身体能力があれば別だと思いますけどね~
それがあったのはジャンボくらいでしょうね。

おばさんのアイドルかもしれませんが、世界で戦えるゴルファーではないですし、スポンサーの件も私も知っています。

松山君に期待!!!!

憂国日本

「世界が驚いたあの才能で一体何が起きたのか?」
と述べれらますが、私は誰が驚いているのかと不思議に思うぐらいです。
そんな凄いのですか?石川遼君て?
タイガーやマキロイたちの石川遼君に対するコメントはパブリックアナウンスメントの一つに過ぎませんよ。
誰がメディアの前で他人をこき下ろすことができますか?自爆行為ですよ!
それはさておき、国内ではさまざまな理由で、自動車や携帯メーカーがスポンサー契約を更新してませんよね。何故なんですかね?そこに答えがあると思います。スポンサーできない理由があるのです。
ここでは言えない理由があるのでしょう!言いたいけど!
「藍ちゃんにできてなぜ21歳の男ができない?」の答えは、父親と本人の人間としての意識の違いでしょう!
「お金と性欲」をどのように上手に処理するかですよ!上手なプレヤーは上手なやり方を周知徹底してますよね!
石川君!
スパースター気取りするならその社会的スキルも身につけて欲しいですね。
応援しています!!!

なぜなんですか?

ゴルキチ様、お久し振りです!
遼くんのスイングは、凄いですね!
けど、左、右とよく曲がっているのをよく最近見ますね、プロなら決めうち?見たいに曲げて打つことはしないんでしょうか?トラブル時は綺麗に曲げてますよね!ドライバーも曲げたらもっとよくなるのかな?って思います!僕も一回だけ四国OP前日にそのコースを回ったときの感想ですが、フェアウェイが15ヤード近く狭くして、うねってました!その
間に落とすのは至難の技やし、残り距離での攻めかたで、150ヤード前後で攻めるなど、大変だったのを覚えています!
たまたま、遼くんの距離がコースの罠にはまってるんですかね?
あっ、それと、アイアン手放しました!
あれは無理です!中折れ?しなりに耐えれません!ドライバーもおかしくなってきたので、売っちゃいました(泣)
ドライバーですが、開眼しましたよ!
いつもの、右太ももグサリから、肩を回さず、腰でインパクトまで誘導していき、フォローから手を左に持っていかず、身体の正面維持でグリップを離していくと、めっちゃ!ビッグドライブです、右に出玉が出て、球がクッンと伸びた後、落ち際から、左に帰ってきます!
昨日もコースで、260ヤード前後ずっと飛んでました!やったー(^-^)/です!
いつも捕まる、240のバンカーも軽く越えて、
いつも、ここまでいかんのに?って、回っていました!残りの番手が、2番手は変わるので、楽でしたが、同じようにアイアンを打つとドローじゃなくブーメラン並に曲がってピンが~って感じてした(泣)パットもクルリンが多く嫌われてました!スコアは、44,49でなんじゃこら(怒)でしたが、収穫はありました!
来月、また大会なんで!上位目指してがんばります!個人的に藤田プロに頑張って欲しいな♪

相変わらずアンチ遼君ですよね。
途中、アンチ遼君じゃないですよってところが、かなり嫌いなことがよくわかります。
まだまだ21歳、今後にも期待しましょうよ!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR