ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フォローのスムーズな振り抜き

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

なかさん、毎度です!!

>インパクト近辺では 右手は身体の近くでも左手、左腕はかなり体から離れているんですよね。腰が回転してるから当たり前かもしれないけど、グリップを身体の近くを通すの意識し過ぎて左腕が左に引けてしまう癖があります。

 そうですね。左腕難しいですねー。

特にフォローのスムーズな振り抜きでは本当に難しいですよね。

私もドラコン練習で開けても暮れても練習用の様々な棒(笑 

を振り回し過ぎて左手首を痛めた時に以下の重要性に痛感しました。

1、振り抜きで邪魔な左腕、左ひじを処理する為には

想像以上に手首を柔軟に使うことが重要。

痛めるまでは、まだまだ手首が固かったことに気が付かなかった。

出来ていたつもりなのにまだまだ不十分だった。

年を取って関節が弱くなって初めて気が付くものなのでしょうね。


2、つい利き腕の強い右腕が、弱い左腕に勝ってしまう。

つまり、右腕でこねて、シャフトが寝て、振り抜きの方向が悪くなる。

だから、まだまだ固かった左腕、左手首に負担をかけた。

重い鉄棒や、長いバットの素振りで悪癖が露呈した訳ですね。

フォローでの体の回転との連動性が悪かった事ももちろんあります。

要するに、体にも力みがある為、スムーズさに欠けていた。

結局のところ、手首も、腕も、体も、全てが力んで固かった。

十分解っているつもりでも実は全然できていなかった。

改めて高松志門、奥田靖己プロが説く力を抜き去る事の重要性

を痛感しました。


3、なかなか両腕を飛球線方向に伸ばし切れなかった。

フィニッシュを意識し過ぎたこともあるでしょう。

フィニッシュに行く前に、まずは、飛球方向にしっかり振り切る

事が先決ですね。そのためにワンテンポ追加する、感覚でいいです。


先日の質問でもありましたが、右腕は飛球線方向に真っ直ぐ振ります。

私は目安として、ビジネスゾーン(9~3時)少し手前までは

自分から見てヘッドを飛球線上を通るように振ります。

特にフォローは低く長く両腕が完全に伸び切るまで、

右腕は飛球線上を振り抜きます。

すると、その後左肩上に「シャフトが立って」フィニッシュにいきます。

そうしないとスムーズに振り抜けない。

アマがインサイドに振り抜くと意識するのは確実に間違いの素。

殆どのアマがフォローで左腕を伸ばし切れないまま

インサイドに振ったら左ひじの行き場がなくなり、

後ろに引けるしかなくなりますからね。

左腕が伸びなければ当然自然なローテーションも起こりません。

すると右手でコネルしかなくなります。悪循環ですね。

インサイドに振り抜くのはあくまで腕を伸ばせるプロの感覚です。

典型の伊澤プロをアマが真似たら捕まらないドスライスばかりですよね。


 すると、殆どの方はテークバックは非常にアウトサイド感じ、

フォローは更に左に突っ込んしまう感覚になるでしょう。

フォローで突っ込まずに腕が伸び切る為にこそ壁が重要なのです。

その壁は左サイドだけでは絶対に作れない。

多くのプロに見られるように右腰の高さ調整のために、

外見上右脚裏が浮いたとしても、感覚としては

右脚裏が残っている事が非常に重要になるのです。

これは体重移動の利用とはまた別次元で、スウェイの問題です。


 で、何書こうとしてたんだっけ

一生懸命説明しようと書いてると、ついあちこち脇道にそれて

しまい、だらだらと長くなってしまう・・・・


 で、回答ですが、腕を体の近くに通す為には、

まず「腕とクラブの角度」をしっかり維持する必要があります。

そうしないとダフるから。

しかしそれがメチャメチャ重要なのです。

殆どのアマはこの角度を維持できないのでダフらない様に

伸び上がったりして調整する癖が付きます。

逆に維持できれば嫌でも体の近くを通ります。

この角度を維持できれば「シャフトを立てる」という事が解ります。

シャフトを立てるからダウンではタメが出来てプレーンに乗り、

フォローでは振り抜きの方向性が良くなるのです。

この点を理解するのはなかなか難しいとは思いますが。


体の前でこの角度を維持=ライ角維持=シャフトが立つ、

この感覚が分かるとスイングは間違いなく激変します。



フォローで左腕を飛球方向に伸ばしましょう。

その分ワンテンポ増やせばいいのです。

左ひじの引けなどあっさり治ります。

その時体もしっかり回してクラブは体の前に維持。

そうすれば右腕で左手首をこねることは無いです。

それから後に、V字軌道で縦に振りフィニッシュに向かいます。

両腕伸びて体の前でV字軌道なので当然シャフトも立っていきます。

そうすれば正しいプレーンに乗るので、スムーズにフィニッシュ

まで振り抜いていけます。

また、右脚が浮いて死なずに、背筋で振っていれば

カッコいいフィニッシュまで確実に行きます。

フィニッシュにたどり着かないスイングは確実に欠陥です。

私は常にスイング寸前最後は「素振りの再現、フィニッシュまで振り切る」

だけを強く意識することで、不安や他の全てのイメージを「無」にする様に

しています。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

インパチ さん Re: ありがとうございます。

まいどです!!

> 今はとにかく何とか当てにいかないスイングを、
> と「背面打ち」のイメージを頭に置いて練習しております。
>
> 実際に背面で打つと脱力&縦に振れるんですが、
> 普通にスタンスした途端、力みが出て横に振ってしまう...おかしなものですね。

交互に打つ、または打ったら背面素振りを入れるを繰り返すと良いですよ。

> そんなことでレンジに行く度に新しい発見、というより悩みが出てきて「メビウスの輪」状態です。
> そこが楽しいところでもありますが、、、。
>
> それはさて置き、今になって「イヤゴルフ」に興味を持ち、ポチッといきました。
> 最初「70」で試したんですが、速く感じます。
> 今までは、テークバックは〇〇〇・・・、ダウンは〇〇〇・・・
> なんて考えながらやってたんで遅すぎたんでしょうね。、
> 「70」でも考えているヒマは全くありません。
> というか、考えなくともできるようにならなければダメですよね。
> けど、また楽しい悩みがひとつ増えました。。。

そうです。70て結構速いですよ。私も練習では68位で打ちますね。
レッスン書でアマは遅いと言いますがそんなの無視です。関係ないです。
プロと比較したって全く無意味です。そういうティーチングプロはアホかと思います。
それに飛距離も実は殆ど関係ないです。問題はヘッドスピードよりミート率=バックスピン量を減らす事、にありますから。

イヤゴルフの練習非常に良いです!!長い間ずっと使う必要はないです。暫く使うだけでスイングが全く変わるのが分かります。一度つけたままラウンドすると特に良いですよ。公式戦はもちろんルール違反ですよ!!でも練習ラウンドなら同伴者の許可をもらってテストする価値大です。一回のラウンドで変わりますよ。
いろいろ気が付かされます。それだけでも大収穫です。
仰る通り考えてる暇なく振らされます。だから非常に良い!!切り返しのタイミングも何も関係ない。テンポだけです。それから私は始動でもじもじと無駄なワッグル、フォーワードプレスが大嫌いです。それらは非常に弊害が大きいです。フォーワードプレスはフェースを開くだけ。アドレスしたら即打つ方が絶対に良い。これは断言できます。なぜなら、チェックはアドレスに入る前の仕事。アドレスに入ったら横向きなのでむしろチェックは無理、逆効果。横向きでもじもじ時間がたつほど右向きになり、余計なことを考え始め、不安になります。それ以上に最も重要な事は素振りの再現であり、その感覚を維持するためには速攻で打った方が絶対に再現性が高い。ワッグルなんかしてたら素振りの感覚を忘れてしまう。
イヤゴルフを使えばワッグルなし、フォーワードプレスなんてチョダサいから絶対無し、アドレスに入ったら一回目標確認で即①でトンと地面をヘッドで叩いて即テークバックスタート、②でトップ、③でダウン開始して、「さーんー」で4時方向へのフォローで腕を伸ばし切って球を押し切ってから、フィニッシュへ向かう。この「さーんー」と③を伸ばすのがミソ(笑 私の場合ですよ。③を伸ばすと飛球方向に腕を伸ばして振り切れるんです。そうしないとここをおろそかにしていい加減なフォローでヘッドが跳ね上がってフィニッシュに向かってしまうので。低い球を打つ打ち方と同じです。

また、パターにも超良いですよ。否応なしに同じテンポで打たされるのでおっかなびっくり、びびらなくなる。またテンポがそろうとインパクトの強さも振り幅で均等になります。ふり幅が変わるがテンポが同じ=ヘッドスピードが振り幅と比例する。素振りの再現だけでスピードを意識的に手加減する必要性がない。
そしてプレーが速くなる。マシーンになりきって悪い頭で悩まなくなる。自身が付く、と言う好循環になります。悩まない分パッティングの時間短縮で、思考時間をアプローチ、その他に回せます。まさに好循環の出来上がりです。これは私も体験しました。古賀美保プロも同じ体験をしている筈です。これで不調から復活して賞金王になったんですから。超一流プロの実証済みですよね。

私はこれでかなり変わりましたね。

ありがとうございます。

ゴルキチさん、早速のコメント、どうもありがとうございます。

今はとにかく何とか当てにいかないスイングを、
と「背面打ち」のイメージを頭に置いて練習しております。

実際に背面で打つと脱力&縦に振れるんですが、
普通にスタンスした途端、力みが出て横に振ってしまう...おかしなものですね。
そんなことでレンジに行く度に新しい発見、というより悩みが出てきて「メビウスの輪」状態です。
そこが楽しいところでもありますが、、、。

それはさて置き、今になって「イヤゴルフ」に興味を持ち、ポチッといきました。
最初「70」で試したんですが、速く感じます。
今までは、テークバックは〇〇〇・・・、ダウンは〇〇〇・・・
なんて考えながらやってたんで遅すぎたんでしょうね。、
「70」でも考えているヒマは全くありません。
というか、考えなくともできるようにならなければダメですよね。
けど、また楽しい悩みがひとつ増えました。。。

インパチ さん Re: 日記?

追加です。

> 自分としては「後ろ」に意識を置いた方が、縦に振ってこれる確率が高かったように思います。
> 「背面打ち」のように「飛球線後方を向いたまま後ろ(飛球線)に飛ばす。」ようなイメージを持つと、
> 「左への突っ込みと左肩の開き」が抑えられたような気(?)がします。
> その時注意したのが「脱力とライ角の維持」です。

重いヘッドの強烈な遠心力に対抗してのライ角の維持は非常に困難で、普通にやっても無理です。
これは結局テークバックとインパクトでは手首の動きが異なる、対象ではないという事です。
左グリップを浮かせないテコの作用はもちろんですが、手首の動きが変わります。

厳密には手首のヒンジング(ちょうつがい)は縦と横の合成です。V字軌道も縦と横の合成でダウンが縦でインパクトから横のヒンジングが強くなるとするとライ角維持でダフらなくなります。そこでローリングも起こる訳ですが、それは体の回転で調整出来ます。
横回転は体の役割なのですが、それだけでは割り切れないですよね。今後手首の横のヒンジングについても書いていきたいと思います。

インパチ さん Re: 日記?

こんにちは!!
>
> 質問後、「意識の置き所」を試しました。
> 自分としては「後ろ」に意識を置いた方が、縦に振ってこれる確率が高かったように思います。
> 「背面打ち」のように「飛球線後方を向いたまま後ろ(飛球線)に飛ばす。」ようなイメージを持つと、
> 「左への突っ込みと左肩の開き」が抑えられたような気(?)がします。
> その時注意したのが「脱力とライ角の維持」です。

ダウンでグリップ、ヘッドをアウトに出さない、右膝も前に出さない、さらに肩の開きを押さえつつ、突っ込まないでフォローではしっかり左に乗っていくのが目標ですね!!

インパチさん Re: 意識の置きどころ

どうもです!!

> 昨年末から「打ちにいかない!」を目標に「腕は縦に振る、横に振るのは体の役割」を肝に練習しているんですが、
> 「加速しながらインパクト」「スイングのベクトルは飛球方向」「フィニッシュまで振り切る」等々フォロー側を意識した途端
> 横に振って(当てにいって)しまいます。
> けどまぁ「悩んでいる時もまた楽し!」と思ってもいますが。。。
> ただ今回、どうしてもダウン以降の感じ(?)で確認させていただきたいことがあって質問させていただきました。
> というのは、松山選手(アマ)のように顔の向きも含めて、右側(後ろ・ダウン側)に意識を置いて体の前で縦に振る(目標を意識せずに)イメージとフューリック選手のように左側(前・フォロー側)に意識を置いて体の後ろで縦に振る(目標を意識して)イメージを比べた場合、どちらの方が良いと思われるでしょうか?
> もちろん松山選手もフューリック選手もまったく違ったイメージで振っているとは思いますが、あくまで見た感じで名前を使わせてもらいました。

確かに縦、横の関係は口で言うのはたやすい事ですが実際は非常に難しいですよね。
単純にただ最後まで縦に振っていたら、つるはしと同じで地面に突き刺さるだけです。
ライ角維持が必要になります。リリース仕切る事とライ角の維持の関係をどうしたらいいのか?
さらに飛距離アップでどう手首を使うべきか悩むでしょうね。
恐らく、テークバック、ダウン、インパクト、フォローでの正しい手首の動きで、コッキング、リリース、ライ角維持、ヒンジング、ローリングの関係が理解できれば納得される問題ではないでしょうか?

これ難しいですよね。そのうちに書きますが、テークバック時のコッキングの動きとインパクトゾーンでのリリースの動きはライ角維持のせいで、対象にはならないです。恐らくこの点を誤解されている方は非常に多いと思います。

コックはV字で正確には真っ縦だけではなく、斜めです。要するに上下左右のヒンジングの組合せの要素が加わります。バーティカル・ヒンジングとホリゾンタル・ヒンジングの組み合わせですね。
複雑なので記事で書きますね。

日記?

ゴルキチさん、こんにちは。

質問後、「意識の置き所」を試しました。

自分としては「後ろ」に意識を置いた方が、縦に振ってこれる確率が高かったように思います。
「背面打ち」のように「飛球線後方を向いたまま後ろ(飛球線)に飛ばす。」ようなイメージを持つと、
「左への突っ込みと左肩の開き」が抑えられたような気(?)がします。
その時注意したのが「脱力とライ角の維持」です。

何か練習日記みたいに、また自己レスなって申し訳ありません。
ヘタを固めないように頑張りますんで、またよろしくお願いします。

意識の置きどころ

ゴルキチさん、こんばんは。

以前に2回ほど質問させていただいたインパチです。

昨年末から「打ちにいかない!」を目標に「腕は縦に振る、横に振るのは体の役割」を肝に練習しているんですが、
「加速しながらインパクト」「スイングのベクトルは飛球方向」「フィニッシュまで振り切る」等々フォロー側を意識した途端
横に振って(当てにいって)しまいます。
けどまぁ「悩んでいる時もまた楽し!」と思ってもいますが。。。

ただ今回、どうしてもダウン以降の感じ(?)で確認させていただきたいことがあって質問させていただきました。

というのは、
松山選手(アマ)のように顔の向きも含めて、
右側(後ろ・ダウン側)に意識を置いて体の前で縦に振る(目標を意識せずに)イメージと
フューリック選手のように左側(前・フォロー側)に意識を置いて体の後ろで縦に振る(目標を意識して)イメージ
を比べた場合、どちらの方が良いと思われるでしょうか?
もちろん松山選手もフューリック選手もまったく違ったイメージで振っているとは思いますが、
あくまで見た感じで名前を使わせてもらいました。

変な質問で申し訳ありませんが、また時間が開いた時にでもゴルキチさんの考えを聞かせていただければ助かります。

何時もながらの鋭い分析

ありがとうございます。

簡単に言うと、ちょうどヒューリックのHWDの写真がありますが肩が飛球線と並行になってもアドレスと違い左腕は右腕のだいぶ外側にあって、両腕の間から向こうの景色が見える位になってる。

写真のHWDからグリップを左太もも前に持って来ようとして、結果左腕が引けるような形になってしまう、という事です。

おっしゃるように、飛球線に引っ張っられるクラブヘッドと一緒にグリップも引っ張られ、結果正面から見るとグリップが左太もも近辺に見えるのかなと思っています。実際はグリップは右腰位で身体に最接近し、あとは離れて行くもの、左に回った左太ももにくっ付くものではないと解釈しています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR