ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スクエアグリッップ以上に遥かに大事な縦コックし易いグリップ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 スクエアグリップについてのご質問がありましたが、

何をもってスクエアグリップと言うべきか、

「スクエア」の定義が事実上不可能なので、

「縦コックをし易く、そしてそれを維持し易く、

さらに、力んでもコックが解けにくいグリップ」

を考えてみましょう。

 
 そもそも本来コックは、ほぼ縦に作ります。

「シャフトを立てる」と言う言葉も同義です。

右手甲方向への横コックでは単なる振り遅れか、

またはコネる結果になります。

要するに、クラブが体の正面から右に大きくずれるからです。

するとフェースは開く。

ズレたものは戻し、開いたものは閉じなければならないですよね。

わざわざ面倒な作業を増やすのは不合理でしょ?

グリップは常に出来るだけ体の中心を向いているべきです。

もしくは分かり難ければ、

クラブ中心に考えると「体を常にクラブに向けている」

と言った方が分かり易いかもしれませんね。

「怠慢こいて手先でテークバックするな」

っちゅうことですな。

そして体の中心として「へそ」を意識すると

具体的で簡単になると思います。

これは、クラブヘッドは常にへそのほぼ前方にある、

正確にはインパクト時には必ずへその正面に戻る、戻す、
(細かい誤差は無視。あくまでより再現し易い意識です。)

だからへそで球を打つ=「へそ打法」とも

私は呼んでいます。


要するに、 スクエアグリップ云々よりもまずは

縦(右肩に向けて)にコックが作れるグリップが

正しいグリップの大前提になるのです。

実は解ってしまえば簡単なことで、

例えば、左手がフック過ぎたり、右手を下から

グリップすると、コック方向は右肩より

フラットになりますよね。

そう言うアマはメチャメチャ多いです。

これではインにアンダーに上がります。

自ら関節がそう曲がるようにグリップしている

のですから当然仕方ないですよね。

縦コックではないので「いつまでもヘッドが上がらない」

事が問題なのです。

「ヘッドをインに上げ過ぎる」人の最大の問題は

実は単にコックが遅過ぎる、若しくは縦コックが

出来難いグリップにあるケースが非常に多いのです。

これは、気がつきにくいでしょうね。

それに気がつかないと、ただアウトに腕を出してしまう、

すると更なる悪循環に陥るケースが非常に多いです、

というか既存のレッスンでは殆どその点を指摘しない

と思います。

全く逆に昔レートコックが大流行したくらいですからね。

早いコックへの修正の指導も少なく、なかなか困難でしょうね。


 上記の様に横コックもしくはコックが遅いと

クラブは体の正面から大きく右にズレていきます。

特にスナップを使ってインパクトで球をより強く

ひっ叩きたい方は確実にそうなりますね。

でもそれでは著しく再現性が劣るし、

バックスピンが増えて全然ダメですね。

スナップを使えばヘッドスピードだけは多少上がる

左手が強い右手に負けてフォローで詰まります。

すると左肘が引けて、左腕が伸びきらないので

ヘッドが走らず球を押せません。

左肘が引けるとインパクト後にヘッドは即跳ね上がり

重心の短い短銃同様でラインなど決して出ません。

デカい衝撃音だけで、飛ぶ様な気がするだけの錯覚です。


また右手がウイークで被っているとコックは真上、

顔方向に上がってしまいますよね。

ここまで解れば、

実は、「縦コックし易い=コックが解け難い」

と言う事に気が付かれると思います。

やってみれば即分かる事なんですけどね。

これで正しいグリップ、少なくともお話にならない

グリップかどうかはチェックできますよね。


で、更にグリップを力んでもコックが解け難い

グリップを探してみてください。

実はそれが有るんですね。

どのレッスン書にもそんな事は書いて有りませんが。

そのヒントが肩、目線の高さの木の枝打ちや

膝付きショットにあるのです。

縦コックを解きグリップが浮いたら絶対に

自在には打てません。

ロングショットで「完全にコックを解く」と言っても

それはインパクト前やインパクトと同時ではなく、

インパクト後にインパクトゾーンの中で徐々に

延びていくものであり、多くの方はインパクトと

同時に伸び切るべきだと勘違いしていると思います。

これはとんでもなく大きな勘違いですよ。

ヘッドは重く、遠心力はとんでもなくバカデカイです。

それは到底力で止められる代物ではありません。

左グリップを下げ右手を引いて「テコ」を使うから

可能になるのです。

当然この場合コックが残っていないと無理ですよね。

確かにこれは分かってもかなり難しいです。

出来ないのは全く不思議なことではなく、

単に知識と練習不足だからです。

 もう一つ肘から落とす良い体感方法はつるはしの様に

クラブヘッドで柔らかい地面をかなり強く叩いてみることです。

アーリーリリースでヘッドから下ろすと

100%グリップ、肘が浮いてコックがほどけトゥ側から

地面に当たり、伸びきった手首を痛めます。

逆にヘッドを無視して放置して、肘、次に手首

と落として最後にヘッドがヒール側から

地面に食い込む様に試してみてください。

この時腕力で無理に下に引っ張りおろすと

余計にタイミングが毎回ずれて

ヘッドの重みを上手く利用できない事が解ります。

むしろ腕力ではなく、 腕とクラブヘッドの重さと、

背筋による前傾体制を利用して肘から落とす方が

より効率的に再現性高く強く地面を叩けると分かる筈です。

これが「自然落下」と言われる所以です。


 それらが解れば「クラブは体の前にある」、

若しくは、「体は常にクラブに向けている」、

また肘から「自然落下」「コックを維持してインパクト」

等の必然性が分かると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

のりゆきさん  Re: タイトルなし

こんにちは!!

> こんばんは、そしてグリップの疑問を記事にしていただき
> ありがとうございました。

徐々に書きますね。

> 完全ではないですが理解できました、記事にもあるように
> 《出来ないのは全く不思議なことではなく、》
> 《単に知識と練習不足だからです。》
> その通りと改めて認識することが出来
> また
> 《むしろ腕力ではなく、 腕とクラブヘッドの重さと、》
> 《背筋による前傾体制を利用して肘から落とす方が》
> 《より効率的に再現性高く強く地面を叩けると分かる筈す。》
> 《これが「自然落下」と言われる所以です。》
> をテーマに練習に励んでまいります
>
> そして《シャフトの前倒し感覚》に繋げてみます
>
> ありがとうございました

後ろ向いたままグリップを落としてからお辞儀してヘッドを下す感覚です。コックを維持したままグリップをアウトに出さないでヘッドを下す為です。

beさん Re: 難しい所ですね。

こんにちは!!

> しかし、大変重要なところです。
> 私のスウィングにおいても、問題点の集積地です。(笑
> 最近気づいたのですが、それらを実現出来る環境、つまりボスチャ-やグリップのチェックの必要性を感じました。
> 重心を低く、「小さく前へならへ」のような腕が脱力できる状態が出来ないと、グリップが浮いたり、押す事の出来るインパクトの形等の正しい形にならないんですよね。
> 木の枝打ちや膝付きショット、自然落下、それをやりやすいグリップもチェックして、練習してみます。

例え少しずつであっても前進し続けていれば必ず成果は出るはずです。それがゴルフの楽しさですよね。

ゴルキチさま
こんばんは、そしてグリップの疑問を記事にしていただき
ありがとうございました。

完全ではないですが理解できました、記事にもあるように
《出来ないのは全く不思議なことではなく、》
《単に知識と練習不足だからです。》
そと通りと改めて認識することが出来

また
《むしろ腕力ではなく、 腕とクラブヘッドの重さと、》
《背筋による前傾体制を利用して肘から落とす方が》
《より効率的に再現性高く強く地面を叩けると分かる筈す。》
《これが「自然落下」と言われる所以です。》
をテーマに練習に励んでまいります

そして《シャフトの前倒し感覚》に繋げてみます

ありがとうございました



難しい所ですね。

しかし、大変重要なところです。
私のスウィングにおいても、問題点の集積地です。(笑

最近気づいたのですが、それらを実現出来る環境、つまりボスチャ-やグリップのチェックの必要性を感じました。

重心を低く、「小さく前へならへ」のような腕が脱力できる状態が出来ないと、グリップが浮いたり、押す事の出来るインパクトの形等の正しい形にならないんですよね。

木の枝打ちや膝付きショット、自然落下、それをやりやすいグリップもチェックして、練習してみます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR