ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

センターシャフトの打ち方の基本

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

センターシャフトの最大の特徴は

「オフセットゼロ」

そのためハンドファーストになりにくい。

だから球を左足前位にセットし

さらにハンドファースト気味にする。

オフセットがない為ハンドファーストにインパクト

しないとフェースが寝てアッパー軌道になり易い。

すると極端に方向性も、転がりも、距離感も悪くなる。


また、ボールを左に置いた方がアドレスで右に向きにくい。

左に置くということは結果的にひっかけにくくもなる。

したがって引っかけを嫌う人にはかなり効果的。


今回はセンターシャフトの欠点である

芯を外した時の左右へのフェース面のブレを補う為に

スパイダーのウエイト調整システムを最大限利用して

重心深度を大きくし、芯を広げる。

そのためにもカウンターバランスは非常に有効なのだ。

ただ、ヘッドが極端に重くなると距離感が難しくなる。

それを補うためにもグリップを太くする必要がある。

グリップが太い方が重量を確実に軽く感じる。

更に、寸胴グリップでグリップエンドを余らせて

バランスを効かせてヘッドを軽く使う。

これらは、今回の実験での対抗策である。

と言ってもIOMICの標準モデルのラージサイズは

それ程違和感が出るほど太くはない。

左が多少太く、右が寸胴になっている。

角張っていて平面が多用されて四角っぽい。

私はその方が握っただけでも非常に方向性を感じ易い

と感じます。これは人それぞれでしょうが。

最近IOMICは随分WINNに押されて陳列面積が小さくなっています。

なぜだろう?

Winnの軽さが人気なのだが、

パターはバランスに神経質になる必要性は全然無い。

コストの問題があるが、IOMICももっと種類を出して

頑張ってほしい。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re:

シャアさんコメントありがとうございます

>なぜ ハンドファーストでないと、フェースがねるのですか? それよりハンドファーストが はっきり理解して出来ていません。

ヘッドが先行してグリップが遅れると既定のロフト以上にロフト角は大きくなります。
これはパターに限らずすべてのクラブで同様です。

インパクト時の理想のロフト角は2度位ですが、通常のパターのロフトは3度から5度ぐらいです。
これはインパクト時のハンドファーストを想定して作られています。

ハンドファーストにインパクトすることによって低く長いヘッド軌道が可能になります。

なぜ ハンドファーストでないと、フェースがねるのですか? それよりハンドファーストが はっきり理解して出来ていません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR