ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

バックストロークはできるだけ小さく

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

片山晋呉プロが以前こう言っていた。

「なぜタイガーはパッティングが上手いのか
それは バックストロークが小さいからだ。
バックストロークが小さければ、
それだけ軌道がブレにくくなり、
芯を外さなくなる。
方向性も転がりも良いボールになる。」

アマチュアはバックストロークが

大き目の人の方がはるかに多い。

インパクトで「加速」とは逆に緩めて合わせる。

センターシャフトはまずは芯を外したくないので、

バックストロークは小さい方が確実に合う。

また今回はカウンターバランスによって、

ヘッド重量を重くしているので

ストロークはむしろ小さくていい。


バックストロークを小さくする事に注視すると、

当然芯に当たる確率が高くなる。

そして当然フォローに意識が行く。

「点で打つ」より、「線でライン」が出る。

スイングは左右対称と言っても、

もちろんフォローの方が大事だ。


更に特に左グリップがしっかりする必要性が

理解できるはず。緩んでいたら無理。

また体幹で振る「へそ打法」の必要性もわかる筈。


グリップにも当然ルーティーンが必要で

私は左足前にヘッドを置いてライ角を合わせ、

シャフトと前腕を一直線にグリップしながら、

ライ角を維持したまま両肘を身体に引き付けながら、

球との距離を合わせて股関節から前傾する。
 
ライ角維持は明らかにカウンターバランスによる

大幅な全体重量の効果が大だ。

更に、股関節から前傾するからこそ、

股関節=下半身にどっしりと重心をかけられ、

だからこそ下半身が安定する。

すると背骨の前傾が常に一定するので

球との距離を一定に合わせ、維持し易くなる。 

また、股関節に過重しない猫背よりも

明らかにしっかり背骨に回転軸ができる。


更に「間」が短くならない様にテンポも大事。

1,2,3と。


結構良いことづくめですョ。

今のところ実験はかなり思惑通りに

上手くいっていますよ

部屋練では明らかにかなり、相当精度が

上がっています、マジで

距離感やパンチが入る問題はまだ不透明ですが、

かなり懸念していた「重心深度後退」による

インパクト感覚のタイムラグのデメリットは

既にかなり慣れてきているようです。

まーもともとパッティング下手だったし

もう、かれこれ1万発以上は打ちました。

世間一般で言われる程のデメリットより、

今のところ100倍メリットが大きい感じです。

既にセンターシャフト以外は全く眼中にないですね。

センターシャフト、劇良いです。

重心距離ゼロのメリットは打点によるブレなんか、

遥かに補って100倍余りある感じですね。

全く一般常識の落とし穴、屁理屈ですわ。

今の私にとっては。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR