ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

アプローチの鉄則 4

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

匿名さん、お返事遅くなりましてごめんなさいm(_ _)m

これは直ぐに治りますよ

イメージの問題だけです。

> 数年前にボディーターンスイングに挑戦し敗退。
> さまざまな講座に挑戦に再びぶっ飛びさんのブログにて種々ヒントを得ることができました。
> やはりある程度の期間と打ち込みがなければなかなか身につく物ではないのですね。
> かなり改善した大きな要因がこの右足外転の記事とビデオでした。
> これに体幹筋の上下動をミックスして過去最長不倒を日々更新しつつあります。
> 研鑽しつつ何度も読み直そうと思っております。
> しかしながら一つ問題が出ており、30y程度のピッチエンドランが上手く打てなくなってしまっております。
> 右足外転で踏ん張り体幹筋の曲げ伸ばしで打つつもりでも上手く打てる気がせず右抜けの手打ちボールが出てしまうことが多いのです。
> フルショットからスリークォーターまで良いのですがハーフショット以下はどうにも駄目で上手く打てません・・・
> 何か良いヒントいただけたらと思い、昔の記事にコメントさせて頂いています。
> 過去記事にありましたでしょうか?

 まさにご自分で「右抜けの手打ちボール」と分析されている通り、

右脚の外旋を意識し過ぎて体重が右脚に残ってしまい

完全に体重移動できていない為手打ちになっていると思います。

体重が乗っていかないので手だけ先行してヘッドが出ないので

球は絶対に捕まりません。

前回の記事の様に30y以下のショットで体重移動は必要ありません。

終始左脚荷重で十分です。

要するに体重移動より更に大事なことを重視したいという事です。

左脚荷重で出来るだけ軸を不動にすれば体の各位の上下、左右の

ブレが著しく減少します。

また右脚に体重が残って軸が右に傾くという最悪の事態もあり得ません。

右脚外旋で押すのではなく左脚外旋(左回り)リードで引く、に切り替えればいいと思います。


 そもそも体重移動は足の裏で制御しています。

踵の上げ下げや、膝の曲げ伸ばし、膝の前後動作でやらない方が良いです。

体重移動が不十分な時に、あくまで練習でその様に極端にやりますが、

本番では下半身のバタつきは頭の位置、打点等全てをばらつかせます。

ベストなのは足の裏の中で見えない様に完璧に体重移動をやる事です。

左脚の真上に乗っていたとしても左脚裏の非常に狭い範囲内で

体重移動は常時制御されています。

また、頭の位置でも体重移動をかなり制御しています。

例えば

「インパクトからフォローで絶対に突っ込みたくない」

=頭をヘッドと逆方向=飛球と反対に動かす

=Zのイメージ

これは体重を右に移動させる為ではなく

既にヘッドが発射された後の話です。

完璧に左に乗った状態で既に左へスイングが開始された、

という事は

飛球方向に莫大な慣性を伴ってクラブ、腕が振られていき、

それにより体全体が引っ張られて体重が更に移動していくという事です。

このままでは、これは止められない。

放っておけばスイング軸も左へなだれ込んでしまう。

これが突っ込みです。

突っ込む意識が無くても、莫大な慣性によって突っ込まされる。

それに気が付かないとスイング論など始まらない。

これが嫌だから、必死に軸を飛球反対方向へ止める。

その為に首の後ろの回転軸を必死に残す。

首だけでは不可能なので左肩も飛球と反対方向へ引く。

むしろ右肩を出す意識よりも、首を軸にして左肩を引く意識

の方がいろんな意味で良いです。

右肩を出そうとすると突っ込んだり、右肩が落ちたりして

打点が狂う。ミリ単位の制御は困難になる。

しかし、左肩を引けば突っ込まないばかりか、右肩は落ちない。

真っ直ぐ水平に引っ張られる感じで動いていきます。

分かるかな

どんな方法であれ、とにかく

右サイドで球を打ちに行ったら最後、

絶対に右肩が球に突っ込んでいくんですよね。

この現象は避けられないんでしょうね。


右で打っていたら練習で一時的に上手く行ってもいずれまた突っ込む。

野球でもそうですよね。

勿論右で押し込むというプロもゴロゴロいる。

しかし、そういう人は左での引きが既に完璧に出来ているから

そう言える。もしくはプロだからこそ日々練習ができるからこそ

かろうじて維持できる頂点レベルの感覚を言っているとも言える。


だから、右で押す意識を取りあえず忘れて、左を引く。

そう、逆に動かす。

確かに「球は押す、運ぶ」イメージです。

でも、だからと言って本当に右サイドで押したら

絶対に突っ込みます。我々は毎日山ほど球を打てない素人だから。

左で引いた方が絶対安全なのだ。

だから、軸を維持して左を引くいて、右を出す。

それで球を押す。

バカでかい慣性のせいでこういうややこしい話になります(笑


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

beさんまいどです!!Re: 変わっていませんね!!

> 数秒のスウィングでの体の動きの微妙なところまで、言葉にされての解説、ゴルキチさん以外には、無いですよね。
> 微妙な一瞬での力の入れよう、抜き様。
> 参考になります。
> 自分のスウィングの動きで再現するには、相当の努力が必要なんですが、レールの上にのった感じです。
> 後は、コツコツ。

良い感じみたいですね!!
いつもコメント有難うございます。
励まされます!!

変わっていませんね!!

数秒のスウィングでの体の動きの微妙なところまで、言葉にされての解説、ゴルキチさん以外には、無いですよね。
微妙な一瞬での力の入れよう、抜き様。
参考になります。
自分のスウィングの動きで再現するには、相当の努力が必要なんですが、レールの上にのった感じです。
後は、コツコツ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR